先日ある本を読んで感銘を受けた。その本のタイトルは「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」世界が感動した日本の底力。 黄文雄 著


その本に「私がどうしても滅びてほしくない一つの民族がある。それは日本人だ」という下りの部分を読んだ瞬間、その本をすぐに買った。外国人が世界でどうしても滅びてほしくない民族だという日本人。この部分に強い関心と興味を持ったからだ。この本は外国人から見た、日本人の凄さが鮮明に描かれている。私は、うむ・・・なるほど。同じ日本人として忘れかけていた「日本の心」を取り戻す機会を得ることになった。



東日本大震災。この未曽有の大災害の様子は、またたくまに世界に伝えられたが、その一方で大きな驚きで報じられたのは、日本人が平静と秩序を保っていたことだ。


日本以外の国なら、暴動による大混乱、必ずと言っていいほどの略奪が見られる。アメリカのロサンゼルス大地震のときも、中国の唐山大地震のときも、暴動・略奪があった、それが世の常である。


こうした日本人の態度に、世界中から賞賛が送られたことは記憶に新しい。


CNNでは「なぜ日本では災害につきものの略奪が起きないのか、米メディアでは次々と議論が起きている」と報じ、英国BBCでは「他の国ではこれほど正しい行動はとれないだろう」ニューヨークタイムズでは「商店の襲撃や救援物資の奪い合いが見られず、市民が苦境に耐えていることに感嘆」中国メディアも「東京では広場に数千人が避難したが、男性は女性を助け、ゴミひとつ落ちていなかった」・・・以下引用。



本の感想。

「日本人はなぜこんなに冷静なのか」日本人の冷静な対応に世界は驚きを持って称賛を与えている。こんな素晴らしく冷静で秩序のある民族は世界でも日本人だけである。


「世界一の秩序を持った国」「世界一の思いやりのある国」この本を読んで改めて日本人の良さを再確認することができた。

日本の文化、日本の歴史、日本の教育は間違ってなかった。世界に誇れる日本人、世界から称賛される日本人の心。その心を忘れないでいきたい。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

私は日本人で良かったと思っています。外国人からこのように思われていることは誇りに思います。日本がおかしな方向に行かなければ良いと望みます。
昨日の話題になりますが、先日仕事の関係で、旦那さんを先に亡くされた奥様(だいぶ高齢の方)のお話を聞くことができました。亡くなった後も旦那さんのことを第一に考え、気遣いや思いやりをずっと持っている方でした。私も将来歳をとったとき、こんな風に思える相手と結婚したいと思いました。

愛する国を守るために
自分の命をかけることを厭わない日本人。
私も日本人であることが心から誇りです。
貧しくてもいい、泥をかぶってもいい。
お金を持っても、おいしいものを食べてもいい。
ただ一つ、心を汚さない。
それが日本人であると思います。
私個人的には、
田母神俊雄氏の演説が印象深いです。

日本人である誇り。
考えてみた事も無かった。
日本人として
生命を受け継いだ事を
心にとめて
物事に、人に、何事にも
丁寧に生きて行きたい。

この記事を読んで 涙がでました。
思いやりを持ち、平静と秩序を保った大人の女性になりたい
私も日本人の血がながれている…
出来ないことはない!

と思いました。

私も日本の文化、歴史は凄いと思います。昔から、国を支えた日本人の生き様も稟としています。秩序ある振る舞いは、先祖から繋がっていると思います。でも昨今の教育を見たら泣けてきます。詰め込み/ゆとり教育や、躾のできない日本人が大半だと感じるのでこれは素晴らしと思いたくても思えません。日本人の誇りは大前提で、そんなの当たり前と言える国になりたい。皆の目が輝く国にしたいです。

どこの国も、良い側面、悪い側面があります。秩序正しいのも日本人。原発被害を誤魔化すのも、日本人。我慢強い国民性といえば聞こえはいいですが、未だに「お上」の発想なんじゃないかな。

そうですね。
相手を敬う心があれば、争いはおこらない。
自分自身忘れないようにします。
怒りも伝染しますし、思いやりも伝染します。
良い発信をしたいものです。

素敵なお話をシェアして下さってありがとうございます!
日本人は本当に人格者が多いんですね。
本能に任せて動く事も時には大事ですが、人間ですから、自制することもさらに大事なんですね☆

秩序に思いやりのある国民性。世界の中で良い評価をしていただいてるのは大変喜ばしいことですね。ただ、会社の中には口の聞き方を知らない子や思いやりの無い個人主義のヒト、自分の出世のため部下や同僚を「金づる」と呼ぶ専務。とても褒められた国民とは思えない人達もいますね。反面教師になり、そんな中でも思いやりのある優しい人でいたいものです。人を敬うキモチと謙虚さを忘れないで。

確かに他国に比べて、目立った暴動はないにせよ、少なからず日本にもあります。
知らないだけです。
治安を守っている人がいます。

私も日本人として生まれて来れてよかったです。

冷静さや思いやりを忘れないことは素敵なことですね。
地震で破壊されて悲しいことがたくさん起きましたが、破壊は創造の始まり。
またゼロから美しい日本を築いていきましょう。

色々な人がいるし、考え方も違う。
けれど、日本人の基本的な思いやり精神は皆が根底にもってる気がします。
それを大切にして生活するか、自分第一を全面に出すか。
分かれ道ですね。

沖川先生こんにちは(^_^)v
日本人はこんなにも優しい心を持っているんだと改めて感じました。
震災後のニュースで見た被災にあわれた皆さんは自分自身が一番大変なはずなのに、ボランティアの皆さんに何回も『有り難う』って言っていました。
どんな窮地に立たされても、日本人にはちゃんと相手を思いやる気持ちがあり、諦めない強さを持っているんですよね。
忘れかけていた『思いやり』の心。
ちゃんと胸に抱いて生きていきたいと思いました。
沖川先生、いつも素敵な言葉を有り難うございます☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する