ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男の曖昧は時代の流れ
「男なら白黒はっきり決めるのが優しさじゃないでしょうか?」白黒つけるのが男らしいかというと、「最近はそうでもないよ」というのが私の見解です。


これだけ多くの女性が「男のグレーに関して」たくさんのコメントを寄せています。ということは男の曖昧な部分を皆さんはたくさん経験しているということになります。男らしくはっきり白黒をつける男性が少ない、あるいは少なくなったというのが現在の男性たちなのです。男らしさが希有になった、また女性たちが男らしさを求め過ぎているのか、あるいは男について誤解しているのか、よくわかりませんが、昨今の男性はあなた方が理想としている「依存して頼れる男性像」は崩壊しつつあるのです。


そんな時代に昔の流儀は通じません。時代を先取りした次の方法を打たないと取り残されることになります。そのために、「男だからこうあるべきだという」極度の期待と理想を描かないことです。


そこでがっかりしないでください。「いいじゃないですか!」この時代の流儀をマスターして自分なりの幸せを確保する。それがこのブログ、恋愛日記の努めです。時代の流れに沿って時代を先取りする。この考えで、私とお付き合いください。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

私はグレーだった彼を追い込んで黒の返事を頂いた者ですが、最近メールなどを通じて少しずつグレーに戻す努力をしています。
本気で惚れた女が相手なら男性というのは白黒つけにくくなるのではないか・・というのが最近の私の見解です。
それは男の優しさでもあり、男のダメな部分でもあり(キープと取られかねない優柔不断さ)、ある意味未練の一つの形ではないでしょうか。
一度は彼なりに将来を夢見た相手ですから、その夢が壊れたとしても心の奥底には本人にもわからない感情があるんじゃないかと思うんです。潜在意識に未練があるのではないでしょうか。そんな気がします。
中には本当にキープのグレーというのもあると思います。
彼のグレーがキープのグレーなのか、彼なりの想いのあるグレーなのか、女性は見極める必要があるということではないでしょうか。
先生の書籍を昨日、仕事帰りに購入致しました。
読みながら、冷静に彼との恋愛を振り返り、彼の今の状況を思ったり、そうしているうちになんだか気が晴れてきたので趣味のケーキ作りに久しぶりに没頭していました。
上手にケーキが焼けたので彼に明るくメールを送ろうかな・・と考えてたところ彼からメールが来ました。
彼に向かって思いつめていると楽しめる時間が少しずつ減っていきますね。明るく楽しいことをしながら、彼を信じて彼の仕事が少し落ち着くまでまったり待ってみようと思います。

元彼や片思いした相手の中には…たしかに『グレー』だったから楽しめた節も…という思い出ありますが…ただ、『恋愛』として楽しめただけでした。
タイミングもあるかも。
今、『グレー派』の男性も『白黒』したくなる時がくるのかも。そのどちらの時期に出会うか…
自分自身を振り返っても
そんな気がします。
なんとなく、心構えが変わって…『結婚』を考えて男性との出会いを求めたら、『白黒派』の彼と出会う事ができ、結婚しました。
今、毎日が穏やかで安心感に満ちてて…本当に良かった。この生活を守って行きたい。
『グレー派』が合うか
『白黒派』が合うか
人それぞれで…
結局、自分次第ですね。
私の周りには、グレー男も白黒男も半々くらい生息してますよ♪(笑)

昨今を生きる、女性として、先生に声を大にしていいたいことがあります。
男性とはもともとそういう生きものであるのはわかるのですが、昨今の男性は特に、彼女とかいう位置付けの女性に対して母を、求めます。
母親からの愛情を十分に受けられずに育った男子が、これほどまでに多いのか‥それが正直な感覚です。
かわいがられて育ったように見える人でも、甘やかされているにはかわりないのですが、健全な愛情をもらっていない印象を受けます。
子どもを産んだ経験のない、女性に、自分の母になることを突き付ける男性がどれほどいることか‥そりゃ世の女性たちは苦しみますょ‥
母からもらえなかった愛情を満たすために女性と付き合う段階の男性に、女性を大切にすることなんて、出来ません。
ほんとに夢見る少女じゃいられない時代です‥
そして、自分が男であるという誇りを放棄している、教わっていない、育っていない男性がゴロゴロいるこの時代にも、
そのことをわかっていてもそれでも男性を信頼し、見捨てずに信用しようとする芯の強い女性たちの為に、先生はblogを書き続けてくださいね。

なるほど。
やはり根本的に発想の転換をしないといけないようですね。
私は、周りの友達に相談しても、男女ともに、
「グレーな発言した時点で、ダメじゃない?」と言われることが多かったのですが、
これからの時代、そこをいかに柔軟に考えられるかで、
恋愛に対する幸福度も違ってくるのでしょうか。。。
それは難しく、またなんだか寂しくもありますが、彼を大切に想うのだったら、
必要なのかもしれませんね。

私の彼はまさに前記事の「相手に試練を与え、そこから相手がどう成長して這い上がるのか、それを見てみたいという心理」です
「出会い活動を頑張りながら、自分と上手くやっていくための2つの課題をクリアしてくれ。自分は責任の及ばない範囲(結婚とか考えなくていい「友達」という立場)から、私がどうやって這い上がってくるのかを見てみたい」
と・・・
疑問は感じます
何だか歪みも感じます
お互いに歩み寄ってこそ、だという気もしています
現在のところ、その課題をクリアする気はあまりありません
というよりも頑張ることに疲れてしまったので、ひと休みさせて欲しいというところ
女性としては「そんな都合のいい話ないだろう」とも思います。でも「とっておきたい。いつか自分の理想像に彼女がなってくれたら、その時やり直したい」という心理も分かります。分かるだけで納得はできてませんが・・・
私は白黒ハッキリ型で、黒という答えが出たとしても「ちくしょー!もーいいよ!!ゼッタイ振り返らない!」とか言えると思いますが、彼は白黒つけたくないんですね。
縁切る、二度と連絡するな!と言い放つ私に「電話・メールくらい出て」と言っており、断りきれずグレーを受け入れてしまいましたが・・・
でも、期待を完全に捨てたことで気持ちは楽になりました
まあ、何もかもご縁ですしね☆
どちらかが頑張りすぎることも我慢しすぎることもおかしいと思うので、グレー・曖昧が辛いなら選択する必要もないとは思います
ちなみに私自身は元カレと別れる時、自分から別れを告げたのですが、グレーにして別れました
もしかして成長して、自分好みになって帰ってきたら付き合えばいいや、と思っていたからです☆
結局、帰ってはきましたが、成長できてなかったので付き合いませんでしたが・・・(笑)
支離滅裂なコメントですみません(汗)

確かにそうですね。時代の流れにそって攻略これが一番!
グレーが嫌な私ははっきりしなさいよ、はっきり言いなさいよ、はっきりケジメつけなさいとずっといい続けて来ましたがまだはっきりはしません(笑)
もう九年の付き合いになりますが先もはっきりせずに続くのでしょうね

グレーな関係は『慣れてしまえば、結構お互いに都合いい』です。
付かず離れずの適度な距離を保ち、相手が都合よくあしらうようならこちらもそう扱う、そしてまた戻ってきて仲良くする。
『こだまでしょうか』の内容みたいな感じかなぁ。

「男の曖昧に付き合う」それは、それでいい事だと思います。
けれども、私のまわりの、一度も結婚した事のない
40代シングル女性たち。
男の曖昧に付き合って、婚期をのがした人ばかり。
人間的にも、女性としても、とても魅力的な彼女たちなのに
曖昧な男と、月に数度会うような関係を長年続けていて
なんてもったいない、と思います。
(中には、相手が結婚してるのに、いまだに曖昧な関係を
続けてる人も)
女性が30代後半、40代になって、本当に結婚したくなった時、
まわりに独身の男性が少なくなって、本当に結婚は
難しくなります。
曖昧な男を振り切れない気持ちは、痛いほどわかります。
でも、どこかで、区切りを決めて。一番大事なのは、自分の
人生。何年も待つのに、値するような男性ですか?
20代、30代の若い女性たちには、よく考えて欲しい。
そして、沖川先生には、「あきらめ時の見分け方」も
是非教えてほしいと思います。

時代も人も変化していくのが流れですからね。
女性だって、昔とは違ってますもんね。
昔はひたすら待つのが美徳でしたよね。
妻は家で待つ。でも今は違いますしね。
女性はこうあるべき、って期待されすぎても困りますしね。
同じことですよね。

男の人の曖昧なグレーな態度…
幾度となく悩まされました。
わたしも今の好きな人がグレーな態度です。
会えない…でもメールすればすぐ返事がくる!!
諦めどきの見極めかた、わたしも現在進行形の恋愛で必要としておりますので、教えていただきたいです。
あと相手がグレーな態度ならこちらはどう対処したらよいのか!!
グレーな男の人に悩む方なら気になるから毎日このblogを拝見し先生を頼りにしているはず!!

ネットサーフィンでここにたどり着きました。私は結婚しています。
頼れる男性って少ない、もしくはいないと考えています。頼れる事と、希望を叶えてくれるは決してイコールではありません。私の経験ですが、余裕があると男性は寄ってきました。なんでも相談してきたり、甘えたり、好かれようと努力してきたり。ここのコメント欄を拝見すると、昔私に寄って来た男性のよう。外では威張り、内ではグチャグチャ。これが女性が男性的なのか?と思いました。
しかも、仕事も出来なくなる。時代の流れでしょうか。
もったいないなぁ。
結婚するとまた新たな問題があります。 今を楽しんでほしいです! 女性として。

この年くらいになってやっと気づいたのですが年齢って本当に大きいです。
会社に30前後の男の人たちがいますが、30代はちょっと遠慮したいと周囲をはばからず言っていたりします。
なるほど30越えると声はかかりにくくなるのはそういうことかと思いました。自分だって同年代のくせにとは思うのですが。
あと婚活市場で大きいのは35歳のラインです。
そりゃ中には40、50過ぎているのに、子どもまでいるのにサクッと年下の彼氏を捕まえられるような猛者はいますよ。
でもそういうのが苦手な人がこういうブログを見ているんでしょう。
今曖昧な男に付き合っている人はその分だけ若さという資産をすり減らしていることもきちんと意識すべきですね。
自分的にはグレーにする男は女性側としては黒扱いでいいと思います。
相手にそれを言うから自爆になってしまうので、口に出してそれを言わなければいいのです。
もちろんどうしても好きな人を追いかけたい、結婚は別にいいという人は好きなだけグレーな男に付き合えばいいと思いますよ。
でもたまたま今思っているだけのグレーな人と、どうしても結婚までいきたいといくつも条件付けするから可能性が減るんですよ。
今既婚者の立場からいうと、結婚したいのになかなかしない女の人って地に足がついていないしロマンチストなんですよ。確かにロマンは大事ですが、自分が今思っているところと違うところにもロマンはあるのです。それを想像してみてほしいです。
私もいまだにロマンを追求して生きていますから。
どうか視野を広げてほしいです。
長文大変失礼しました。

グレーは放っておいて次!が正しいと思います。そうすると、グレーも白黒になりますし。グレーに付き合っていると、いつまでもグレーのままの気が。。

グレーはキープ、というのはやはり真実だと思います。
男性の恋は性欲からきている、というのだから、そう考えるのが普通だと思います。
だから、友人に相談すれば、「あり得ない!他にいい人は沢山いるよ!」となるわけで、これが普通だと思います。
そこで、すぐに他を探せるバイタリティー溢れる方ならこんなに悩むこともないわけで、
悩む、ということは、どうにか解決したいと苦しんでいるわけで、それならそこが、女性としての成長の鍵となるはずです。
良い女への道の足がかりです。
"プロ"の沖川先生のお考えで納得できるのは、男性の自尊心に着目してキープの心理を深く分析し、前向きにみているところです。
実際に、元彼とのメールのやり取りで気付いたことは、私の言葉にグレーにさせる“圧力”があったことが分かりました。そこで、今まで一度も使ったことのない、待ってるわ、という言葉を織り交ぜたところ、すんなり会う約束ができました。
私は、執着しない心を培った上で、グレーに挑むのは、何よりの成長になると思います。
また、そのように考えた方が楽しいです。
ただ、皆さんも仰っているように、時は本当に残酷であることも肝に命じて!

結婚した男だってグレーでした。私の元旦那は浮気相手にも私にもいつもグレーで…20年間そのグレーに付き合ってきたけどもう限界で離婚しました。男のグレーは時には女の人生さえ取り返しのつかない事にさえしてしまいます。先生、離婚したら私は生きて行けるのかな…?って我慢してたけど先生のブログで離婚決意して別れても私ちゃんと生きてますょ。以前よりいきいきと。グレーをチャンスに変えられる人とグレーを耐えても無理な人の違いも教えて下さい。私みたいに長い年月を無駄にする女性が少しでも減るように。
男のグレーは女の人生まで変えてしまいます。

私の友人が言いました。
「心の中に牧場を作り
沢山の家畜を育てるつもりで」
趣味、仕事、男性に接する、と(家畜に例えて失礼かもですが)
1つずつ追い詰めて結論をジリジリと迫るより
それぞれに手入れを怠らず浅く広く接する事で
女性はカリカリせずにいられるし、嫉妬心を煽られた男性は
本命になろうと努力してくれるのだと。
心に牧場(笑)焦りは禁物、急がば回れ。
女性は余裕が必要なんですね。

「グレー」って思っていても
音信不通のグレーは、相手からしたらはっきり「黒!」っていう
意思表示なのかも。気づきたくないだけで。
いつまでも「グレー」のままではいられない。
その状況を、「白」と取るか、「黒」と取るかは
結局自己責任につながるんじゃないかな、と思いました。
自分の心は自分で決めるとして、
現代の曖昧な男性の心、ぜひ参考にさせて頂きたいです。

彼と結婚はしたいけど、一緒に居られる、支え合えるパートナーとして間違いないのならば、形や社会的契約にこだわらず、固執しすぎず、仲良く楽しんで行けたらと思います。 
でも、結婚は願い続けます。願わないと実現しないと思うし、行動も伴わないと思うからです。 
彼の前では素直でいたいです。 

お互いがグレーだったら 傷は深くならないんですよね(笑)
あいまいな関係が丁度いいときもあるし。
でも こっちが本気になってしまったら・・・やっぱり はっきりさせたくなるのは女心なのでしょうか。
ただ 沖川流に出会えた人たちは もう自爆の道は卒業できそうですね。

全ての女性が曖昧な男の人を相手にしなければ、そんな関係もなく曖昧な男性は減ってお互いが幸せなのになぁ。

みちるさん
心に牧場ってナイスですね!
恋愛は大切。でも、人生それだけじゃなくて、もっとたくさんの喜びがありますよね!

グレーにも種類があると思っています。
仕事とバランス取るためのグレーなら、考えます。
相手と自分の状況を見ます。
他の人と天秤にかけるためのグレーなら、さよならします。
もちろん辛いですが、ばかにするな!という気持の方が大きいです。
この考えはちょっと堅いのかなーと、今日の記事を読んで
思いましたが、変えられそうにないです。。。

同じ名前の方がいらっしゃったので「も」を一つ増量しました。
hymyさま
>もちろん辛いですが、ばかにするな!という気持の方が大きいです。
そのお考えに深く賛同します。堅くなんてないと思います。
私達は、愛するに値する人間なのです。
愛情を循環させられない相手に期待して求めても、いいことないですし。何というか、器じゃないというか。相手が。
あ、仕事が相手の時は、空気と水どっちかを取れ!的なこといってもダメなので、hymyさま同様待ちたいと思います。

男の意見です。
私自身はこちらからも白黒せまりたくなるような女性が好きです。
本当の運命の人とは、お互いグレーでうんと苦しまなくてはならないのかな、と思います。
がんばりましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する