ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 何でもないのが幸せかもしれない。
雪の中を・・・ザクザク歩く。
当たりは真っ白・・・雪化粧が朝日にあたって眩しい。


ザクザクと滑らないように歩く。途中で犬を散歩している人に出会い「おはようございます」と申し訳ない程度に小さく声をかけて挨拶する。向こうも声が聞こえない程度に「おはようございます」と挨拶をする。犬も白い息をもらしながらまんまるい顔でこちらを見ている。(うん❤可愛い・・・)飼い主によく似た犬である。(いいな♪君は雪の朝もこうやって散歩に連れてもらって幸せだぞ・・・)と心の中でつぶやく。


いつもと変わらない、何でもない朝。昨夜は雪が降って辺り一面が白いだけ、そして道が滑りやすく硬っている。滑らないように気をつけながら歩く以外はいつもの朝と変わらない。


一時間散歩して家に変えれば、パソコンに電源を入れブログの記事を書く。変わり映えのしない朝、それから事務所である占い館に出かけ、皆さんの鑑定にあたる。毎日が同じような日課である。あきたか?というとそうでもない、商売はあきないという、だから商いである(笑)何を言いたいのかというと変わり映えのしない何でもない生活が実は幸せなんだ!ということである。普通にあった当たり前の生活、それを無くした被災地の皆様に比べれば、どれだけ幸せか、今朝はそれをしみじみ考える朝でした。


好きな人と、恋人と、友達と、家族と、何でもなく単調に続く毎日。何でもない普通の日々がとても大切かもしれない。

関連記事

コメント

おはようございます。寒いですね。昨日はめっちゃ風が強く寒い…車から降りたら前に進めな~い(≧∇≦)「さっぶーさぶ~キャーゲラゲラゲラゲラ」と友達と大笑い(笑)こんなことで楽しく大笑いできてうちら幸せよなぁ~と会社に入りました(笑)先生のいうこととちょっと違うかもですが(笑)平凡なことや当たり前をずっと大事にしていきたいしその中の幸せも大切にします(o^∀^o)

おはようございます。
そうですね。なんでもない普通の幸せが本当の幸せなんですよね。私は宮城県出身で去年の震災で実家をなくし、父は津波で職場が流され、ストレスで脳梗塞にかかり、私もPTSDにかかってしまいました。震災から生活がすべて変わってしまいました。
今は本当になんでもない日々こそ幸せだと感じます。
去年、私の友人が亡くなりました。20代の若さでした。私が思うに生きているだけで皆本当は一番の幸せ者だと思います。

好きな人がいます。
叶ってはいけない恋
1日中彼の事を思い過ごす事があります。
でも、ふと、私には今の日常があるから、この恋をしていられる…と思います。
今の日常の大切さ…

先生 こんにちは
毎日 楽しみに読ませてもらってます!
なんでもない 日常がシアワセ
当たり前が 無くなることなんて考えないですもんね!
毎日 朝目覚めて 美味しい温かいご飯食べて 温かいお風呂に入ってホカホカの布団に寝れる☆
シアワセな事です!
当たり前だけど 毎日繰り返される日常だけれど シアワセな事なんですね♪
毎日 感謝の日々です!
先生ありがとうございます!

先生の感じた事分かります。はぁ~っと白い息…生きてる幸せを感じます。何でもないことが充実でもあり幸せにつながるんですよね(*^^*)そんな素直な気持ちで彼とも向き合っていきたいです☆

心かあるんだもの…
好きになっちゃいけない人を好きになってしまう事だってあります。
辛いですょね…
今の生活を全部捨てて相手に飛び込む勇気がないから辛いんですよね…
小さな事がきっかけで好きになって、その人の存在が毎日の生き甲斐にまでなってしまう…。
二人だけの秘密が少しづつ増えていくと余計辛くなるしね。いつか来る別れを覚悟しててもなかなか心の整理なんて出来ないですょ。今の生活変える勇気なんてみんななぃのが現実ですかね。
いつか天罰が下るのかな…
でも自分にだけは嘘つかないでいたいし。

本当にそうだと思います
平凡こそが、実は一番幸せな事なのだと思います

秋に参加した震災ボランティアの最終日、被災された方々に手作りのお食事と温泉をふるまう会で、私たちを淡々と仕切り、丁寧にいろいろ教えてくださる方にお逢いしました。
後から伺うと、沿岸地域でご主人と老舗のお豆腐屋を営んでおられたおかみさんでした。
すべて流され、内陸部の仮設住宅に移り、いそがしい日常から本意ではなく解放されたら、心身調子が急激に悪くなったそうです。
いそがしかった今までの疲れがどっと出たのか、日常を奪われたストレスなのか、どちらかはわからないけれど…。
何かせずにはいられないと、被災者自ら、ボランティア活動を言葉少なに、黙々と、始められていたのでした。
何気なく、当たり前に続く日常。
平凡だけれど、穏やかな日々に、感謝せずにはいられません。
彼に、家族に、環境、状況に、求めすぎていたな…。
いろんなことを思い出させていただく記事とコメント群でした。
いつもありがとうございます。。。

健康で、自分が生活していくのに困らない収入があり、家族や友達が近くにいてくれて 本当に有難いです。
不満に思う事より、感謝する事の方が沢山ありますね。
普通に過ごせる毎日を、大切にしたいと思いました。

今日のブログはなんだか ほんわかして和みますね。
沖川先生のおっしゃる「幸せ」の実感 とても素敵です。
本当にこれこそが幸せで そこに気づけることが素晴らしいのですね。
私はごはんがおいしくいただける そして布団ですうーっと眠りにつけることができれば 嬉しく思います。

朝起きて寒いからと布団に入れること。
眠いながらも仕事にいって当たり前の仕事をすること。
同僚とすごく小さなことで笑えること。
帰って温かいご飯を食べてゆっくりお風呂に入れること。
コタツに入りながら先生のblogを読み返せること。
当たり前のようなことですが本当に幸せだと思いました★
好きな人に彼女ができて、一番大好きな人に好かれなくてどうしたらいいのかわからなくて、何度も泣き何度も悩みました。
でも当たり前のような暮らしをして、ゆっくり好きな人を想える時間がある!!
じつはとても素晴らしく平和な毎日なんだなと今回の先生のblogで気づかされました。
ここを見ている私を含め皆様が毎日少しでも好きな人を想い、先生のblogを読みながら自分を振り返り心を積極的にできる時間の積み重なりがいつか、自分の想いが叶ったときの感動と笑顔に変われば…と願ってます。

何でもないのが幸せという今日のブログは、ほっこりとした気分になりました。
私は、平日は、目覚めと同時に基礎体温を測り、しばらく布団の中でラジオを聞き流した後、
ラジオ体操で体をほぐし、お白湯をのみ、我が家特性の黄粉ゴマ入りフルーツヨーグルトを食べ、
シャワーを浴び、着替えてメイクをし、髪の毛をコテで巻き、出掛けに香水を吹きかけて、靴をサッと磨いて出勤する。
これが、ここ最近の私の朝であり、淡々とこなす日課です。
当然、初めは、ラジオ体操の後に二度寝し、ギリギリまで惰眠を貪り、髪もメイクも適当にしてダッシュ・・・でしたが、
だいぶここまでこなせるようになりました。
実は、これは先日結婚した妹の日課を、私用にアレンジしたものです。
妹は上記のようなことを、何年も続け、ついに経済的に安定した理解ある男性とのご縁を成就させました。
新婚の今では、毎朝旦那さんの靴を淡々と磨いて送り出しているそうです。
ちなみに、私の母も、父と喧嘩した明くる朝だろうが淡々と靴を磨いて送り出していました。
(ちなみに父は出世しました!)
沖川先生のおっしゃる通り、被災された皆様のことを想うと、
何でもない平凡な日常を継続できることの強さと幸せを噛み締めるものです。

何でもない事 毎日を好きな人と一緒に過ごしたい。
でも彼には前から彼女がいました。私は知らずに付き合い 別れた方が良いと思いつつずるずる…
今年は次の幸せの為に勉強したと思いスッキリ別れる決意をしました。絶対その人生の方が楽しいとわかるから。

たしかにそうかもしれません。
何もないのが幸せ。
甘んじておりました…。日々感謝をもち生きていきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する