ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男の愛は相対的
男性から見れば、愛は相対的で絶対的ではない。どちらかというと抽象的で現実的ではない。愛は総合的に大きく判断するもので、細かい日常生活に取り入れるものではない。それが概ね男性の考えである。


それに対して女性は愛を日常的に細かく取り入れている。私のことを愛しているから彼はメールをくれる。私のことを愛しているから「好きだよ」と言ってくれる。私のことを愛しているから誕生日にプレゼントをくれる。私のことを愛しているから家事を手伝ってくれる。私のことを愛しているからゴミ出しをしてくれる。日常の細かいところに女性は愛を取り入れている。彼がどれだけ私に細かいサービスをしてくれたかで彼の愛を感じ、彼の愛を判断している。


一個一個の時間をどれだけ私にかけてくれたか、100回のサービスを細かく求めるのが女性である。


それに対して男性は100回のサービスなどとんでもない、時間がないのでまとめて1回で済まそうとする。毎日の細かいメールより、月に1~2回でーんと会えばそれで用は済む。「好きだよ」という大事な言葉は生涯一回だけ告白タイムに言えばいい。自分の誕生日さえ忘れるくらいだから彼女の誕生日など覚えていない、初年度に大きなプレゼントをすれば10年は持つだろう。家事の手伝いはお互い共稼ぎなので僕の義務である、週に決まった時間を生活のために義務として提供しているだけである。



男はこっぱ恥ずかしくて、愛のためにやっているなどと言えない。男の愛は総合的に判断するもので日常の細かいサービスで判断するものではないと思っている。



そこをよく知らない女性が、男の恋の賞味期限が終わった頃にイライラ自爆によって恋を終わらせている。

男の恋の賞味期限(ラブロマンスの時期)は半年、短いと二週間、長くて数年、平均して半年である。最近の恋愛は三か月くらいでおかしくなり、半年後には終わりをむかえている。その傾向が強いので注意しよう。


そうならないために、男脳の特徴を知り、事前の対応策を練るべきである。


男性の愛は相対的で絶対的ではない。絶対を求めるから失敗するのである。
男性の愛は日常的な細かいサービスではない、大きな役目(仕事など)をきちんとやってもらえばそれでいいのである。
男性の愛は言葉ではない、男性の愛は行動である。
恋の賞味期限が終わり、第二ステージに入った男性の愛にはトキメク❤ラブロマンスはもうない。あるのは義務だけである。


義務を嫌がらないでほしい。義務を果たす男性を素晴らしいと評価することだ。彼は私の恋愛を仕事のように扱っている、第一優先にしたり、第二優先にしたり、優先順位を一番最下位にしたり、本業の仕事によって優先順位を変えている。これでいい、男は仕事が命だからこれでいい、彼は男らしいね。これこそまさしく男、将来見込みがある。ラブロマンスが終わり、彼が仕事に精を出すということは「将来の二人のためだ」と思うことである。恋の賞味期限が終わり、彼が仕事に戻る時、決して邪魔しないように、彼に思う存分仕事をさせることである。彼が忙しい時、あなたは一人遊びができればいいだけである。スイッチの入った女性はそれができないだろう。だから男性との恋が失敗するのである。何故なら女性の愛は絶対を求めるからだ。それに比べて男性の愛は相対的なのである。



ええ??なに相対的って・・・それって曖昧だってこと?

相対的とは他との比較の上に成り立つさま。あるグループのなかでの位置、他と比べてどうかな?という意味です。恋愛の場合、あるグループ(他)の比較とは、仕事と彼女を比較して、趣味や遊びと彼女を比較して、自分が自由になりたい時間と彼女と遊ぶ時間を比較して、どちらが有効かなとパーセンテージで物事を決めるさまをいいます。


女性は愛に対して相対的ではなく絶対的です。絶対に!ぜったいに!スイッチが入った女性は愛が絶対的になるのです。



その両者の違いが破綻を招いているです。


男とうまくいく方法は、そのスイッチの微調整です。時にON・OFFできないと男とはうまくいきません。スイッチはそのためにあるのです。ONばかりでは無駄なエネルギーを使うだけで節電にはなりません(笑)いずれ加熱して大事故を起こします。第一ステージ(ラブロマンスの時期)が終わったら、スイッチをOFFすることです。そしてたまにスイッチをONする。こまめにスイッチのON・OFFができるかです。


そのスイッチを、女性にわかりやすい言葉に置き換えると、「結婚式が終わるまでネコをかぶっていなさい」です。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

恋愛スイッチの ON OFF
これは本当に意識しないと出来ないことですが、実行しているおかげか今の彼とはとてもうまくいっています。
先生のブログのおかげです。感謝しています。

先生は、現代において女性の存在意義とは何だと思われますか?
ぜひお聞かせください。

納得です(´ω`)
現在彼氏から連絡は約3週間なし、2ヶ月以上会ってないですがまぁいっかと気楽に過ごしています。
多忙な彼氏だし休みの日は好きなことをさせてあげたいのであえて自分からは誘っていません。
会ったときにはとことん楽しみたいと思います。毎日仕事を頑張る彼に感謝です。

素晴らしい。(拍手)

結婚式までの、猫かぶり方、教えて下さい(^-^)/

今日の日記を読んで、いかに自分の思考が男脳か…思い知らされました(笑)
私は、仕事外の“自宅準備”に時間を要するので、どちらかといえば「一ヶ月に2回のおまとめ」希望です。。
※親の反対により、実現しませんが。
男性からみて、男脳な女性ってどうなんでしょうか?(゚.゚*)
ただ、甘えたいとかメールしたいという感情は…自分でも女を感じるのですが。。

今までも現在もまだ男性に振り回されているのかな。いつまでたっても恋愛上手になれない私です。
今の彼から音信不通になり半年が経過しました。
恋焦がれて待っているわけではありませんが、一体いつになったら連絡が来るのかなと思う気持ちはずっとあります。
男女のタイムラグがあることは、先生のブログで勉強しましたし、音信不通についても皆様のコメントを参考に勉強させていただきました。決して待ちすぎのマチコではないとは思います。
少し前の私だったら、連絡がきたとしても返答しないか、あきれているかの態度しかできなっかたと思いますが、男性心理を勉強させていただいて、な~んだという気持ちにもなれて、いまだったら、半年以上のブランクがあり連絡がきても普通に対応できそうな気持ちです。
はるか前に付き合った男性がいました。彼は仕事で悩みがありました。私と付き合って一年くらいたったころから連絡が少なくなりました。まだ若かった私は数ヶ月悩んだあげく別れを切り出し、お別れしました。
それから10年経ったある日、私たちは奇遇にも再会しました。乗り継ぐ電車の合間に数分、連絡先を交換しそれぞれの目的地へ。その後数回お会いしました。
彼は既にばついちになっていましたが、私への未練があり復活したいようでした。しかし、私には・・・全くその気がなく、結局、会うことはなくなり連絡もしなくなりました。
最初に付き合って、数ヵ月後に音信不通になり、そして別れ。10年後に再会し・・・でも、もうそんな気持ちにはなれませんでした。
男性と上手く付き合うにはオンとオフの使い分けが必要なのだとは思いますが、きっと人それぞれタイミングは違うんだと思います。
それはきっと、誰のせいでもなく自分が決めたことで、自分の運命だと思います。
こうして、先生のブログを拝見できてそういった気持ちにさせられるのも自分だし、だめだと思うのも自分、すべて自分の意志で人生は動いているのだと思います。
自分の意志を確認するために先生がブログを書いてくださっていることに感謝、悩ませてくれている彼に感謝、(あまり悩んではいませんが)コメントを書いてくださっているみなさまに心から感謝です。
そうして自分がどうしたいのか、どう感じているのかを確認できるのですから。ありがとうございます。

資格を一個取ってまいりました!!
でも心が今不安定なので
落ちつかせるためにブログと皆さんのコメントを見に来ました。
義務ですか・・・。
この記事を読んでなかったら「無神経な人」って思ってしまうところでした。
昨日または数時間前まではラブラブだったのに
「何故そういうことするの?言うの?」っと、女性にとっては
地獄に突き落とされるような行動が男脳の特徴だとは・・・。w
それを知らない女性たちはガンガン行っています。
内心羨ましくもあり、私だけ取り残された感じで。
分かっているけど苦しいです・・・。

私はバツイチで子供もいます。彼とは1年半の付き合いで、基本的に毎日連絡をくれます。だからか段々と私の方が我が儘になり、今回の記事のような絶対を求めてしまい、1日連絡がないとあれ?と思い、仕事が忙しくなり月に一度会えないと自爆してしまいす。もう4,5回はしてるのですが、私の場合相手の気持ちを確かめたいとかではなく、本気で別れたいと思うのです。ですがその度、7歳年下の彼は『お前のそれは病気だなぁ」とジョークに変え何事もなかったかの様に、普通にしています。「何故、許してくれの?」と聞くと「だって好きだから別れたくないから、受け止めるよ」と言ってくれます。そう言われれば、私の決心も揺らぎ、また戻ってしまいます。だから今度こそは私が変わらなければと思います。彼が仕事に専念出来るように忙しい時は恋愛スイッチOFFしようと決めました。

興味深い内容が連日で…
わかる♪の連チャンです。いつも繋がっていたい女子。男子は 信頼があれば繋がりがなくても平気。
物事いろいろ考えられる女子にたいして、男子は一点集中。最初の頃は、いろんなことを話たり、気付いてくれたり、最近は、言わなくても解るだろ的な…
いつまでも最初のトキメキやドキドキを忘れてしまいたくないんですね。
恋愛もトキメキやドキドキは、忘れてはいけないけれど、対人間として付き合っていかなくては? その中には、信頼 尊敬を含みますが…好きだけではうまくいかないような気がします。
切り替えは大事だと思います。一つのことしかできない人に、たくさんの要求は無理だから(笑)私の場合は、彼は 仕事 家族 そして一人時間。 優先順位は最下位かも(笑)
だから 予約番号1番になるように 頑張る。
男は やっぱり 別の動物です。わかんない(゚ω゚?)

AGさんへ
私も同じように別れたいと思ったことがあります。
けどそれは 彼が別れないと確信してるからですよ。
本気なら黙って別れるのでは? 別れるといって愛情を確かめてる。何回もなら彼もパターン化されてると本気にはとらないはず。
私と同じ素直になれないのかな? お互い素直な女の子になって行きましょう。

おはようございます。
まさに!昨夜ですよ、昨夜。
彼の無連絡で飲みに行った、「細かい事」をしなかった彼。
それで大げんかに発展しそう。
というか、私の彼に対する信頼信用度が急激にダウン。
以前にもあった、残業だと思っていたら既に終わってて同僚の方(?もしかしたら他の女性かも)と食事に行ってた事が。
その時に「飲みに行くのもご飯食べに行くのもいいけど、行く前に一言連絡だけは入れて」という約束。
彼は「必ずする」と約束したのに、当然昨夜も無連絡の事後報告。
当然私の彼への疑惑は大きくなるばかり。
しかも終電を逃してる。
彼の事好きだけど、この事で信頼ができなくなり、信用もなくなり、彼への思いもテンション下がって来ちゃったよ・・・。

RKさん
彼と一緒に住んでるんですか?これからも度重なるようだとちょっと…ですけど、話し合ってちゃんと連絡してもらうよう再度、促してみてはどうでしょうか。もし同棲してるなら、何時までに帰って来なかったらご飯の支度しないとか何かルールを決めたらどうでしょう。一緒に住んでるならRKさんが本命だと思います。万が一、浮気相手だとしても長く続かないと思いますよ。でも仕事の可能性もあります。

RK さん
飲みに行く前とかに 連絡入れて欲しい気持ちも解りますが、
事後報告くれるならそれで
OKくらいにしといても良いのでは?
『~をして、~が約束』
をすると、あなたも彼も
縛るものが生まれますから
連絡すればしたで、いい顔されないと思ったから 連絡しなかったのかもよ。


本当にあなたを失いたくないなら、メールでもしていたでしょうし、あなたとの時間を持つはずだと思う。
信じたい気持ちがあるんだろうけど、
今彼に感じる疑問や、不信感に
目を反らさないで。
婚期逃すし、シワも増えちゃうよ~!

 今回の記事の「相対的」、すごくわかりやすかったです。
解説ありがとうございました。
「音信不通」がダメな理由も、きっとここにあるんですね。
 親密になった時「いつでも電話して欲しいな。ただ○○の時
だけは絶対に出ないから、その時に当たったらごめんね。」って
初めに言ってくれてました。
 転勤で遠距離になった彼を、私がサプライズで訪ねたことがありまして。
顔を見れただけでよかったからすぐ帰ろうとしたんですが、
何としてでも時間を作ろうと、いろいろ考えてくれてました。
(結局はあまりの多忙さに、久々のデートは叶いませんでしたが)
 いつもなら職場の付き合いや男友達優先の人が、その時はなぜ私を
そんな風に優先っぽく捉えてくれてたのか。ただの「キミのことも
ちゃんと考えてたよ~」のアピールとかポーズ??としか思えなくて、
理解ができないままモヤモヤと気になっていたんです。
(それともただの考えすぎで、全く意味がないのかなとも思ってみたり)
 その後会った時も本当に短い間でも時間は作ってくれて。
「絶対時間は作って行くから待ってて」しか言わないし、逆に毎回
真剣に言うんです。
そして(多忙で余裕がないせいだと思うんだけど)また連絡はなし。
敢えて私からも連絡はしてません。
 信用していいのか、またしても悩む。
 その連続で繰り返し。
 自分のペースで進めたい人だから、こうなったらもう待つしかないん
ですよね。「今年は行く!!」って言葉を受けて相対的に考えれば、
やっぱり彼なりに考えてくれてるって解釈してあげるべき??
 いつもじゃないけど、ふと彼が会いに来てくれた時の想像が頭を
よぎったりします。
本当だったら冷たく「何しに来たの?」って素っ気なーく言ってやりたい
ところですが(笑)。彼の事を失いたくないし、誠意に応えてあげたい。
ここは女性の私が「相対的」に捉えて優しく冷静に対応してあげた方が
いいのかな。
 男性は女性に対して一見「曖昧」な言動だらけですが、信頼で強く
結ばれた関係に関してはちゃんと「特別」扱いしてるんですね。
これからは男性の「義務」に関しても理解を深めたいと思います。
 最近「結婚」が何たるかがうっすらと形を帯びてきました。
甘い物ではないとわかってきた今、それでもいつかは選んだパートナーと
結婚したいです。

今日、男の愛は相対的ということを
はっきり実感しました。
彼が「いま自分の抱えてる問題」というブレーンストーミングをして、最終的な優先順までつけた紙を壁に貼っており、意図せず目に入ってしまいました(笑)納得です。
恋愛は見事に最下位でした。
なにかとわたしを後回しにして放置していることは自覚しているよう(「放置している」の言葉あり)で、その状況への良心の呵責か「別れる?」という言葉もストーミング中にありました。そのこと自体には「…だろうな」ぐらいでしたが。
ただひとつ心が痛んだのは、「すべてをとることはできない。取捨選択」という最初のまとめを消して「そんなことはない、己を酷使せよ!」の言葉にしてあることでした。いっぱいいっぱいだろうなと思ってましたが、そこまでとは。
一緒にいるときは優しく、いろんなことの両立はへでもないな感じで飄々としてみせているだけ、切なくなってしまいました。
そんなに無理してがんばって、他の人からしたら少ない時間ですが、会う時間をつくってくれてたのかと。
切って楽になっていいよ、との思いになりました。
まだ彼には何も言ってません。疲れて眠る彼の髪をわしゃわしゃっとして、帰ってきました。
酷使してがんばると決めた彼にそっと寄り添うのがよいのか、思いきってひとつ面倒なことから解放してあげるのがよいのか、暗中模索しています…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する