自分は何をこだわるのか、


こだわりは持っていいと思う、こだわりは自分の強みでもありブランドでもある。取り替えのきくその他大勢より、偏屈でも不器用でも人が真似できないこだわりはあったほうがいい。奇人変人でも本人が良いと思っていればそれでいいのではないかな。


恋愛に関して皆さんは強いこだわりを持っている。いくら周りに反対されてもこだわりを捨てようとしない。私の忠告で「彼はやめた方がいいよ」とアドバイスしてもやめようとしない。これだけは捨てられないというのが愛というこだわりである。強いこだわり・・・うむ、これが本人の生きる支えかもしれない。果たしてそのこだわりが、正しいか間違っているか?その判断は本人の強いこだわりの末に答えを見つけるしかない。



燃え上がった炎は徹底的にこだわる。恋でも仕事でも。それでいい。ただし私にアドバイスを求める場合、間違った方向の悪魔の手助けはしないというのが私のこだわりである。話は聞くが、結果はあなたのこだわりに任せる。人生はすべてが自分の責任だからである。



こだわりの答えは、些細なことではっと気づいて答えを見つけるかもしれない。または永遠に答えが見つからずこだわり続けるかもしれない。はっと気づいて辞めても軌道修正をしてもいいし、ずっとはまってこだわり続けてもいい。何かに向かって目指し続けたり、途中で軌道修正したりするのが人間だから、本人の気持ちと力量に任せるしかない。



頑固とか執着とか、言葉はいろいろあるが、私はこだわりという言葉を選ぶ。そして良いように解釈する。こだわりは自分の強みでありブランドだと解釈する。「好きなものに徹底的にこだわる」それでいいのではないかな。


関連記事

コメント

こだわりを持って恋愛もする!
執着や依存ではなく「こだわり」。先生の言葉の選び方、勉強になります。感情優先の恋愛は遥か昔に卒業(恋愛日記に出会ったおかげ)した私ですが…
穏やかな日々ばかりではなく、ここ半年ほどお互いに気持ちのズレがあり「このまま彼を好きでいいのかな?」なんて考えてみたり、「どんな事があっても好きでいるって決めてるんだから!」等々と考えたり…
その不安定な気持ちも彼の思い切った付き合いの変え方で脱しました。他人からみたら、何それおかしいんじゃない。って感じ(笑)ですが、お互いに納得して決めて関係が良くなったのですからノープロブレムなのです。私の彼はろくでなしとコメントの際によく書きますが、私にとってはそのろくでなしぶりも含めて大好きなんですが…相談をしているワケでもないのに周りの人は「あんなののどこがいいの?」「あんなのに尽くしたって何も残らないよ」と言ってくれます( -_-)
いえいえ私は。
仮に彼と別れたとしても、彼のことを心底好きだった。惚れていた。と言う気持ちが残ります。別れは縁がなかった、切れただけのこと。たとえやってやったという自己満足でしょ!と言われようと、自分の心持ちは違うし、自分のこだわりで付き合っているのですからね。
後悔しない恋愛だと私は思っています。ちゃんと自分に責任もって付き合っています。
暑い日が続いていますが、沖川先生のプログで恋バテせずに頑張れます。これからも宜しくお願いします。

彼の事が大好きだからこだわっています。でもこだわり過ぎなのかなぁ…
もう少し考えて自分なりに答えを出したいと思います。

 こだわるって言葉は本来=執着的なもの。
あまりいい意味ってことじゃないよ~って誰かが言っていました。
今回は先生なりの言葉の使い分けですね。
 この「こだわり」って、どこまでどうなのかわからないところが
ありますね。先生のおっしゃるように自己責任で結果を受け入れられる
覚悟があるのなら、それはそれで・・・という部分はイメージできます。
ただ、かなり遠回りでラクではない道というのは確かかなって気は
しますね。
 仕事の合間にふと、「私の仕事に対する考えって何だろうか」って
思うことがあります。いざとなったら離れることも決断できるし、
できるところまで今の職場と付き合ってみようという程度かな。
怒られたりしながらも、毎日がチャレンジ。
彼の「本当に余裕がない」の意味が身に染みてわかります。
 彼に関してもそんなにこだわりはない・・・かな?
今後彼がこちらに来れないのなら、それはそれでもういいかなって。
としたら、逆に何も「こだわり」がないことになってきて、それはそれで
多少問題にも思えてきます。
 生きる支えとしてはどうか?と考えたら
どちらもかなりの「支え」や「モチベーションの元」にはなっている。
・・・・・充分こだわってるみたいですね(笑);
まあ、いいや。お陰で気持ちは潤っていますから。
とりあえずあと数カ月はこの調子で走り抜けまーす♪

私の場合、
良く言えば『こだわり』
悪く言えば『執着』
なんですよね。
先生の仰る通り、
最後に自分の人生を決めるのはやはり自分でしかないわけですから、結果がどうであれ自分が選んだ“結果”は、良くも悪くも自分自身が受け入れるしかない。貫くならその覚悟も必要。
今だ『執着』を捨てきれずこだわってしまいます。 「子供を捨てる事は出来ないからゴメン」と、離婚は出来ないと私に正直に言った彼に、今だに執着してしまい一人で苦しんでしまっています。
ある時は、この世ではご縁が無かったんだ…
来世で絶対に一緒になろうと約束したから来世でいい状態で出会える様に、今は苦しいけど綺麗に身を引こう。と思う日もあれば、
やっぱり彼じゃないとイヤ…と、自分の未来が全く見えず真っ暗闇の中にたった一人ぼっちになったように落ち込んで、彼を恨んだり、泣きはらしたり。
なかなか執着から抜け出せず、もがき苦しんでしまいます。
この執着から手を離せば、きっと楽になれると分かっているのに(決して彼を恨む気持ちより、好きな気持ちの方がずっと大きいので、一人の人間として家族への責任を全うすると決めた彼の気持ちを尊重したいからです)
そこに、よく言えば『こだわり』と言う身勝手でもあり、また報われない惨めな執着を捨て切れずに苦しんでしまっています。
でも、きっと人生はそんなに思うようにはいかないもの。
間違ったこだわりや執着はさらに思い通りの結果にはならないのだと思います。
いくら貫いても間違ったこだわりは思うようにはならない。
やはり、人生は諦めながらどこかで自分のこだわりを捨てながら、生きていかないといけないものなんでしょうか…
いつか、私もはっと気付いて軌道修正出来るようになればいいのですが…
完全に『こだわり』ではなく『執着』になってしまっている自分の気持ち、分かってはいるのですがなかなかそこから抜け出せません。
でも、しがみついているその手を離す時って、悲しみや心の傷みを伴いますよね。
私の人生では愛を貫きたい。愛にはこだわって生きていきたいとずっと思ってきました。
こだわる事は決して悪い事ではないと思ってきましたが、時にこだわりを捨てる勇気を持つ事も人生必要なのかもしれませんね。
先生のブログを読んで、日々頭に叩き込んでいるのですが、なかなか前に進めない弱い自分がいます。

みゅうさん
分かります!
他人ってすごく無責任だと思います。
でも「そんな男」って言う人に限って、「じゃああんたの旦那(彼氏)はどうなの?(大した男じゃない)」とか「だから彼氏ができないんじゃない?(好きな人すらいない方が寂しい)」って思う事しばしばです。
今まで友達の旦那や彼氏に何度も会った事ありますが、私の中では全員なしでした。でもそんな事いちいち言わないですよ。
自分が良いと思えばそれで良いと思います。
誰もが素晴らしいと思う男だったしても、嫉妬されたりしても嫌ですしね。
周りにあまり話さないのが一番だと思います。

こだわり…
私も彼にこだわっているのが自分でもよくわかります。周りの人が、みんな言います、「辞めたほうがいいよ。もったいないよ、もっといい人居るのに」と。
確かに彼は、はたからみたら自由奔放人間。もうすぐ50歳だというのに、家族ももたず、実家で母親と二人暮らし。毎日仕事帰りには夜中まで遊んで帰宅。いつも決まった場所にしか居ないけど、たまに夜中までどこで何をしているのか全くわからない。そういう時にかける電話は、必ずといって出ないか、出てもなぜか不機嫌。こんな時、私はマイナス思考で(誰か他の女性と一緒なのかな…)ってへこんでしまいます。
そんな彼でも、私には大切な存在。私の中で、彼に対するこだわりがあるのです…
彼は言います。私という手のひらの中で、ふらふら行ったり来たり遊んでいるだけ。戻るところは決まっているんだから、広い心で、あまり小さいことにこだわらないで、どっしり構えていればいいだけなんだ。と…
いつも、私のやきもちが原因で、彼を怒らせてしまっています。怒らせて、「オレの人生プランにお前はいない」とまで言われていますが、私は彼から離れるつもりはありません。マイナス思考になった時に(このままでいいのかな…思い続ければ、いつか彼がわかってくれる時が来るかな…いや、必ず、私のところに来る!)なんて色々なことが頭を巡ります。
彼にこだわった人生を送ろう、私が自分で選んだ道だから!

自分の今後を満足なものに導くには『こだわり』は必要ですね。
ただ、『わがまま』や『執着』と紙一重であり…
『こだわり』は必ず実を結びますが、後者はボロボロになるだけ。
不倫や略奪、事の重大さを分からずに…
『わがまま』を通して
安易に手に入れた恋愛も
『執着』し続けた恋愛も
結局はハッピーなものではありませんでした。
自分を失っていたし
自分が見えていなかったんだから、当たり前。
自分だけじゃなく、知らず知らずの内に…人を傷つけていた…命懸けなつもりでいたけれど、今思えば、私のは恋愛ごっこ。
育む恋愛を覚え切れずに
失敗を繰り返していたのは『わがまま』だったから。それに、『わがまま』は相手の本質を見極める目も殺してしまう…
『恋愛日記』に出会い
経験から感じていた事に確信を得て…『こだわり』を見つけ、ブレずに進み、最高のパートナーにたどり着く事が出来ましたし、関係を築くことも出来ました。
これからは夫婦としての絆を育みながら、未来の目標に向かって歩んでいく日々。
過去があるから今がある。
自分のペースでいいから…躓いても何かに気付き、学び、行動に移し、を繰り返しながら…前へ進み続ける事が大切なんだと実感しています。

マリサさん
 こんばんは☆
私もつい最近(といってもまだ数カ月ほど)めっちゃめちゃ大好きだった彼に別れを告げられました(^^;)
正直なんとなくこうなるだろうとは思ってましたが、自分でもよく努力したな~と思うくらい彼に対して努力してきたので・・・。正直今も時々「4年無駄だったか」とか「もっと早く別れておけばよかった」とか(アラフォーなもんですからw)思う時もありますが・・・
 けど、今の彼と関わりたくない思いもあったり・・・。正直ぐちゃぐちゃになる時もあります
 新しい出会いを求めて合コンとかも行きますと、世の中には「彼よりも素敵な人はいっぱいいるんだな~」と思えます
まだ、自分の心が動かされるような人には出会えていませんが・・・
 執着、つらいですよね(T_T)
私もともすれば執着しそうになります。でももしかしたら彼に執着してるのではなく、自分の恋心に彼を想ってきた気持ちに執着しているのかもしれない、とも思います
 支離滅裂なコメント、さらに自分の話ばかりになって申し訳ないのですが、別れがあれば必ず出会いがあると信じているので、きっと彼さんよりももっともっとマリサさんが幸せを感じられるような人との出会い・恋愛・結婚があると思います(もちろん私にも!)
 なかなかすぐには忘れられないですが・・・フリをし続けたらいつかそのフリが本当になるように、彼のことも過去になっていくんだと思っています。環境は違いますが、お互いがんばりましょう!!

今は彼に対して、何もしない。
とゆうのも、私自身、仕事が大変でそれどころじゃなくなってしまったので…。
以前は、彼に執着していて苦しかったけど、今はそれがなくなった。
執着すると辛いのを知ったので、決して諦めたわけじゃないんだけど、今は大好きな気持ちもひと休み。
とことん、こだわってきた答えはわたしが見つけるのだろうから、ゆったりとした時間の中で見つけていきます☆

暑い日が続きますが、先生はお変わりないでしょうか?
先生のブログは何回読み返しても新たな発見をくれます。
月日がたつと状況も物事の見え方も根本も変わる。変わるからこそ先生の言葉がまた違う形で生まれ代わり勇気をくれます。
先生のブログのおかげで困難を乗り越えて4年お付き合いは続き、やっと一生のパートナーとしての目標をたてられました。
別れ話からの大逆転でした。
こだわり、って本当にやっかいで難しいです。なぜこの人じゃないといけないと思うのかたまに不思議でなりませんが、心を積極的に、勇気を持ってこれからもやれるだけやってみようと思います。
へこたれそうな時、苦しい時、先生はいつも勇気をくれました。ブログを読みながら泣いたことが何度あるでしょうか。
先生には本当に感謝してもしきれないくらいです。ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。
夏の日差しは厳しいですが、お体ご自愛くださいませ。

マリサさん
とても辛い気持ちが伝わって来ます。彼が大好きなんですね。
私も同じような経験あるから、お気持ち察します。子供を捨てる事は出来ないと、言った彼だから好きになったんでしょうね。 何の罪のない子供や奥さんを捨てて貴方のところに来たとしたら? あなたも、その上に
幸せが成り立つはずはないと解っているはずでしょぅ。
彼氏とも言えない。好きな時に
連絡も出来ず、ずっと一緒にいられない。青い空の下、手を繋いで歩けない。でもこの人とは
出会うべきして出会った人。
人に言えないような二人でも、
二人で要るときが真実の時間なんだって私は 思って信じたいと思っていました。 いつか、必ず結ばれる。いつか、いつか、って。
好きになった事は、後悔はないですよね。 ただ、どんなに愛してると感じても、純愛にはなれないんです。ただの不倫の一言で片付けられる、結ばれる縁ではないんです。
そして彼も。
結果、男の人は、色んな理由、環境
を含めて 出来るだけ都合良ければ続けたい遊びだったんです。

本当に、こだわりは大事ですよね。個性なんだと思います。
何をどうしたってどうせ自分の責任なんだから、誰が何と言おうとやりたいようにやりたいと思います。
先生のブログはいつも的確で、いつもわたしの背中を押してくれます。
読んでは中心に戻っています。ありがとうございます。

『カレしか・・・・』とか思わず、もっと気楽に恋愛を楽しみたいし色んな人と出会いたいです。これは多分私が『こだわってしまう』性格だからそう思ってしまうのかもしれません。
『あんな人のどこがいいの?』って言われる事もしばしばあるお相手ですが、確かにその意見は無視できない当てはまっている事実もあります。でも『あなたたちが知らない、とってもステキなカレもいる』ってのも事実。
だからと言って『あなた達に何がわかるの?私がカレをいいと言っているのだからそれでいいの』とこだわり過ぎてしまうのもどうかと、自分で思いました。それもそうだけど、周りの人に対する反抗心や『カレを分かってあげれる自分』に酔ってないか?他の人が知っていて自分の知らない一面もある、などなど。
こだわりも大切だと思います。でも同時にバランス良くっていうのも大切だと思います。恋愛は特にこだわりと執着は紙一重だと思うし、こだわりすぎると自分の首を絞めることもあるんじゃないかなー?

ひろさん
コメント有難うございます。
ひろさんの仰る通りで、
これが純愛だと思っていました。
こんなにお互いが好きで仕方がなくて、誰よりも一緒に生きていきたいと思えた相手なんだから、いつか必ず結ばれる…とこだわってしまっていました。
でも彼は、「離婚して一緒になりたい」と言いながら、なかなか話が進む気配がなく、最近は子供との距離が近くなる出来事があり「今は以前とは(家庭内の)状況が変わった。子供を捨てきれない」と、あれだけ私に一緒になりたいから苦労かけるけどついてきて…なんて言ってた彼が、
私が「いつまで待たなきゃいけないの?」と責めると急に手のひらを返したように言って。
そのたった3日前に「苦労かけるけど一緒に頑張っていこうね。お金はないけど幸せにするから…」なんて言ってた彼でしたので、納得いかず、でも別れようと言う彼に泣き付いてしまいました。
結果、今はまだ急には気持ちの整理もつかないし、別れきらないから一緒にいてとズルズルしてしまっていますが、「離婚できない」とカミングアウトした彼は楽なようで、平気で「来世では必ず一緒になろう」とか言ってきます。
すっかり“他人の”ような彼に、「あれだけ一緒になろうと頑張ってきた二人は何だったの?」といつも思ってしまいます。
結局、ひろさんの仰る通り都合良く続けられたらいい遊びでしかなかったのか?と思ってしまいます(涙)
まいまいさん
いつも有難うございます。まいまいさんも大好きだった男性とのお別れを経験されて悲しい思いをされたんですね。
まいまいさんは前向きに進んで頑張っていらっしゃるんですね!
私も同じアラフォーなので(笑)結婚も出産もしたい、と焦る気持ちもあるのですが、なかなか前に進めず苦しんでいます。
まいまいさんのように前向きに進めるように頑張らなければ!!
と勇気づけられます。
有難うございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する