ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 精神的な哲学
1、退屈
「ああ~退屈だ・・・つまらない」と言っていないで、退屈を楽しむこと。身の丈に応じた生活を楽しむこと。退屈の中の幸せをおろそかにしてはいけない。衣食住がそれなりに足りている生活に幸せを感じること。そして向上心のある仕事に就けていることに感謝をすること。長い時間と空間をあなたに提供してくれる退屈をもっと楽しまないと損である。退屈はつまらないと言って動き廻るから暗い顔になるのである。


退屈に感謝しよう。心の持ちようで退屈に感謝することができる。若いうちは死に急ぐように動き回る。それも過ぎるくらいに。何故動き廻るのか?それは孤独に耐えられなくて寂しいから、刺激を求めて動くのではないだろうか。このままではつまらな過ぎて耐えられない、我慢できないと言って。


刺激を求めて動き廻っても良いことは何も起きらない。良いことは節度ある計画を実行することで起こるもので、つまらないからと言って闇雲に動き廻っても良いことは起きない。サガの欲望の行動は運を悪くする集団に出会うだけである。類は友を呼ぶ悪い集団に。その中の人間関係でさらにサガと強欲を身につけるだけである。悪い業界の中に入れば、その性格が身につく。人は人によって多大な影響を受ける。人はあなたに悪い影響を与える、自分を見失うくらいに。刺激を強く求めればそれだけあなたのリスクは高くなる。それを経験として生かせることができれば成長できるが、大抵の人は暗さだけが残ってしまう。生き方に満足していないから暗さが残るのである。不安と欲求ばかり求めて動き廻るから何とも言えない悲壮感が漂ってくるのである。


若いうちは刺激を求めてもいいだろう。ただ、そろそろ落ち着きなさいよ。その悲壮感漂う暗さが出てきたらもうおしまいだ。刺激を求めて行動するのはおしまいだ。神はあなたに警告している、そろそろ刺激を求める行動は終わりにしなさいと。


その代わり、退屈をあなたにプレゼントしよう。


退屈はいいぞ。

その恩恵をあなたはたっぷり味わうことである。

前向きにアグレッシュブに動かなくちゃ。・・・・と思わないこと。退屈を楽しみなさい。静かに楽しみなさい。そうでないとあなたの顔から暗さが消えない。


何かの節度ある計画を実行しなさい。計画を実行するのはとても単調な作業だ。人はそれを退屈だ!つまらないと言う。退屈だ!つまらないと言っている間は、あなたは永遠に幸せにならない。退屈の中に幸せの極意がある。それを神はあなたにプレゼントしている。その恩恵をありがたく頂戴することです。


節度ある計画が実行できない?
ならば、普段の生活に感謝しなさい。今のあなたにいいたいのは「落ち着け」である。何何の資格を取りなさいとか、アスリートになって国体の競技に出ないさいと強要しているわけではない。刺激を求めてアグレッシュブに無駄な行動をしているあなたに落ち着きなさいと言っているだけである。動いて動いて、動き廻って、悲壮感漂う暗い顔ではどうしょうもないだろう。今は刺激を止めることである。「退屈を楽しんで心を落ち着ける。」それがあなたには必要である。


関連記事

コメント

 あくまで「彼女(一個人)」に限った感想として。
 「退屈~。何か面白いことはないの!?」
 昨日の記事にコメントさせていただいた文章の女性の口癖(笑)。
彼女にとって楽しいことの第一位が「若いイケメン」。
それ以外って言うといつも自分と遊んでくれる人を探しては、
常に動き回ってる。
その中で常に「自分が一番」じゃないと嫌といつも言っています。
 周りによく人が集まっている割には、職場で彼女の遊びに付き合う
人はごくわずかみたいです。女性には断られているとこしか見たこと
ないので・・・。かと言って男性も、一度遊んだら続けて行った
という話は聞きません。
 続けて行ってる場合、その相手が男性なら・・・ですね。間違いなく。
ここ最近はお化粧もファッションも手抜きなところを見ると、ちょっと
相手してくれる男性とのご縁が途絶えているのかな?
 あの行動力は凄まじいし、積極性は見習いたい部分ではあるけど、
仕事中でもそれを最優先する傍若無人ぶりにはちょっと・・・ですね。

>若いうちは死に急ぐように動き回る。それも過ぎるくらいに。
>何故動き廻るのか?それは孤独に耐えられなくて寂しいから、
>刺激を求めて動くのではないだろうか。このままではつまらな
>過ぎて耐えられない、我慢できないと言って。
 これって男女問わず当てはまるのでしょうか?
 仕事には時間をかけるから、多忙ならなおさら忙しい。男性だから
付き合いも多いし大切にする。でも、自分が一番好きな人には特別で
後回しにはなりがちだけど、たまに会う時はそれはそれとして
放ったらかしにしていた埋め合わせを兼ねてたっぷり丁寧に時間を取る。
かと言って、浮気をするほど恋愛にはあまり積極活動はしない。
(女性と二人で外で会う事は私以外には一切してなかった様子)
 「彼(年下)」がそういうタイプです。
 「『彼女』はいてもいなくてもいい」とは言ってましたけど、何で
そこまで動き回るのかなって疑問でした。男の人は付き合いがあるから?という
程度には思っていましたけど、仕事や未来に関する不安だったり
孤独になる寂しさもあるのかな。
とにかく予定を詰めたがって、また一方で一人で出歩いて愉しむ
趣味の時間を持ちたがる。(元同僚ではありますが、私たちは後者で
より仲良くなりました)
今は人手の足りない業種だし仕事での試験や勉強もあるので、プライベートでは
「1分でも長く寝ていたい」状態が続いてるようです。
だったら付き合い控えれば?とも言いたくなるところですが、
男性はそうもいかないんでしょうね。
 そういえば数年前まで私もそういう動き回る時期はありました。
 その方が新しい出会いもあったし、楽しかった。確かに刺激も
ありました。止まっちゃうとふとネガティブなことを考えて
しまうから、わざとアグレッシブに動き回ってる事で安心してた
気はします。
 最近は仕事で走り回らざるを得ないので、その反動もあってか
ぼーっとしてたいです(笑)。問題は、その時間が長いとまた
あれこれと恋愛に関してのネガティブ発想につながりやすいと言うことかな。
 その結果、落ち着けないのかも・・・;
「退屈~」なんて言葉、もう何年も自分の口から出てきてないです。
 それが「強欲」から来るものでなくて、「悲壮感」だとか「暗い」
とかそういう類のものでなければ大丈夫ですよね?
 活動の「ちょうどいい」バランスってどのくらいの割合なんだろう??
個人によるんでしょうか。

本当にこういうの許されるの、若い時だけですよね…
30過ぎていい年になってもこうだと、痛いの一言です。
彼女らの情熱に応えることができるのは、既婚の恋に飢えてるおじさんだったりします。。
あまりに理屈っぽいのもどうかと思うし、後先考えずに刺激を求めるのもどうかと思います。
普通で平凡がいいんだなとすごく思いました。

精神哲学の第一弾は、「退屈」なのですね。
興味深いです。
毎回、記事を読ませて頂く度に、目からウロコなのですが、今回のは分かるかも。
退屈、大好きです。
退屈と言うより、一人でいる時間の空白があるのってとても幸せだと思います。
それも、衣食住が整った上での退屈、最高ですね。
そういう時って、心に余裕ができるので、食事をちゃんとしてみようとか、運動して体を整えようとか、そういう事に時間が使えて、
日々そういう事に切磋琢磨していると、今まで見えなかったものが沢山見えるようになってきます。
そうすると、道端に咲いている花に気付いたり、季節の変化とかにも敏感になれたり、もっといくと神様に感謝できるようになります(笑)
そういう時って、人との関わりも余裕を持っていられるので、素敵な人に出会う事も多かったりして。
退屈の意見、大いに賛成で~す。

いつも本当に勉強させていただいています@@
いつも本当にありがとうございます@@
先生の記事引用;
普段の生活に感謝しなさい。今のあなたにいいたいのは「落ち着け」である。何何の資格を取りなさいとか、アスリートになって国体の競技に出ないさいと強要しているわけではない。刺激を求めてアグレッシュブに無駄な行動をしているあなたに落ち着きなさいと言っているだけである
すごくいいことをいってくださっている!私は感じました。
これだけ世の中が何でもあり、便利過ぎになってくると、
20代前半ならともかくも、30すぎてから遊びすぎの自覚症状もなくなってきますよ。
(先生のブログは20代の女性対象というよりは、いろんな年代の女性も訪れると、、願望で書いています、ゴメンナサイ!)
こういう時代だからなんていいわけはやめたほうがいいし。
というのは、自分への叱咤なんですが、、
刺激だけを求めて気がつけば無目標の30代があっという間に過ぎると、それなりの40代になります。
私の場合をふりかえると、30前半までは仕事と遊びにあけくれていたので、30代後半から40代前半にかけてなぜか?いろんなつらいことも押し寄せてきました。
このときほど、人生にはやっぱり何事にも期限があって、特に女性は、子供を産める時期が限られていることをおおいに悟りました。
でもそのつらいことと思われることが、かえって40代からの人生をよりふくらませてくれたような気がしています。
田舎に暮らしていると、何が必要で何がいらないかは現実にわかるようになります。
20代30代の東京暮らしもよかったけれど、今の私には選ぶものが多すぎる。
だから時々訪れる先生のブログには、若い女性に叱咤激励の厳しい暖かさのようなものを感じますね^^
退屈な男はさえないところもあるかもしれないけれど、年中浮気を心配するような刺激的な恋愛向きな男よりは、確実に結婚向きです。
そうはいってもそんな退屈な男だって、実はたくさんの刺激を求めているんですよ。だから先生は書いたと思うに、女性には男のロマンを求めている。
無駄な刺激を求めて消費できるのは若いうちまでですよね。
たくさん消費しても大丈夫な経済は体力がないとおいつかない。
だからといって、無駄に使っていいことないと思うんです。
私の場合は、自分に優しい刺激を与える方向にしました^^
たとえば、、刺激の強い年下男性と遊ぶよりは、人生を教えてくれる自分に優しい年上男性とか、なあんて。。
退屈を楽しめるってことは、普段ある生活に自然に感謝してるってことなような気がするんです。
笑顔も増えるしね^^!
結婚生活も退屈な毎日の連続だと思いますから。。^^!

自分にいわれているようなきがしました。今は一人の時間を自分のために丁寧に生活したいと思います。

恋愛をこえもっと大きな視野での記事感謝です。楽しい事を楽しむじゃなく、やるべき事を楽しむ。

今日の記事…
《うん、うん》と納得しました。
今現在、私自身が感じ取っていた事を見抜かれたよぅな気持ちになったくらいです。
あれこれと自分を奮い立たせて楽しみを見つけ さらに仕事も一生懸命、人との関わりも一生懸命、何事も手抜きなしで生きてきて
つい最近 がんばりすぎた
代償が…
信用していた人からの裏切りをきっかけに 心にポッカリと穴が空き、自分って何なんだろぅ…と
悩んていました…
しかし 今日の記事を読んで答えが見つかりました
(笑)
私らしく静かに笑顔でいれるよぅに 穏やかになります(^^)

そうなんですよね~
結婚生活してる時は退屈な時間なんて少しもなかった
仕事から帰って大急ぎで夕食の用意、そして片付け、明日のお弁当の準備旦那がやっと寝てから洗濯物、それからやっとお風呂。1日24時間では全く足りない。
今は離婚してから
自分のやりたぃ事、行きたい所、本も読めて、3ヶ月に1日は退屈な日を作り白馬村に行き心を休めて。
旦那との喧嘩もないからまったくイライラもない(笑)
退屈な時間ってやっぱりとても大事。
毎日穏やかでいるために一番大事なのかも知れない。

びっくりしました。
忙しくなりたくて焦っていたので、退屈を楽しむなんて発想なかったから…
寂しくなるのは退屈を楽しんでいないからだったんですね。

 皆さんのコメントを拝見しながら、最近
「ほたるさんはもっとそばにある季節やお花を感じられるように
ゆっくりした方がいいわね。」とご年配の女性に言われたことを
思い出しました。
 身近で小さな変化や物事を感じられる。
すごく大切なことですね。それができないと、大切なパートナーの変化も
ふと見過ごしてしまいそう。
鬼に笑われそうですが、私の来年の「抱負」がそれかな。
ゆっくり「退屈」の時間を持つために今年の残りは全力疾走しまーす♪

以前の私なら休日や1ヶ月のスケジュールを埋めるのが楽しみでした。
とにかく仕事が休みの日は
どこかに出かけてました。
誰かとランチしたり
女子で集まったり
男性だったらデートしたり…あまりなかったけど(((^_^;)などなど。
休みに予定がないのは
何だか世間から取り残されてるように感じてたと思います。
今は、休みの日はちゃんと休むようになりました。
家の中の事もしたり
趣味を楽しんだり
これからの事も考えたりもかます。
どこかに行くこともありますが、
無理をしなくなったのかも知れません
そうそう、
女子はグループで動きたがるけど
単独での行動も増えましたね。
明日の休みは予定がないです、
これもハッキリ言えるようになりました。
何にもないのが楽しい、
いいですよねーー♪
正直、
若い時だから動く…
職場の人で若い女子と仲良くなるなら
まだしも、私は負けない!!って人がいて
みんなが引いてました。
譲るとこは譲ればいいのに、
私自身も気をつけたいです。

恋愛とは関係ないのですが、今回の記事読んで心が落ちつきました。
私は7月から派遣の事務でお仕事探してたんですが、時期的に夏休みになるし、なかなか思うようなとこがなく、たまたま秋まて短期の仕事があり繋ぎとして働いてます!
次の仕事が見つかるまでって、なんか焦っちゃうし暗くなる!
なってました、だから精神的疲労が半端なかったけど、まぁ退屈ではないけど、見つかるまでの数ヶ月が苦痛でした!
先生の仰る通り、与えられた時間に幸せの極意があるのかも!
秋からまた活動始まりますが、無職期間、も楽しみながら仕事探せばいいのかも。焦らない。
そんな気持ちにさせられた記事でした!ありがとぅございます!

バランスってとても大事なことだと思います。
食べたい物ばかり大量に食べていたら病気になったり、言いたいことをバンバン言えば返ってくる反応が大きかったり、逆に言わなければいけないことを言わないでいるとフラストレーションが溜まったりetc...
振り幅が大きいだけ刺激も多いけどその分のバランスを取る苦労(返ってくるもの)も大きいと思います。
そのバランスを取るというのが人間にとってはとても難しいもので、そのバランスを取るためにどうしたらいいか考えたり、時には本当の自分と向き合ってみるということをするということが自分磨きであったり、努力というものではないのかな?と思うです。
そこをほったらかして、一足跳びにとにかく何かやればいいと思って、習い事を増やしたり見た目を綺麗にするという事をやっても何も満たされることはないと思います。
少し立ち止まって自分と向き合ったりする時間は退屈で何も進展していないように思うけど、心は大きく変化してると思います。
心が変われば周りも変わるから焦らなくても逆にとても近道だったりするのでは!?と思います。
日々の小さなことや退屈を楽しむのはとっても大切と思います!

今の私にピッタリ!!
いろんな事あってから、色んな人や事に感謝しています!!!!
退屈は嫌いですが、そんな何にもない日は家事を徹底的にする、子供といっぱい遊びに行く。
アクティブにも動き回る。
アウトドアや買い物、美容、ネイル、勉強、読書、友達とたくさん遊ぶ。
そうしていたら、退屈より忙しすぎて最近困っています(笑)
彼ともどうにでもなるだろうと思っていますしね♪

今回の記事、好きです。
私は25才です。まわりの友達は土日は友達と遊んだり旅行に行ったりしています。話をきいていると、自分は若いうちの時間を有効に使えていないのかななんて思うこともあります。ですが、今回の記事で『退屈もよい』と書いてくださり、ほっとしました。
ステキな日記をありがとうございました。

何も変わらない毎日に感謝です。 自分や両親の健康に感謝。 心優しく、楽しい会社の同僚に感謝。 いつも笑わせてくれる友達に感謝。電話を切った後に 今日は満月が綺麗だよ~って気付いて、また電話くれる温かい彼に感謝。

退屈っていうと言葉が悪いけれど、何もしない時間を自分に許容して、自分自身の奥深くともっと向き合うようにすると人生が変わるんじゃないかなーと思います。
自分と向き合っている時って退屈でもなんでもないと思います。

つまらない、上手くいかないと思って覗いてみたら…自分のことかと思いました。
退屈が一番の苦手です。
退屈の中に幸せを見つける練習します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する