初めての恋・・・

あの頃の僕は純粋だった。

まだ見ぬ未知の世界へ心が魅かれていく。汚すのを恐れた真っ白な心。経験を積むということは汚すことになるが、経験を積むことで汚したくない。汚すくらいなら経験など積まない方がいい。臆病ものと呼ばわれても構わない、自分は身も心も綺麗であの人を見てみたい。


胸ときめく青春時代。汚れを恐れる純な心と欲求を求めている自分。孤独な夜に悪魔の自分と天使の自分がいる。


悪魔に支配された自分は想像を絶するほど変なことを考えている。○○○と膨らむ妄想はとてもここでは表現できない。おそらくどの男性も青春時代は同じことを考えていただろう。変なことを想像して変なことをやりながら・・・。


天使の自分は彼女を守っている。カッコつけたり、ヒーローになったりしながら妄想の中で勝手に彼女を守っている。いかにも自分は優れたオスであることをありとあらゆる日常の場面でトップアスリートな自分を見せつけようとする。勉強で1番の成績をとり、運動会では1位でゴールしている自分を想像し、仕事ではNO1の実績を上げ上司や同僚から一目置かれ、周りの女子からはキャーキャーという黄色い声の称賛を浴び、澄んだ目でうっとりしている彼女の尊敬を一身に浴びニンマリしている自分がいる。ある時は暴漢に襲われる彼女を助け、パワハラ、セクハラの上司をぶんなぐり、彼女の家庭の問題や仕事の問題、対人関係の問題の悩みを一気に引き受け、この世で一番頼りになる男を演出してベットの中でニヤニヤしている。その姿を他人が見たら気色悪いと言われるだろう。想像の世界ではいくらでも自分は彼女のヒーローになれる。奇想天外なヒーローは自分に自信のない表れでもある。



そしてヒーローの後は悲しみの天使を演じる。彼女のために身を犠牲にして彼女の涙を誘う場面を想像したりする。悲しみの天使を演じることで、ますます彼女の思いが強くなる。自分が病に倒れた時彼女は自分のことをどう思うのだろう・・・死がせまった自分を悲しんでくれるかな・・・泣いてくれるかなと彼女のポロポロ涙を想像する。悲しみの天使は健全なヒーローではなく、落ちた不健康な時に起こる。健全なときも不健康な時も僕は彼女のことをいろいろ想像する。



一番恐れていること
彼女に自分よりふさわしい男性が現れれば、嫉妬に苦しみながらも彼女の幸せを願って身をひく自分がいる。惨めだが彼女の自由を奪うことができない。でも・・・そうなれば自分は情けなく惨めだ、そんなの嫌だ!何やっているんだオレは!と自分を叱咤激励してライバルに闘争心をむき出す。でも結果は惨め、遠くで彼女の幸せを願っている自分がいる。その恐れていることは永遠に来ないでほしい。



報われない努力
恋物語は努力の物語でもある。でもその努力はなかなか相手に伝わらない。一人で背負いこんで一人で舞い上がっているから相手には伝わらない。「この人何を考えているんだろう」という誤解しか伝わらない。


成長
恋に対しては、人は一足飛びに成長できない。求めているものと自分の実力がかみ合っていないからだ。辛い悲しみをいっぱい覚えないと成長できない。初恋時代は切ない時代。そしてその切なさは甘美の世界でもある。


関連記事

コメント

男はあほや~。
でも可愛い。

初めて先生に見ていただきました。
彼に対する「どうして?」の気持ちから
ようやく自由になれました。
アラフォーの私ですが…(^_^;)
ずっと綺麗な気持ちで彼を想い続けた、そんな2年間でした。
彼の事が大好きで、一緒に居るだけで幸せで。
まっすぐに、本当に一生懸命だったんです。
突然のあっけない終わり方に納得できず、
ずいぶん自分を虐めて苦しみました。
泣いても泣いても出口が見えなくて、
心が痛くてどうしようもないという事を
思い知りました。
たくさんの喜びと幸せ、そして悲しみ…。
彼からはいろいろな事を教わりました。
だから、ありがとう。
駅までの帰り道、
思い出の一つ一つにさようならをしていると
自然と涙がこぼれました。
恋のお葬式、ですね。
先生、健康で優しい彼氏を見付けますね(^-^)
本当にありがとうございます。

男性はアホで優しくて単純で分かりやすくて好きです。
すぐかっこつけるし鈍感だし、みんなお世辞に弱くてプライド高くて、ヒーローになりたがって、強がる。
4歳の男の子と遊んでたら、俺が守ってやるからな、そこにいろ!大丈夫か?ですって。突然ヒーローになってました。
まぁ可愛い。幼い子供もおじさんもみんな一緒ですね。
精神的には弱くて甘えたいのに強がったり無理したり。
好きな男性の前だけは、分からないふりや、ブリッコしてべったり甘えてますよ。大抵大喜びしてくれます。
女性の世界では通用しないので、サバサバキャラに変えてます。両方自分なので。

沖川先生、昨日は電話での鑑定ありがとうございました。
この記事は男性のことについて書かれてありますが、なんだか私を見ているようです。この記事通りなことをしていました、いや、今もしています(笑)
努力は、相手にはなかなか伝わらない。相手からの評価を求めてばかりいたら、途中で辛くなって諦めてしまいます、私なら。
「自分はこんな人になりたい!」と自分の為に努力します!そして、相手が「お?なんか、こいつ変わったな」と思ってもらえたらラッキーですよね。相手が何も感じなかったとしても、変わりたい!と自分の為に努力した私は、絶対に以前の私よりは少なからず成長しているはず!
と自分に言い聞かせて、前向きに明るく!自分の為に努力していきます!

昔、大好きだった人がいました。私は昔からその人の女友達のなかで一番の理解者でした。そして、その彼には私ではない、大好きな女性がいました。中々人を好きにならない彼が本当に好きになった女性…。だけど、彼の恋は結局のところ、叶いませんでした…。彼はその女性を三年ひきずっていました。きっと彼も、先生と同様、想像の世界で、彼女を守り、幸せにする、頼もしいヒーローや、時には悲しい結末を人知れず、語ることなく、想いを巡らせていたのではないかと、今回の記事を読んで思いました…。人はいつも人知れず、誰かを、大切な人を想い、苦しみ、少しの幸せを噛み締めて生きているんですね…。初恋は、ずっとずっと変わらない。大人になって、少しずつ汚れを知っていっても。仕事に追われて目まぐるしい毎日におそわれても。眠る前にたまに蘇るあの頃は、ずっと綺麗なまま。決して戻らないけど、決して消えないし、汚れない。初恋は人生の宝物なような気がします(^ー^)☆☆

笑顔でいるより真顔でいるほうがラク。
ポジティブでいるよりネガティブでいるほうがラク。
浮気しないで一途でいるより浮気したほうがラク。
他人の幸せを喜ぶより妬むほうがラク。
本能に逆らわなければ結構、人間って愚かな動物。だけど私は逆らいたい。
女神のような純粋な心でに1人の人を愛し一生を共にしたいものです。

私はこの記事とても興味深く読みました。見ることのできない男性の本当の気持ちを垣間見れて良かったです。
彼(30代)にとって私(40代)は初恋の人ではないけれど、結構純な気持ちでずっと想っていてくれてたようで、想いがしっかり通い合うまで2年かかったんですけどね。そして、ずっと遠距離なんだけど2年半も続いてます。
ちょっとエッチな写真を送ってあげたら、「これを使って一人エッチしてもいいか?」っていちいち私の許可を求めるんですよ。笑 放っておいたら、「ちゃんと答えてよ~」だって。私が許可しなかったらしなかったのかな・・・?
「どんなこと妄想してしてるの?」って聞いたらそれには絶対答えてくれないですけど。かなりひどい事をしてそう。笑
きっと、女の妄想と男の妄想って全然違うんでしょうね。
もし今後私が彼と別れる事を決めたときは多分彼、抵抗せずにすんなり別れると思います。私としては「別れたくない!」って引き止めて欲しいんですけどね。でも、彼は「相手の事を思って身を引く」タイプだからな~。
だけど、それが彼にとって「一番恐れていること」なんだと分かってちょっと嬉しいかな。
ところで、私も彼と同じでもし別れたら静かに離れる人なんですが、世の中にはなかなか別れたがらなかったり、別れた後もしつこく復縁を望む人が男女ともに多いようですね。
正直不思議でなりません。どうして私と彼はそういうタイプではないのかな・・・?と。私だったら、相手に「別れよう」と言われたら、プライドかな・・?
「別れないで!」なんて絶対懇願できません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する