ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男性が不安定になる原因(転勤)
環境の変化は恋愛にとって最も危ない時期、「環境の変化=恋の終わり」という方程式が私のところでは成り立っている。何千人の人たちが彼の転勤によって別れを告げられている。女性たちは別れを阻止しようと一生懸命頑張るが、男性は環境が変われば恋愛も変わると言わんばかりに次の環境の住人となる。


私が結婚適齢期の女性なら近いうちに転勤の予定がある男性とは付き合わない。企業に勤めているサラーマンなら転勤は仕方がないとは思う。でも私はその中からすでに転勤が終わって、ここ3年は転勤がない人を選ぶ。(3年あれば結婚まで辿り着き、一緒に転勤先についていける計算ができるからだ)男性の環境の変化は恋の終わりという方程式をよく知っているからその計算ができる。



何故?「環境の変化=恋の終わり」となるのか。男脳は遠距離恋愛ができないからだ。「時・金・労力」を大事にする男性は合理的でない遠距離恋愛はできない。優秀なビジネスマンはタイムイズマネーを重視する。合理的かつ効率性を重要視するから優秀なビジネスマンである。遠距離恋愛は非合理的で非効率的だから男脳の仕組みからしてできない。よほど惚れた女ではないとできないだろう。よほど惚れた女なら男の方から会いに行く。何百キロ、何千キロ離れても男の方から会いに行く。遠距離恋愛は男性から会いに行っている恋愛がうまくいっているのであって、女性から会いに行っている恋愛はことごとく終わっている。(遠距離恋愛は女性から会いに行ってはいけない、男性が会いに来て成立する)これもサブの方程式である。



私が女性で、付き合っていた彼が転勤となり遠距離恋愛となったとする。私なら「彼はないな」とあきらめる。本当は彼のことをもの凄く愛しているが、あえて「ないな」とあきらめる覚悟を持って彼と接する。先にその覚悟を持った方が心は楽になる。心が楽になればジタバタ慌てる必要もない。「男の人は仕事が命」だから仕方がないと私はあきらめる。後は彼が転勤先から帰ってくるまで気楽に待ってもいいし、帰って来なければ永遠にさようならでも構わない。転勤して遠距離になった相手に期待しない。そのくらいの覚悟が私にはできている。この地で付き合った想い出を大事に、彼の仕事の成功と彼の成長を遠く離れたこの地で祈る。



遠距離恋愛の相手には昔の手法を使う。
遠距離になった相手には携帯などの通信機器による連絡は控える。近くで付き合って頃の1%以下でも構わない。そして自分からは連絡しない。彼から連絡が来たら親切丁寧に迅速に対応する。私からの連絡は年に3回と決める。彼の誕生日と、お正月の年賀と、唯一女性から愛の告白をして良いバレンタイだけとする。この3回の連絡は携帯通信機器を使わない。自筆の手紙とする。気軽に使える携帯などのメールや電話はあえて使わない。100年前の古い手法で遠距離恋愛の相手とは接する。通信機器や交通手段が発達していなかった昔の手紙は相手に届くまで半年もかかった。日本から遠く離れた地で働いている人や日本から遠く離れた戦地で戦っている兵隊からすれば、年に2~3回彼女や奥さんから届く手紙は何よりも変えがたい感動と励ましを与えてくれる。下手に携帯の通信機器で毎日連絡をするより、その感動は一万倍効果がある。遠距離の昔の手紙は相手に届くまで半年かかった。気の遠くなるような長い時間かかって手紙が相手に届く。その間、相手が生きているのか死んでいるのかわからない。この生死の安否確認ができない空間こそが生きた手紙となり生きた愛となる。昔の女性は遠距離の彼に会いに行かなかった。そして携帯電話も無かった。それでも二人は愛を深めて結ばれた。今は時代がどんどん進み、かえって愛は希薄になっている気がする。


関連記事

コメント

先生、こんにちは。
先生の記事にまた自爆を思い止まりました。
私の彼付き合って1年4か月ですが、異動になりました。
転勤で離ればなれになったら、ただでさえ近くに住んでいても会えないのにもっと大変だっとろうと思います。
異動先は以前よりも近くなったのでほっとしました。
それにしても、男の仕事は恋愛と本当にきれいに比例しますね。
私の彼も今繁忙期加えて異動も重なり、恋愛は超閑古鳥です。
年内会えるのかどうかもわかりません。
だけど、時々メールかえしてくれます。
内容は、俺大変メールだけど。
自爆しないように、自分の時間を大切にしながら、忘れて待つようにしたいと思います!

これは、遠距離でなくても仕事が急に忙しくなった彼にも言えるのでしょうか?
もともと連絡不精な人ですが、先月の終わりから昼夜逆転になったり、今月は休みが不規則になったり、とにかく多忙を極めているようです。
たわいないメールを送って返事は来ないものとするか、とりあえず連絡しないで向こうに余裕ができるまで待つか、迷いつつ今は後者でいますが。
先週ふとお互いに好きなアーティストのライブチケットの抽選が外れたから、次の抽選予約頼むね、とだけメール来ましたけど(^^;)
了解!と返事してそれきりです(笑)
今月も会えるか微妙です…
寂しくなってどうしようもない時はこのブログを読み返して自爆しないように頑張ってます!
普段は自分も仕事したり、楽しみをいろいろ見つけてなるべく心穏やかに過ごしていますが、
たまにふと時間がぽかりとできた時に、不安の虫が出てくることもあります。
そういう時、彼には私って必要なんだろうか?
とか考えたりしてしまうことも。
思いだして欲しくて、連絡してしまおうかと思いますが、今のところ思いとどまってます。
こういうケースはやはり連絡控えているのが正解なのか、それともたまには連絡した方が良いのか…
ちょっと揺れてます(-_-;)
いかん、ネガティブになりつつある(笑)
明るく、心癒せる女でいないと!!
皆さんのコメント読んで活力にします!

私の彼は航海士。年齢は15上。
彼はまさに、この記事の方法が合うような人。携帯にも誰にも縛られず、甘い時間や私、プライベートは陸に置いて、仕事の顔だけ連れて船に乗りにいく。次にいつ会えるかなんていつも分からない。連絡だってまめじゃない。でも、『女にまめすぎて、仕事はなんとなく』な男性より、男性らしくて良いなって思ってたます(*^^*)今も、2ヶ月連絡ないけど、不思議と不安にならないんてす。きっと元気にしてる証拠だから(*^^*)

わかる気がします。
遠距離恋愛になったら女性より男性が会いにきてくれたほうが
長持ちすることを。
もちろん女性が会いにいくのは悪い事ではありません。
でも男性は仕事が命。
彼の忙しい一日に自分と会う時間を作ってもらえる事が
とても嬉しい反面、申し訳なくなります。
一日過ごした後に帰る時間になれば、またしばらく会えない。
女性はその状況に酔ってしまいやすい。
女性から会いにいって、帰る時も女性から「もっと一緒にいたい」と
そんな気持ちにさせて、彼が次の日の仕事に差し支える言動を女性自らしてしまっている。
男性から会いにきてくれるという事は
その日、その時は男性自らその女性のために時間を作ってくれたという事。
女性はその時に男性に目一杯甘えればいい。
そのために男性は自らから時間を作って会いにきてくれるのだから。
女性自らあまり連絡しないように持っていくには、色々難関でもありますが
先生の言われてる通り、遠距離になった最初に女性が「彼とはないな」と
諦める事ができたかできなかったかの違いですよね。
女性から頻繁に会いにいったり連絡したりの関係はいわば
遠距離になった最初に男性のほうが女性に対して「彼女とはないな」と
思っているのかもしれませんね。
今は携帯がネットワーク。いつでもどこでも連絡がとりあえる。
男性から会いにいかなくなる事や連絡しなくなる事が多いのは
いつでもどこでも生存確認ができる携帯が当たり前となったこの時代のせいかもしれません。

今年の夏に、ダメンズに引っかかっていた事に気がついてから、このブログを発見し、それからいつも拝見しています。
先生、毎日の更新、本当に有難うございます。過去の日記も、よく拝見しております。
また、皆様のコメントも、大変勇気付けられるものが沢山あり、「自分だけではないのだなぁ」と何時も思いながら見ています。
本日の更新は…思わず初コメントをしてしまう程に、「もっと早くに知っていたかった」と思うものでした。
私事ですが、私は昨年秋から、遠距離の後輩から猛烈にアタックされ、物凄く遠いのに逢いに来てくれる事もありました。
しかし、彼が異動になり…遠距離は変わらずだったのですが、あっさり乗り換えられてしまい、「今までのは何だったの?」って想いでいっぱいになり、ショックでした。
私は恋愛関係で昨年色々あったのですが、それを全部知った上で近付いてきていた可愛い後輩だった為に、結果的に口先だけだった彼についてもう人間としても信用出来なくなっており、その事実が非常に哀しいと云う気持ちでいっぱいでした。また、彼にはもう恋人が居り、自分はまたひとりぼっちになってしまった、と云う妙な哀しさに耐え続け、どうしてどうしてって思ってばかりでした。
しかし…このブログを拝見していると、「成程…」と、学ぶ事が多いです。
特に今回は、彼が異動する前に知っておけば…と、心底思いました。
今はまだ哀しいけれど、前に進むしかないなと、やっと思えるようになってきました。
これからも先生のブログを拝見して学びながら、このブログを見ている皆様と共に、人間として魅力的な良い女になれる様、頑張っていけたらと思っています。
本当に、何時も有難うございます。

私も6月から遠距離恋愛です。
一言でゆうと しんどい。笑
ほんとに 迷ってばかりで…
先生の言われる年に三回しか自分から連絡しないって提言は 私には無理ですぅ。。
元々、ベッタリしてた訳じゃないから 淋しさの消化の仕方も 身についてるんですが、
離れた所で 新しい環境で出会う女性も 沢山いるだろうなと思ったりしたら、もう負のスパイラルになります。
実際、もう終わりかなって思う事もあったけど それを経て お互いの存在の大切さに気付きました。
だから、色んな感情を手放して 自分の時間を楽しんでます。
離れてるからこそ、たまーに愛してるからねってゆう気持ちを伝えたいと思ってしまいます。頭で考えないで 直感で動きます。
遠距離恋愛は ほんとーに 2人の気持ちが試されるレッスンですよ。。苦笑

私は、いつ転勤になるか分からない人とお付き合いしました。年頃だし、タイミングが良ければ「着いてこい」って言ってくれるかもしれないという淡い期待も込めて。
結果、彼は一人で行ってしまいました。遠距離恋愛の開始。連絡も減り、焦っていた私は何度か会いに行きました。でも、なかなか会えないし、連絡も2週間に一度のみ。
最後は私の自爆でした。
それから約一年後に復縁しました。
この日記を読んでいたので、私自身も自立した女性として、彼との結婚は期待しない、結婚のプレッシャーはかけない、連絡が少なくても責めない、イベント事の時しか会いにも行かないと心に決めてのことでした。
女性がこうも我慢しなければいけないのかとも思いましたが、彼と復縁しないと別の道にも進めないと思ったので。
だけど彼の行動は私の思惑とは違っていて、ほぼ毎日電話、週末は新幹線2時間半の距離を定期的に帰ってくる。それを二年間続け、結婚しました。
後で分かった事ですが、あくまで私の場合はですが、最初の転勤で音信不通気味になったのは、多忙のせいもありましたが、それ以外にも原因がありました。
やはり、男は行動。復縁後は男性主導で動き、近くにいたときのように遠距離でも不安もありませんでした。
必要以上に勘ぐったり、疑ったりせず、彼を信じることにしたのも大きな要因かもしれません。
男性と付き合って音信不通気味になったのは初めてだったので、すっかり焦って余裕のない女性になっていたと思います。
どちらかの思いのバランスが著しく片寄ると、信頼関係を築くのもかなり困難になるとこの時学びました。
相手に依存せず、一緒に恋愛するってとても素敵なことだと思います。

私は隣県と遠距離恋愛中で、今月2年目を迎えました。
彼の事を愛していますが、あまり連絡はとらないようにしています。私から電話をかけた事は一度もありません。彼に依存すると、遠距離は身も心も持たないからです。
きっと、彼と私だから、この恋愛は成り立つのかもしれないです。
私が不安な時は、きっと彼も不安だと思います。
愛し合っているから不安なんです。
お互いの不安は取り除けないけど、ただ彼を信じてます。
彼の前では弱音は吐かない。でも、本当は毎日声が聞きたいし、傍にいたい。
全てが上手くいくわけではないし、誰と付き合っても不安や悩みは出てくる。
先生、恋は盲目ですね。
私は恋に恋しているのかもしれません。

初めてコメントします。
今の私の現状のような…
わたしの彼も9月から転勤となりその前から仕事が忙しくかれこれ4か月程会っていません。連絡無精のためここ一ヶ月は音信不通です。
あまりにもツラいため、ここのブログを見ていたのですが先月自爆してしまい、「別れたくないけど、会えないのが無理なら別れよう」と言われました。結局私の気持ちを伝えかろうじて(笑)別れてないとはおもいますが。その後も懲りずに時々メールをしてましたが相変わらず音信不通だし(笑)やっと放置する決心がつきました。
このまま連絡がこないなら終わりのような気もしますが、男脳のコトを少し理解できたのでもう少し待ちたいとも思って毎日悩んでいます。
ここのブログを拝見して同じように悩んでいる方達がこんなにいるなんて!と思いあと少しだけ頑張っていきたいと思いました。

 すごい!! ある意味ロマンチックというか何というか・・・。
 なんだか他のふたつ(就職・転職)とまたちょっと違う内容なんで
目からウロコが落ちました。
 思い当たるものがたくさん過ぎて笑っちゃったってのもありますけど・・・(笑)。
 転勤したら疎遠になると思ってたし、二度ほどお別れを言いに
(自爆しに)彼に会いに行きました。
 結果、自爆すらさせてもらえず「とにかく待ってて!!」と。
あまりに一点張りなので、それ以来この街でいいコでお留守番している
現在です。
 そんな最中。つい先週なんて、彼に片思いをしていた隣の部署の女性に
「○○くんの職場に(プライベートで)行って来たよ。すごく
しっかりした雰囲気でカッコよくなってたな~。」と笑顔で言われ。
 「あー、そうなんですかー。ずいぶん久しぶりに聞いた名前なんで
忘れてました。元気してましたかー。」とは答えたものの、実は
内心少し穏やかであるはずもなく。その夜自宅にて激しくヤキモチ
を発散したのは言うまでもありません・・・(笑)。
 けど、彼とプライベートな付き合いもあったのは私だけですからね。
それだけは間違いないもんっ!と、何とか自分に言い聞かせて落ち着いた
ところです;
 ある意味、ここ2年ほどの彼とのやりとりは完全に正解ではないけど
そんなに間違ってなかったのかなって。
 もともと二人とも本来「不携帯」なタイプだったりします。
 仕事だからとか必要最低限の連絡しかしないので、下手すりゃ
携帯の画面を見ない日すらあります。
 それでも二人の関係が成り立っていたのは、彼が私のところに
通ってくれてたおかげかな。実はその時ですらロクに電話はして
なかったんですよ。
 メールだってお互い全くしたことないし、
「古臭い!! 昭和(の恋愛)かっ!!」と他の先輩同僚に言われ(笑)。
 その後遠距離で音信不通になったものの、よく考えてみればいつも
とほとんど変わりはない・・・んですよね(^^;
「連絡はしないけど音信不通じゃないから」という彼の言葉の意味が
今になってちょっとわかってきた気がします。
 それとですね。これはちょっとズルい気もするんですけど。
 ちょっと「霊視」のできるというお方とお話をする機会がありまして。
 その時にちょーっと彼の心を見てもらったんですが。
 ほとんど何も話してないのに、彼が言った言葉と同じ言葉が出るわ
出るわ・・・、まるで本人かと思うほど。
同時に彼の過去の言葉のあまりのひねりのなさに思わず爆笑してしまいました(笑)。
 裏を返せば、やっぱり彼は誠実に私に全部の気持ちを伝えてくれていたんですね。
 その時に「電話はたまにしてみてもいいの?」って聞いてみたら
「しなくてもいいけど、してあげた方がすごく喜ぶ。出れないけど
着信は大歓迎だから、あなたのタイミングで掛けたい時に掛けて
大丈夫。」というお話だったので、思わずニヤニヤしてしまいました。
 
 先生、これくらいならセーフですか?
 私は勝手にセーフだと信じちゃいます(笑)。

久しぶりのコメントです。
これからは会える時に会おうと言われ、破局して
最初はまめに連絡をくれた彼。でも、いつしか連絡は
ぷつりとなくなり・・・半年もとうに過ぎました。
半分以上はもう、彼への執着もなくなり、平穏な毎日を
送っています。
思えば、最初 彼とおかしくなったのは 彼側の仕事で
遠距離に出張することが多くなったのが始まり。
いつしか半分以上は、向こうに行ったきりになり
ある日、「距離をおきたい、今は仕事を一生懸命やりたい」と
お決まりのセリフを言われました。
そして、お決まりの態度をとってしまった私。
焦り、泣き、すがり、そこからは「重くて面倒な女」に・・・
半年後、正式に別れたいと切りだされました。
このブログを昔から読んでいたら、もっとうまく
対処できたのかな・・・でも、やっぱり うまくは
できなかったかな。中途半端な関係に、きっと私は
連絡を我慢するなどできなかったと思います。
離れ離れになりそうになったら、うまくやろうと言うのでなく
やはり、「もう、ないな」とすっぱり止める心構えが
必要なんでしょうね。白黒は付けず、あきらめる・・・・
そうできたら良かったのかも。
いつか縁があったなら、また会う日が来ると
軽~~く今も待っている自分がいます。

出逢った時から遠距離。
用事でこちらに来る時に、20分でもお茶する時間を作ってくれたり、止むを得ず会えなくても電話で話をしてくれたり・・・そういえばしてたなって数年前を思いだします。
彼のできる精一杯を私もとても嬉しく思ってました。
自分から来ようという意志ではなかったけれど、なぜか海外出張先が私の住む街という偶然は、彼の想いが引き寄せてくれていたのかな。
それ以降は、私から飛行機乗って、ホテルも取って、彼に負担にならないよう気を遣って、会いに行くこと数度。
(それだけが目的ではない用事に合わせてだけど)
国際間移動は大変だったけれど、一目でも会いたかったし、声が聞きたかったから。
互いに既婚ですから、それはそれは大変な事。
当然、手書きの手紙も出せません。
メールも年に数度。
今、同じ国に住むようになっても、そのスタンスは変わらない。
せっかく同じ空の下、海外に比べたら、新幹線で数時間なんてとても近いと思うのに、どこにいてもおんなじ。
このブログは、純粋で健全な男女のお付き合いをよりよく導くためのテキストであり、多くは沖川さんも未婚の女子達を応援するためのものなのでしょう。
既婚同士の心の繋がりにはあてはまらない事も多いのでしょうが、簡単に連絡することをセーブしてしまう間柄だからこそ、相手の心が読めなくて、こういうブログを頼りにしてしまいます。
ようやく今、時差のない同じ国にいるのに、かえって簡単に意を決して会いにいけなくなっちゃった。
私はそのうちまた異国に行かなくてはならない運命。
今の街にも時々来ている事知ってる。でもあえて連絡はない。
出張ついでに会おうって、言ってほしい。
たとえ、10分でも顔を見て挨拶位したいから。
会う段取りをつけたり、こんなかすかな希望でさえ、既婚だと「罪」なんでしょうか。
この人とはなにかある・・・そういう直感みたいなものを感じられる人は長い人生の中でそうそういないのにな。
独身の人みたいに、「ないな」「次いこう」とはなれない、既婚ゆえの複雑さ・・・どうか道徳心とかで片付けないでほしい。

遠距離になると分かった上で付き合い始めました
3年遠距離を続け、私が会いに行くのは年に3回~4回と決め、メールはしましたが電話は向こうからかかってくるのみ、でした
(たまにかけたこともありますが・・・)
手紙を書くのも好きなので、ちょこちょこ出しました
誕生日のプレゼントも手渡しでなく送る(笑)誕生日に行ったのは初年度のみでしたね
この間、彼のリストラ・転職もありましたが「何とかなるなる!」と明るく、私自身支えてきたつもり(金銭的な支えはしておりません)でいましたし彼もそう言ってくれていました

帰ってきて1年で別れを告げられたアラフォーです(笑)
恋愛日記を読んでいたので自分的にはかなり理想通りにふるまえていたと思いますが結果コレ
もちろん彼自身も会社で上手くいっていなかったり不安定な要素はたくさんありましたが・・・
結論としては「やっぱご縁があるかないか」なのだろうな、と・・・
本人の努力は絶対必要ですが「ご縁」の前には努力など小さいものなのかもしれないと思います
努力だけではどうにもならないのかもしれないな、と
新しい人にはなかなか出会えていませんが「まあどっかにいるだろう」と出会いの場に積極的に出かけるようにしています★

転勤だけに限らず
部署の移動や昇進も
同じような状況になりそうですね
恋愛で遊んでる場合じゃない(笑)
彼に関わる回りの人間関係がガラリと変わるとき
戦いモードに切り替わるんだろうな
ん~(>_<)
別れると冷静に理解出来るのに
その時は、不安でいっぱいで
やっぱり態度にでちゃってたんですね(--;)
次…がんばりマス…

本日20時のAさんキャンセル了解しました。

私は女ですけど、遠距離恋愛ができません。
だから、つき合っていた人の転勤と同時に別れました。
だけど、ある日突然、仕事を捨てて私のいる場所に戻ってきたんです。
わたしはもう別の生活を送っていたので、正直、好ましくありませんでしたが、成り行きでふたりとつき合うことになり、そこから人生が崩壊しました。
だいたい、ふたりとつき合う方ばっかりが責められるんだけど、戻ってくるほうにも問題あるよなぁ~。
仕事失ってまで戻ってきたから、同情しちゃったんだもん。

おはようございます♪
遠距離なんて面倒臭いです。
いつでも会える距離がいいです。
いつでも触れられる距離がいいです。
普通の会社は転勤があって当たり前かもでしょうが…
結婚相手に転勤がある人は難しいです。
単身赴任で行ってくれたら毎週末、旅行気分で新鮮だけど途中で面倒臭くなりそう(笑)
地元近辺は離れたくないので…
都内ならOKですが\(^o^)/
離れたら他に相方を作ってしまうでしょう。
お互いに…。

私は変わったパターンなのでしょうか。
離れてる間2年間
彼はほぼ毎日連絡してくれてました。
転勤が決まった時点で、『遠距離は性格的にも無理』と宣言したからかもしれません。
おはようとおやすみの電話は毎日してました。
年に三回の連絡なんて私には無理でした。そんな相手なら別れてたと思います。
重たいこともたくさん言ったし、私は実家なので連休のときは彼のところに会いに行ってたし、彼が仕事でいっぱいいっぱいになってる時も最低限の連絡はあり、音信不通になったりしたことはありませんでした。
2年間離れてましたが彼と結婚しました。
やっぱり相性とか縁があると思います。
転勤族は早くに結婚してたり、異動も急でバタバタしてるし、落ち着くタイミングが分からないと思います。
結婚が決まった後も、式の段取りなど大変でした。
遠距離しててよかったなって思うことは、離れてる間のことを思いだして毎日一緒に眠れるだけで幸せを感じることかなぁと思います

結婚してからも、仕事忙しいので一緒にいられる時間はわすかですが不安から彼を責めることはなくなりました。

素敵ですね…読んでて感動しました。
私の好きだった人は転職ですが、転勤に近い転職だと思いました。
先生の言葉が今の私には土に水が染み込むように理解ができます。
先生の本やネットで言われている事を実践して行くと、一人ぼっちになってしまったし、恋愛が始まることすら逃している状態でした。
でも私にはそれが必要だと今はすごく理解できます。
転職した彼のことも、一緒に過ごしたことを嬉しく懐かしく、続かなかったことを残念に思いながら、でも、ないな、と思っています。
そういう自分だからこそ、人を受け入れられるのではないかと思います。今までは思い違いをしていたみたいです。
自分は真っ直ぐに立つ一本の木なんだって。どんな事があっても真っ直ぐ上に伸びて行く木でなければ、人に木陰を与える事はできないですよね。
いつでもそれを忘れては行けないな、と思いました。
これからも先生のお考えや教えを沢山読んで行きたいです。

彼は所長に昇進して一年
いつでも会えるはずが所長になってからはまるで遠距離恋愛状態です。
もともとメールベタな彼。所長になってからは
仕事の忙しさで彼からのメールはきません。
彼からメールがこなくなり私は重い女と化し、自爆まっしぐらで彼にネガティブなメールばかり送ってました💦
幸い彼が私からのネガティブなメールは一切気にせず自爆は免れました。
それからは気持ちを切り替えて彼からのメール返事はないと考え、私からは彼には素直な気持ちのメールを送るよう心掛けました。
それから彼はメール返事は相変わらずないものの電話をかけてきてくれたり、たまにですが忙しくても少しの時間ですが会いにきてくれます。
ネガティブからポジティブになれる様に先生のブログで勉強します。

いつも楽しく拝見してます。
先生の論理が好きですし、納得することばかりです。
私も遠距離2年しました。
今も継続中ですが、遠距離が決まった時に
彼が色々な事情で、連れていくと言ってくれなかったので、
私には無理だと言いました。
当初、私から連絡をすることはなく、しばらく経ちましたが、
彼のほうから逢いに来ました。
彼は地球の裏側に住んでいました。
お金も時間も労力も掛かると思いますけど、何度も逢いに来てくれました。
今でも毎日朝と夜に彼のほうから連絡をくれます。
夏休みには航空券などを全て彼が手配してくれ、
招かれて彼の住む国へ行ってきました。
先生のおっしゃるように、男性のほうが積極的な場合でないと
遠距離は上手く行っているとはいえないかもしれません。
私は初めての遠距離でしたが、おかげさまで不安に思う事もなく
今に至ります。
そして、来年から彼は別の赴任先に行くのですが、
結婚しようと言われてます。
準備ができ次第、私も彼のもとへ行きます。
海外赴任などで忙しいのは事実かと思いますが、
連絡がつかなかったり、少なかったりするのは
やはりそれまでなのかなと思います。
男性は自分がしたいと思ったら、
時間もお金も惜しまないでしょうし、
それが幸せなんだと思います。
だから、自分から連絡したり、訪ねて行く事は
私もオススメしません。

付き合いだして5年と半年、遠距離になって1年半。。
さらに転勤…
最初はかなり泣き落ち込みメールの嵐。今、思い出すと彼に悪かったなぁ…と。新しい土地新しい人達と仕事。しかも管理職
私からのネガティブメールは、さぞや迷惑だった事でしょう。
そして、また転勤…
今回は、邪魔しないように
控えめに過ごしております(笑)
遠距離になったら終わるなと思ってると、これが続いてるんですね。
多分、もともと彼は忙しく、頻繁には会ってなかったし連絡もマメではなく放置タイプの人。
私は思春期の子供二人がいるバツイチ…双方ともに、そんなに時間もなく
お互いが割と放置タイプ…というのも有りで続いてるのでしょうね。
ただ、私からは割とマメにはメールを入れてます。返事はないですが…
以前、それがモトで喧嘩に発展してしまいまして…B型男性だからか(笑)
返事がいらないような くだらないメールがいるそうですよ。
それで私とのツナガリがあるって確信して安心してるらしいです。
殿方は勝手ですが、惚れてるのでしょうがないですね…。
私達二人はすでに40代後半
今はお互いが人生で忙しいピークを迎えていると思います。
若い時の恋愛と中年期では こんなに違ってくるのかと驚いております。
まわりの友人たちは、放置男なんてやめなさいと忠告してくれますが、
メールを一日に何回もする男なんて
私にはメンドーなだけです。
私も変わってるのかも(笑)
だいたい、彼には私しかメンドーみきれないと思ってますから
本音は会いたくて、もう少しマメに連絡をとってくれたらという気持ちはありますが…
彼も大変な時、私なりに見守っていこうと思います。
私が大変な時、彼も忙しいなか勇気っけてもらったりと、お互いさまですね
何年後に帰ってくるかはわかりませんが、帰りを待ちます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する