ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > ストレスの少ない相手を選ぶ
「恋の終わりはストレスから」と、ズバリ言っていいだろう。ストレスは自分の中から湧きあがるものもあれば、他人から伝染するものもある。また多方面の社会的な条件からもストレスは起こる。自分、他人、社会の中にストレスは蔓延している。


いくら愛していても、いくら好きでも、社会的な条件と生活習慣が一致しないと男女はうまくいかないと前回記した。うまくいかない理由は、ストレスが起こるからだ。



彼の仕事が忙し過ぎて会えないというストレス。彼は安定した職に就いていないというストレス。彼は夢を追いかけていて結婚はいつになるのかわからないというストレス。彼と私は生活習慣が真逆で私は朝型だが彼は深夜族、プライベートの時間がかみ合わないというストレス。社会的条件と生活習慣が一致しない相手との付き合いはストレスが増幅してくる。どんなに愛していても、ストレスによってやがて愛は破綻する。


私が何故?条件にこだわるのか。
それはストレスをなるべく回避したいという思いからである。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

忙しすぎる彼と付き合うのは、確かにストレスを感じることもあります。
でも、忙しい中時間を作って会ってくれたりメールの返事をくれたり。
そんな彼の行動に優しさを感じるので、別れようとは思えないんです。
まわりの、毎週デートして毎日電話してるっていうカップルに比べたら普通ではないかもしれませんが、わたしはこれでも幸せです(^-^)
条件第一で選べたら即結婚できるのかもしれませんが、好きな相手がいる場合はとことんがんばってみたいと思っています☆

前回の条件の記事もそうですが、沖川先生の仰ることはズバリ的中すぎて、笑ってしまうほどです。
私が昨日お別れした彼も先生の記事内容そのものでした。
お付き合いを続けるには、環境や経済面が折り合わなすぎて、それが原因でストレスもケンカも多かったですし、彼が選んだのは最終的に別れでした。
先生がイヤというほど書かれている通り、男脳は恋愛の困難を女性と共に乗り越えるのではなく、楽になる別れを選びます。
別れた彼もそうでした。
好きだけでは続けられませんでした。

どれだけ条件が合っていたとしても、相手を好きでなければ何ともなりませんよね。世間の主婦の奥様たちも、遅く帰宅するダンナの悪口を言いながら、なんとかうまくやっているではないですか・・・
結婚しても、仕事の時間が同じ、休みの日が同じ、なんてまずありえません。
私のように、看護師をしていて、夜勤などがある人の場合、ホント旦那さんとはすれ違いの毎日です。
それをストレスと捉えるかどうかは、本人次第ではないでしょうか??

環境以前に、彼の浮き沈みが激し過ぎてストレスでした(^-^;
振り回されないように、頑張っていましたが‥結局、振り回されっぱなし(T-T)
疲れ切ってる時に、彼からお別れされました。
今は、その辺に関してはストレスフリーの生活ですo(^o^)o

結婚相手をまずは条件で選ぶのか、この人で無ければという気持ちを優先するのか?議論が分かれるところですね。
どちらも間違いじゃないし、自分はどちら側なのかをちゃんと分かって選択すれば良いんだと思います。
ただ、相手に条件をあれこれ望むのであれば、自分はその条件に見合った人間なのかと我が身を振り返り、努力する必要があると思います。
自分は相手に何を差し出せるのか?
相手とフェアトレード出来る自分でありたいです。
まあでも正直、相手に条件優先で選ばれたとしたら、少しさみしいなと感じてしまいそうですね。

彼とのことでストレスを感じ、自分自身の対人関係、仕事、生活あらゆるところに支障が生じていました。まさに人生、彼一色・・・
彼との不安定な関係性の渦中にいる間は、余裕がなくてまわりへの配慮もできないし、最悪他者からの信頼も失ってしまいました。
それを取り戻すのに労力と時間を要しました。
男性が社会性を重要視するように、もちろん女性にも社会性は重要です。
彼とのストレスで社会性が低くなってしまう自分に気づき、「自分が成長できない、破滅の道に向かう男性とのおつきあいは、やめなきゃいけない」と切り捨てる覚悟をようやく持てそうです。

今日のテーマ、恋の終わりはストレスから、
でも、恋の始まりもストレスからなんです。
相手の気持ちが知りたい、会いたいけど
会えない、他の人と親しそう、そんな気掛かりが
ストレスに変わり、恋心が芽生えてくる。
恋の始まり、そして恋の終わり・・。
あぁ、よく判らない。

いつも為になる記事をありがとうございます。前回、今回の記事は私のパートナー探しの道標にさせて頂きます。前回の「嫌な思いを散々体験したあなた、ご苦労様でした。」の一文、笑ってしまいました。本当に「ご苦労様」としかいいようがないですね。2年間毎日泣いて苦しんでた自分「ご苦労様」って感じです。選んだのは自分ですもんね^_^;これからはまず条件に合う人を土台に、その中から好きになれそうな人を探すという選択をします!
今、忙しく余裕のない方から、プッシュされてます。フィーリングは合うし好きなタイプですが、約束ができないようで「休みになったら会いたいから空けといて欲しい」とか「明日は早くおわるから21時から会えないか」とか振り回されそうな匂いがプンプン…こりゃ関わらない方がいいですよね。次行きます~!

ここ数日みなさんのコメントを読んでると
「好き」の気持ちか「条件」か「どちらかひとつ」みたいに捉えられてる方が多いような気がしますが
別に先生は条件だけで結婚しろとおっしゃってるわけじゃないと思います。
条件以前に、愛情は大前提だと思います。
先生がおっしゃってるのは「条件がそろっている人を好きになってみたらどう?そうすれば苦しまなくてすむよ」ってことだと思います。
これができるかどうかは、自分の気持ちのコントロールができるかどうかにかかっているでしょう。
条件が合わない人を最初から拒否できるかどうか。
どんなに優しくされてもなびかない自信があるかどうか。
苦しくても我慢できるなら誰を好きになったって構わないし
苦しみたくないという気持ちが強いなら、条件の合う人を好きになったほうがいいってことでしょう。
条件の合う人に出会って、その人を好きになれるかは、相性の問題です。
でも、安定した職業とか、転勤がないとか程度なら、条件に合う人はいっぱいいるはずです。
自分にとっての条件は何なのか、何にストレスを感じるのかを3つぐらいにしぼって
条件に合う人にたくさん出会って、その中から好きな人をつくるというのが最高ですね。

人を愛するってどういう事ですか?
人を好きになるってどういう事ですか?
人によって違うと思います。
条件がいい=都合がいい
という風にしか受けとめられない私はバカな女なのかな(笑)
なんだか条件にこだわるとこころが置き去りになってしまうような気がするんですよ。
だからこころの決めたままに信念を貫くしかないですね。
それでダメなら諦めもつきます。
私はそれでいいです。

「好き」であることが前提にあって、その彼と付き合っていくことが、さほどストレスに感じないレベルが理想なのではないでしょうか(*∀*)
男に連絡を期待したい、依存しない。自分の外見を磨く、スタイルを美しく。清潔感。仕事を頑張る。趣味に没頭する。料理上手を目指す。男が忙しい時こそ自分磨き。これに限ります。

転勤・転職などの変化がなく、生活環境が同じで休みの日も一緒、ストレスのない相手……ですか?聞いただけで興味が失せます(笑)
人生はサプライズとハプニングの連続。それを経験値や創意工夫、叡智やユーモアのセンスで、楽しみながらいかに乗り切って行くかじゃないでしょうかね。
結局自分がどう生きるか、そのパートナーとしてどんな男性がふさわしいのか、どういう男性なら喜びや悲しみを分かち合えるのか……選ぶ基準はそれだけだと思いますよ。

敷かれたレールの上を安全運動しながら長寿をまっとうする
それもいい
レールなしの道を波瀾万丈でフルスピードで短命に走り抜けていく
それもまた人生
遅かれ早かれ人はこの世にさよならする日がくる
どんな生き方をしても人はどこかで後悔する
それでも最後に自分の人生はやはりこれでよかったんだと納得できればいい

ストレス三昧です
数年前から彼女がいると知りながら それは遠距離 私の場合近いため私の方がマメに会う生活でした。
しかし彼女からの嫌な電話やメール。
一番最初に電話をしてしまったのは私の方ですからそれは仕方がない事!!
彼女と彼は親に紹介し将来の話も進んでると聞きました。
私は昔若い頃、大好きだった彼のこどもを中絶し、やっと出会えた彼には彼女がいた…。
私はもう36歳です
今の彼から別れは言いません
そのまま続ける事は出来ますがストレスは凄い。ずっと一緒にいようと決めていても彼女とも絶対別れないようですし 私は幸せにはなれない
でも時々でいいから会いたい どうしたらいいのかわかりません 私の未来はないのでしょうか 結婚は諦めています 。
決めました本当はしたいのですが彼が結婚はしない人だから仕方ないのです
というより彼女にはかなりストレスを感じています!!

ふうさん
結婚て条件ですよ 一生一緒にいられるのも条件。 好きだけでは暮らせない 永くなればなるだけ相手が見えてきて 嫌になる 好きだけで周りをみずに盛り上がった結婚は破局が早いのです

 ららさんの解説、すごくわかりやすかったです。
何もそんなに難しい話じゃないんですよね。
 客観的に見ると、私はどこか無意識に品定め?をして相手に気を
許しているところがあるタイプだと思います。
 だからかな、気に入った男性に対してストレスを感じる事は
ほとんどありません。
・・・うまく行くかどうかは別として(^^;

今回の記事は、大分みなさんの意見が混雑してますね。
先生の意見も、然り。
価値観の違いとか、どこまでが許容範囲なのか、どこまで相手を受け入れられるかが別れ目ですね。
浮気をする彼。
忙しくてなかなか会えない彼。
借金を抱えている彼。
などなどおりますが、ストレスを感じるかと言われれば、また違う表現になるかもしれません。
ストレス…
恋愛っていうのは、単純で複雑ですね。
簡単な話なのに、複雑にしてしまうのは、きっと人間には感情があるからなんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する