ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 年寄りから学ぶ男の選び方
20年ほど前、とあるバーでお酒を飲んでいた頃、年配(70歳くらい)の男性が連れの女性たちにこう言っていた。

「優しい男は選んではダメだ!」

???

バーのカウンターで飲んでいた私は、「ん?優しい男は選んではダメ???」耳を澄まして聞いていると、
「10人男がいたら、その中から仕事ができる2番目か3番目の男を選びなさい。少なくても4番目か5番目、5本の指に入る男を選ぶように」・・・なるほど。


それを聞いていた連れの女性の一人が、
「仕事ができても優しくないとね~」と言う。
するとその男性は、
「バカ者、だからお前は不幸になるんだ」と一喝する。
「いいかよく聞けよ。男は優しいより厳しい方がいいんだ。だいたい女に優しい男は仕事ができないと相場が決まっておる。仕事がビリだから女に優しいんだ」と決めつけるように言う。


連れの女性たちは、反論したいような顔で聞いていたが、何せ相手は権威のある老人。それなりの一角のある人物だと見た。当時30代後半の私は、その老人の言葉がわかる気がした。そして老人の言っていることが正しいと思った。女性たちの言い分もわかるが、生きた人生の知恵には勝てない。その老人の言うことは長年の経験から導いた答えだろう。


「そうか、男は優しい男を選んではダメなんだ」その老人の言葉をヒントに、自分が置いている会社に戻って、優しい男と仕事のできる男を比較してみる。

いたいた、優しい男のA君。確かに仕事ができない。仕事のできるB君もいた。彼は仕事ができるが、厳しい性格で生意気である。


女が付き合うとしたらどちらがいいかな?
甘いロマンの恋ならA君の方だろう。
B君は実社会の結婚向き。


数カ月の浮かれた恋を楽しむならA君。でも彼の女性に対する優しは半年が限界、それ以降は自信を失くして責任から逃げようとするだろう。仕事と同じように最後まで物事を達成できない。彼は優しいけど仕事ができない、恋も仕事と同じようにできないだろう。

B君は女性にさほど優しくない。女性から見ればつまらないかもしれない。仕事が優先で女性にマメではない、女性と浮かれたコミュニュケーションはできないタイプ。だが仕事と同じように女性に対しても責任を取るだろう。


自分の実社会で数百人の男たちと共に仕事をやってきたが、その老人の言っていることは真実だと思う。若い人の生半可な経験ではなく、若い人の反論や意見を通り越した重みがあるのは確かだ。


最後にその老人の言葉をもう一度述べよう。

「優しい男を選んではだめだ!10人男がいたら、その中から仕事ができる2番目か3番目の男を選びなさい。少なくても4番目か5番目、5本の指に入る男を選ぶように」



関連記事

コメント

そうかなぁ?
人間が出来ている人は、仕事も恋愛も責任を持てるんじゃないかな?と思います
実際、そういう男性も見ているので。

こんにちは!
解りますが…。
付け足すと世の中で言われる優しい男は優柔不断で押しに負けて断れず浮気してしまう(笑)
そして世の中は優しいを理解してない人が多すぎる。
弱いを優しいと思ってる。
本当の優しさは心の強さを持った人だ。
強いから自分に厳しく出来るのです。
勘違い女に理解できる様にその男性は優しい男と表現したのでしょうね。
優しいの定義が世の中は間違ってる。

本当に仕事の出来る人は、仕事もしっかり、恋愛もしっかり出来るのでは?
公私をしっかり分け、女性を含め他人に優しく、でも甘いわけではなく、必要な時は厳しい。
プライベートを大切にすること=自分のメンテナンス、自己管理だと思います。
仕事ができるか、優しいかのどっちかしかないなんて、ただの弱い男の言い訳にすぎない気がします。
どっちも持ってる強い人も多い、って信じてます。いや、信じたい。
自分もそうなれたら、そういう人が現れるのかな、と思って自分を磨いてます。

仕事が一番にできる人はやはり彼女に対して責任を取れないのでしょうか?私の元彼は仕事人間。仕事は出来ると思います。堅物で女性にはまめな方ではありませんでした。そして私に対しても前の奥さんに対しても
責任は取れませんでした。

私的に思うのは、女が変われば男も変わると思います。どんな男でも、本気で惚れた女がいれば男も変わると思います。
いい女と付き合えば、男は仕事も頑張る前に自分の性格が変わると思うんです。ツンツンとトゲがある男が丸くなった男性を知っています。
イキイキして、輝いていました。
きっといい女ができたのでしょう(笑)

仕事が出来る2番目か3番目の男?なぜ1番目は選ばないんですか?

そういう切り口もあるんですね。今の40代50代より上の世代はそうかもしれませんね。
私は、男目線ではそうでも、女からしたらそうでもないと思います。
いまは、一流企業のエリートたちのほうが、自信があって女に優しい気がします。

私の職場にいる仕事のできる男性はむしろ余裕があって優しいですよ。ただ仕事に集中している時は声をかけれません。
2番目か3番目というところがミソですね。1番の男性はひたすら仕事一筋の可能性が高い。女性は寂しい想いをするでしょう。老紳士の言うことには一理あります。で、ご自分はどうだったのかな?と思いましたけど(笑)
仕事バリバリでクールな彼は職場では鎧をつけてるそうです。戦場さながらなんでしょうね。本当は情が深くて暖かい人なのですが。
私の前では鎧を脱いで柔らかい部分を見せてくれます。こんな顔職場では出せないからって。
時には厳しいこともあるけど、いつも私のことを考えてくれてるんだなって後から気付きます。そういう深い優しさに触れたことで、表面的な優しさが結局下心からなんだとわかるようになりました。
わかりやすい優しさは要注意ですね~。

あまり不自由な生活も困りますが、一緒にいて、ラクな人がいいです。
仕事ができても、厳しくて冷たくて背伸びをしないと会話ができないような男性とは一生を共にできません。…って悩まなくても、最初からご縁ないかな(笑)
世の中うまくなっていて、釣り合いがとれる男女がくっつくようになってますね☆
じゃ居心地がよく仕事ができる男性と一緒になれるように自分磨きをしなくてわ!! 忙しい忙しい☆

彼は…………後者かな。
あまりに女性へ甘い言葉や気の利いたコミュニケーションをとれないので、私とは言葉の行き違いが少なくありません;
仕事への情熱と付き合いに関しては同性からの評価は高いんだけどなあ;
気の許した私には雑(笑)。
こんな彼はなん番目に入るんだろう??
優しいだけの人は私が無理かな、;

すみません、途中で送信になってしまいました;
結論。
先輩の言葉におおーっと思いました。
ずしっと感じたかのよう。
もう少しお話聞いてみたいです。

仕事が出来る厳しい男性
視野に入ってなかったですね(-.-)
ん、回りにいない…
優しい男性が多いですね(笑)
職業にもよるし…
厳しい男性って、ストレス感じてしまう(--;)
女性に不器用な男性も…
そうかーだから失敗するのか(笑)
回りをよく見てみよう(^-^)/
先日久しぶりのデートに行ってきたけど
とっても豪華なデートで、かなーり優しい男性でした(笑)
…が、既婚者でした(--;)
…おい(-_-;)
こういうことか…(笑)
勉強になります(..)

感覚的にヒントになる言葉ですね。
女性がいいなって思う人って人当たりの良い人だったりする。
それも大事だけど、いつも仕事上だけしか話ししないような無愛想な人の中にも素晴らしい人がいるって事かもしれない。
自分がいつも意識していたところとは別のところに素敵な宝物があるんだよ、って教えられたようで嬉しくなりました。
逆に女性はどうかな。
私はなんの取り柄もなくて自分に自信もないので、会社では人当たりよく親切にしようとしてしまう。
なので仕事上では結構モテるのに(笑)プライベートでは誰も選んでくれないのは優しいだけだからかしら…(>_<)

仕事をしている姿を直接見られない場合、どのような姿、言動から判断すればいいのでしょうか?

その仕事の出来る人とのお付き合いを、結婚に結びつけるのが至難の技。。
周りの友達は、今の所優しい男性と付き合って、強引に結婚まで持ってくパターンが多いです(笑)
自分からプロポーズしない、出来婚か彼女からガンガンお膳立てしないといけない男性が増えた気が。。。
でも私も、決断力のある仕事の出来る男性が良い。トップでなくて構わないけど、責任感が強い人は結局管理職を任されたりしますもん。

さすが年の功!!
私自身仕事ができない男性は嫌です。仕事ができる人ってなにがあってもだいじょぶって思いませんか??そう思って私は主人を選びました。サラリーマンですがちょっぴり職人気質なタイプなので決して出世しそうにはないなと思いましたが、エンジニアとして優秀だと思えたので食いっぱぐれしないだろうと・・・・。結婚して22年立ちましたが楽しい家族ですよ。
そして最悪なのは、夢しかない優しい男です。一概には言えないのだけど、本当の夢追い人は女には冷たいです・・・。だって責任取れないから!!

私も常々思っています。
でも女性にも通じるのかどうかはわかりませんが。
仕事で成功するのは、優しい良い人ではなく、少しズルくて意地が悪いくらいの人だと思います。
まさしくうちの主人です。
優しくて良い人は、部下を上手く使えず、仕事を自分一人で抱え込んでしまう傾向にあります。
自営業の人などは、鼻持ちならない人多いのもそこかなと思います。
だからかな、主人が人の気持ちがわからないのは…。

先生‼驚きました。
悪い所があっても、彼は人一倍気が利き、優しかったので大事な事を見落としていました。
"優しい男は仕事が出来ない"
正にその通りだと思います。
仕事が長く続かず、不安定な人でした。
優しいだけでは駄目です。
今になり、その言葉の
意味を深く考えさせられます。
付き合っているときは、その優しさが新鮮で心地良く幸せでしたが、彼は結婚して子供が産まれてから責任から逃げました。
案の定、りささんがコメントされているように、優柔不断で断るという事が出来なく、押しに負けて最終的に全て楽な方に逃げ、浮気です。笑
仕事が出来ないから、仕事に対しても中途半端だから、女にうつつを抜かして優しくしたり、マメに連絡したりできるんだと思います。
仕事が一生懸命で忙しい人はそんな余裕ないですからね!
私は気付くのが遅すぎましたが、今となっては
この恋愛日記すべてが教訓です。
本当に優しい人は、強い人だと思います。

まさにそういう男性とつきあってたのですごく納得です。仕事からの逃避で恋愛に没頭系!しかも二名連続。
数ヶ月は本当に楽しかった(笑)
いい加減次にすすまなきゃ、と思いながらも、自分の仕事をこなすのでせいいっぱいな日々です。でも仕事を頑張っていたら、昇格出来て、一流と言われる方々に接する機会が増えたりして(残念ながら皆既婚者)いかに過去の恋愛相手が社会的にダメだったかを今頃痛感してます。私はつくづく世間知らずでした。

すみません、2011/5/17(火) 午前 9:47
の記事へのコメントをしたかったのですが、何故か上手くできなかったので、こちらから失礼します。
最近、沖川先生のブログを知り、一気に大ファンになり、1番最初の2011年五月頃から読み返しているものです。よろしくお願い申し上げます。
以下、2011/5/17(火) 午前 9:47のブログにコメントしたかった内容です。↓
しかし、単純に疑問ですが、35歳から子供を2人産めると何故言い切れるのでしょうか。
卵子は老化します。
母としての本能的責任を感じるのであれば、いかに卵子が老化して行く前に妊娠することの方が先決のはず。ダウン症になってしまうかもしれない確率なども考え、なるべくして早く産めるなら、、、と思うのが女性の本能ではないでしょうか?
そのお方は、計画通り、2人産むことができたのでしょうか?
もしできたのであれば、嫌な意味ではなく、純粋に、どうしていたらできたのか具体的な方法を教えていただきたいです。
何故かというと、35歳から2人産めるという確実な未来があるなら、誰しも、その歳までは自由に過ごしていくと思います。
私も、できることならそうしたい一人です。
33歳頃から付き合い、結婚、妊娠、35歳頃には一人目を授かり、うまく続けて37歳で二人目の子供を授かる、、
それが上手く行くのであれば、それまで自由を謳歌したいです。
しかし、卵子と精子の出逢いは月に一回。
きちんと排卵日にSEXしたからといって必ず受精できるかと言ったらそうではありません。
今や、女性の社会進出によって、本来の女性の行動ではない[社会での戦い]をしていることにより女性ホルモンのバランスが崩れ、生理不順、子宮筋腫、子宮頸がん、乳がん等、、、、
女性器の病気を患う方の割合が増えてきています。
私の姉も実際にその内の一人。
31歳で結婚し、不妊に悩み34歳から現在36歳まで約二年に渡り、人工受精(体外受精)をしていましたがことごとく失敗。その回数約六回ほど。金額にして約300万円。
さて、旦那の収入量の関係もあり、姉はフルタイムで働いていましたが、仕事のストレスもあり、そんな人工受精をことごとく失敗した上で、子宮筋腫になりました。
初めは小さい固まりだったようなので、
妊娠には影響がなかったようなのですが、日を重ねるごとに、肥大化し、手術で摘出しなくては妊娠に影響を及ぼすことになり、手術をすることになりました。
いざ、手術に望んだところ、、、その子宮筋腫だけではなく、右側の卵巣も侵されていたのです。急遽、右側の卵巣も摘出することになりました。
手術が終わり、
片方だけの卵巣を残し、、、彼女は、それでも希望は捨てていませんでしたが、あまりにも酷で、悲しい話ではないでしょうか。
もちろん、
全ての人がそうなるとは限りませんが、逆に言うと、
全ての人が35歳から二人の子供を産める保証はありません。
姉は実際に、物理的な妊娠確率では、今までの不妊時の、更に半分の確率となりました。(卵子は片方の卵巣から月一回ずつ交互に放出が基本)
もちろん、
女性全ての人が妊娠に願望があるわけではありませんが、恋で悩み、相手と上手く行きたいと沖川先生のところへ相談に行く女性達は、ほとんどの人が、恋愛の先にある、結婚、そして妊娠を望んでいるのではないでしょうか。
それがサガだからです。
だからこそ、その例の女性のように、頭を切り替えて、35歳までは自分の可能性にチャレンジすると、、言えて、更に実行出来れば、、ストレスも少なく、妊娠確率は上がるかもしれません。
ですが、絶対ではありません。
だからこそ、今の女性達は、仕事や、人生での成功、又は趣味を濃密にしていく、、などよりも、
自分自身の中での人生の1番プライオリティの高い、[女性として1番大事にしている部分]=[女性として幸せになる]=[女性の本能を満たす]=[子供を産んで幸せな家庭を築く]、
そこに1番力を注いでしまうのではないかと思います。
難しいです。
だからといって譲れない、そこに向けて、幸せなみらいに向けて頑張りたい、そう思ってしまうのが自然だと思います。
悲しいことに、やはり、難しいです。
でも、沖川先生の言うように、恋愛以外のことに上手く働かせ自分自身をコントロールし、余裕を持たせれば、、、、
希望の光はそこにあるのだと信じても良いのでしょうか(>_<)
頑張ります。
今、彼氏に距離を置かれていますが、
ひたすら待ち続けています。(笑)

1番の男を選んではいけない理由の方が気になります~。どうして2番か3番なのか!? ここに妙があるのか!? 先生、代わりに教えてください!! f(^^;
自分も、おじいさんの言っていること、超正しいと思います。
仕事が一番の、男のプライドだからです。仕事できない=全部ダメ ←長い目で見て、こうなります。言い切ってOK!です。

私の彼は…仕事命で、死にもの狂いで働いて結果もだしてて、上司への反発で左遷にあっても、疎外されても歯を食いしばって耐え見事に左遷先から本社に今年かえり咲ました。
確かに私にはろくに連絡もよこさず、あまい言葉も言いません。
かわいいとすら、一生そんなセリフは言えないと言われたこともあります。
口下手で不器用。
時期でやってくる放置の波にこちらはなんのフォローもないので大変ですが、(断られる言葉も容赦ないです)社会的に信用できる男=恋愛でも信用できる男ということなんでしょうかね。
最後に決めるのは自分だけど、自爆しないで彼の仕事が落ち着くのまってみようと思います。
考えるのはそれからでも遅くないって思えました☆

「仕事は出来なくても優しい男を選びなさい」なんて誰しも言わないでしょう。
仕事が出来たって人間的にどうかと思う男性もいっぱいいます。
私の知っている某大企業の米国法人社長は、非常に冷酷で家庭を顧みず、外に女性をたくさん作り、デキるぶってカッコつけてますが、端から見たら全然格好悪いですし、人相も目つきも悪い。人を蹴落としたり裏切ったり利用したりしてきた歴史が顔に出ちゃっているんです。
第一「優しい男か」「仕事の出来る男か」と二者択一にする事がそもそもナンセンス。
「仕事も普通に出来て他者に対する思いやりがあり、あなただけをこよなく愛して大切にしてくれる男性を選びなさい」と私なら言います。
酒場で若い女性相手にもっともらしい戯言を並べる老人の言うことなんて、笑って聞き流せばいいですよ。

先生久しぶりです^^
私は色々な男性を見てきました。
仕事が出来る社長さんのお話し
どこか人を思いやる気持ちがなく(根本的な所を忘れている)
自分目線でしか物事を捉えられず、
自分の都合のいいように支配していきます
おまけに女の影いっぱい 浮気は当たり前の様に
奥さん居てもコソコソ
仕事の出来る男性のお話し
上司に媚売りが上手い事 腹黒く図太さはピカ1
根性も座っていましたね
嘘つきですが。
仕事は効率もよく
器用な方でした
パパっと終わらせ
キャバクラ通い
酒片手に自慢話
俺は出来る男 金持ってると言わんばかりにハメ外し会社と彼女に見せる顔は エリートです
だけどいざとなると
責任から逃げるようにして土壇場で弱気になり彼女を捨て、人のせいにして逃げた男です
見栄はりでプライドだけ一人前の男にも見えました
だけど本当は子羊みたいな男
仕事出来ない男性のお話し
優しさだけが取り柄の人でした
その優しさは自分が傷つきたくないから
嫌われたくないと言う気持ちから
当たり障りなくがモットーでしょうか
仕事面でも出世せず
会社に勤めているだけのお局様
コツコツ仕事を地味にこなす男
何の楽しみがあるのか
気が小さいゆえに普段女遊びもなく趣味も自慢も主張も何もない独身男
だけど
彼女が居ても、言い寄られてくるとホイホイついていきます
手に入れた物が何一つない手に入れてもちゃんと掴めない芯の欠片もない方でした

雪乃さんに同感!!
個人的には、真面目に仕事をする優しい人がいいです。

仕事のできる厳しい男好きです☆
厳しさって優しさの裏返しなんですよね。
特に、窮地に陥った時に保身に走らず、全体を考えてバランスの良い決断や発現ができる人が好きです。
聞きざわりの良い優しさなんて、所詮偽物です。

りん 様
ご賛同いただき、ありがとうございます。嬉しいです。
別に男性選びに限らず、男も女も「優しい」ということは、人間として必要不可欠な最低条件ですよ。
その優しさは、対恋人や対家族だけでなく、お年寄りや動物、レストランのスタッフやタクシーの運転手さんなど「周囲にいる全ての他者」に分け隔てなく注がれるものです。
いくら仕事が出来ても、平気で相手を傷つけたり、人を見下したり、弱者を痛めつけて優越感に浸るような人も、世の中にはごまんといますからね。

いわゆる 優しい男性と結婚しましたが、
仕事ができなくて、どこの職場に行ってもパワハラにあい
うつ病になり、自分のことでいっぱいで、私のことなど
全く無関心です。
女性としては、夫に全く頼れず、寂しい思いもしましたが、
その分、自分で稼いで、いろいろな問題も自分で解決し、人に頼らず
なんでも自分でやる、というたくましさ、強さは身につきました。
夫に守られて、頼り、穏やかに暮らす幸せもあるでしょうが、
一人で強く生きていくことで、社会勉強、いろいろな経験をして、
誰かの役に立つこともあると思います。
何が正しい生き方で、何が幸せか。
最後までわからないですね。
所詮夫婦も、一人の人間同士です。
自分の人生なので、
自分がどう生きるか
なのだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

目頭が熱くなりました

今までブログを読ませていただいて、仕事のできる男がいいというのはわかっているつもりでした。
でも今回のブログを読んで、仕事を頑張ってる男の人が素敵だって、女性に優しいわけじゃないけど、仕事に責任が持てる男は、女にだって責任がとれるって…本当にそうなんだろうと思えました。
恋をするとどうしても、自分の方を見ていてほしくなる、優しくしてほしくなる。だけど、ちゃんとついてくから私のことを振り向かないで仕事頑張れ!って言える女になりたいって思えました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する