ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 心の置き場所を決める
無いものねだりの人の欲望は果てしない。

独身の人は結婚したいという欲望が働き、既婚者の人は独身に戻りたいという欲望が働く。



独身時代は短い、もっと自由に、もっとのびのびと、たくさん遊んで、たくさん学んで、いろいろなものにチャレンジして独身にしかできない経験を積むべきなのに、早く落ち着きたい(結婚したい)(籠の鳥になりたい)と願う。若くてフレッシュでエネルギーに満ちて人生で一番輝く時なのに、迷って悩んでいる人が多い。素晴らしい独身時代を暗いトンネルのまま過ごしている人が多い。



既婚者の人は独身者がうらやむ安定した生活を手に入れたはずなのに、家庭内の不満のるつぼの中にいる人もいる。朝から晩まで家事に追われ、土日休みも連休もない。子供たちが学校から帰ってくるのを待ち、旦那が会社から帰ってくるのを待つ。子供の成長を待ち、旦那の出世を待つ。待ってばかりいる人生にだんだん嫌気がさしてくる。結婚する前の独身時代の自由が懐かしい。あの頃に戻れたら結婚はすぐにはしないで、もっと自由を楽しみ、もっと自分の能力を開花させることに専念すると誓うだろう。


無いものねだりの人の欲望は果てしない。皆さんもそうかな?


心の置き場所を決めよう。

無かったら無いでいいじゃん。その時を楽しむのが人生の賢い生き方である。金がなかったら金がないなりの生き方を楽しむ。恋人がいなかったら恋人がいないクリスマスを楽しむ。(私なんか独身時代はいつも一人でクリスマスを過ごしていた・・・ナハ)



無いものをたっぷり味わったら、そのうち手に入るようになるよ。私の経験から言って間違いない。無いものをすぐに欲しがるのではなく、無いものをたっぷり味わうのも乙だよ。寂しくて、悲しくて、ペーソスでいいではないか。ペーソスは孤独の中にある。欲望が強過ぎるから暗いトンネルにいるのであって、欲望を弱くすれば、仕方がない一人で過ごすかと心の置き場所が決まる。心の置き場所が決まれば、慌てることも苦しむこともなく、与えられた状況(試練)を楽しむことができるようになる。別に卑屈になっているわけではない、退屈と静寂を自分なりに楽しんでいるのである。心を静めることは心の中に自分を労わる哲学を灯すことになる。恋人がいても楽しい、家族がいても楽しい、たった一人ぼっちでも楽しい。どの状態でも楽しめる人間になることである。



無くてもあっても楽しい。
無くてもあっても幸せ。

今のありのままを受け入れる。

そんな人間になりたい。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

いつも先生のブログに助けられています。
最近、彼の反応がいまひとつ…
クリスマスも危うい、落ち込み気味でした。
一人でもクリスマス楽しく過ごすぞーーって思えましたよ。
飾り物、買いにいってきます(^ー^)

普段、元カレさんに言えない思いをたまに、書かせてもらって自分を取り戻しています^^
手に入らないものへの執着・欲しいと思う欲望・・・ほんとに計り知れないほど深い(@_@)
欲望があるから、相手の反応にも一喜一憂して、疲れてしまう><
動じない心が欲しい!
自立していこう!!

初めまして、いつも読ませていただいてます。
いま恋人と期限を決めず距離を置いています。
離れてみて考えられる事も出来て、距離を置く事は私にも必要だったのだと思えました。
でもやはりサミシイ気持ちもあります。
今日のお話を読んで
笑いながら少し涙も出て…でも気持ちも少し楽になった気がします。
ありがとうございます。

無い物ねだり…。
先生の仰る通りですね。
「正社員で
好きな仕事をしていて
のびのび一人暮らし。
自由で良いね。
おまけに彼氏がいて。
恵まれてる。幸せ。」
だな~って自分で思う。
最近、読んだ本に
「幸せになりたかったら幸せになりたいって思わないこと。今の状況にただ感謝しなさい。私は幸せだと言い切りなさい。」
と書いてありました。
もう一度
読み直します!

隣の芝は青く見えるもの
欲望のない人なんていません。
お金、恋人、仕事、、、何か夢や目標があるから人生は楽しいし、
幸せを得るには苦労は付きもの。
一生懸命になって、
がむしゃらになって、
ふっと気が付いた時に、自分がどこにいるのか分かる。
「ああ、自分幸せなんだな」って。
生きている事が、きっといちばんの幸せなんです。

「彼氏が欲しいと思わなくなると彼が出来る」
誰かに言われたり、経験したことある方が多いと思います。
私自身もその経験があって、分かっているはずなのに今ジタバタしてます。
結婚したいのに相手が見つからない!周りは彼が居たり結婚が決まっているのに!って。
一人は怖いです。
ありのままを受け入れる 現実を見ることは勇気のいることですね。

私も、長らく独り身です(^_^;)まともに恋愛したのは四年ほど前になります。(笑)基本的に恋愛体質な私にはこの月日ははっきりいって楽なものではありませんでした。仕事ももっとも激しく忙しいときに一人で戦ってきました。体も心も疲れ果てて動けなく夜には誰かに抱き締めてもらわないと消えてしまいそうな日々の連続でした。かと思えば、この四年の間に独り身でいることの身軽さに気付けたのはある意味私の中で革命的な事でした(笑)先生のおっしゃる通りです。          その事に気づけたお陰なのか、最近、自分が今まで選んできたタイプの人とはかけ離れたタイプの方と出会うことができました☆☆今まで仕事中心に物事をシビアに判断してきたせいか、自分の中で男性を選択する手段が変わったように思います。メールのやり取りをしていて楽しいとか興味をもてる男性に出会えたのは本当に久々です。彼とはまだ知り合ったばかりなので、付き合ってるわけでもなんでもないですが、やはり思える誰がいてるというのは人生には大切ですね☆☆やはり、愛なき人生はつらいです(笑)いつものように焦らずにジックリ向き合っていきたいと思ってます(^ー^)これからも、先生のブログを参考にさせていただきながら頑張ります!

先生ありがとうございます。
また再びがんばれそうです(^^)

心に染みました。あってもなくても幸せでいたいと思います。
いつも深い話ありがとうございます。
心あらたに頑張れそうです。

明日、15時~16時のKさんキャンセル了解しました。

恋愛ではありませんが、私もここ半年、2つの選択肢で迷い続けて行動に移さないままです。
何でも抱え込んじゃいけない。誰のせいとかどうすればよかったとかないんですよね。これから先でどうしないといけないか、どうしたいかだけ考えなきゃ。

素敵なお話でした。
無いものねだり、してしまいがちです。
でも、何かに一生懸命になって、無心になったとき、願っていたことが叶ったり、違う道が急に開けた経験が幾度かあります。仕事、夢、恋愛でも。強い欲で求めるものは、叶わないことが私は多かったです。楽しんで無い、ただ苦しかったからでしょうね。
読めて良かったです。今与えられた状況を楽しまなきゃ、せっかく生きているのにもったいないですよね(*^^*)ありがとうございます。

先生でも「なりたい」と思ったりされるんですね。
最近、色々あってか、元彼さんをちょこちょこ思いだす事がありましたが、一人が嫌だ、とは思わなくなりました。
会えない現状に、なんだかほっとしている日々が続いています。
正しくない、と私が思っている状態のあの人に会うのは、やっぱり、違うと思うから。
流れが「お店に行く」ようになるまでは、ほっておくと決めた心が迷うところでした。
心は今、離れたところに置いているのだから。
縁の強さを測っているのだから。
今、するべきことをこなすことが、楽しいです。
自分の中の何かが、成長しているのでしょうか。
そうですね。
30歳には、一生一緒にいる誰かが横にいる(と決めているだけ)のですから、今は一人を楽しみます!
後2年ちょっとかぁ。
今を楽しんで、すべきことはする。
そうしている内に、誰かとめぐり逢えたらいいな、とは、やはり思っています☆

私は今が一番輝いてる時だと確信してます。29歳独身

ありのままを受け入れる.....そんな気持ちになってみたり、苦しくなったり....
そんな日々の繰り返し、ということはまだまだ「本物」ではないからですね。
でも、心が穏やかな日が増えていることは、確かです。
そして、そんな日々の中で、なんとなく、もう離れてしまった彼と、心はつながってる感覚が残っています。
こういう気持ちが「愛」なんだと、感じる今日この頃です。
ただの妄想かもしれませんが、いつか本当につながるべきときに、彼と私の人生がつながる気がしています。
もちろん、しっかり現実を生きてますが、彼がいてくれたから、今の自分があることに、感謝をしています。
「今、あるがままの自分」を大切にしながら、毎日を感謝して生きられる日が、一日でも増えますように....。

【心の置き場所】・・意識できているようで、できない・・頭では分かっていても自分の心を常に律することは本当に難しい。
6年に及ぶ不倫は、彼の離婚という形で終止符を迎えました。
彼をとても愛していたけど、こうなることは最初から分かっていたことでした。辛いけど、その時がやってきただけ・・と言い聞かせる日々です。[俺も前に進まなければならない]・・と言った彼の言葉を胸に刻み込んで、私も後ろを振り返らないと心を決めて、これからの人生を歩みたいと思います。

私はつくづく結婚に向かない人間だって思います。
隣の芝生が青く見えるわけではないんですよね。
ママ友達の中には、旦那さんに夜外出を禁止されている人もいます。
だけど、私自身が何かしら動こうと思った時に、旦那さんにいちいち気を遣わないといけないのが腑に落ちないんですよね。
自分の一度きりの人生なのに、どうしてこんなに旦那さんに束縛されなきゃいけないんだろうって思います。
家事さえやっていれば、何回夜遊びしようと、何時に帰って来ようといいんじゃない?って思うのです。
だけど、旦那さんは行き過ぎだとか、帰りが遅いとか…子供じゃないっていいたいです。
そんな不自由な生活をも楽しまなきゃいけないのかな…それが心のです置き場所なのかな…。

本当に、その通りですね。
心が、穏やかになる思いです。
自分の、気持ちも毎日変わるように相手の気持ちもかわるものです。
基本、自分を持つことですね。
振り回されないこと。頼らないこと。
幸せを感じることは!沢山あります。
仕事、友達、趣味、そして、おいしいご飯(笑)
あえて、恋愛は、高い位置にはおいてません。
それが、今はよい気がします。
程良い距離で。
相手によって、違う考えを見いだせたらそれは!また幸せ。
頑張らずにほどほど。
葛藤を経ての今なんですが!
ゆったりとして、心地よいです。

先生のお話にいつも助けられています。
今回のお話を読んで、
「あー、また彼に執着してたんだな」
と気付くことができました。
ないものねだり、やっぱりしてしまいがちです。特に恋愛にかんしては。
彼が欲しい、連絡が欲しい、彼に会いたい、結婚したい、とか。
それでひとりで苦しくなって……、でもそれじゃあ絶対に幸せになんてなれないですよね。
執着を棄てて、ないものねだりはせずに、いまのこの現状をきちんと受け入れて毎日を自立して過ごすこと。
今日からまたやり直します。

こんばんは
みなさんのコメントを読んでるうちに涙がでてきました
やはりまだ彼の事が忘れられない自分がいます
だけどまた頑張ろうって思えました!!
来年は今より穏やかに明るく過ごせたらいいな

皆さん、そんなにあれもこれも欲しいんですかね。
よくよく考えてみれば、本当に欲しいものって、そんなに多くはないはずですよ。仮にあったとしても、そこには必ず優先順位が発生するはず。
「吾、唯足るを知る」とか「断捨離」ほどストイックになる必要はないけれど、「私はこれとこれさえあれば幸せ!あとのことはどうでもいいわ」と思える人は「あれが足りない、これも足りない、何とかしなくちゃ!」とガツガツしている人より、その時点ですでに遙かに幸せですよね。
男でも女でも、自分の中に確固たる優先順位を持っている人はブレないし、余裕があるし、穏やかで安定していて、何より魅力的ですよね。

無くても、あっても幸せ。楽しい。って、芯をしっかり持って1人で立っていましたが、元カレが他好きした相手と結婚したと知ったときは、足がガクガク震えました。最近の元カレの記事をたまたま見つけて見てみたら、画像も載っていて、目眩がしました。
それでも、気持ちが消えるわけでもなく、どうにかしたいわけでもなく。彼は、家族でした。

初めまして。
数年前に1度このブログにとても救われたことがあります。
最近またつらいことがありこのブログにまた辿りつき記事をたくさん読みました。
そのおかげで息苦しいのが少し楽になりました。
感情的にならずに前向きに考えていこう思います。ですがまだすぐ揺らいでしまうのでその度にこのページを開きたいと思います。
ありがとうございます。

先生 素晴らしい!覚悟が出来ました!ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する