ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 結婚に夢がない
付き合っている彼が、「結婚に夢がない」という。その言葉は私のところでは毎日聞かされている。そうか今の若者は結婚に夢がないのか・・・何とも言えないがっかりする失望感と何とも言えないやるせない気分になる。男と女の愛の最終結果は結婚ではなくプレッシャーから逃げる行為なのか!結婚に夢がないという社会現象は国や社会が本気で改善するように取り込まないと日本では結婚する人に夢がなくなってしまう。



批判があるかもしれないが、極端な例を書いていく。これはあくまで沖川の暴走論です。気に食わなければ読み流してください。


結婚することに夢を与える。独身より結婚した方が得だぞという方針を国や経済界はどんどん打ち出してほしい。



国の強制執行
「結婚は国民の義務」という憲法を掲げる。健康な国民は○○歳までに結婚すること。これを法律として定める。期日までに結婚すること、自由恋愛はストップ。


税の差別化
独身と既婚者の税金をうんと差別化する。結婚した方がかなり得だという税制に改正する。例として年収一億円もらっている独身は90%の税金とし、既婚者は40%とする。年収1000万円の独身者は50%とし、既婚者は20%とする。年収400万円の独身者は30%とし、既婚者は10%とする。年収200万円の独身者は20%とし、既婚者は0とする。独身と既婚者の税金を結婚した方が得だという差別化を図る。不正な結婚、偽った結婚で、税金逃れや不正がないように、各市町村の相談員が定期的に自宅に訪問し、「ちゃんと結婚している」という調査を行う。独身の高給取りは海外に逃げるかもしれないが、それも仕方がない。



企業においては
社長以下役員、管理職以下上司が結婚を促すカラーを社に設ける。そして役員・上司は部下の見本となるような既婚者の見本を示すこと。社内規則として独身は管理職になれない、出生できないという規則をつくってもいい。上場企業は「うちは独身を雇わない」と打ち出してもよい。年に2回ほど全管理職が集まる定例会議を開き、部署ごとの結婚の進捗具合を報告させる。結婚率の悪い部署の管理職は減給とする。



何もそこまでやらなくても。書いていて自分でそう思った(笑)だが、そのくらいしないと結婚率は上がらないと正直思ってしまう。結婚率が上がらないと少子化は加速し、日本はどんどん縮小減退化していく。これは日本の危機である。


前記のような暴走論は、私のところに相談に訪れる女性たちの相手は、あまりにも結婚から逃げる男性たちが多いのでつい加熱して書いてしまった(笑)もちろんちゃんと責任を取って女性を幸せにしている男性は全国にたくさんいることも承知している。だが結婚率は上がっていない。昨今の数字を見れば当たり前に結婚していた時代と比較すればうんと下がっている。これは若者だけのせいではない。国や政治家、経済界の大人たちのせいである。大人たちが先頭を切って若者に夢を与える政治の政策と経営の戦略を行うべきである。沖川の暴走論のような強制執行などしなくても、「結婚には夢がある」という風習を日本社会はつくるべきである。




関連記事

コメント

インターネットのせいで他所の家庭の状況が手に取るように見えるようになったのがいけないんだと思います。
「結婚するといろんな面倒なことが起こるらしい。だったら結婚なんかしないでこのままのほうがいい。」と独身男性がよくコメントしてます。
男は外で稼いで女は家で家庭を守る・・・って太古からのシステムが壊れたのが失敗だと思います。

昔の大企業は同じようなシステムでしたよ。
女性は家庭に入る(=独自の収入がない)という前提ですが。。。
1.税金が安くなる
2.配偶者手当が会社から出る
3.(私の勤めていた会社の話ですが)婚約していれば入社2年目から社内融資制度でマンションが買える。当時住宅金融公庫の新築の利息が4.35%ぐらいのところ、3.00%で3500万円まで。独身の場合は確か30歳とかにならないとだめだったと思う。
5.(当時はうなるほど金があったので)この世にこんな美人がいるかと思うほどきれいなOLを入れる
すると、どうなるか・・・・。
部内に25歳以上の独身男性がほとんどいない!という状態になる。
毎月、誰かが「発表」して拍手と共に結婚していく。
皆が結婚するので、なんとなく自分も早く結婚しなければという雰囲気になる。
すると、さらにどうなるか・・・。
入社2~3年目には住宅ローンを数千万会社から借りて社畜と化す。
その上、バブルが崩壊して売るに売れない・・・。
会社の思う壺。

夢って、どんな夢なんでしょうね。
好きなことを好きなようにやる夢なら、結婚しない方が良いでしょう。身軽に動けますし。
私のように、大切な日と共に日々を一緒に作り上げていきたいという夢なら、結婚しないと叶いません。
現実的な夢は、夢とは言えないのでしょうか。
男性の責任逃れは、もちろんあると思います。
でも、女性も、利己的だったり、もっと悪い言い方をすれば、賢くない女性、相手の事を考えられない女性が増えたのではないでしょうか。
そして、そんな方たちが言う文句等が「一般的な意見」として出回っているのではないでしょうか。
私の周り、結婚生活がうまくいっている子は、みんな、自分だけでなく相手のことをも考えられる子、きちっと筋の通ったことをする子ばかりです。
苦しい時期もあったけど、乗り越えて、相手を信じて相手のために動いて、幸せになっています。
男性も、見る目がないまま結婚して、悔やんでいる方の意見に惑わされているのではないでしょうかね。
男性の35パーセントが結婚しない。
でも、65%=過半数は結婚する。
しかも、女性より男性の方が多いから、その差を考慮し、生産人口で計算したら、女性で結婚できないのは12%。
88%は結婚できます!単純計算ですが!!
女性の皆様、これ、希望が湧いてきませんか?
しかも、日本だけでも数千万人の中から、たった一人を選ぶことになるのです。
先生が仰っているように、男性が一生を共に歩むために最後に選ぶのは、賢い女性だと思います。
このブログを読まれている方は、賢い女性であったり、そうなろうと目指している方だとも思います。
「私と一緒なら、こんな夢が叶えられるよ」って言えるように、一緒になりましょう!
という、こに缶の楽観的暴論でした(笑)

私もこに缶様のご意見に賛成です。
幸せな結婚生活を送っている人は、わざわざ「私は結婚してこんなに幸せなんです」などと世間に向かって公表する必要もないくらい幸せにどっぷり浸っているので、その実態が表には出て来ないのだと思います。
いわゆる嫁姑問題も、上手く行っていない嫁や姑がワイドショーでつぶやいているだけ。仲良くやっている人たちは「こんな事ホントにあるのかしらね~」とニコニコ笑ってますよ。
巷で「一般的な見解」と言われているもののほとんどは「ネガティブで不幸な方たちの見解」だと私は思っています。

世の中には結婚から逃れる男性が多いんですね。私は普通の健康な男性ですが、結婚どころか恋愛もできません。普通に会社で働いているし、年収も普通だし、貯金もそれなりにしているし、見た目も普通だと思うし、自分から女性にアプローチもしていく方です。でも、しばらくの間、恋人ができません。最近は、女性の事ががよく分からなくなってきたので、恋愛に対するモチベーションも下がっています。世の中には結婚するチャンスがあるのにしない男性が大勢いるんだと羨ましい限りです。

今の時代、女性がかなり色んなことを悟らないと結婚できないようになってますよね~!
親の世代は結婚するのが当たり前だったから、それがわからずに娘を責める。。
若い女子、がんばれ~(>_<)笑

私は娘が大人になる頃には、結婚の形も様々になってくると予想しています。
時代の移り変わりとともに、生き方も多様化していますからね。
今更ながら、私も主人と週末婚くらいの距離感を持ちたいとか思っちゃいますから。
私の友人もそうで、お互い仕事と趣味に没頭して空いた時間を一緒に過ごすパートナーがいます。
友人はもう子供は産めない年齢なのでそういう形になっていますが、それはそれで安定した関係でいいなと思います。
後は老後どうするか?ですけどね。

本当に夢がないのでしょうかね。
夢がないわけではないけど、男性は女性以上に頭の中で電卓たたいてるのかも(笑)結婚してロクなことないなら、自分で稼いだお金自分で好きなように使って自由に生きたい、という考えは一理あるかもしれないけど。
世間の風潮にそう信じこまされてしまってるだけかも?
逆手にとって、結婚に夢のある風習つくれば流されやすい日本人はよい方向にいくかもしれませんね。

自分の周りも結婚に興味のない男性いっぱいいますね・・
それどころか恋愛すら面倒と言ってる人もいます
かくいう僕もそうですがw

〉Ericaさん
とっても納得しました!
オチも素晴らしいです(^^)d
確かに私の職場は、完全に男女平等で採用されるので、女性は結婚しても退職するつもりはなく、一生一人でも生きていけます。
だからあまり容姿に気を使わず、男性に性的対象としては見られ無いような女性も多いです。
以前、お金がうなるようにあった頃は(笑)、若くて可愛い女性を臨時職員として大量採用し、成婚率を上げていましたが、今は退職した職員を再任用して使っています。
と言う訳で、女性も男性も独身の人が多く、そもそも若い人がいないので活気がありません。

高齢者を支えるために子供は次世代を担う宝ですから
独身者でもディンクスでも収入に応じた相応の負担税をかけてほしいものです。

結婚に夢がない…というよりも
結婚に必要性を感じない方が多いのではないかと思います。
私の周りの独身者(男性・女性に限らず)はほとんど実家で暮らしています。
いわゆるアラサーの人たちですが、掃除洗濯はお母さんがしてくれて、話し相手が欲しければリビングでおしゃべりでき、いい大人なので、そこまで干渉されずに自由に暮らせて…
なので、いつかは結婚できたらいいけど、今すぐに結婚したい訳でもないそうです。
それでも、恋愛はしたいのでちょこちょこ遊んでみたり!!!
それで大満足しています。
不自由のない生活を送れているからそこの『結婚に必要性を感じない』。
じゃあ、親が亡くなってしまった後は?どうしようもなく孤独に襲われてしまった時は?
などなど、
大きなお世話様ですが疑問に思います(笑)
何人かの友人は、そうなった時に考えればいい!今が楽しく不自由がなければいい!と言いました。
何十年後の彼らがどうなっているのかすごく興味深いです。

結婚願望のない女です。子どもも欲しくないです。(子ども嫌いというわけではありません)常にやりたいことがあり、収入も自分自身で得ていないと不安です。そうすると家庭を持って両立は大変すぎるなあと。ましてやすべてあきらめて家族の為に生きるとかゾッとします。世の女性がなんでそんなに結婚したいのかわかりません。
けっしてそれを求めている人たちを否定するつもりではないです。ただ中にはこういうタイプの女もいるということで。
かつて人並みにご縁もありましたが窮屈すぎて諦めました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する