ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 不幸になる人は自ら不幸探しをしている
こんないい子がなぜ幸せになれないの?

素直で可愛い子がいる。とても優しく、人のためにひたむきに尽くす。その子が醸し出す雰囲気は「これが女性」という優しさである。その優しさはその子が自然に持っているもので、なんの飾りつけもない。赤ちゃんを抱いている母のような優しさもあれば、男が必ず傍にいてほしいという優しさもある。「男が守ってやる」という理想の優しさを持っている女の子。この子と結婚する男性はきっと幸せになれるだろう。私が見ても他の誰が見てもこの子はいいお嫁さんになるという評価を与え、結婚に向いている女性として太鼓判を押して推薦したくなる子である。


なのに・・・なかなか結婚できない。
優しくて性格もいい子なのに、なぜか結婚ができない。


何故か?
というと。


男性でもいい人はなかなか結婚できないように、女性でもいい子はなかなか結婚できない。という答えから始まる。


人は良いが、その反対に自信がないのである。
その自信のなさが不幸を呼び起こし、不幸探しをしている。自信のなさがネガティブになって不幸探しをしていることに本人はまったく気づいていない。その子のひたむきな優しさは、自分の幸福を相手に譲る優しさ、その控え目な優しさと引き換えに自分を不幸に陥れているのである。一歩前に出て幸福を手に入れるのではなく、一歩後退して幸福を取り逃がし、不幸なくじばかりを引いている。その子の優しさは不幸のくじを引こうとしている遠慮からきている。性格が良く優しくてとてもいい子だが、遠慮ばかりしていては幸せにはなれない。「もっと自信を持て!」とついつい叱咤激励したくなる。


その子のネガティブ心理を書くのは辞めておく。たくさんあり過ぎて書くのに骨が折れる。だいたい皆さんは想像がつくと思うので皆さんの想像に任せる。


ただ私が言いたいのは、
「もう不幸探しはやめなさい。相手を信じて早く結婚しなさい」である。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

先生おはようございます。寒い日が続きますね(>_<)風邪など気をつけて下さい。
数ヶ月前からシンプルな条件に沿って、不安や自信のないトコは跳ね除けています。私は自信がないタイプなので…
今の所自然とうまい具合に進んでいます。
うまくいっているのにそれでも不安はまた出てきます。
それもまた跳ね除けています 笑
跳ね除けて、跳ね除けて、結婚式がすんで一年位したら少しずつ修正しようと思います。
これが正しいかはわかりませんが、少なくともネガティブにならずにすみそうです(^_^)

肝に命じます。
自分を褒めて、小さな幸せを数える事から始めたいと思います。

沖川先生の何万何千の恋愛相談を受けた個別の
様々なカップルの事情、背景に実際に関わった
経験、それを基にした思いをブログに訪れる多くの読者に
個別相談とは別に、人として、女性として、参考にして欲しい想いを発信してくれているんだと思います。
男性でもある先生は、おとことしての、おんなに求める心情、心の動き、変化を毎日の記事に加えて載せて発信して頂いていると私は感じています。
データが全てでは有りませんが、大事な彼との関係に悩み、自分のこれからの行動、考えの指針を先生から、コメントを載せてくれる読者の方から貰い、自分で考え肥やしに出来る場所です。
コメントでは雪乃さんファンを自認するわたしです。
コメントにプロもアマの有りません。
多くのことを経験し自分で悩み自分で結論を出し、行動して進んでいる人の言葉はシンプルでも重みが有ります。裏に優しさが見えます。
自己顕示の為のコメントとの違いは多くの方(沖川教室の方)は
感じて居ると勝手に思っています。

いい人は自分に自信がないという方程式は正だと思います。
逆説的に、小悪魔、駆け引きが上手い人は自信があるからそう振る舞うことが出来るんですね。
あと、最後は相手を信じるのですか?自分を信じてでではないのですか?

ぜひ、どうすれば自信が持てるかを教えて下さい。

ハッ!!また自分に言われているのかと思いました。
親にまで気を使って、損な性格だと先日父に言われたところで…
母はそれがいいところだと言ってくれるのですが。やっぱり自分でも疲れるのはわかっています…
自分で自分を作っているんだから、誰のせいでもなく、自分が気づかないとダメなんですね。
ありがとうございます。

不幸探しの話、分かります。幸せになりたいのに、結果的になぜか不幸になっていると感じていて、実際に上手くいっていない。ネガティブなのは直観や経験からくる自己防衛反応だと思いますが、自分を守るはずが、不幸になっている。本末転倒。とはいえ、長年の癖で一朝一夕でポジティブにもなれない。自信を持つのは容易ではない。根拠もなく自信を持つ事はなかなかできない。

 正直、二十歳当時の私は女性としても社会人としても
全く自信を持てませんでした。その当時に好きになった人
付き合った人は全てダメンズと称される相手ばかり。
今回の先生の記事に沿った展開だったと思います。
 では現在はというと、仕事に関してはある程度の評価を
得られるようになり、そちらに関しては多少の自信が持てるように
なりました。仕事人の自分はもう放っておいてもいいくらいに(笑)。
 相変わらず「女性としては」あまり自信がありませんが、
ようやっと「少しは自分を信じてもいいのかな」と思えるように
なったところです。
 それは、仕事における考え方の影響かも知れません。
 こちらの考え方の軸がしっかりすることによって「YES」「NO」「自分が
どうしたいか」がはっきり言えるようになり、ダメなものはダメと
考えられるようになった。最近では「迷ったらグレーにして
とりあえず一時保留」。それが加わったくらい(笑)。
やはり早い段階での仕分けが肝心で、そこをしっかりしておくと
その後の作業がスムーズになって、安心して没頭できるように
なるといった点では同じ要領だなと思って。
 なぜ自分に自信が持てないのか?というと、やはり「容姿」「外見」的
要因からです。そこを何とかしないと恋愛する権利がないと
思い込んでいた事もあり、自ら幸せを他人に回してしまっていた
ところがあります。
それもまた、今回の記事に少しかかっている部分でしょう。
 ただ、こちらのブログを読んで来て、どんな容姿の人でも
自分の素材と気持ち次第では幸せになれると考えられるようになり、
ようやっと自信を持ち始めたところかな。
言いかえれば、自分にとっての本当のブスは「容姿や外見」でなくて
「心や気持ち」の方だったということ。
 それに気付かせてくれて、丸ごと私を愛してくれた元カレと彼に
感謝しています。
 それともう一つあった要因として、私は自分を大事にしていません
でした。やはりそれはいけませんね; 気持ちにも体にも毒です。
今年からは自分を「かわいい」と思う時間を毎日少しでもとって、
女性として成長させていくように心がけています。
それだけで気持ちが自然とポジティブになります。
おしゃれも楽しくなってきたし、何だか春が待ち遠しいです♪

優さんへ
「相手を信じている」自分を信じる、って感じでしょうか?
個人的にはそう解釈してみましたが・・・。

たびたびすみません;
「相手を信じて」のくだりは、
「自分になかなか自信が持てないのは仕方ないとしても、
彼が本当に全面的に信頼できる相手なら、その『相手を信じて』
遠慮しないで飛び込みなさい。」
・・・かな?
「自分を信じる」をあてはめるとしたら、
「正しい思考状態の自分でその彼を絶対に大丈夫と思ったなら、
その『自分を信じて』素直な気持ちと勇気を出しなさい。
絶対に誰かに譲ったりしないで。」
みたいな。なんとなくそんな感じかなと。
多少脚色した感じになっちゃってたらごめんなさい;

以前の私です♪(*^^*)
今、始まるのか始まらないのか微妙な男性が居ます。
好意は感じています。が、幸いタイプではない(笑)ので、冷静に自分にとっての幸せを自問自答しながら進めています。
ただ、元々、自信のない私。時々、過去の私が登場して焦ったりします。好きになれるかもわからないのに彼の好意を焦って受け入れようとして。
でもあのズタボロな恋愛の終りからまもなく2年目の春を迎えようとしている今日この頃…
あの恋愛から学んだことは『自分を大切に』
大切に思われている自分にも自信が持てるようになりました。冷静に判断して進められている今がすごく楽しい。
どうなるかわからないけど、わからないことも楽しんでもいいかなと思っています☆

根拠のない自信を持てる人と、そうでない自分との格差を感じ、理不尽さを嘆いたものでしたが、これはいわば、天才型と努力型の違いでありり、自分が根拠のない自信が持てない側の人間なら、根拠のある自信をつければいいのだと思うようにしてます。
にしても、私もダメ男に泣きましたが、こうも被害が多発するって、世の中どれだけダメ男がはびこってるんだ!と思わずにはいられません。まあ、悪い菌みたいなもんですね(笑)数が多いから、ちょっと弱ってたりしたら即とりつかれる。抵抗力(自信)をつけて、はねのけていきましょう☆

遅れてきたねこです。
ここ数日のうちに…雪乃さんへの賛否両論、驚きました!
いろいろな意見があって当然です。自分が何を選択し支持するかが大切であり、自分にないものに関してはスルーしたらいいのではないかと思います。
同じエネルギーを費やすなら自分が心惹かれるものにコメントするほうが気持ちいいし、人との関わりで言えば哀しみを生むより楽しみや笑いを生み出すことに知恵をしぼりたいほうです。
沖川先生のブログも皆さんのコメントも、いつもサクサク読んで、そんな中で自分の想いとシンクロしてぎゅうっと心に響く一文を見つけるのが気持ちよくて好きです。
雪乃さんもまたコメントして欲しいな♪

きっと自分を選べないのでしょう。
いつも人を一番に考えて優先し自分の事は二の次
それでいい
そう言い聞かせ
そう信じ
自分の幸せよりも傍に居る人達が幸せで居てほしい
傍に居る人達が幸せでいてくれないと
自分は幸せじゃない
幸せになってはいけない
そう思う
不幸な女の子なのかもしれませんね
人を思うあまりに
自分を犠牲にする事で得る幸せが
そこにあるのかもしれません
彼女は自分だけの幸せを 知らないのでしょう

ほたる様
ありがとうございます。
自信は自分を信じることという定義より、相手を信じてという下りに違和感を感じました。
更に解釈を広げて意味を見出すまでには至りませんでした。
議論できて嬉しいです。

優さんへ
 優さんが疑問を投げかけてなければ、私もそのままわかったつもりで流してしまってましたよ(笑)。私も嬉しかったです。ありがとうございました。
ついついわかったつもりになってしまいがちですが、やはり他の方の考えも聞いて初めて出てくる解釈ってたくさんありますね。そこがコミュニティの良さだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する