女の人は愛が命だと思う。ホントつくづくそう思う・・・。


そこまで男性を愛する女性は凄いと思う。逆にそこまで愛されている男性は羨ましいとも思う。自分は女性にそこまで愛されたことがあるのか?と問いだすと「そこまで愛されたことがないな」と言い切れる。ほとんどの男性がそこまで愛されたことがないと実感するのではないだろうか(笑)結婚して平凡な暮らしが続くと「亭主留守で元気がいい」と年輪を重ねた奥さんたちのシュプレヒコールが聞こえる(笑)


それに比べてここに訪れる女性たちの愛は凄い。「女は愛が命」と実感する場所である。「おーい男性諸君、君たちの彼女は凄いぞ!本気で君のことを愛している」とここで騒いでも諸君には届かないか?他人である私ばかり気づいて当の本人には届かない。付き合っている当人同士は相手の愛に気づかないのかもしれない。気づくどころかプレッシャーを感じているだけかもしれない。冷静な第三者の方が愛を正確に判断できるのかもしれない。


男は仕事が命。これもたくさんの女性たちの話(報告)から気づかされた。男である私は前々から実感していたが、3万人以上の女性たちの恋愛相談から「男は仕事が命」だということがさらにさらに鮮明にこれはもう間違いないというくらい実感することになった。女性の恋愛の敵は男性の仕事と言い切れるくらいである。恋の終わりの大半は男性が仕事モードになってから終わっている。それだけ世の中余裕がないのかもしれない。男性も余裕がないし女性も余裕がない。愛にせっかちで愛に焦り愛に不安を抱いている。そんな気がしてならない。



「男は仕事が命、女は恋愛が命」そうくくりたくないが、そうくくった方が物事は鮮明に見えてくる。くくらなくて見えないより、くくって見えた方が次の一手が打てる。男女それぞれが持っている違う愛に勝つには、相手の愛をよりよく理解し、それに応じた自分の心をつくることから始めてみたらどうだろう。男女が相手の愛を優先することができたら男女の関係はうまくいく。逆に相手の愛を優先することなく自分ばかりのエゴの愛に走っていては男女の関係はうまくいかない。そんな気がしてならない。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

仕事が好きだった時期もありましたが、仕事が命とまで思った事はありません。笑
仕事のミスは何日か反省しますがそんなに引きずりません。
やはり仕事の事を考えるより、好きな人の事を考えていたいものです。
でも男性も同じだったら…なんか嫌ですね(>_<)
そう考えると仕事モードでいて欲しい!

くくってみたほうがいいですよね。ほんと。
でも そんな俯瞰で見ることができる女子ばかりではないから 先生が大忙しなんですよね(苦笑)
この人生で学んできたことをしっかり記憶して 次に生かせたら・・・なんて。次とはいったい何なのでしょう。
一度きりの人生で 先生に相談するくらい本気で好きな人と色々と山や谷を越えて一緒になれたら 「亭主元気で留守がいい!!」なんて言わない。

男にとって仕事は自己存在証明であるし、自分や家族を守る責任があるから大事だと思う。責任が男を仕事に集中させるのかもしれない。
女性をなおざりにしているわけではない。でも、結果そうなっているのかもしれない。私はバランスが大事だと思います。恋愛も仕事も天秤でバランスがとれるくらいがいいのではないかと思います。男として、そこまで女性に愛されてみたいと思う。それと同時に女性を深く愛してみたいとも思う。恋はいつも一方通行で思うように行かない。女性が本気で相談に来るくらい愛されている男性がとっても羨ましい。男の私にとっても恋愛は仕事と同じかそれ以上に大事です。まあ、でも仕事場と家の往復では出会いはないわなぁ。今年こそ胸を焦がすような恋愛がしたい。

女性は本当に心から愛しているからこそ、ほんのちょっとの、たった1,2分でも電話してくれたり、一行だけでもメールを返してくれたら安心するのにね。
そこまで心底惚れて愛されていた事が、どれ程人生にとって嬉しくもあり、有り難い事なんだなと思えるのは・・・男がある程度仕事の先にある人生のレールの残りが見え始める中年以降になって、初めてわかるのかな。
男もそんなにモテる時期は長くない。
結婚して、亭主元気で・・・なんて思う奥さんと自立し始める子供達の家庭と、会社でどこまで昇進できるかが見えてくる年代になった時、ふとあぁ自分はあの時あんなに愛してくれた人がいたんだな・・・と淋しく思ったりするかもね。
そんな人が今いてくれたらな、と夢見がちに思う人もいるかもしれない。
そんな頃には、当の女性はもうすっかりその男の事なんか忘れているけどね。
因果なものです。

lionさん
すごく共感しました。
私は、本気で好きな人と色々ありながら結婚しました。
「恋愛日記」、心の支えでした。
亭主元気で留守がいい
なんて思ったことないです。
一緒に眠れるだけで幸せを感じます。
彼に対する気持ちは少しも変わりません。

「日本の男性は」じゃないですか(^^;;?

エゴの愛に走らない。
肝に銘じます。
相手を想ってやっている事でも、相手が望んでいなければこちらの自己満足になってしまう。
自分ならきっとこうして欲しいから、という考えもNGですね。相手は自分じゃないし、ましてや違う性を持つ者。
以前は、相手から自分の想像した反応が帰ってこなかったらがっかりしていました。でもそれこそがエゴであり、うまくいかない原因のひとつだったと思います。
でも、だからといって遠慮ばかりしていると距離ができてしまうし相手もやりにくいですよね。
恋愛も仕事も、そういうぎこちなさを感じさせない心遣いが自然とできればいいのですが…チャレンジ中です。
近々彼と会うことになりました。
楽しい時間を過ごせるように、エゴの愛に走らないように頑張ってきます。

 仕事もそれなりに一生懸命なんですけどね、やっぱり私も恋愛の方がちょっぴり上回ってる。
だったら、今の仕事に対する割り切り方を恋愛に、恋愛に対するエネルギーをもっと仕事に回せばちょうどいいんだろーなー(笑)。
でも、やっぱり好きな人の事を考えている時間は何物にも代え難く・・・;
我慢できないのは仕方ないから、3・3・6の法則に乗っかって、期間限定のラブラブ期くらいだけはのめり込んでもいいかなと思っています。
仕事で期待をかけられたり褒められるととてもうれしいんだけど、気になってる人に笑顔で「おはよ」なんて言われた時のうれしさに比べたら、そのエネルギーの強さったら比べ物にならない。
そういう時、「あー、やっぱり私もカンペキ恋愛至上主義だな;」と実感します。
しゃーないですね、本能なんだから(笑)。
恋愛のパワーは凄まじいというお話ですが、そこだけ聞くとちょっとコワいですね; 男性のみなさん、執着や依存でなければ女性の恋のパワーもまだまだかわいいレベルのものもあるんですよ~。

塞翁が馬さんのコメントを拝見してきて
結婚対象の男性としての心構えが見事にクリアされてるように感じます。
なのに現実はうまくかみ合わないものなんですね。
何だかもったいないです;

女性は男性の仕事に対する愛を理解することは出来ますが、男性は女性の愛を理解しようとするのでしょうか!?
理解しようとしない男とは付き合わないべきですね。
仕事が出来る男は、プライベートも出来る!いわゆる仕事人間とは付き合わない事ですね。

ほたるさんへ
ありがとうございます。私自身が未熟者なので、まだ恋愛や結婚をできないのでしょう。このサイトを見るようになったのも、女性(の心理)を知りたいという事がある為です。それと同時に男としての自分を見つめなおすきっかけを与えてくれています。

塞翁が馬さんへ
 かく言う私も未熟で似たような部分があり、男性の心理を知りたいという思いから、こちらのサイトに飛び込みました。
最初は彼の不可解な言動の意味を知りたいという気持ちばかりが先行していましたが、最近では少し違ってきたのがわかります。元カレを失った未熟な自分を受け入れ、今度は失敗しない様に未来に向かって自分を作り替えている。そんな感覚です。
 結婚は共同作業だと言いますね。
こちらで男性の心理を知りたいという女性がいるように、
あなたのように女性の心理を理解しようとする男性がもっと増えてくれば、もしかしたら恋愛事情もまた変わってくるかも・・・なんて淡い期待が頭の中をよぎります。
男女の違いはあれど、そういう思いは共通するもののような気がしませんか?
 塞翁が馬さんは、ここでは今のところ男性側の意見を継続的に聞かせて下さる数少ない存在ですね。これからも男性心理を聞かせて下さるとうれしいです。いつも楽しみに読ませていただいてますので宜しくお願いします。

ほたるさんへ
そうですね。男女がお互いの違いや心理を理解できるよう努力すれば、恋愛事情も変わってくるかもしれませんね。楽しみに読んでいただけているとは思っていなかったので、そう言っていただけて嬉しいです。
女性の皆さんのコメントに圧倒される時もありますが笑、自分なりにコメントしていけたらと思います。こちらこそ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する