ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 新しいもの
新しいものにチャレンジすることはいいことだと思う。旧態依然のやり方では幸せになれないのなら是非新しいものにトライしてほしい。人間は慣れ愛(合い)の生活に甘んじるところがある。慣れた生活は確かに楽だが、これでいいの?という不安が常につきまとう。これでいいの?という不安を払拭させるには勇気を持って新規改革に挑むことだ。



恋愛においても新規改革は必要だと思う。いつまでも終わった恋に執着していないで、新しい人へトライしてほしい。しばらく休んで恋の葬式が終わったら、悲しみを乗り越えて前へ歩こう。執着では幸せになれない、何故なら前向きではないからだ。信念は前向きに宿るのであって執着には宿らない。自分が思っていること、やっていることが常に前向きであるかどうか確認することだ。自分だけ思って愛しても、相手には迷惑の場合がある。迷惑な思いと行動は信念と呼べない、執着以外何ものでもないからだ。


新しい人にチャレンジする場合、新しい人を否定しないことだ。新鮮な気持ちでチャレンジしよう。前向きにワクワクしながら。新しいものはよほど覚悟して取り込まないと手に入らない。開拓精神にはパワーがいる。心と体力を鍛え、強い精神力で望もう。


女性たちは恋が終わると新しい人を否定する癖がある、不思議でしょうがない。何故新しい人を拒むのか?不思議でならない。男脳から言わせれば新しい人へのチャレンジはとても新鮮でやり甲斐のあるものなのに、何故その気にならないのか不思議でしょうがない。おそらくその脳は太古から受け継がれたものだろう。太古の大昔、男たちは開拓によって新しい世界を創り、女たちは敵や猛獣と戦うことなく塀の中の安全な場所で暮らしていた。その安全な場所で暮らす集団帰属が長く続くとそれが本脳になる。だから女性は新規開拓が苦手、慣れた相手と慣れた場所で永遠に暮らしたいと願う。太古から受け継がれた本能、それは子供を育てるにはふさわしいが、子供を育てる前に相手を見つけなければならない。


見つけるためには動かなければならない。


動くためには開拓精神が必要である。いつまでも愛の帰属にいるな。その場所はもう終わったのだ。新しい住みかを見つけるために女性たちも大移動しよう。新しい世界を開拓しながら。


新しい人は元彼よりいい。
そこを発見することだ。



関連記事

コメント

先生!先生のブログを半年くらいずっと読んでいて、先生のところに鑑定していただきに行き、色々気づくことがありました。
今世の中は不景気で婚活も就活も冷え切っていて、男性も女性も、働く世代も高齢者も、自分のことで精一杯だと身をもって感じます。
今一番元気で優しいのは、60代や70代の女性、団塊世代を支えた主婦出身者かもしれません。団塊世代の男性もとても頼りがいがあり、しかもおちゃめです(笑)
先日も若者の3人に一人は正社員でない時代だと聞きました。
そこで、「自分が楽しくないのを周りのせいにしちゃいけない!」と思うんです。
自分自身で、はつらつと元気に、損得抜きでどれだけ周りの人に優しくできるか だと思ってきました。
こういう厳しい社会だからこそ、皆優しくて明るくて周りに元気を与えられる人を求めている。
だから沖川先生もこんなに人気があるのだと思います。
マンネリや義務的に何かをすることはもうやめて、主体的に新しい気持ちでチャレンジしたい!もちろん、休息も大切(*´∀`)
私の場合、自分自身が心地よいと感じることに囲まれて暮らしたい☆
そんな風に感じる今日この頃です\(^^)/

頭では分かるんですが、心が全然ついていけません。
なかなか前に進めません…。
元彼が忘れられません。本当に執着している自分がみっともないです。

ずっと彼が欲しい欲しいと思っていたけど、急にどうでもよくなって。もういいや、って思って。自分の周りを見渡すと、ほんとは満たされてて幸せいっぱい感じて。一人でも、幸せいっぱいで心からのキラキラした笑顔が出来るようになったら、新しい彼が出来ました。
一人で幸せでいられなくなったら、彼が去りました。
二年たって、やっと気持ちが「もういいや」に80%、「彼じゃないと」に20%になりました。
この20が0に出来て自分だけで、100になれたらまた恋愛できて。保てた上、相手と100+100=200になれたら、ほんとの意味で結ばれるのかな、と思います。
でも、今80%の自分だけでも幸せーがどんどん膨れ上がってますよ。

なんだかとても励まされました。同僚の片思いの相手が私を好きだったという原因で、5年間嫌がらせされ、それに耐えて前向きに笑顔で淡々と仕事をしてきましたが、言ってもいないことを言ったと、していないことをしたと会社中の人に言われ疲れ果て退職を決心しました。10人くらいの会社ですが・・・
言い訳する気にもなれず、でもわかってくれる人はいるし、言いたい人には言わせておこうと思っています。
恋も仕事も同じですよね。新規の出会いに期待して、頑張っていきたいと思います。
体鍛えて、ペルー旅して 本たくさん読んで しばらく充電してから新しい仕事探したいと思います。
先生ありがとうございます。

昨日、彼の八つ当たりに耐えられなくなり自分からお別れしてきました。
彼の態度からも別れの決意は感じ取れていましたが、どうやら自分から言えない様な雰囲気だったので、意を決して私から言いました。
別れを伝える時は彼の八つ当たりに相当イライラしていたので、あんなキャパの狭いちっさい男なんて御免よ!と勢いが有りましたが、時間が経つにつれてジワジワと淋しさが込み上げてきます。
でもこれは自爆だとは思っていません。
駄目なものは駄目と区切りを付けるのは大切な事だと思いますが、まだお葬式には時間がかかりそうです(´・_・`)
彼の笑顔だけが浮かんできて辛いですが、前に進めたら良いなーと思いながら今は少しだけ悲しみに浸ろうと思います。

私は元彼と別れたあと、何人かの男性と出会いました。好きにならなきゃと思うほど、つまらなくなるし、イヤになる。イライラする。
いつも誰といても楽しく笑ってるのに、彼の前ではあまり笑えない。
ムリに好きになろうとすることに諦めました。

新規開拓しなきゃいけませんか。
もう男はこりごりだと思っているのですが。
恋愛以外の人生を楽しむでも良いですよね?

私が変わってるのかわかりませんが、眠れない、ご飯が食べれない程の大変な思いをする恋愛をしてても、誰かしら忘れさせてくれる人が現れて、精神的に落ち着きます。でも、誰でもいいわけではないので、もちろん無いなっていう人もいるし。。。出会いの運なのか、性格なのか、でも一通りやる事やって、それでもだめっだったらもう他をみます。帰ってくる人は帰ってくるし。でもひとつ言えることは恋愛をするたびに成長してて、次につながってるな~って思います。

コメントの際、メールアドレスは載せないでください。アドレスが載っているものは承認できません。

恋愛以外の好きなことに夢中になって楽しんでいると、そこへ自分と合う男性が現れて自然に付き合い自然にうまくいく…そんなのが理想(^^)
暗い気持ちや焦りの気持ちを持って「誰かいいひといないかな…」と思ってるうちはたいてい良いご縁に恵まない気がします。

女性の方が別れの際すっきり別れられて、男性の方がずっと引きずってしまうものだと思っていますが、そうでもないのかな。性別にかかわらず、振るか振られるか、その時の状況によりけりなのかもしれません。
恋愛回路が働くと執着してなかなか離れられない。頭では分かっていても感情が離れさせない。でも恋愛回路を減らすか、なくす事で苦しみが減る。あと、縁を良い方向に変える4つの諦めも役立つと思います。「全てが手にはいるわけではない」という諦め。「出会った人は必ず別れる」という諦め。「全ては一時的で次々と変わっていく」という諦め。「手に入れたもので満足するものはない」という諦め。肯定的な諦めの精神です。
これをあらかじめ知った上で、生きていくとちょっとは楽になるかもしれません。

なんとなく最近
自分のまわりの人間関係の配役って
自分で選んでるのかなって思ったりします
好きな人 苦手な人 ライバルと思う人(笑) 尊敬する人
腹が立つ人からは、心を鍛えてもらったし(笑)私はそんなことする人にならないように気がつけたりで、ありがたいと思えます
ま、ストレスも感じながらですが…(^-^;
良いところはどんどん吸収さして頂いて(^-^)
別れた彼のおかげで
今一人しっかり地に足をつけて
自立することを学んでおります
(^-^;
木の葉っぱも落ちて枯れて一見淋しい木となりますが
身軽になって辛い冬をこせたりしますし(笑)
落ちた葉っぱはいずれ土となり
栄養となり…
今の悲しみはきっと時間とともに
心の栄養となる時がくる
その悲しみの経験は
回りの人にも癒す力ともなるかもしれません
少しずつ少しずつ
心は回復する力をもっている
新しい自分に日々生まれ変わっている
そう思うと
新しい出会いもきっとあるのかな♪
前より私は強く優しくいい女になったぞ(^-^)/
…なんて(笑)

新規開拓いいですね~
私は女ですが、新しい環境に飛び込む事が大好きです♪そこで新たな人と出逢い、ビジネスが広がり今まで知らなかった世界が見える♪
楽しくて仕方がない!
だから結婚に向かないのかも知れない…私を好む男性は少々女っぽい気がする…疲れるなぁ…
男らしい男なら、一緒にパートナーとして楽しく過ごせる気がする~

 新規開拓は仕事でも趣味でも何に対してもいいことだと思います。
 個人的には、恋愛に関して新規開拓しようとしてます・・・たぶん。
 かといってガツガツするのではなく、誰かと一緒にいる時間を
増やすだけ。恋愛を意識するとかじゃなく、普通にその相手と
一緒に作業を進めたりして、その相手を知って距離を縮めるだけ。
そう、友達を作るのと同じ感覚。
 相手を知って行くうちにどこか憎めなかったり、ぎこちないけど
実は情の厚い人だなーとか、そういうところに気がつくと一定の
情が生まれます。
 元カレの前に失恋した時の私は、もう「他の男性なんて好きになれそうにない」とよく口にしていました。
それに対してある人が言ってました。
「嫌いじゃない相手なら、いつかは好きになる事もできるんだよ」
「10年来の友達が突然夫婦になることもあるんだから、結果は最後までわからない。今は友達でも、突然好きになる事もある。逆に友達になれない相手と付き合うこと(信頼関係を築く事)はまず無理ってこと。」だと。
 それを信じてシンプルに過ごしてたら、元カレと出会いました。特にタイプではなかったけど、とにかく誠実で自分のポリシーがしっかりしてたところが好きになりました。(私は追われる側でした)
 それでまた元カレとの大失恋を経て、私は今一番大切に思っている彼と出会い、好きになりました。後者の彼は見た目は私の好みですけど、恋愛の対象ではなかったので、しばらく同僚としてしか見ていませんでした。仕事の姿勢に惹かれるようになり、かと言って仕事の話は彼は私にはほとんどしない。プライベートの場で会うようになってからは特にそうで、他愛のない日常話や家族や友達の話を淡々と語ってくれるだけ。
 一体どういう関係?って自分でも思う様になった頃、彼から私への気持ちを告げられました。その時に私も彼に恋していたことに気付きました。
でも、その後すぐに転勤になったのでお付き合いには至らなかった。
そんな関係ですが、2年経った今でもお互いへの気持ちは変わっていません。
 彼とは今のところ純愛のまま。甘酸っぱい関係が心地よくなってきたというか、むしろその方がいいのかなって思うようになりました。
 結婚相手はまた別の話。他の男性になるかも知れないし、彼になるかも知れないし、いないかも知れない(泣)。
そういう意味での今はまだ白紙の未来が楽しみです。
 この新規開拓って、自分自身への新規開拓にもつながりますよね。
仕事や女性的要素に於いて身近にライバルが現れたこともあり、個人的には今すごく刺激されています。
やせるぞっ!!(笑)

すみません、「新規開拓」じゃなくて「新規改革」でしたね。
うっかり間違えてました。失礼(^^;

新規開拓しようと思い、結婚相談所に入りました。27歳女です。
源泉徴収、独身証明書、卒業証明書を提出しました。
男性も同様です。
この面倒な手続きに最初はひるみました。
年収、身長、年齢で希望の条件を出し、その上で心理テストに基づいて相性のいい人を月六人紹介してくれるそうです。
費用はそれなりにかかります。
沖川先生は安定している男性を求めよ、と常々アドバイスしてくださいます。
結婚相談所では、まず年収、年齢から相手を絞ることができますが
このシステムを利用して相手を探すというのは、先生にとって合格でしょうか?
先生の結婚相談所に対する関するお考えを聞いてみたいです。

女性は子宮で考える、逆に、男性は下半身で考える←が分かりませんね。最近は母性愛がない女性も多く、それこそ、我が子をトイレで流したり、放っておいたり。逆に、男性でも母性愛ならぬ父性愛を持ち、保育士を目指す男性も多くなりました。

>見つけるためには動かなければならない。
動くためには開拓精神が必要である。いつまでも愛の帰属にいるな。その場所はもう終わったのだ。新しい住みかを見つけるために女性たちも大移動しよう。新しい世界を開拓しながら。
新しい人は元彼よりいい。
そこを発見することだ。
ですよねー!
少しずつ少しずつ、そう思えて来ていて、そうしたら恋愛の事ではないけど
最近良い事が立て続けに起こるようになりました^^
この調子で明るく前向きに、まずは目の前の事(私の場合は仕事)を
しっかり頑張って
見た目に気を使って自分も磨いて
終わった事にしがみつかずに前を向いて歩いていきたいと思います。
だけど…たまには後ろを振り返っちゃうこともあるけど
その時に終わった事を悔やんで悲しんで泣くのではなく
少し思い出に浸ったらすぐに、諦めの微笑みをたたえて
前を向き直してまた歩き出す、自分のペースで自分らしく。
人生、頑張ります(#^.^#)

塞翁が馬さんへ
>女性の方が別れの際すっきり別れられて、男性の方がずっと
>引きずってしまうものだと思っていますが、そうでもないのかな。
 過去の私は男女逆だと思ってました。
 が、今は少し違う解釈です。
 「女性の方が忘れると決めた時(又は他にいい男性が現れた時)にすっぱり忘れることができて、男性の方が過去のフォルダをなかなか手放せない」
・・・みたいな?
 別れ際は人それぞれですが、愛情が冷めてたり(又は演技や強がりで)すっぱり別れるシーンを作れる部分があるかと思います。その後で実は執着にすがっていたり、自爆的行為をしたり、前向きに進んだり・・・。新しい恋愛で幸せになっている方は別として、ネガティブな状況に陥っている「一時的な」女性の姿が、こちらに寄せられたコメントにリアルにつづられていると考えてもよさそうです。(かと言って、その「ネガティブ」が全て悪いという意味ではありません)
 その点、本音を見せない様にしてたり、冷酷ロボットになってはいても、実は一時的に頭の中から消えているだけで、時間が経ってもその記憶をいつまでも抱えてしまっているのが男性なのかな? もう愛してはいない過去の女性でも、時間の経過に関係なく、目の前に現れたら普通に接する事ができるのがその表れ?みたいな。
 多くの女性の場合はたくさんの事を「気持ち」や「感情」を抱え込んでしまいがちです。そのうえで男性や家族を優先して、自分を合わせていかなきゃいけなかったりもします。
いくら一度に2つ以上のことを処理できると言っても、それじゃ間に合わない。覚える事が多すぎて度忘れが増えるように、「もう知らない」って本当に思ったことも記憶の外に流れていってしまいます。
 そうなった後で「あの時は悪かった」なんて言われても・・・。
 ってのが女性の本音?
個人的にはそんな風なイメージかな。
かといって、
「今は他にいないしな~。これだけアプローチして来てくれるんだから、私を優位にしてくれるならよりを戻してあげてもいいけど~。」
なんて、ちゃっかり変わり身をすることがあるのも女性です(笑)。
(一度忘れた記憶に上書き保存する現象といいますか・・・)
そういう意味では先生の過去の記事にもありましたが、「難攻不落の城」を責めるかごとく、情に訴えながら長期的に何度もアプローチをすることで功を奏すケースも存在してます。
男性とは少し?違いますよね ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する