ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 浮気をやめさせる方法
うむ・・・ない。
自由恋愛の世界においては、浮気をやめさせる方法はない。自由は素晴らしいが、こと恋愛においてはその自由のためにたくさんの人が被害にあっている。


いっそのこと自由恋愛はストップという法律を作らない限り浮気はなくならないだろう。恋人や夫婦は国の機関に届け出制とし、浮気や不倫をした者は厳しい罰則とする。始末の悪いものは国外追放か無人島の島送りにするとか、金輪際二度と浮気ができないような罰則を与えない限り浮気はなくならないだろう。今日はオーバーな表現な記事を書いたが、それだけ浮気に対する憎しみや悲しみが、浮気をされた側にはあるということを理解していただきたい。浮気をされた側は、「その自由がいけないんだ!」と誰しも思っているだろう。


浮気をする側にもされる側にも問題はあると思う。人という生き物は自分を中心に考えている生き物で、浮気をした側も自分を正当化する。だいたい浮気をする人は、自分が浮気をするのはパートナーが悪いと相手のせいにするクセがある。悪いのは自分ではなくパートナー(彼女・彼氏、妻・夫)が悪い、だからしかたなく自分は浮気をしたと非常識なことを言う。人間の知恵はいかに自分を守るか、自己防衛のためにその知恵が存在しているのかもしれない。みんな自分が可愛いのだ。とくに女性に多いのが、「君が悪いから僕は浮気をした」という言葉に弱い、「私がいけないんだ」と反省するように女性はできている。愛に関して女性は反省と後悔の渦にいる。その女性の盲点をついた「君が悪い」という言葉にひどく敏感になるように女脳はつくられている。私の何がいけないの???と盲点を突かれた言葉に夜も寝ないでグルングルン悩むのが女性である。彼の浮気の悪さより、私の何がいけないのとフツフツと日夜徹して悩む。愛においては反省と後悔の生き物である女性は、自分を苦しめ、相手の浮気に苦しめられるのである。


「おいおい、悪いのは彼の方で君ではないよ。」というのが私のお決まりの言葉である。浮気をしたのは彼でしょ、何で君が謝るの!といつも言っている。

悪いのは浮気をした彼、あなたではない。

そこを冷静に客観的に判断すべきである。

浮気に関しては機械的に判断すべきだと私は常々思っている。悪いのは浮気をした方、あなたではないと。


自由恋愛は国の法律では罰することができない。なぜなら恋愛は自由だからだ。夫婦であれば夫の浮気は夫婦の権利を脅かしたとして相手の女性を訴えることができるが、慰謝料の割に夫婦間の損害の方が大きい。日本の法律は愛に関して手ぬるく、失うものの方が多い。


国も守ってくれない、誰も頼るものがいない、日本の恋愛事情。守るのは己自身の精神力しかない。その精神を宿すしかない。


自由恋愛に対抗する精神とは、「失うものを恐れない精神である」自由恋愛に対抗するためには愛を失っても恐くないという精神をつくるべきである。常にその精神があれば、逆に愛は失わない。というのが私の結論である。「失うものを恐れない精神」はこの世の最大の武器である。この武器をあなたも手にすれば愛の勝ち組なれる。是非訓練によってその武器を手に入れてください。相手の浮気をやめさせる方法はもはやこれしかないのです。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

「失うものを恐れない精神」は大切なものと縁を切るという解釈に繋がりがちなので、個人的に怖がってそこにしがみついてしまった過去があります。
それは必ずしも「別れ」につながることでもないと解釈してからは、あまり長く引きずらないようになりました。
自分で納得してるし、それでいいのかな。正解かどうかは別として。

浮気する側、される側
お互いに問題がある...
最近になってようやく分かってきた気がします。
付き合って、別れてを繰り返すうちこのブログに辿り着いて分かった事が沢山あります。
ブログを素直に受け取れた時、心が軽くなりました。
今までは浮気される度に
「私がいけないんだ」
とばかり自分をせめてました。
忘れた頃連絡してくる元彼。
心が軽くなった私は心が強くなったし、忘れた頃に連絡してくる...
これは当たってますよね(笑)
なので連絡してくる元彼には、
逃した獲物は大きかったと思えばいい!
私はあなたより幸せになるから心配しなくていいよ!
って言葉が言えるようになりました。
自分に自信があるわけではないけど、今の彼女と比べているのか元彼達は言います...
おまえはいい女だった... と。
浮気とひきかえに大切なものを無くして後悔すればいい。
相手以上に自分が幸せになる!
これが私の些細な仕返しです(笑)
男と女がいる限り、浮気はなくならないし、1度の浮気は何度も繰り返すと思う。
浮気する男は心ここにあらずで1番に戻っても2番3番の女で心を満たしてまた1番に戻る。
私は失うものを恐れない精神が出来ました。
自分が強くなった時、相手に思いやれる心、大事にされ大事にされる事が出来るのかなぁ~と思う今日この頃です。

私を一方的に振ったあとも、まだ時々メールで好きだ みたいなこと言ってみたり、それでこっちがその気になると、
やっぱり無理 の繰り返しをし、1か月後には新しい彼女を作っていて、、
元彼は、別れぐせがあるのか、今まで、もって1年半で、半年間で別れるなんてザラだったみたい。で、すぐ次の彼女ができる。
きっと、彼こそ、「今の彼女は、いつ別れるかわからない」と次の獲物を常に物色しているんだろうなあと思いました。
私も、ほかの女性にいったカレが悪い と気持ちをすっきり切り替えて、新しいカレができたら、失うものは何もない の精神になりたいです

浮気は絶対的に悪だし、許されざる行為だと思う。しかし、現状は自由恋愛だから、あれこれと口実をつければ別れる事はなんとでもなる。それが現実だ。だからこそ、自分の価値を向上させ、有事に備える必要があると思う。①自分の価値向上②適切な恋愛指南本による理論武装化③自分の感情コントロール、の3つが恋愛を成功に導くのではないだろうか。

願望は男性なら誰にでもあるとして、、、気がしにくくなる方法ならあるのではないでしょうか? (*^.^*)

浮気した相手を心から許せる時って
まさに、この精神ですね。
細かく言えば、許す許さないとか
そんな感情はもうなくて
ただ、普通に現実を受け入れられる自分がいる精神。
受け入れられない時は
許したいけど許せない、そんな感情に溺れて
相手の態度や言葉に一喜一憂を繰り返し
自分に嘘や言い訳をして
自分の今を受け入れようとはしない。
受け入れるということは
自分が見る現実全てに感謝できる時。
自分に起こる全ての事に感謝ができる時。
それって自分を許した事にもなるし
相手を許した事になるし
過去の出来事も許した事になります。
恐れを無くしたら
愛が生まれる。

私の浮気の正当化の理由としては、旦那に結婚後5年間女として見られず30代前半の一番いい時を悩み苦しんで過ごした。子供を持つ夢も断たれた。…でしょうか。
でも別れて別の道を行く方法を選ばなかったのも自分ですから、浮気をしていい言い訳にはなりませんね。
今はW不倫です。相手に本気なわけではなく、あくまでレジャーなので楽しさ以外は相手に何も求めないですし、だからこそストレス無くとても楽しいです。本気では無いので浮気、不倫、という言葉もあてはまらない気がします。
正しい事ではないのでしょうが、これだけは言えるのが、彼がいなければ、精神衛生上のバランスが保てず、確実に旦那とは別れていたということです。
そんなことをするくらいなら離婚したほうが?と言われそうですが、人間、どういう選択をするかその場になってみないとわからないものだ、と、自分がこういう立場になってみて気付かされました。

先生
今日のブログ…
悪いのは彼の方であなたではないよ…
1年前旦那の不倫で離婚しました
旦那の親に私が悪い!と言われ
自分を責めていた日々を思い出し
先生のこの言葉に今になって
泣きました…

悪くなかった…
ありがとう先生

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する