ずっと同じことをしていると直感が研ぎすまれてくる。


私の仕事もそう、毎日同じことの繰り返し、すると時々ピンとくるものがある。そのピンと来るものが直感だろう。それを霊感だと言う人もいるが、私は霊感を信じていない。積み重ねた経験による直感のみしか信じていない。熟練の職人のように、悟りを得ようと修業に励んでいる修業僧のように、日夜絶え間なく続く訓練によって直感は芽生えてくる。直感はごく当たり前のことの方が多い、大人が普段から言っている言葉、友達が注意を促す言葉と何ら変わらない。誰もが思いつく言葉をその人にあった言葉でポンと出てくる。神の声が・・・私の口から出てくる。その言葉を出したあと、(あっそういうことか)と自分で納得している場合もある。複雑怪奇な相談の中でポンと出てくる言葉、これがまさしく直感だろう。不思議とこの人はこうした方がいいという答えが瞬時に出てくる。今までの経験とか、たくさんの事例による統計とかではなく、その人との相談中にポンと出てくる言葉、結果的にそれが良い答えになるかもしれない。


「この人はやめた方がいいよ」なんだ、これじゃ親や友達の言っている言葉と一緒じゃないか!先生にはもっと優れたアドバイスもらえると思ったのに残念だわ。と言う人もいる。確かにそうかもしれない。だがその導いた答えは親や友達とはちと違う。私なりの恋愛法則の計算式による答で導いている。相手の性格や能力、置かれている環境や状況と相談者の性格や能力、置かれている環境や状況を私の脳が速やかに計算してこの人はやめた方がいいよと答えを出している。二人の性格と能力をぶつけ合い噛み砕いて咀嚼して・・・うむこの二人は無理だ!うまくいかないと私の頭から答えが瞬時に出てくる。やめた方がいいと答えが出てくるのは、相手がダメ男、浮気男、音信不通など、悪い男や卑怯な男に対しての方が多い。それでもそんな彼を愛している女性たちの能力も加味してうまくいく方法を模索する。加味して模索した結果、それでも無理だと判断した場合、「この人はやめた方がいいよ」という答えが出てくる。好きであれば何とかなるものではない。性格や能力、環境や状況で不可能なこともある。二人にこの恋愛を成就させる、達成可能な条件と能力があれば、そのことを申し伝え努力するように言っている。「君ならできる、このことに注意して頑張りなさい」と言っているはずだ。無理なものは無理。可能なものはもう少し頑張れと言っている。私の恋愛法則の計算式は、それはもうもの凄い治験の数から来ている。九星学の組み合わせを何万回と繰り返し、手相の愛情線も何万人も観ている。それを組み合わせると、もの凄い膨大な経験値となり、その組み合わせによる計算式はスーパーコンピュター以上かもしれない(笑)。。。熟練の技巧は機械にはできない、研ぎすまれた経験があるからそれができる。それを目指して日夜仕事に励んでいる。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

先生にご相談して三ヶ月が経ちました。
やはり3.3.6ですね 笑
頻繁に会っていたLOVELOVEから三ヶ月、
連絡は半分に減り彼は仕事モードになりました。
ぼんやりと会いたいなぁ~とはメールくれるけど、疲れの方が上回っているようです。
やっぱりね!って展開ですけど、寂しいです。
先生はこの時期を乗り越えて喧嘩をしなければ上手く行くと言ってくださいました!
この直感信じます☆

直感…
私も直感で全てを決めます。
何となくこの人とはダメって、感じるんですよ、直感が。
無理しても、結局のところ無理なんですよ、
だったら最初からやめときましょうよ、
感情入って傷つく前に。
それで昨日も別れてきました、出会って3週間ちょっとの彼でした。
先生の教えとおり、転職を考えている、転職したばかり、仕事がうまくいっていない不安定な男性は避けてます。
男の命は仕事。
それが順調でない男との恋愛は絶対うまくいきません。

もし、愛する人との事を、先生にみてもらい、だめだよと言われたら、、と想像したら、気絶しそうです。。(笑)
わたしにもそうゆう直感がちょっとでもあればいいのになー

2ヶ月ほど前、先生にご相談したときあっけないほど「この人はダメだよ」と言われて、そんなにあっさり分かってしまうものか?と半信半疑でしたが、そういうことだったんですね。
先生の経験からくる法則と計算式からはじき出された答え。直感。
あなたにとって彼は何点ですか?という質問に「う~ん」と考え込んでしまった私に紐解くように質問を追加していき「彼は10点以下ですよ。」と。
年相応の経済力がない上に借金を抱えている、その上精神的に不安定。
基本的な相性はいいけれど、どんなに彼が賢くて人格者でも木の幹が病んでいる人はダメ。(四緑木星の人なので)次々とダメな理由を話してくださいました。
ダメなもんはダメなんですよね。
努力で乗り越えていけるものなら、そうするためのアドバイスをしてくださる先生が、ダメです。無理ですとおっしゃるのだからやっぱり手放すしかないのでしょう。
今日の記事を読んで、更に納得です。
お金がないということは、行き着く先は「餓死」だと。
そんな大袈裟なと思いましたが、冷静に考えたら、確かにそうですね。
ずいぶん落ち着いた今だからこそ、よく分かります。
まだまだこのブログにお世話になりそうですが、少しずつ前に進めているので、次は失敗しない、本物をつかめる自信が付いてきました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する