愛とお金、どちらを信用するかというと私はお金である。


別に私はお金の亡者ではない、お金を信頼しているだけである。汗水流して働いたお金は当然のごとく頂く。その頂いたお金で生計が成り立っている。お金は生活に欠かせない重要なパートナー、人間対人間の一番の信頼関係がお金と言っていいだろう。


お金が無かった時代もある。お金の苦労を味わった時代もある。転職したとき、リストラされたときにお金の苦労を味わった。今まで普通に生活していたものが、明日から収入(お金)がない。明日から貧乏だ・・・情けない。こんな苦しみは他にはない。大好きな人と別れた時もこんなに苦しまなかった。お金がないことは失恋(愛を失う)ことよりも苦しい。もうあんな苦しみは二度と味わいたくない・・・・これ以上ないどん底、長くそのどん底にいたくない、その世界(お金がない世界)にいればいるほど人間腐ってくる、人間としての尊厳と自信がどんどんなくなってくる。これじゃ男失格(人間失格)だ。


「愛があればお金はいらない」あれはうそだ。あれはお金に余裕のある人が言っている言葉か、自分では生計が立てられずに、誰かに食べさせてもらっている依存して甘えている人が言っている言葉でしかない。自立している人はそんな言葉は言わない。「愛があればお金はいらない」その言葉はバカげた妄想だ、何?かすみでも食べて生きていけというのか!仙人ではあるまいし、それじゃ餓死するだけだ。


愛があればお金はいらないではなく、贅沢しないで、節約して切りつめて生きていこうというのが正解である。もう誕生日もクリマスもいらない。スマホも携帯もパソコンも処分しよう。外食もしない、旅行にもいかない、デイズニーランドも行かない、友達とも遊ばない、着るものは今持っているものを一生使うので新しい洋服は買わない、お化粧もしない、外に行かないで家でじっとしていよう。だからあなたもお酒やめてね、たばこもやめてね、自動販売機で飲料水を買うのもやめてね、友達と飲みにいってはダメだよ、お金のかかる趣味や遊びは一切やめてね、洋服も今持っているものを一生使ってね、病気になってはダメだよお金がかかるから、芸能人のテレビ番組のように月1万円で生活しよう。人のいないド田舎に行って自給自足で生活していこう。私頑張るからあなたも頑張ってねというべきである。一切の遊びと贅沢を捨て、先進国の生活を捨て、原始時代のような自給自足の生活(洞穴で生活し、食べ物はその辺の草を食べて生きる)それを二人が望むのなら確かに愛があればお金はいらないとなるだろう。月1万円の極貧生活、原始人のような自給自足の生活、果たしてどのくらい持つか疑問である。現代人にはとても無理な話である。


愛があればお金はいらないではなく。お金はとても大切なパートナー。人間界で生きていく以上お金は最も信頼できるパートナーである。その信頼できるものが無い人を愛してはいけない。「お金が無い人は信頼できない人間」私はそれを自らの経験でとことん学んだ。お金のない恐怖、生活のできない恐怖、他人から信頼されない恐怖、いくら自分は愛情豊かでいい人だよと言ってもお金の無い人は誰も信用してくれない。世間はそんなに甘くない。それなりの備え(お金)がないと誰も信用してくれないのである。


人間界で生きて行く以上、お金は最も信頼できるパートナーである。愛よりも大切なお金。その大切なお金を愛と引き換えてはいけない。どいう意味かと言うと、恋人同士でお金の貸し借りはしないことだ。


次回「彼にお金を貸してはならない」そのことを記事にします。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

次回の予告で「わっ」と思いました。
私お金貸しています。

愛とお金…とてもいいテーマだと思います。そう、どんなに優しくても、どんなに私のことを一番に思ってくれていても、結局はお金がないと長続きはしませんよね。先生の仰ることはとても正しいと思いますし、私も非常に納得出来ます。これからもお金の絡む記事を書いて頂きたいです。

生活ってそういうことですよね…。
お金はある程度確保できないと厳しい現実が待っている。独り暮らしを経験して実感しました。
とある男性が
「恋愛や独身生活はもう充分楽しんだし、そろそろ結婚しようかな」と言っていましたが、ここに凝縮された現実があるなーと感じました。
女性としては素敵な男性と恋愛をして、その彼と結婚したい。
でもそれが叶う確率は低いことが多くて…。
だったら、恋は恋。結婚は生活の一部として楽しもう。
おいしいとこ取りしちゃえばいいんだ~♪って考えたりする、今日この頃です。
(本当に変わってきたな、私(笑))
今まで無意識的に、お金を貸してという男性とはお付き合いを避けてきてたので考えたことがないですが。
次回はその理由を記事にしていただけるんですね。
今後の学習として、楽しみにしています。

この記事をよんで確かにって思った!
お金がないと、ほんと惨めになります。行き詰まれば一家心中もありえなくないし。
でもありすぎても芯が強くないと心がすさんでると思う。
程よい稼ぎ・なんとか貯金もできて、生活できるほうが、厳しいけど、有り難いんだと思う!
彼氏に使うのならわかるけど、貸すとなれば、どんな理由にせよ、絶対に裁判でも通用する借用書は書かせます!

なぜかいつもドンピシャで私のほしい情報、助言、
今現在の私の心に響く記事を書いてくださいます。
というのも、先生が鑑定される上での発信ということなので、
世の中の女性は、同じところで悩み、つまずき、
こうして心の置き場を探しているのでしょうか。。。
私だけじゃないんだなって思えて、妙に安心します。
私は借金のある彼を助けるために、多くの援助をしました。
次回、楽しみにしています。

先生のおっしゃること、よーくわかります。恋人同士だったときは、クリスマス、バレンタインなどイベントのとき全然ロマンチックにできない彼に、周りと比べたりして不満ばかりでした。
でも結婚した今、彼はただ毎日仕事をし、余計なお金は使わず、夕食には帰ってくる、という何でもないことがどんなに有り難いか、実感しています。今、私は仕事が無いため、余計に感謝です。私はお金も時間も自由にさせてもらってます。そうなると、むしろ私が節約することで家計に貢献したいという気持ちになります!

いつも思う事ですが、沖川先生の今までの経験が言う言葉、内容はスバラシイ。
そうね、愛情とお金を引き換えてはいけないね、
お金なくても愛情…は、間違いなく続きませんから。
お金なかったらデートしてもご飯も食べに行けないし遊びにも行けなければ何もできないし、車で動くにもガソリン代、お金要りますからね。
私も先生同様、お金は世の中でもっとも信用できる最強のものだと思います。
その最強のものを稼げない、持ってない、ましてや借金がある、付き合ってる女性に貸してというような男は選んではいけない、
何故なら、そこから破滅が始まるから。
でもいるんですよね、そういう男を愛する女性や、今現在もそういう男に悩まされ泣いているにも拘わらず別れられない女性が。
次の記事楽しみにしています。

こんばんわ☆
愛とお金。
お金のない生活は心の余裕もなくなるような気がしますね…
沖縄にきて実家にいた時と同じ職種ですが10万くらいお給料が変わりました。
沖縄のほうがあり得ないくらい仕事内容が多く、責任が重いのです。
沖縄だから仕方ない。でホントにいいのかな…と悩みます。
実家に戻れば余裕があり貯金も出来て、仕事内容での悩みはあまりないので沖縄にいるよりいいと思うんですが…
わかっていてもまだ沖縄にいたいので限界まではがんばりたいと思ってます。
いくら沖縄が好きでもずっとはいられない気はしてます。
ひとりなら尚更厳しい現実。
結婚したらずっとここで暮らせるとは思いますが都内の年収とくらべたらかなりの差があると思います。。
どこかであきらめて帰らなきゃいけないのかもしれませんね。
過去彼とのお金の貸し借りはしたことないです。
もちろんこれからもないと思います。
が、、
次の日記も楽しみにしています。

「お金は人を裏切らない」  そうだと思います。
あっても害はないものなので((笑))
自分のため、人のために使うことも必要。
でも、貸すのはやめた方がいいですね。。

お金 貸したくないのに 貸したことあります。
返ってくるまで不安で 嫌な気持ちになりました。返してもらっても 貸さなければよかった と 後悔しました。信用できなくなりました!Σ(×_×;)!

愛とお金は別々で見ないといけませんよね。
愛とお金を一緒に見てしまうから、愛に苦しみ、愛に溺れる。
愛って苦しむものではないし、溺れるものでもない。
ただ、そこにあって、私達誰もが初めから持っているもの。
だけど初めから持っているものなのに、私達は忘れてしまうんですよね。
初めから持っていないと勘違いするんですよね。
勘違いするからこそ
再び、思い出そうと必死になる。
幾度となく傷つき、幾度となく苦しみ
思い出したら、愛ってそこにあったんだ。
初めから持っていたんだと気づける。
お金はお金です。
大事じゃないけど大事なものです。
生きていくうえで必要なもの
だけど時に生きていくうえで不必要なものにも変わる。
身の丈に合ったお金は誰もが持っているもの。
身の丈に合ったお金は誰もが自分で作れるもの。
それ以上を望んだり
それ以下に落とそうとするから
そこにまぎれもなく愛を絡めてるから
自ら苦労する恋愛に変えてる。
最近、そう思います。

昨日の記事にコメントしたあとの今日のこの記事。思わず苦笑いしてしまいました。
餓死するまで愛が続けば本望なんでしょうが、現実にそれはまずないでしょうね。
男性はお金(お金を稼げる仕事)がないと自信が持てない、プライドも保てない。当然女性を幸せにできる余裕もない。
お金のない世界に長くいると人間が腐る、という先生の言葉、彼を見ていて感じたものがまさにそれでした。
お金のない彼をサポートして、貧困した生活を続けられるか改めて自問自答したら、やっぱり無理でした。
特別贅沢できなくても、現代人として人並みの生活はしたいですもの。
今まで彼氏にお金を貸したことはないけど、この記事の続きが楽しみです。

既婚者のおばさんから一言。
お給料を当たり前に持って帰って来てくれる。
それだけで、旦那さんとしては充分なのですよね。
奥さんも旦那さんくらい余裕で稼げるとしたら…。
旦那さんがほとんど稼がないとしたら…。
離婚率はグッとあがると思います。芸能界がいい例ですよね。
夫婦って相手の悪口(主に妻が夫の)を言いながらでも、この当たり前の事をしてくれていれば緩やかに時は流れて行くと思います。
時にはときめきも欲しくなりますが、妄想恋愛でよしとしましょう(*^^*)

初コメントです。
ずっと前からここでいろいろお勉強させてもらっています!
「愛」と「お金」について…
高校時代のクラスメイトの女の子が「人生愛よりお金でしょ!」と言ってたのを、今回の記事を読んでふと思い出しました(笑)
当時の私にはその子の言う事が何だか汚らしく聞こえ、とても理解出来なかったのですが、大人になった今は少しわかった気がします^^;
思えば小学生の頃、当時お隣に住んでいた子供連れの若い夫婦が毎日のように大声で口喧嘩をしていました。
口論の内容は「お金」のことだったのを今でも覚えています…
日に日に夫婦仲が、いや家族仲まで冷え切っていく様子が隣に住む私たちにもはっきりと伝わってきました。
「愛」があっても「お金」がないと何も成り立たない、というのはこういうことでしょうか。
因みに私は今まで一度も異性とお金の貸し借りをしたことがありません。
次回の記事も楽しみにしてます!!

愛情があればお金はいらない
これは女性の言葉だと思います。
女性はお金には変えられないほどの愛情を
男性や子供や家族ペットにいたるまで
注ぎます。
きっとその愛情が女性そのものなのだと
思います。
男性は家族を養うという意味で
愛情よりお金なのだと思います。
だから先生のお考えは男性としては
理解できますが
女性の心理としては
頭ではわかっていてもなかなか
お金のほうが大事とは思えません。
女性は
愛情よりお金を優先する男性と結婚したら幸せになると思います。
でも男性は
愛情よりお金を優先する女性とは
結婚しないほうが幸せになれると思います。
男性と女性ではまったく違う役割、考えなのではないでしょうか
お金ばかりを優先する女性が増えてしまったら
そっけない世の中になってしまう気がします。
女性の愛情はとても深いものです。
近所の子供、木や花にまで愛情は注がれています。
女性の為に保身として
お金を優先させる事を警鐘するのはいいかと思いますが
女性らしさなくなっていく女性が増えたら
それはとてもさびしいことだと思います。
では
彼女からお金を借りる男性は?
彼女は愛情があるがゆえお金を出します。
しかし男性のほうは
彼女を自分が守るべき存在として見ていない
もしくは彼女を仕事(狩り)の相手と見ている
守るものは自分一人だけ
そういう男性こそ見極める必要があると思います(力説)

元彼にお金を貸してました。結局、別れた後に返してもらいましたが、とても嫌な気分になりました。
当時の私は彼のことが大好きだったあまり、断って嫌われるのを恐れたのと、身内のような感覚でいたので、自分にできることなら協力してもいいかな。という気持ちで不本意ながらお金を貸してしまいました。
彼は人並みもしくはそれ以上稼いでいる方なので、お金には苦労していないと思いますが、お金に対してちょっとルーズだったと思います( ・_・;)
「金の切れ目が縁の切れ目」みたいな感じでした。

No title

結婚して子どもを作ったとしたらお金大事ですね。
でも、子どもを作らない二人だけの生活だとしたら、
お互い働いて助け合えばそれで十分。
愛があれば.....。

子どもがいると、愛があればそれで良し、とは
思えないのかなーと、思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する