ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > お金ができて人間には信頼関係が生まれた
金に汚い男、こんな男の愛に騙されるな。この記事の前にお金に関する私の考えをまとめていきます。


私は、「お金は人と人との信頼関係」だと思っています。

人間がお金を開発し、お金を使うようになって、人間には信頼関係が生まれました。お金の無い物々交換の時代は、信頼関係がなく争いが絶えなかったと言われています。貨幣であるお金が開発され、人々の暮らしは楽になった、重たい物をしょってわざわざ遠くまで行って物々交換をしなくて済むからです。また物々交換は腐っていたり、不良品が多かったり、とても信用できるものではなかった。そのときのやっつけ仕事、交換してしまえばこっちのもの、騙された方がバカというような、信頼関係とはほど遠い商いでしかありませんでした。


そこへ貨幣(お金が)が開発され、人間には信頼関係が生まれたのです。ポケットに入る軽い貨幣(お金)で持ってほしい物が手に入る。重たい物を持っていって物々交換する必要はない。商品が不良品なら返品してお金を返してもらえばいい。人間は貨幣(お金を)信用することで暮らしが楽になり便利になったのです。この便利なものを人々はとことん信用するようになり、お金が全世界で流通するようになりました。お金にまつわる争い事や犯罪、戦争など狂気じみた話はいっぱいありますが、それはお金のせいではなく、人間の使い方が間違っているからです。



人は信用できなくてもお金は信用できる。



お金の信頼関係は万国共通です。恋人同士の個人の信頼関係より世界共通の信頼関係なのです。だからお金をもっと大切にしましょう。信頼できない他人のために苦労して手に入れた大事なお金を無駄に使ってはいけません。だらしないお金の使い方はお金に失礼です。安い愛のために貴重な財産を失わないでください。愛より大切なお金、これを肝に銘じることで、恋人間の信頼関係は増してくると私は思っています。



関連記事

コメント

お金ほど生の人間性が出るものはありませんね。
アメリカで結婚をもとにグリーンカードを申請すると、面接官は結婚式の写真だのラブレターだのなんて目もくれず、夫婦一緒の銀行口座を使っているか、家の契約書に夫婦で名前が載っているかなどを重視するそうです。写真なんていくらでも作れるけれど、本当の夫婦じゃなきゃお金は一緒にしないだろうというところです。(アメリカでは市民と結婚したふりをしてグリーンカードを取得しようとする詐欺が後を絶ちませんので、移民局はその結婚が本物かどうか面接をするのです。)さすがに二人の間に子供がいる場合はお金より強い証拠になるそうですが。
歴史的に何億人と結婚ベースの面接をして来た役所の手法だからやはりお金はアイラブユーより信頼できるのでしょう。

過去に読んでいたら安い愛に大切なお金を使わずにられたな(~_~;)
貴重な経験だったと思いもぅ二度とたかるような人に近づかないと肝に命じます!

確かにお金は大切にしないといけないと思います。
少ない稼ぎでも自分に見合った生活を送れば、それはそれで幸せだと思う。
ただ、この世の中、物価が高い!!!日本は税金が低いとはいえ、上がるに対してその他の整備がなってないから、高いだけ!!
それを思うと、恋愛よりドヨ~ンとするのは私だけでしょうか!?(^-^;

今回の記事、今の私には有り難いです。
お金って本当に大切なんですね、使い方を間違えていました。
自分では尽くしているつもりだったんです。
ただ付き合っていた時は、いつもモヤモヤしていました。
でも先生から「ろくな男じゃない、出世も見込めない」と
言ってもらえてなんだかスッキリしました。
別れて良かったんだ、間違えてなかったんだと。
ありがとうございました。

>nさんへ
 いや~、同じ事を思う人は決して少なくないと思いますよ(笑)。
 個人的に思う事ですけど、恋愛においてはそれもまた
男性の恋愛や結婚へのモチベーションを下げる大きな要因になって
いるような気がします。
 経済的に余裕があれば好きな事できますもんね。
(ということは、結婚も大きな買い物という解釈は
そういうところからも来てるのかも・・・・)

あらためて お金の使い方考えることができました。働いているから あるのに いつでもある物 と勘違いしやすいですよね。使い方によって 有効になったり 無駄になったりしますね。損をしたりもありますね。大事にしないとですね。人との繋がりもお金がからむと 面倒になることもある。
お金の使い方 時間の使い方 人とのつきあい方 有効に!と 心新たにシャキッとしました("⌒∇⌒")

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する