ホーム > 日記 > さて何を書こうか?
昨日は一日中ゲラとにらめっこ。
本を作製するのは大変なことだ(汗)
暇より私はやはり仕事をしている方がいい。疲れるけど何か充実する。
遊びに行っても疲れる、仕事をしても疲れる、どうせ疲れるのなら仕事をしている方がいい。貧乏暇なしの性分が今も続いている(笑)これは懲りない性格だ。ゲラは2回チェックする、1回目のチェックが終わって昨日出版社に送った。出版社で再度編集して、また私のところに2回目のゲラ届く、それをチェックしていよいよ本が出来上がる。本が出来るまでもう少しの辛抱。生みの苦しみというより生みの楽しみが待っている。


本が完成すると、何かひとつ終わった気分になる。サラリーマン時代、契約して商品を納品する時と同じ感覚「この仕事もこれで終わりか」というような感慨深いものが湧きあがってくる。達成感もあるが寂しさもあるという複雑な気持ち。サラリーマン時代はひとつの仕事が終わると次の仕事(目標)に目が行っていた。今回もこの本が世に出る頃は次の目標に進んでいるだろう。「男の人生にこれでいいと言う目標はない」なんか疲れる人生を自ら歩んでいるかもしれない(笑)他人から見ればそう見えるだろう。でもね、目標のない人生の方がよほど疲れる。何もない人生は不安のある人生。不安は起きてもいない現実を自らの取り越し苦労で心を疲弊させる時間を過ごしているだけ。妄想する時間はあまり作らない方がいい。妄想より目の前にあるものに手を動かそう、目の前にあるものに体を動かし頭を使おう。怠けて妄想に逃げようなどと思わないで、現実の戦いに真摯に向き合おう。できればさっさとぱっぱとノリノリで目の前にある現実を片づけていこう。「目標とはかったるいことをいまやるもの、後回しはいけない」そんな考えで毎日を過ごせば、あなたからも不安はなくなるよ。いいんです、成果はすぐに出なくても、目の前にある現実に向き合ってください、そうすれば不安はどこか遠くへ行ってしまいます。不安が無くなったとき成果は徐々に出るようになっていますから、安心して現実に向き合ってください。



ああ~あ、また自己啓発っぽいのを書いてしまった。
さて何を書こうかがタイトルだったのに、自分が(沖川が)何を書こうか?具体的にテーマを決める時間だったのに、また遠回りしてしまった(アハ)


ということは、何も決まっていないということか?

あ、そういうことか。なるほど(ヘー)

ま、次の目標はゆっくり行こう。



予約の空き状況
10/25(金)14時30分~15時、16時~17時、18時~18時30分に空きがあります。本日の12時50分~13時にて受付けます。





関連記事

コメント

今の私は、資格の勉強に夢中になっています。
それとできるだけ身の回りのことを丁寧にしていくこと。
不安から妄想を呼び寄せ、何も手につかなくなると、ますます悪循環ですもんね。
人は適度に忙しい方が余計なこと考えなくてすみますね。

先生に聞きたいことがあります。
半年前に別れた彼を見かけました。
2ヶ月前とつい先週です。
こういうのは、縁とか関係あるのでしょうか?
たまたま見かけただけなら本当にただの
偶然でしょうか?
縁だと思いたいわたしもいるのですが
やはり復縁はうまくいかないものなのかなと
新しい恋も探して頑張ってるのですが
もう忘れそうだった頃に彼を見かけて
また気持ちが戻ってしまいました。

沖川先生!ご無沙汰してます。笑
以前付き合っていた彼と音信不通になり、環境が変わったことでその彼を忘れ、4月から一歩を踏み出していました。
最近、気になる人がいて8月にかるーく好きな気持ちを伝えました。自分から思いを伝えたのは23年生きてきて初めてです。
そして、今日、付き合えないと言われました。
彼女ができた、結婚すると…
言われたとき、妙に落ち着いて彼の言葉を聞けたのもこの沖川先生のブログで勉強させて頂いていたからだと思います。
今になって、涙が止まりませんが、彼の幸せを願える女になろうと思います。
これからもブログで沢山勉強させてくださいね。

最近やっと気持ちの整理がついてきて
…もし、あのまま何事もなく彼との関係が続いてたらどうなっていただろう…
と、ふと考えてみたりしました
やっぱり私は無理をしてたのかもしれない
あのままだったら
私も彼も目標に向かってこれからだという時期
やっぱりお互い一度一人になって
仕事の根っこも柱を強くしなきゃいけなかった
…結局、別れを選択したかも
って思えて…
もし別れてなかったとしたら、そして今出来ることは、
見守ることだったり、そっとしておくことだったり
私自身もしっかり自立すること
なーんだ!!結局今の状態になるんだ(笑)
って、結局、今にたどり着きました
出会うべき人には必ず出会う
忘れるべき人は心の中から自然といなくなる
なんかそんなことを考えてしまいました
だから、忘れられないよー(T-T)って思っても
そんな自分を責めるのをやめました

沖川先生&皆さま
こんにちは。(^ー^*)
以前の私は、彼から連絡が無いと不安になったり。怒ったり。ずいぶん彼中心に生きてきたと思います。
自分の仕事が安定してきた今は、彼や遊びよりも仕事が一番好きになっています。(笑)
連絡が遅いくらいで、泣いたり怒ったりしなくなりました。彼も「あなたが考えている不安要素は一つもないよ!仕事してるか、男友達と飲んでるか、寝てるだけ。信じてください。時には俺が寂しさを埋めてあげられない事もある。そういう時は家族・友達・趣味…色んな世界と関わってみてね!」と言っていました。
なんだ~取り越し苦労じゃない。考えてたって連絡無いときは無いのだから。その時間がもったいない。沖川先生の不安事を考える時間があったら早く寝るか、目の前のやるべき事をやる。手を動かすべし!という境地に達しました。
個人的な見解ですが。
現代の20~30代の男性のほとんどが、彼女・奥さんにするなら。普段は穏やかで暖かくて優しくて。女性らしい女性。でもヒステリックだけは勘弁…。自立していていざというときには頼りになる、一人遊びができて少しくらい放っておいても大丈夫。芯が一本通っている。社交の場では男を立ててくれて「上司から、よく出来た彼女・奥さんだ」と言われるような。
根本的に男性脳は今も昔も変わらず。古きよき大和撫子。そんな女性を求めているような気がいたします。
所詮は他人同士。
適度な距離感を保つと
二人の関係は一生涯
続くと思いました。
読んでいただいて
ありがとうございます。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する