ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 文化の育て方は、母性愛ではダメ
というか育てる必要はない。
他人の大の男をあなたが育てる必要はない。あなたは彼の母親ではないからだ。
母性愛は生まれた我が子のみ。赤ちゃんから小学生くらいまでの幼児期を優しい母の愛情で情操教育として育てるもので、大の大人の男に母性愛を発揮してはならない。我が子も大人になっているのに情操教育のままに母性愛を発揮したらマゾコンに育ててしまう。14歳を過ぎた男の子の場合、母親が厳しいほどりっぱな大人に育つ。親離れ子離れを意識して育てるのが肝心で、いつまでも甘えかして育ててはならない。親の役目は我が子に自立を促すためにある。


母性愛は幼児期のみ、なのに大人になった男性に母性愛を発揮している女性がいる。しかも他人の男性に。まるで子育ての練習をするように。母性愛は一番女性が能力を発揮するものだが、相手をダメにしていることにまったく気づいていない。尽くせば尽くすほどダメにしていっているという成り行きにまったく気づいていない。子育ての練習を他人の男にするのはもう辞めることだ。


母性愛は愛情だが、文化は厳しさである。生きるための厳しさ、生きるための意味を持った努力を植え付けるのが文化で、生易しい愛情(甘え)とは違う。


じゃどうすればいいの?厳しいばかりでつまらない。
ははは。沖川は実は優しい♪優し過ぎるオジサンだ。私が父性愛であなたに接しよう。


男の子の文化の教育方法は、あなたが知的武装をすることだ。
まずは本を読もう。本はビジネス書のみ。女性たちが苦手とするかったるい本だ。あなたの脳は嫌がるが、反対に男の子は喜ぶ。女性本能が嫌うことをやって男とはうまくいく。


男の子が喜ぶことをしよう。あなたが嫌いなビジネス書をたくさん読むことだ。どんな本がいいの?そうさな・・・世界の自己啓発ベスト50の名著という本がある。エッセンスでまとめた本だが、まずはこれを購入して、エッセンスを読み、自分が「これだ」という本を購入するといいだろう。50冊全部読んでもいい。これだけ読めば、今後オトコとどう対応していいかの知的武装がだんだんと身について来る。さらにビジネス書をたくさん読めば、生きるための目標や計画、信念の何たるかを理解できるようになる。


できる男は皆そうしている。知的武装を磨くのに勉強に余念がない。あなたも知的武装を持てば、そういう男とも尊敬心を持って対等に付き合いこともできる。できる男からすれば有能なあなたを手放したくないと考えるだろう。


できない男、普通の男、ダメ男でも、あなたの知的武装は有効に働く。困った時の操縦方法、悩んだ時の操縦方法、苦しい時の操縦方法、男がピンチのときの操縦方法は女の武器でもあり、男にとっても貴重な財産となる。そうなれば、できない男は君なしでは生きていけない。何故ならば、あなたは男にとってアゲマンだからだ。


文化は知的武装によって成り立つもの、本能の愛情だけでは成り立たない。


知的武装を身につけよう。

女脳が嫌うことが男にはいい。ある意味、脳はバカである。脳が喜ぶことばかりに時間を費やせばバカになる。女脳(母性愛も含めて)が嫌うことをあえてやって男が喜ぶ。これからは毎日それに時間を割こう。そのためにあなたの脳が嫌う、めんどくさい、かったるい本をたくさん読むことだ。


でも本は読みっぱなしではかえってバカになる。読みっぱなしでは、石橋を叩く机上の空論者になってしまう。専門職に多い専門バカ、知識はあるが一般常識では何の役に立たない愚昧人間になってしまう。


三か月本を読んだら実践に移さなければいけない。本物の学問は行動にある。活学を身につけてこそ、知的武装は発揮される。


さて、これから佳境に入るとするか。

男とうまくいく実践編なんてね。

続く。




関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

>脳が喜ぶことばかりに時間を費やせばバカになる。
本当にそうですね~^^;
彼の事を考えるのが好きだからってそればっかりしてるとただのおバカさんですよね。
たるみきった脳をもう一度プリプリイキイキさせるために、読書の時間を増やします。

男性にとって本物の母以外の母性愛は危険な愛情なのですね。
元カレは私の愛情に甘えていたのかもしれない。だから曖昧な態度になってしまう。
昨日の私のコメントに、彼を育てるなんて言ってしまって、思い上がりでしたね!
毅然とした女性になるためにもっと沢山、本を読んで実践し勉強しなくては!
先生、今日もありがとうございます。

先生に以前一度見ていただいた事があります。
一度告白されましたが
お互いの事をよくしらない間だったので
嬉しいの一言だけ伝えました。
彼は生命力が溢れてて
魅力的なんです。
お互い共通の場所がありましたが
彼は一度そこから離れました。
連絡先をお互い知りませんでしたが
私はその場所を離れずにいて1年半が経ちました。
彼が共通の場所に帰ってきます。
待っていたわけではありません。
でも
嬉しいです(o^∀^o)

「神田昌典と勝間和代の薦める10年後にあなたの本棚に残るビジネス書100選」には、恋愛関係論がリストされていて「ビジネスは恋愛と同じ」と。
ビジネス論のプロも同じことをおっしゃっておられるわけですね。
ところで、「脳が喜ぶ」ですが、以前に東大卒の女性教授の講演で、清潔感と女性的魅力に溢れた先生が「脳が喜ぶことばかりしてきましたので」(勉強ばかりされていたという文脈でした)とおっしゃっておられたのがとても印象に残りました。勉強がごちそうだそうです。東大卒の学者さんが「脳が喜ぶ」などとおっしゃるとなにか異様な迫力がありました。清楚な印象とのコントラストが忘れられません。

『世界の自己啓発ベスト50の名著』は見つかりませんでしたが、この本に載っている『小さいことにくよくよするな!』と『原因と結果の法則』を手始めに購入してきました。
知識を得て、彼へどう対応すべきか考えてみます。そして、自信がついてきた頃彼に会いに行きます!
本を読んで自分がどんな風に変われるか楽しみです。

母性愛については、先生が以前ブログでおっしゃっていたので、かなり意識して男性と接しています。
母性愛で男性とお付き合いはしたくないなーと思いました。なんだか、出来が悪い女みたい、バカにするわけではなく、反面教師にしよう思ったのです。。
実は好意を持たれている男性から、自立心があって落ち着きがあるところが好きだと言われました。
実はそうでもないんだけどなーと思う反面、彼にはビジネスで成功して欲しいので、精神面で、共に歩む人生を考えている自分がいます。
これが私の一生なのかなと、思っています。はい。

沖川先生、皆さま
おはようございます。
彼から結婚を考えてるから待遇面で転職するか迷ってると言われて「?ハテナが浮かび、始まったばかりなのに甘い!」と思った私は彼に厳しく言いました。
「結婚を考えてるなら今の仕事を勤続5年以上続けるべき。辞めたら……逃げ癖が出来ちゃう気がします。自分の好きな仕事で生きていくか。待遇面が良いから選ぶのか就活の時に決めたはず。一度決めたらブレないこと。好きな事で食べていくのは楽じゃないのです。まずは毎日の仕事を淡々とこなして、社会人のマナーや技術を身に付けるべき。結果は必ず後から付いてくるものよ。継続は力なり。仕事の楽しさや生き甲斐を感じる瞬間が必ず訪れるから諦めないで!
転職より職場の環境は自分が変わって自分で変えていくこと。辛くても『俺、がんばるから』という気持ちでいてくれた方が私は嬉しいよ。職人で生きて自分の工房を持ちたいというあなたの夢を叶えましょう…!応援してるよ。将来の事は何も心配しなくていいよ。焦らなくていいよ。大丈夫。大丈夫。結婚を考えてくれてて、本当にありがとう。二人で頑張りましょう。」
それから決心したようで、変わらず仕事を続けています。彼が悩みを打ち明けてくれた時はウンウンと聞くようにしています。「こういう話できるの○○○だけだよ。聞いてくれてありがとう。」と言われます。外で立派に働いて、彼女や奥さんには良いんです。男性が「今日は疲れたー。」と癒しを求めて弱みを見せても。
私から結婚の話題をするのもやめました。彼が考えてるのわかってますから。せっかくのやる気を阻害しないように心がけています(笑)母親にならず。時には叱咤激励し、ほんわかしたひととき。癒しと安らぎを与えられるパートナーとして。これからも彼を支える存在になります。
長文、失礼しました。

先生の最近の記事は、自分を律して立っていく ことを意識した記事が多いように思います。
私も自分に言い訳して甘甘で過ごしていたなと反省し‥(# ゚Д゚)
だって、結婚して子供が出来たら、自分の遺伝子を継ぐわけだから、自分のしていることや思っていることは、自分のためだけのものではない、将来生まれてくる子供たちのためにも と最近思うので、、、がんばりたいと思います。
私も、先生のブログを見て、「マッキンゼー」という新書を買ってみました!
最近、ジムにも通い始めたし、仕事も2つ目の職場で3年目になりようやく上司や顧客さんたちとも上手くやっていこうと決心ついたし、
体力、気力、知力を備えた女性になれるよう日々がんばりたいです(^^)

2度目の投稿失礼します。
最近父に進められて安岡正篤著書の 活学 について読みました。
なんか、すごい深くて、それと同時に自分の無知をしりました
でも1冊や2冊では知識はつかないし、知ったかぶりで知識を振りかざすのも先生の言われているように、みっともない。
知識を行動に、、ですか。しかもそれを恋愛に、男性に??
とりあえずこれから3ヶ月、お正月越しちゃうけど読書しま~す。
なんか見えてくるかなあヽ(´▽`)/

こんばんわ(^o^)
元カレ、
母性愛に溢れた人でした。
何でも許してくれ、
何があっても
君はそのままで良いんだよと言われ
何でも何でも、
全て手伝ってくれました。
いつの間にか私はワガママになり、
彼に暴言を吐くようになり、
どうして彼は素敵な人なのに、
どうして私はこんなに彼に辛くあたってしまうのか、
自分でも分からず
辛くてたまりませんでした。
今の彼は、厳しいですが、
相手を思いやる事、
自然体で生きる事、
嫌な事から逃げない事
感情の起伏を無くす事
を教えてくれました。
私にとって、
彼はあげまん?なのかも知れません。

あたしは、尽くしたいタイプ
はじめはそれに魅力を感じるのでしょうが、、
やっぱり、女の脳がですぎちゃうと、、、
めんどくさい~、、になってしまいますっ、、(涙)
私は、自分磨きの一つにある資格取得の勉強をはじめたんです。
これが、あたしの脳がなかなか受け付けない(涙)
でも、それを達成することに、なにかある感じがしていますっ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する