ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男のけじめのつけかた
男のプライド

男は情けなくて弱い。弱いくせに男のプライドだけは一人前にある。そんなプライドなんか捨てればいいのに、男をやっているとプライドを捨てることができない。男をやっている私自身も自分のことを情けなくて弱い人間だと自覚しています。「男は情けなくて弱い。」男は弱いのに、女性たちは男を買いかぶり過ぎ、そしてプレッシャーを与え過ぎて過ぎ、男は女が思うほど強くない。生きていくのに精いっぱい、「生きていくのに自信がなく不安な毎日を過ごしているのが多くの男の現状だということを」女性たちはもっと認識してほしい。そんな男たちに親や女たちは、「男らしくなりなさい」とはっぱをかける。そのはっぱによって、しかたなく嘘の男のプライドをつくっていくしかないと考えるようになる。ホントは情けなくて弱い生き物なのに、「男だから」と言われ続け、虚像のプライド、ごまかしのプライドを作って身を固めるしかないと考える。



女を守るというプライド
男脳は古くから女を守るという本能が埋め込まれてきた。昔の男たちはその本能に従って女を守ってきた。だが、現代の男はその本能に従って女を守ることができていない。男のプライドは弱い立場の女や子供を守るためにあるのに、何を勘違いしているのか自分を守るプライドだけに使っている。親や女たち、社会の目上の人に言われ続け、その防衛策として自分を守るプライドが社会の進化と共に出来上がってきたのだろう。そのプライドはもはや女を守るプライドではない。自分を守るプライドは進化してきた。反対に女性たちは強くなり、男のプライドを上回る存在になってきた。強くなった女性たちは男にプレッシャーをかける。昔の女性では考えられないくらいの強いプレッシャーをかける。せっかちで結婚はいつなのというプレッシャーをかける。そんなプレッシャーに男たちは自分を守るプライドで防御するしかないと考える。そして自分を守るために女を否定してやっつける。口の悪い理屈バカの悪ガキのように、否定まがいの屁理屈を使ってやってける。男と女のプライドの食い違いによる精神戦争があっちこっちで勃発している。男たちよ!もっと男らしくなれ、そして女たち!よもっと女らしくなれ。古きオヤジは警告を発する(笑)



いけない。
路線から外れてしまった。

今日は「メールでサヨナラ」の男のけじめのつけ方を記事にする予定だったのに、書いている途中で本筋から外れてしまった。ナハハ(笑)。。。時間もないし、このままブログに載せよう。続きは明日。


関連記事

コメント

このお話の続きが知りたいです。
お願いします。

普段強そうに見せている彼が、
たまに弱さを見せてくれると
とても萌えます。
本当は弱いのに、
弱さを見せず頑張っている姿を見るとキュンキュンします。
もっと周りに頼れば良いのに、
弱さも見せたら良いのに、と
思いますが、
男社会は難しいですね。
女らしく、が
どういうものかよく分かってませんが、
さりげなく
彼を支え癒やし続けてあげたいです。

結婚はいつなの?とはっぱかけました。
結果1.2年伸びました。
疑ってるわけではないのですが、どうしたらこの守りの時間が縮まるでしょう(._.)
それからは結婚話に触れていません。
もう怖くて聞けません。笑

人として、ケジメをつけるのは!時にはつらい事。
けど、責任があるのであれば仕方ない事なのかな。
恋愛でも、仕事でもケジメは、大事。
きちんと出来ないということは、他でも出来ないのです。
つらい決断、言いたくないこと。
けど、ときにして言わなければいけない。
そんな人間でありたい。
感情に、流されず
ここにきて、少し危機感を感じてますが、放置され、私もしてます。
答えは、出るのかいなか?
全く焦りません。

「男は女を守るんだよ」と小さいころから息子に言い聞かせていました。が!姉が強いので、「女は嫌い。。」
いろんな意味で難しい。。
息子を洗脳したかったのだが。。。(苦笑)

男兄弟がいる人は子供時代に男の弱さ、脆さを見てるので、潜在的にその性質が埋め込まれていると思います。
それを踏まえて普段、男性と接しているので必然的に男性に求められると思います
男の人には多くを求めず、一点でも尊敬できるところがあればそれを軸に付き合っていければと考えています
そして表向きには甘える姿勢も大切ですよね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する