「嫉妬はするな」と言う方が無理かもしれない。嫉妬は人間につきもの、「人間だから嫉妬する」と言っていいだろう。


だが、
復縁をしたかったら嫉妬をしてはいけない。嫉妬は復縁の大敵、その大敵を乗り越えない限り復縁はできない。復縁するために最大の敵が嫉妬と言っていいだろう。


そう、
「復縁できない最大の原因は嫉妬」私はそう言い切れる。

なぜそこまで言い切れるのか、それはいつも嫉妬を目の当たりにしているからだ。
ああ、今日も嫉妬、明日も嫉妬~永遠繰り返される嫉妬の渦に、私は10年間毎日身をさらしてきた。嫉妬の話は毎日嫌になるほど聞かされている。そしてその嫉妬によって復縁は必ず遠のいている。嫉妬さえなければ復縁はあと1ミリだったのに、嫉妬で復縁は10年先へ飛んで行ってしまった。というか復縁はもう無理。たった一個の感情で、何億人という人たちが復縁をできていない。何億人とは凄くオーバーな話しだが、絶対無理な領域を表す方法として使って観た。復縁できない絶対原因が嫉妬にあるからです。


復縁できない最大原因が嫉妬である。
その嫉妬をあなたはどう調理しますか?
あなた自身で考えてください。


私の答えは決まっています。
「嫉妬は人類が持ってはならない感情」
それが私の答えです。
そして嫉妬の代わりに祝福する。
これが嫉妬をやっつける方法です。




関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

道ならぬ恋をして、それまでも温度差に疲れ、仕事理由はいいとして、家族の冠婚葬祭でない理由で私との約束を守らなかったことをきっかけに不機嫌なデートを後日しました。話題は仕事、昨日家庭でシチューを煮込み奥さんとイブを祝った話、取引先で素敵な年上女性がいてメール交換した話しの3つ。帰り道、「もう二番目は嫌だ」といったところ、一切連絡はなくなりました。あれから一年、沖川先生にも相談に乗って頂き、私も決して連絡しませんでした。沖川先生が「初恋の人の上、縁もありそうな人だから、友人でいれたらよかったね。でも懐かしい友人としても、 会うのは年1、2回だよ。それでできる?」と言われました。そして今日の本題の嫉妬ですが、彼と会わなくなり一年たちますが再会しても、彼の家庭の幸せな話し、他の女性の話しを祝福して聞くことは出来ません。もう、復縁など思いませんが、まだ大きな気持ちになれないのです。でも二度と恋愛関係にならなければ、少し祝福もできるようになるかなと思うこの頃です

確かに、もう1年3ヶ月以上前になりますが、私をフッた元彼は、別れた後すぐ付き合った彼女と8ヶ月くらいでわかれていました。
その話も共通の友達づてで聞いて、「(元彼に)連絡してみたら?」と言われました。私も元彼と別れた後、彼氏がずっといなかったのですが、元彼とのことは既に過去のことで、復縁など考えられなかったので、連絡はしませんでした。
元彼のことを忘れようと必死でいつのまにかどうでもよくなり、新彼女のことへの嫉妬も消えました。それとともに彼のことも、本当に忘れてしまいました。
嫉妬は、執着をなくせば、おきなくなります。けど彼への愛も消えました。
嫉妬や執着をなくすけど、愛はそのまま というのは本当に精神的自立が求められると思います。
この一件で、私は生きる意味がわからなくなるくらい落ちましたが、復活とともに自分で立つことを覚えました。
彼とは本物ではなかったで愛は消えましたが、本物なら、執着嫉妬をなくし愛はそのままというのはできるのではないかと思います。

執着の次は嫉妬ですね(笑)
執着せず嫉妬せず
相手の幸せを願う…
ひどい事されても
友人の幸せも願う…
恨みたいけど
恨んだら自分が不幸になる
そんな事に捕らわれたりエネルギーを使うより
幸せを願いたい
そんな気持ちが最近
心の中にストンと落ちた
だから前に進める
いつかまた逢えたらいいなぁ
その時お互いに幸せならいいなぁ…
笑って話せるといいなぁ!
そんな気持ちです。

嫉妬はいらない。
嫉妬の代わりに祝福は、酷な方もいるかと。
祝福もいらない。
私はまず「縁を切る」ですね。
男性との状況にもよるでしょうね。
さて、そんな私の人生の行く末はどうなるのでしょうか。
これからも学んでいきます。
ありがとうございます。
苦しむ女性が減りますように、心明るく穏やかに。

私も、嫉妬心はありました。
それを相手にはわからないように一人モヤモヤしてましたね。
一つ気になると、全て気になる。
悪循環ですね。
やっぱり自分が、やられたら嫌なことは、相手もいやなのです。
そのことだけに固執してしまうと全てマイナスの方向に行ってしまうのです。
そんな自分に嫌気がさしてやめようと思いました。
相手は、自分の所有物ではないのです。
誰かを好きになることは、止められない。
私も、そうだから。
相手をつなぎ止められないのは、自分が悪いからです。
好き嫌いの感情論は、生きていく上で大事かも知れないけど、それよりもっと大事なことはあります。仕事をして生活していくこと。親や兄弟。友達。
そして、自分。
好きな人は、大事。お互い、より自分を高めていける相手ならなおさら。
女としてより、人として。
感情が、先走るとそれが見えなくなるのです。
健康で、仕事もありたまには、愚痴を言える友達もいるならそれは最高にハッピーなのです。
けれど、女に生まれたからには、誰かに愛されたい。
誰かに選ばれただけで、また、ハッピー。
それでよいとおもいます。
誰かにふられたとしても一度は、選ばれたのだから。
それと、相手を信頼しましょう。
自分が選んだのだから。
信頼できなくなってらやめよう。
許せないならキッパリやめよう。
飛ぶ鳥は後はにごさない。
そして、何でも聞いてくれる友達に吐き出す。
黙って聞いてくれる友達に感謝して。

こんばんは、いつも楽しみに読んでいます。
私の場合は、嫉妬する自分も、認めます
復縁は、諦めます!
何度も陰湿なメールとか送って、相手にも苦しみを共有させます。
愛は憎しみにも変わるし、恋愛によって様々な自分の感情と、出会って怖いなって思いました。
現実逃避に、イケメンの写真見たり、恋愛ゲームしたりして、自分癒して、見た目磨きました。
今は職場の同級生を紹介されて、告白されて、付き合ってます♪
ありのままの私を好きって言ってくれます。
こんなに、好きになって貰ったの、人生で初めてなので、嬉しくて。
女は、男に好かれて、なんぼだと思います。
所詮、恋愛ごっこだなぁって、今はゆるーく考えてます
それよりも、自分を愛して労ってない女性のが、多いんじゃないかな。
仕事や人間関係で、神経磨り減らして、自分を犠牲にするの当たり前な時世。
強く生きなければいけないと、ムチ打って、本当の自分を抱き締めてない女性、多い気がします

先生、先週、偶然パーティーにお連れになったのだとは思いますが、彼の訪米中の「伝説の」おばあさまにお目にかかりお話をすることができました。びっくりです。
しかし、去ったと思った問題、新しい問題はまだそこにあったようです。
もう考えるの面倒くさいからいい。先生のお言葉を信じます。

カノジョとの海外旅行だけは…
おかしくなりそうなぐらい
羨ましかった(涙)
自分の好きなことを他の誰かとされるのが
辛かった(涙)
いいないいなって羨ましい病に
自分で疲れました(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する