ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 事実は小説より奇なり
「事実は小説より奇なり」現実の世界で 起こることは、人が考えて作る小説より不思議で複雑だったりする。そして事実は小説より酷い。とくに浮気は小説より醜い部分が多くて嘘も多い。息詰まる場面が多く、卑怯な相手の仕打ちにこれ以上ない悲しみに打ちひしがれ、今まで築いた人間関係を一瞬にして壊す現象となる。


最近のブログは、事実があからさまに出て恐いとも言われている。だが私は、事実を乗り越えないと本当の幸せはないと思っている。厳しいかもしれないが、「その事実を乗り越えない限り成長もしないし、知恵も出てこない」と思っている。事実は困難なことばかりが多いが、そこから逃げてはいけない。逃げれば、小さい人間になってしまうからだ。事実は事実と受け止め、「今後どうするか」によって人は成長していく。


私のブログの今後は、
「困難から成長していく方法を展開していきたい」と思っている。


男性と付き合う以上、浮気はつきもの。誤解がないように言っておくが、すべての男性が浮気をするといっているわけではない。ただ女性が心配するくらいの確率と頻度はあると思っている。逆に一生浮気をしない聖人君子のような男性を探すほうが困難だろう。程度の差はあれ、男性には浮気はつきものと考えたほうがより現実に近い。問題はどの程度の浮気か、どの程度の被害か、どこまで許せて、どこまで許せないか、そこにあると思う。その程度の範囲は、女性の性格によって違う。神経質で繊細な女性なら、他の女性と連絡を取ったくらいで浮気と判断する女性もいるし、肉体関係があっても気持ちさえなければ浮気でないという女性もいる。それぞれの程度とそれぞれの感じ方で、それぞれがこの問題をどう向き合い、どう乗り越えるかだ。


生きる知恵は現実の中にある。困難な現実を事実として見て、それをどう乗り越えるか?
そこに人としての成長過程がある。逃げたら負け犬。負け犬にはならないために、何が必要か?それを定義したい。


さて、これからブログはどのように展開していくか。
私は前向きに考えたいと思う。「困難を恐れずに前向きに」


これから展開する浮気という困難をどう乗り越えるのか、そして、どうすれば浮気をやめさせることができるのか、また頭を使って考えなければいけない。人類がまだ発見しなかった方法を発明家のように見つけるしかない。これから私も考えていくが、皆さんも考えて欲しい。どうすれば浮気という危機を乗り越えることができるか?


男は浮気がばれたら彼女と別れを決意する。
これをどう乗り越えるか?考えて欲しい。


彼の浮気をやめさせ、別れないですむ方法。
そんな方法が果たしてあるのか?


皆さんで考えて欲しい。



関連記事

テーマ : 浮気 - ジャンル : 恋愛

コメント

No title

難しいようですが、実は簡単な気がします。
前もって、「浮気したら別れる」と言っておくことではないでしょうか。

浮気されてると
知った時
こんな苦しみから逃れたい
世界で一番辛いんじゃないかぐらいに思ったりしますね(笑)

余裕を持った毅然とした態度でいるのがいいと思います!
いつでも別れてやるわよぐらいの気持ちですかね(笑)
彼女が一番で浮気相手は二番ですから
それに気が付かず二番になったと傷付き思い悩み相手を責めてしまう
黙って何も言わない事の方がよっぽど恐ろしいと感じるらしいです。

お前にはかなわないと
普段から思われるようにしておくことも必要ですかね。

冷静でブレない自分でいることにしています。

浮気について

いつも楽しく勉強させていただいてます。

話がズレますが、私は「浮気は必要であればしてもいいけど、その時点でサヨナラだからね」と伝えてしまいます。サヨナラされるより、私に決定権がある風に仕向ける私は弱い人間かも知れませんが、そう伝えた上で浮気をするのは、私に興味がなくなったと自分が現実を受け止めやすくなりますし、クヨクヨと悩む時間が減り、自分磨きに時間を費やせる分、次の恋が早く訪れる気がします。

かつて20才のころ交際していた彼に浮気をされても許していた時期がありました。
彼の浮気が原因でケンカしては別れ、それでも私は彼のことが好きだからまた仲直りしては復縁をし‥を何度も繰り返しました。
浮気がバレた時の彼はこれで俺のことを嫌いになったのなら別れると言い放ち完全に開き直ってましたね。
常に自分一番で勝手で本当の遊び人‥いわゆるダメンズですね。
何でこんな人を好きになってしまったのか、この人の浮気は一生治らないんだと熱病からやっと覚めた時には情けない気持ちと後悔の念にかられました。
結局そんな浮気男でも離れられなかった自分の心の弱さが原因だと気付いてキッパリ縁を切ることを決心しました。
それまで私の惚れた弱みにつけこんでいた彼は最初はまさか本当に離れて行くとは思わなかったらしくたかをくくって復縁を迫ってきてました。
けど別れの覚悟を決めた私が本気だということを知った最後は「今まで悪かった。ありがとう。がんばってな。」と抱きしめられ終わりました。
苦しめてきた彼も浮気されても尚ついていく私に甘え依存していたんだと思います。

本当に事実は小説より奇なりですね。
浮気を繰り返すような男性は損きりに限ると思いますが、彼の一度の過ちを許せるなら‥その後も彼と付き合って行きたいのなら‥今後の対処を慎重に考えて付き合い方を見直したほうが何かしらの解決策が見つかるのではないかと思います。

No title

男は浮気がばれたら彼女と別れを決意する。
これをどう乗り越えるか?考えて欲しい。

彼の浮気をやめさせ、別れないですむ方法。
そんな方法が果たしてあるのか?

こういう時に本当にどうしたら良いのか・・・考えてみました

難しいです。正直わからないです。
事前に防げれば本当に良いですよね。
「知らないふりをしておく」くらいしか
私の脳みそでは考えが浮かびません
男性側の御意見や先生の考えを教えてほしいです。

No title

こんにちは!
今日は、関東のほうは大雪らしいですね?
慣れない雪ですから、気をつけてね下さいね?

浮気で別れない方法。
わからないです〜(笑)
浮気され、やり直そうと言われましたが…
自分がどーしたか憶えてない(笑)
問い詰めなかったと思います…
でも、完全に受け入れる強さが自分になかったです。
受け入れて笑い飛ばせる強さが!!結局、私から別れました。

浮気されないには、普段から相手に依存しない。
依存しないと甘えないは別物です。
あと、私は親友になってしまいます(^_^;)
こいつとなら人生楽しそうだな?と思われるようです。
なので、自分らしく人生を楽しむのが1番ですかね?
自分の中に女の部分と男の部分を持って、人として魅力的で居られるようにしてます。


No title

向き合うことは恐いですね。
見たくない現実。見たくない弱い自分。
でもまじまじと見る事が大切ですね。
そして考えることの大切さを今なら痛感です。
自分に言い聞かせる、男という性質を知る大切さ。

私は若かりし頃、彼が他の女性と連絡をとることすら
否定していたタイプです。
男を知るたび、少しずつ、許せる度合いも
広くなり、繰り返しているうちに
本当に好きな人と、出会い、また浮気に直面する。

どんなに男をかえても、浮気しない男はいない。
先生が仰るように、基本、聖人君子ではありません。
だから、浮気するものと承知し、
こちらの認識を変化、向上させる。
いかにそうさせないようにするか、
発覚時に取り乱さないタフさ、
したときの対処の仕方、
マニュアル化は可能と考えます。
それを実行するには、こちら側にも
利口さが要求されると思います。
恋愛日記は利口さを、学べる場と、
私は信じます。
自分を成長させるしか、ないと思います。
そこに、知恵がいります。時間もかかります。
男が働く同じ時間、女も男を学ぶ。
これぐらいの、ゆとりを持ちたいです。
その時はあなたも私も匠です。笑
熟練の匠には、たゆまぬ努力が必要です。
それは、彼のためではなく、自分のためです。
うまくいかなくて当然だし、焦らない。
予習、復習です。
無知では、対処のしようがありません。

男が仕事命なら、恋愛命の女は
男を学ぶだけです。
彼だけではなく、普段かかわる男は
全て実験材料です。
基本、ざっくりには、まとめられます。
褒めれば喜ぶとか、
否定されることをすごく嫌う、とか
表には出さないけど、何を嫌がる生き物なのか。
そういう小さな実験を繰り返し、
彼、独自の細部を研究する。
操縦術を体得する。
自分も、男も。

恐怖政治ではなく、弱いだけの自分でもなく
北風と太陽の、
太陽に自分がなればいいと思います。

私は北風でした。
でも今、太陽目指して、がんばっています。
笑顔で、優しくて、あったかい、そんな女になりたい。
彼を包んであげられるようになりたい。

潔癖は子供の命を不衛生な環境から守る女の本能。

でも!
男は死なない!
そして、私は、いつまでも夢見る少女じゃいられない!
大人になる覚悟、腹をくくる。
できない。ではなく、するものだし、できます。
自分に許可をだす。

今日の記事を見て私は改めて思いました。
自分の決意を新たに。
うずくまって泣いてるだけじゃダメだって。
逃げてもずっと、ついてまわる。
彼であろうと、なかろうと。

彼が好きだから私は許します。
闇雲ではなく、自分で学んでここまできて、
浮気はだめ。でも、一生一緒にいたい人だから
私は彼を信じているし、
彼はオイタしながら
ランキングづけしていようが、
(それなら、第一位に私がなればいいだけの話しだし)
そこに、まだ私への愛を感じるから。
許します。
それすらなかったら、即、損切りですけどね。

この、切るバロメーターがむずかしいですね。
それが愛なのか、弱さだけなのか、多角的に分析して
見極める目を養うことが
浮気を許すか、許さないか、の指針になりますし
許すに値する、男なのか、許せるほど愛しているのか、
感情だけではなく、理性で判断できるようになること、
優しい自分に酔っている場合ではなく、判断力、
スパッと切る行動力。
成長の部分だとも思います。

忍耐力と決断力もいります。
大忙しです。
さぼっている暇はありません!

がんばります。

先生はわたしのお師匠さんです。
そして、男という謎の生命体をなんとか信じられる
唯一の『たのみづな』です。
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する