ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 結婚したがらない男性が増えている
別れの原因の大半は「結婚できない」という理由が多い。

別れの理由が何千通りあったとしても、やはり「結婚できない」という理由が圧倒的に多い。

結婚をしたがらない男性が多くなってきた。

とても残念である。


生涯結婚しない男性20%、生涯結婚しない女性10%というのをテレビのニュース番組で見た。その数字も、氷山の一角で、水面下ではもっと多いと思う。生涯結婚しない男性は20%とは、現在の統計で、予備軍も含めるともっとたくさんいるような気がしてならない。収入が少ない人が結婚できないというのなら何となくわかるが、それなりの収入がある人でも結婚しないという男性がかなり増えている。それも生涯結婚しない男性20%という数字に影響を受けているのかもしれない。数字とはブームみたいなもので、数字が増えればみなそれに影響を受ける。バブル時代は派手な生活、デフレ時代は節約生活。貧乏人も金持ちもブームに影響を受けている。今は結婚しないブームに踊らされているのかもしれない。


ならばブームを変えたらどうだろう。
日本国は、官民一体となって結婚率100%を目指す。
というスローガンを国全体で掲げたらどうだろう。
結婚率100%というブームをつくれば、みな結婚するはず。
と思うが、どうなんだろう。


結婚率100%の奇想天外の話はこのくらいにして、ここではどうすれば結婚できるか?そのことについて考えてみたい。


私は思う。

今の時代、思いやりが足りないかな・・・。

殺伐とした世の中、「お~い、思いやりはどこへいった」というのが日本全国で蔓延している。そんな気がしてならない。その感想は、私自身が日本全国から相談を受けて感じたものです。すべてがそうだとは言っていません、あくまで私個人の見解として受け止めてください。


思いやりがあれば、もっと人に優しくできる。

思いやりがあれば、愛の責任もとれるようになる。

責任の原点は、やはり思いやりだと思う。

それが足りない気がする。



女性を守る原点に男性たちは戻るべきだ。
そう叫びたくなる。


文明が発達して、ピコピコ携帯で、人々はリアルな思いやりが少なくなってきた。ピコピコで済ますのでなく、人と接して熱い血をともそうよ。ピコピコばっかりやっているから、別れもメールでピコピコと済ましてしまう。人と人との繋がりをもっと大切にしようよ。



男性が原点に立ち返るには、どうすればいいか。

国や企業ではどうすることもできない。愛においては自由だからだ。民主主義の法律では、結婚は強制ではない。これがある以上、どうすることもできない。


ならば、男性を原点に立ち返らせるためには、今の女性たちに頑張ってもらうしかない。


男性は機械的な合理的なピコピコ感があるが、女性はまだ人間としての良き遺伝子が残っている。男性は愛に対してクールでどこか冷めている部分があるが、女性はまだ熱い情熱が残っている。男女の話を融合してまとめると、男性は結婚に対して冷めている感があり、女性はまだ期待感を持っている。その期待値を上がるため、男性に愛の素晴らしさ、愛の喜びを教える必要がある。それが私が日本全国の人々を鑑定した愛の総合評価である。

これからの時代は、女性の力で愛を取り戻す時代となるかもしれない。

忘れかけている男たちのために、愛し方を教えよう。

そのために、

女性たちよ、

もっと素直になれ。


そうすれば、男たちは原点に戻って女性を思いやるのではないだろうか。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

テーマ : どうしたらいいの? - ジャンル : 恋愛

コメント

No title

結婚をメリット、デメリットで言うのもおかしいかとおもいますが、男性にとって「メリット」よりも「デメリット」のほうが多い世の中になってきていると思います。

結婚しなければ稼いだお金は自分で自由に使えて、たくさんの女性とも自由に遊べる。結婚したら一人の女性以外を愛したら法律で罰せられる、家族を養うというプレッシャーは相当なものだと女の私は思います。

もっと結婚したらこんないいことがあるよ、という風潮にしていかないと自由とひきかえに結婚したがる男性は今後ますます少なくなると思います。大げさかもしれませんが二人に一人の男性は生涯結婚しないなんて時代もくるかもしれないと危惧しています。

悲しいことですね。

心の底から愛すること、愛されることの喜びを知らない人が増えてきてるのかな?と感じています。
上っ面だけの薄っぺらい恋愛ごっこを繰り返して、分かったようなことを言ってる人とか…

スマホばかりをいじって、全く周りの状況が見えていない人も増え続けています。
何だか末恐ろしいです。

私は、彼とお互いに向き合って関係を深めてきました。
バツイチ同志ですが、近い将来一緒になります。

とても幸せです(*^_^*)

No title

結婚したいと思える女性が少なくなってきたのかも・・・?!

私は未婚で尊敬できる今のパートナーと結婚したいと思い、待っている今の時間をありがたく使わせて貰っている気持ちです。自分のキャリアを伸ばす挑戦や好きな趣味事と、結婚したら時間を取りにくくなることを、今精一杯できることに感謝です。
先生がご指導下さるような自分磨きをしていれば、彼自身に見合う女性になれたとき、プロポーズされるものだと信じられるものです。その信頼が何よりも男性への愛情です。

自分に費やしたことは失われません。彼だけに賭けたのならば、彼を失ったときに自分には何も残らないと思います。
もし恋人と一緒になれなかったとしたら、とても残念なことですが、それは彼に自分が必要とされなかったことではなく、自分が彼の成長に追いつくことが出来なかったということ。そう思えることが尊敬している相手への思いやりだと思います。

私の別れた元カレが、こんなタイプの男性でした。結婚したい気持ちがあるけど、それは「いつか」であって「今」ではない。自信がないだけ?一人が楽だから?まだ、他の女と遊びたい?たぶん、全部が原因だったと思います。
責任感はあっても、責任を全うする勇気も覚悟も持て無かった。だからこそ、ピコピコ携帯で別れられるし、その選択肢を選んだのかな?と思います。終いにゃ、音信不通です。情けない事、この上ないですね。でも、彼が覚悟を持てる相手と「いつか」巡りあえる事を祈っています。私もだけどね。

No title

私の大切な人はバツ1です。

今日のブログを読んで、
「結婚は最初は楽しかったけどね‥」
と言っていた事を思い出しました。

職業柄、飲み会が多くて、休みも満足にとれない。
彼の気持ちになってみて
「余裕がない」そんな生活をしていれば、再婚‥なんて
きっと考えられないんだろうなぁって思ってました。

でも、ある事がきっかけで「余裕がない」そんな彼の
笑顔を守ってあげたい。
応援してあげたい。
そう心に決めた時がありました。

彼とは、しばらく会えてない日が続いていますが、
私なりの愛し方が、彼に伝わる時が来てくれたら
たとえ、結ばれなかったとしても(イヤ、結ばれると信じて!)
彼を愛した意味があると思ってます。

ブログの記事とちょっと反れてしまったかもしれませんが、
先生の、「女性の力で愛を取り戻す時代」に
ちょっと自分を重ねてしまいました。


結婚のデメリット!!同感です。
結婚した途端に仕事をやめて「専業主婦」になるのが夢の女の子達が多くいる限り…男性方はなんのメリットもない結婚なんてしないんじゃないですか?(笑)
結婚して子供が生まれたりしたもんなら!!
「パパ♪休みの日ぐらい子供と遊んでよ♪」「主婦は一年中休みなんてないのよ!!」って言われ、疲れの取れないまままた月曜日が始まり…必死で稼いだ給料の中から数万のお小遣いだけ渡され…
そのくせ、妻は家事も適当に平日の昼間からママ友と3,000円するランチに通いづめ。(笑)
女性も働いて自立しましょうよ♪
家事も育児も分担なら家計も分担。
お互いに助け合いながら仕事もしっかりして、自分の趣味も楽しめる位の金銭的余裕が約束されるなら結婚も悪くない♪
男性方にすべてを背負わしすぎた結果が、今の「結婚したがらない男」なんじゃないですか?
私は女ですけどそう思いました。

男女参画社会はかえって男性の意欲をなくさせてしまったのでしょうか?女性は家庭を守り男性は社会を守る時代に戻ったほうが必然的に女性より男性のほうが優位に立て自信や意欲につながり、『好きな彼女を守らなければ。』と思うのでしょうか?保育園で働いていてよく思います。幼少時代の母親の愛がどれだけ大事か。私も我が子を赤ちゃんの時から保育園に預けて病気の時もゆっくり看病してやれず悩むことがあります。
全ては幼少時代の親の愛にかかっていて、成人してからの恋愛や結婚にも影響するような気がします。

結婚はもういいかな

男性です。

弱い男性が増えたというか、
弱い男性しか売れ残ってないというのが現実ですかね。
ある程度のレベルの高い男性は学生のうちから周りが放っておきませんから。

自分はもう結婚は二回もしたし、子連れOKなひとは居ないだろうから、
もうしなくてもイイかな(笑

恋愛は自分の成長のためにもしてみたいですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する