ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 恋愛とは不可能にチャレンジするもの
「これは無理でしょう」と言われているものに挑戦している。
これが、恋愛。

一般常識の持ち主である、友達や家族に反対されても、この恋愛だけは諦めようとしない。愛とは不可能にチャレンジする動機を植え付ける。

利益を生む事業なら分かるが、1円の対価を生まない愛に、なぜそこまで人々は執着するのだろうか?

よくよく考えてみると、事業も愛なしでは成功しない。その仕事を愛しているから成功するのであって、単なる金儲けだけでは成功しない。いかにこの仕事を愛するかによって、どんな困難にも負けない精神力がついてくる。「そっか、それと同じか」人の動機は仕事も恋愛も愛で動いているのか、なるほど……なんか悟りを得たみたいですっきりした。


人間の精神的な行動は未だに科学では解明されていない。精神的な行動が愛だとすれば、「なるほどな」と頷ける。「そっか、そういうことか」人はそのものを愛するから動く、事業も恋愛も、友達との関係も家族との関係も、趣味もスポーツも、ペットも家庭菜園も、レジャーも旅行も、人生の営みはそのものを愛しているから動くのである。なるほど……やっと解明された。「人の精神的行動は、すべて愛からきている」

その愛を失ったとき人間は落胆する。他人から見れば大したことない出来事でも、本人にとっては、かけがえのないものを失った気分となる。だから諦めなさい、妥協しなさい、あなたにはもっとふさわしい人がいるよ、このままでは人生を無駄にするよと他人が口酸っぱく忠告しても、本人は聞く耳を持たないのである。


恋愛とは不可能にチャレンジするもの。
ならばとことんやりなさい。
後悔しないためにもとことんやりなさい。
それがあなたの愛なら。


不可能にチャレンジする恋愛をあなたがしているのなら。それをあなたが手に入れたいのなら。
先人たちの教えを学ぶといい。
彼らはなぜ成功したのか?
彼らの伝記から学ぶといい。
彼らの精神力は並みではない。
彼らの苦労や努力は並みではない。
彼らの忍耐力は並みではない。
彼らの信念は並みではない。
彼らの勇気は並みではない。
彼らの行動力は並みではない。
彼らのそのもの対する愛は並みではない。


並みのあなたが、それらの教えを学ばないで挑戦することは自ら墓穴を掘るもの。安易な占いや神頼みに頼るようでは、それは手に入らない。愛とは不可能にチャレンジするものなら、不可能を手に入れる技術を学ばなければいけない。その技術なしで魔法の杖を求めるようでは最初から不可能を予言しているのである。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

テーマ : 独り言 - ジャンル : 恋愛

コメント

価値あるもの。

価値あるものとは?愛、お金、仕事…人それぞれあるにしても、それら全てが「与えられるもの」と考えるから、人は苦しみます。

誰も助けてはくれない。大人でも、親でさえ…そう思い、意地で不可能を可能にしてきた10代の頃の私。体力だけはあったな~なんて今振り返ると思います。本当に意固地だった。そして、また不可能を可能にすべく海外でのフリーの仕事を経験した20代の頃の私。やっぱり誰も助けてはくれない。そう感じたのを覚えています。だけど、日本とは違う国の苦しい縛りの中でも、一生懸命生きている人達の姿を見て、私はそれまでの考えを一切捨てる事になりました。
人は助けてくれなくて当たり前。だから、些細な人の優しさもどんな小さなチャンスも与えられれば、感謝し、大事に育てる事ができる様になりました。
その頃、1人の男性との出会いがありました。とても気が合い、すぐに恋愛に発展し、同棲までもあっという間の出来事でした。私と彼は語学、モラル、ハウトウビジネス…沢山の事を学び合いました。彼とは7年寄り添い、私から別れを選びましたが…その後別の男性と一緒になり、子供を授かりました。
そして、子供達と私だけの生活を選んだ30代の今。現状が良いか悪いかなんて考えません。ただ、今までの全てがここに在り、今まで出会った人達全てのおかげでここにいると思うのです。今は現状にとても幸せを感じています。
7年寄り添った彼は今だ、私を探して度々日本に来ている様です。別れて、それっきり会う事も話す事もありません。でもフシギ。。彼との強い絆が私の心にもあるのです。これが「ソウルメイト」って言うのでしょうね。子供もそうです。与え合い、想い合うとどんなに離れていようが、奇跡的な感情が生まれるのです。こんな関係は滅多にあるものじゃない。これを私は「価値あるもの」と思っています。
今でも子育て、仕事、恋愛と与えられたもの全てに感謝します。そして精一杯育てます。

全ての可能性を自分が握っている事を人はきっと忘れているだけ。求めるばかりで与える事を忘れているだけ。自分からも与える事ができたら、人はそんなに苦しまなくていい。
不可能を可能にする力も必ず自分の中にあるはずです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

後悔

私は昔から後悔することが嫌いでした。
後悔するなら失敗してもいいから思ったようにやろうと。
それはいまも変わりません。私の信念。

彼に会いましたが、彼の優しさなのか別れようとは言いません。
私に判断させようとします。
私の気持ちは変わらないのに。
仕事で先々うまくいくか分からないからまだ今なら傷は浅いよとか待たせてることはお互いつらい。
彼の気持ちも痛いほど分かるのに。
ただ私としてはそんなに早く答えを出さなくてもいいと。このままでいい。
今は彼の仕事がうまくいくことを願っています。

No title

>meeさんの

別れて、それっきり会う事も話す事もありません。でもフシギ。。彼との強い絆が私の心にもあるのです。これが「ソウルメイト」って言うのでしょうね。子供もそうです。与え合い、想い合うとどんなに離れていようが、奇跡的な感情が生まれるのです。こんな関係は滅多にあるものじゃない。これを私は「価値あるもの」と思っています。


私もこれ同意です。本当にこの感情は生きていて一番価値のあるものと思えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する