ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男は寂しい生き物
普段は理屈っぽい男でも、ある瞬間に寂しさを感じる。
ある瞬間とは独りの時間。
それは女性も一緒かもしれない。
独りの時間は、どの人も寂しさを感じる。

一日が充実していれば、そうは感じないが、充実している一日とはそうそうないものだ。仕事をしているときでも、遊んでいるときでも、満足して充実しているわけではない。高尚な目標に向かっているときは別だが、高尚なる目標なんてそうそうあるものではない。なんとなくやることをただやっているだけである。日々の生活は虚しくただ過ぎていく。


仕事も遊びもつまらない。
それを繰り返す人生は虚しい。
そんなとき、彼女がほしい。
彼女がいれば虚しさは消える。
彼女は僕に希望を与えてくれる。
生きる希望を与えてくれる。
つまらない今の生き方に変革をもたらせてくれる。
彼女とはそういうものだ。
だが、それがなかなかできない。
彼女がつくれない。



彼女のいる男が羨ましい。
女を感じる曲線美の整った彼女とカフェを飲んでいる。
色気のある彼女と赤面しながらワインを飲んでいる。
家庭的な雰囲気でリラックスしながら彼女と温かいご飯を食べている。
観衆にさらされながらも二人の空間は誰にも邪魔されない。
ああ~いいな。僕もそんな彼女がほしい。


彼女がいれば、僕の人生は変わるだろうに。
男はときどきそれを思っている。独りのときそれを思っている。
思っているが、現実にはそれがなかなかできない。


若い男性で、彼女のいる人はいったいどのくらいいるのだろう?一説によると4割という統計データがある。つまり6割は彼女がいないことになる。こう考えると寂しい数字だ。これは失業率より悪い。日本の失業率は、2014年2月で失業率は3.6%となっている。大分改善されてきたが、もう一方の愛の失業率は厳しい。人生は二つの仕事を両立させてこそ人生。一つは賃金を得る仕事、もう一つは愛するものを守るという仕事だ。片方は改善されてきたが、もう片方は改善されていない。これじゃ寂しい限りだ。


関連記事

テーマ : 独り言 - ジャンル : 恋愛

コメント

本当は寂しいのにその姿を見られたくなくて会いたいのに我慢する男。
でもその寂しい気持ちは分かってほしいから伝えるだけ伝えそれに振り回される女。

男の人も女の人も開けてみれば、同じ?

男の人も女の人も同じなのかもしれませんね。
人恋しい時も、でもやせ我慢しちゃったり…頭では相手の事も考えなきゃと分かってはいても相手より自分の生活優先にしてしまったり…。
別れてから後悔したり。

年を重ねる毎に素直になるのが難しく感じます。
若い頃みたいに相手がどう思うか?とか…
もしかしたら忙しいかな?とか…
考えずに自分の気持ちぶつけられたらもっと楽に恋愛できるのにな。
なんて思うここ最近恋愛が長続きしない、34歳独身です^o^
そろそろ、春が来ないかな?
私にピッタリ合うガラスの靴に出会いたいな。
無理して履いたり、ガポガポの靴は長続きしないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する