ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 生きていくテーマ
何をテーマに生きていこう。
私は、
雨風をしのぐ住むところがあって、ゴハンが食べられて、夜はぐっすり眠れればそれでいい。生きていくための最低限の生活、まずはそれさえあればいい。世界ではその最低限の生活もままならないところもある。日本はまだましな方だ。


だが日本でも、その最低限の生活である普通の生活を維持するのは、だんだんと厳しくなってきている。普通の生活を維持するのは大変なことだ。一カ月も働かないとその普通の生活は維持できない。日本人の多くは、一カ月の給料でぎりぎり一カ月の生活ができるような賃金体系になっている。一カ月働かないと、もう普通の生活はできない。自分もサラリーマン時代は、一カ月働いて一カ月生活できるような生活を30年以上続けてきた。貯金はほとんどなし、休んだら生活できないという生活を長くやってきた。これが普通なら普通を維持するのは結構大変なことである。40年以上、休みなしで働かなくてはならない。


普通を維持している人は何をテーマに生きていこう?などと考えない。ただ日々の生活に追われているだけ。何をテーマに?そんな余裕をこいている暇などない。生活のために毎日戦うしかない。


何をテーマに生きていこう。と考えるのは、50歳を過ぎてからだろう。50前はただ生きていくのに必死。朝から晩まであくせく働き、微々たる賃金で女房子供をやっと養うことができるだけ。体力の限界が来る前に、自分の器を大きくしないと50過ぎたら疲弊してしまって何も残らない。自分は運良くこの仕事に授かり、やっと企業の奴隷から解放され、自分のペースで生きられるようになった。苦労はしたが、今は「何をテーマに生きていこう」などという余裕もでてきた。


何をテーマに生きていこう。
今でも、雨風をしのぐ住むところがあって、ゴハンが食べられて、夜はぐっすり眠れればそれでいい。その基本はサラリーマン時代と何ら変わらない。

ただ違うのは、サラリーマン時代より先の不安がなくなった、それだけ。
それは「何をテーマに生きていこう」というのを50前に見つけたからだ。

おいおいそれでは遅いのでは?
しかたがない。結婚して子供が生まれ、家のローンを抱えて生きていかなくてはならないからしかたがなかった。遅いとか早いとかの問題ではない。夢はどうしょうもない苛酷な状態と苛酷な忍耐から生まれるものだ。若い頃の何の実力もない空想や妄想からは本物の夢は生まれない。夢は追いこまれたときに生まれる。だから50位が丁度良い。ギリギリの生活に耐えて、それをこなしていく一人前の仕事をやってから夢を追ってもいい。一カ月働いて一カ月生活できるような生活を30年以上続けると、いい根性が身につく。それがサラリーマン時代の財産である。


何をテーマに生きていこう。
普通の生活と、ごくたまにプチ贅沢ができればいい。
プチ贅沢は、よく頑張った家族と自分へのご褒美。
今はそれが嬉しい。


関連記事

テーマ : 独り言 - ジャンル : 恋愛

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

沖川先生おはようございます。

生きていくテーマですか、、穏やかな気持ちでblogを拝読しました。

ぼんやりと私が思ったことは働く男の人を
心から信じて、しっかり癒せる女になりたい
願わくば今、音信不通のあの彼の(笑)

そう思うとやはり今は神様から与えられた
修行の時ですね。

先生の言葉で日々私の心が穏やかになるのを感じています。いつもありがとうございます。

そんな当たり前の事を成せる人に、私もなれるかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

男性が苦手だった私が
やっとお付き合いできたのですが
数年付き合った初めて彼に最近
振られてしまってから先生のblogに
たどり着き何度も何度も読んでいます。
そして先生のblogの内容や
皆さんのコメントに励まされています。
皆さんありがとうございます*.
私はお別れしてからはすがったり
追いかけたりはしていないのですが
ん?と思うとこもある彼でしたが
別れた今も感謝と幸せを願えるほど
自分としては好きな方だったので
縁があればまた繋がるといいな、
今は自分のいたらなかった所を
せっかくだから成長させたい
そんな思いです。

でも自分磨きにも努めています
気負いすぎて空回りしたり
まだ寂しかったり思い出したり
したい事に熱心になれなかったり
なかなかしたい事をするというのも
まだうまくいってなかったりします。

私もblogを読んで皆さんのように
パワーをもらいながらキラキラしていきたいです!

そして今はお互いに成長した時
もし彼と縁があれば幸せだなと思います。

皆さんと一緒に頑張っていきたいです!

長々とすみません。

No title

「何をテーマに生きていこう、という目的が定まると先の不安がなくなってくる」という先生のお言葉が心に染みました。

お給料を頂くことで贅沢な生活ができる → 自分のペースで淡々と生活してゆく
へとシフトできるように、それが今の私にとって自然体で健全な生き方のように思えるようになりました。

若いときは見栄っ張りでプライドが高くてツンケンしてて、齢を取るのなんてヤだ!! と言っていた私ですが、年齢を重ねる度に丸くなるものですね^^

人を傷つけることが一番罪深く、自分にとっても大きなマイナスなことだとわかるようになったことが、苦労も受け止められる強さになるのだと感じています。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する