ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 女はメンドクサイ
男から見れば女は魔物。
何を考えているかわからない。
男と女の価値観は違う、何が大切で何が大切でないか、考え方が根本的に違う。
考えていることを分かろうとすればするほど複雑になる。男の頭では到底理解できない、だから女はメンドクサイ。


こちらが親切に言った言葉さえ疑われる。
こちらが好きになっても警戒する。
こちらが押しているときは避けられ、こちらが嫌になってあきらめたとき、やっと振り向いてくれる。


素朴でシャイな男が女と付き合うと、最初に戸惑うだろう。何をどうしていいか分からないからだ。経験不足の男は女と付き合ってはいけない。シャイな男は傷つきやすい。女に舐められるのを極端に恐れている。物事が男の道理とおりにいかないと、すぐに落ち込んでしまう。複雑な男女の関係をどうしていいか分からず、どうしていいか迷ったときは、男のプライドで処理してしまう。その処理の方法は面倒な物にはフタをしろである。男のプライドは、「面倒なことからは逃げろ」である。それは素朴なシャイな男でも、百戦錬磨のモテ男でも、面倒なことからは最終的に逃げる。


逃げるのは卑怯。それは男も分かっている。だから逃げる理由を言わない、言えば卑怯者になるからだ。逃げるのは一時期の逃避、一時期の休戦、つまり頭を冷やすための休みと何ら変わらない。だから男は白黒をつけない。人間は順調なときとスランプのときがある。スランプのとき、いちいち白黒つけたら物語は終わってしまう。それでは継続は力なりにならない。と男は思ってしまう。ちょっとした不協和音でいちいち白黒つけたら、世の中の全ての行いが終わってしまうよ、と。


女はメンドクサイと逃げる男は、私から言えば、まだまだ。
私はメンドウな相談を毎日聞いているので、そう言える。(笑)
ときどき嫌になることもあるが、今は慣れた。これは一種の職業病だ。(笑)


女をメンドクサイと思う男は、単なるマイペースな男。自分勝手で視野の狭い男。だから視野を広げよう。視野を広げれば神秘な香りと輝きが見えてくる。男の本能はその神秘な香りと輝きを手に入れるために奔走しているのではないかな。基本的に男は女子が好きなはずだ。その香りと輝きが好きなはずだ。


君はむさ苦しい男と生涯を共にするつもりか、あるいは人と関わりを持たないで生涯孤独に生きていくつもりか、そんなことは望んでいないだろう。男の憧れの神秘な香りと輝きを手に入れようではないか。


そのためにはメンドクサイことを覚えることだ。逃げずに。好きになればメンドウでなくなる。好きなものはメンドウでも頑張れる、それが好きなもの。そして好きなものは疲れない。


私の提案は、確かに女は面倒臭い。私もそれは日々体験している。だが、女と付き合うときは、そのメンドウを乗り越えなければならない。メンドウを乗り越えてこそ、意味が見えてくる。なぜ女と付き合うのかを。その意味に到達しないで、逃げるとは卑怯というより、損しているよ君は、と言いたい。この先に本当の真心があるのに、それを知らず逃げるのは、人生で一番大事なものを損している。ああ~もったいない。ここに究極の愛があるのに、それを知らず終わるとはもったいない。また一からやり直して、それを覚えるしかない。綺麗だった天使が急変して悪魔に見えたとき、その奥に何があるか、それを見ないと損である。その奥には愛がある。本物の真実がある。


シャイで素朴な男子よ。
訓練しなさい。女子との付き合い方を練習して訓練しなさい。
初めの基礎は、
お喋りになれることだ。
君たちは、とにかくお喋りが下手だ。もう少しまともに話せるようになろう。ほらほらそこの男子、自分自慢ばかりしているのではない。男は自分を自慢したい生き物だが、ここはあえて自分を抑え、女子の話を聞こう。君が自慢ばかりしていたら女子の話は聞こえてこないだろう。女子の話を聞くことが勉強なのに、無能な自慢話は自らの無能をさらけ出すことだ。


そして次に。
ここが難解だ。
女子の感情にどう付き合うかだ。
これはとてもハードルが高い。だがそのハードルを乗り越えることが出来れば、君は間違いなくモテル男になる。

このハードルは大の大人でも乗り越えられない。50、60、70代の人生経験豊富な年配の大人でもできない究極の技をどう君が学ぶかだ。その技を覚えるのはそんなに難しいことではない。それは自分の本能に逆らえばいい。そう男の本能に逆らうのだ。逆らえば、男のつまらないプライドはなくなる。その男のプライドは女子との恋愛に何の役にも立たない。それを大の男たちも気づいていない。アホなくらい気づいていない。面倒臭がる男のプライドは、遺伝子の悪習だということに気づいていない。君は今からくだらない男のプライドの遺伝子の悪習を捨てることだ。そのプライドを捨てれば、君は女子の救世主となり、遺伝子の悪習に苛まされて見えなかった、本物の輝きを見ることができる。そのために女子のメンドウな感情に丁寧に付き合うことだ。神秘の香りと輝きを手に入れるのは、そのハードルを乗り越えた先にある。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

コメント

私は女ですが、読んでいるだけで面倒くさくなってきました笑  男って大変なんだなー笑
そう思うともてる男やプレイボーイな人は相当メンタルがタフですね。

かく言う私も面倒臭い女でした。
でも失恋を経験し恋愛から遠ざかり、先生のブログや本を読んで、諦めること、手放すことなどを実践していたら、なぜだか男子化しちゃいました。
だからより、女子とつきあう男子の心構えを読んでいてうわーー大変、と身にしみてきました!

私はこの状態であらたな恋愛をすることがあったら、次はどんな恋愛をするのだろう?と新鮮な気持ちと、もしやまた元の面倒臭い女に戻るのだろうか?と不思議な感じがします。

女側が先生のおっしゃるような面倒臭い生き物でなくなった場合、男女の付き合いってまた変わるのでしょうかね。
それとも面倒臭い女と付き合った方が男は幸せなのかな。

私も疲れたと言われフラれました。
尽くして支えていましたが
時より見返りを求めたりして
自分でも納得な部分もあったので
彼を責める気持ちはないのですが
どうこうしてほしかった訳ではなく
いっぱいいっぱいになってる時は
気持ちわかるよ、ってやさしく言ってくれたら
ただ傍にいてくれたらそれでよかったのですが
うまく伝えられなくて喧嘩になったりして..

自分でもめんどくさい女だったなって思い
反省する気持ちと同時にたまには
彼にもう少しうけとめる余裕があれば
あんなになる事も少なかったかなとも思ったり、

でも彼とこれから縁があってもなくても
自分のために今回の失恋でまなんだ自分の
めんどくささから成長しなくちゃ!と思います!

No title

女って めんどくさいですね~。話を聞いてもらうのは 私は 怖いな。聞いてもらうのは 女同士がいーなー。私は 男の人の自慢話を聞くのは好きですけどね。聞いてて楽しい。お互いに 素直に単純に楽しくおつきあいできることが もはや 私の理想です。

モテ男にも、シャイな男にも逃げられてしまい、現在絶賛恋愛うんざりな私です。

逃げられる自分も自分ですが、ちょっともう当分恋愛は嫌だなと思ってしまいます。

つぎはいつ恋愛が出来るのやら。

今は自分の時間大事にしたいです。

沖川先生のblogを遡って熟読する日々です。
頷いたり、反省したり、目頭があつくなったりしながら
メンドクサイ女脱出のため毎日少しずつ前進させて頂いてます。
今日もありがとうございました!

blogをよむと、わたしに優しくして、もしかして脈あり?と思わせた同僚男性が、ご飯にはなんやかんや理由つけて二人ではいってくれない理由わかりました。。
だから、わかりやすく自分にアピールしつづける、思いと言動が一致している、メンドウでない女性が、恋愛や結婚できてるんだなあと思います
わたしは、いつも好きになっても、遊びかもしれないから、あまりアピールしちゃだめとか、色々考えすぎて結局タイミングのがしてうまくいきません。←メンドウな女子ですね、
毎回次は、わかりやすく行こう!と思いますが、いつも同じ失敗してます(^^;

No title

私は女ですが・・・女って本当に面倒臭い生き物だと思います。

恋愛だけでなく、仕事をしていても日々感じております。

すぐ感情を表にだすし、理論立てて説明をするのが下手で支離滅裂・・・

すべてにおいて感情をコントロールできればうまくいくこともあるのに

ただなかなかできないのが女

つくづく女って面倒臭い

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する