ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 本気と遊び
「わたし、本気でなければ嫌だから」と奥さんが言う。旦那さんがいて子供がいる家庭持ちの奥さんが、不倫相手に「わたし、本気でなければ嫌だから」と言う。
そして不倫相手は、「君には家庭があるのだから本気になったら困るだろう、割り切った関係でいこう」と言う。

恋愛に対する解釈が男と女では違う。それが浮き彫りになったシーンである。
女は本気を求め、男は割り切った関係(遊び)を求める。

女性が本気だというシーンは、正直いつも観ている。毎日本気で好きになったという話ばかりを聞かされている。恋愛を遊びと捉える女性は少なく、いつも本気なのが女性だ。女はいつも本気の相手を探している。

では、男性はどうなのだろうか?男はいつも本気の恋愛を求めているのか?男の本心をちょっとだけ覗いてみよう。
男の本心は、半分本気で半分遊びの恋愛が多い。
本気で好きになることもあるが、途中で遊びになることもある。最初は遊びだったのが、後から本気になることもある。そしてもうひとつの流れはトリプル、最初は本気→途中から遊びに変わり→最後にまた本気になる。トリプルはその逆もある。最初は遊び→途中から本気→最後はやはり遊びで終わる。グレーの恋愛心理を持つ男はカメレオンのように七色に変化する。七色の七変化は女性の専売特許だったが、今は男たちの専売特許となった。女心と秋の空ではなく男心と秋の空に変わりつつある。それだけ優柔不断な男たちが増えてきた。


もっと男の本心を探ってみよう。
男は恋愛と結婚を分けている。
恋愛は遊び。結婚は本気。という分け方か?それに近いが、あながちそうとも言えない。恋愛は遊び、結婚は本気。という白黒ではなく、お好みで、フリーで、その日の気分とある条件で、本気と遊びを分けるという形をとっている。

男の恋愛と結婚の分け方は、ズバリ!こうだ。
結婚する条件と恋愛する条件。
結婚は安定を求め、恋愛は刺激を求める。
●結婚するなら、清楚で誠実な家庭的な女性がいい。
●恋愛するなら刺激的でエロチックで遊び感覚満載な女性がいい。
家庭の妻としてふさわしい女性と、外に連れていってふさわしい女性。つまり内と外を分ける女性のことを分けるという。その分け方に本気も遊びもない。どちらも有効なのである。

遊びを否定する女性がいるが、男性から言わせればそれは否定するものではない。

遊びとは、車のハンドルのような余裕である。遊び(余裕)がないと事故になってしまうよ、というのが男の言い分である。恋愛は本気だけではダメ。本気になれば被害者が増える。世の中には本気になれば被害者が増える恋愛が多い。だから遊びでいいのである。遊びだと割り切れば被害が少ない。期待して本気になるから傷も深くなる。だから時と場合によっては、遊びも必要なのである。そして本気になるときは、被害者がいない、誰も傷つかないと分かったとき本気になればいいのである。





関連記事

コメント

まさに

出会って1ヶ月ほどで。
同じような境遇で同じような言葉を言ったことがあります。
初めての恋愛のパターンで、自分でも気持ちのコントロールができなくなりそうになり、そういった言葉で彼の気持ちを確かめたかったんだと思います。

同じように家庭持ちで仕事も忙しい彼と私。
年に数回しか会えないけど、互いの立場を理解し、会えるほんの一時を励みにこれからも心のどこかで応援しあえる関係が続くといいなと思います。

それから先生。
いつも、こちらで本当に沢山の学びを得させてもらっています。ありがとうございます。

遊びが無いと、事故ってケガをする

ハンドルの遊び…か


歳をとるほど、傷の、治りも遅くなるし
後遺症もね



いつの間にか、なるべく傷つかない方法を選んでいる自分は

愛に満たされていないから
一瞬でも純愛タイム欲しくて


それでも、まあいいかって思わなくちゃ
と自分に言い聞かせている


結婚ていう制約がある形が果たして幸せなのか
は、疑問だけど



この前、ある女性が言いました。


取り敢えず
男性にプロポーズされてドンジャラ

だよね



No title

沖川先生のブログに出会い、早一年たちました。
元彼の気持ちは、こんなんだったんだろうなぁ、なるほどなぁ、と冷静に納得できます。
付き合っているときは、「これって、人として、どうよ??」と、不満ばかりでした。男と女は違う、という事を知ることができました。
元彼を思い出した時は、「復縁は男からするもの」という沖川先生の言葉を思いだします。そしたら、連絡したくなる衝動が消えます。普通だったら、未練がましいメールを、送ってたかと思いますが、送っていない自分に、よかったと思う次第です。
あと、「嫉妬はいけないよ、善意を汚すことになるから」の言葉も、穏やかな気持ちになれます。
変な言い方ですが、
変わった自分で、前向きに、新しい恋に挑戦したいです。

どーんとかまえられる余裕のある女になりたい。
一喜一憂な彼に私も一喜一憂になってしまう。

読み終わって涙がこぼれました。
気付いてる。自分が一番わかってる。
彼の気持ちが遊びなんだと…
それでも少しでも寂しさを紛らす事が出来るならそれでいいと思って居たのに
今は私を見て欲しくなった
彼はいつも元気でニコニコしてて、ワガママも特に言わない私を傍に置いておきたいだけ
わかってるのに…
私が彼求めたら、それで終わり
ワガママ言って見ようかな、私を見てと言って見ようかな
そして、サヨナラできるかな
辛くなって来たから…

先生
もう一度、何度も読んで、自分に言い聞かせて見ます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する