ホーム > 日記 > 特に何もなし
休みボケか?特に書くものがない。

今朝パソコンに向かって日記を書こうとしたが、アイデアが浮かんでこない。エンジンがかからず、エンストばかり起こしている。頭の中は霞がかかって視界が良くない。ちょっと仕事から外れただけでこんな調子だ。だんだん自分も芸術家か小説家の域に入って来たのかな(笑)調子に乗れば無尽蔵に文章が書けるのだが、調子が乗らないとこんなざまだ。


まあいい、エンジンはそのうちかかってくるだろう。ブルンブルン…ブルーーーとね。第一線に乗っかればエンジンは快調になる。まずは来週分の予約を今日から受付けていけば、エンジンはかかってくるだろう。


3泊4日で、ぷらっとあてのない旅に出かけた。結果は良かった。計画のない旅もいろいろハプニングがあって面白い。何より自由でいい、そして時間のことは考えなくていい。計画がないと、損をしたとかもったいないとか思うかもしれないが、着いた先々でその雰囲気を楽しめばいい。面白いとかつまらないとかではなく、それをどう楽しむかだ。そんな旅だった。


旅の途中でふと考えた。
これからは、もっと優しい人間になろうと考えた。
変なの?優しい人間って……でも考えた。
旅は人の情緒を不安定にする。善いも悪いも情緒を不安定にする。後は帰ってからこの情緒不安定をどう整理するかだ。そうか、だからエンジンがかからないんだ。旅の後遺症で、頭の中が整理できていないからだ。そうか……そういうことか。また、なぜ?優しくなろうと思ったのだろう。普段から自分は大いに優しいはずだ(エヘ(笑))ときに厳しいが、全体としては優しい(自己評価)それなのに、さらに優しくとは?なんだろう?なぜそう思ったのか、自分でもわからない。


旅の孤独から来る情緒不安定がそうさせたのかもしれない。あるいはプチ贅沢で十分に楽しんだからそういう考えになったのかもしれない。感動からそう来ているのか、無感動からそう来ているのか、自分でもわからない。でも、何か変わろうとしている。大袈裟な変化ではなく、ちょっとした心の変化が旅にあった。自分を見つめなすためにも今回の旅は良かった。


さて、今日から始動だ。
悩める子羊たちよ、どんと来い。

IMG_1965 (640x427)




関連記事

コメント

おかえりなさい

さらに優しく
先生素敵です。
私も優しくなりたいです
利害の絡まない優しさを、恋人や職場に適応できたら。
早速やれるとこからやってみよう

年齢とともに変化は難しいと、心理学の先生が言ってました。
変化を受け入れられなくなった時、老いがやってくる。そんな風に自身も感じます。
でも年齢や経験があってこそ、柔らかく受け止めたり、優しくなれたりするのかもしれません。
先生を見習って、優しさとは何か
1人で考えてみます。

No title

リラックスすると副交感神経が優位になります。
そうすると、心が開き自分の感情に敏感になります。
だからでしょうね~

素敵なところですね。
どこでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する