ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 自分の生き方に自信を持とう
自信のない人が多い。過ぎたる自信のなさは、人生そのものをつまらなくする。
不安や心配事の多い人は、なんのために生きているかわからなくなる。毎日が不安、毎日が心配ばかりでは、性格そのものがネガティブとなる。ネガティブの性格が一度でも植え付けられると、それがクセとなり、そこから脱出するのが困難となる。


ネガティブは本人が知らない間にどんどん増殖していく、手に負えないほど増殖していく。どこかで増殖を食い止めなければいけないのに、本人は食い止めるどころか、どんどん増殖の範囲を広げていく。気がつけば手の施しようもないくらいに悪くなっている。


そういう人が友達(他人)と相談すれば、友達(他人)は避けようとする。最初のうちは親身になって聞くが、ネガティブがあまりにも過ぎると、これ以上話しても無駄だと思うようになる。他人はネガティブに対しては無視と決めている。ネガティブは放置することで良くなると思っている。落ち込んでいる人(ネガティブな人)とこれ以上話してもダメ、後は自分で解決しなさいと。


他人の冷たい仕打ちによってさらに落ち込む。ネガティブの人はどんどん物事を悪い方に増殖していく、もう友達(他人)と相談できない、私はどうすればいいの。


どうすればいいの?
そんなに落ち込むことはない。所詮他人は他人、あなたの気持などわからない。他人はいいことをしてくれた。それはあなたを無視したことだ。無視されればもう他人はあてにできない。所詮他人はあてにならないというのを勉強しただけだ。後は己自身で、このネガティブの問題を解決するしかない。それが人間ひとりひとりに与えられた使命だ。


こう考えよう。
ネガティブの本質は、取り越し苦労のつまらないもの、と考えよう。事実ネガティブはつまらない。人はよくもまあ、このつまらないものを後生大事に胸にしまっているものだ。「ああ、つまらない」だから考えるのは辞めた。となればネガティブは消えていく。そう、考えるのを辞めればネガティブは消えていく。人は取り越し苦労を後生大事に胸にしまっている。それはいけないことだと気づけばいい。

人はどの生き方にも自信を持つことだ。
正社員でも、派遣社員でも、契約社員でも、フリーターでも、ニートでも、オタクでも、ひきこもりでも、自分の生き方に自信を持つことだ。人の能力にはそんなに差はない。差がないものに負けを認める必要はない。それぞれの生き方がそれぞれで生きていけるのなら、あなたは王侯民族の暮らしをしている。雨風をしのげる家があって、ゴハンが食べれて、電気がついて水が出て、冷蔵庫があってエアコンがあって、テレビがあって、風呂にも入れる、おまけにパソコンやスマホもある。これこそ王侯民族だ。今のあなたは300年前の殿様よりいい暮らしをしている。その時代のどの人より贅沢な暮しをしている。そう思えばいい。そう思えば、今の暮らしのありがたさがわかる。今の時代のありがたさを知って、そこからさらに飛躍することを考えればいい。つまらない悩みごと、つまらない人間関係で悩んでいないで、少しでも飛躍することに力を注ごう。そのために己自身に自信を持つことだ、人間の能力に差はない。自信がついてくれば、それがわかってくる。


僕は(わたしは)オタクだから、ひきこもりだから……だから自信は持てません。人間の能力に差はない。オタク、ひきこもりもいい根性だと思う。よくもまあ、家の中にずっといられるな、よくもまあひとつの趣味にずっと没頭していられな、普通の人にはとても真似のできないいい根性を持っていると思うよ。そしてさらに家に引きこもって王侯民族の暮らしをしている、視点を変えれば君は凄いことをしている。他人からどうのこうのと言われるより、自分は凄いことをやっていると思えばいい、それがやがて自信に繋がる。君は家に引きこもって待機しているのだね、いつか自分の出番が来る日を待ちながら。


関連記事

コメント

はじめまして。

このブログを毎日書き続けるというのはすごいですね。
前向きになること、気持ちを積極的にすること、
とても心に響きました。

わたしも、9年彼氏がおらずようやくできた元カレとも辛い別れをし、約2年、自分の生き方を後悔したり週末うつになりかけたり、やることすべて自信なくて、彼氏できない結婚できないわたしと、ネガティブ思考でいたけど、最近ようやくそういう自分の過去を認め、流し、いまはそのうち彼氏も結婚もできるから、いまは独りのときしかできないこと片っ端からやりたい!って、結婚したい執着から放たれ、楽しくなってきました。色々あるのが人生ですね、
ほんとに、ネガティブ思考人生を経験し、そこから苦労してぬけだした今、二度と戻らないって思います!一度太ってしまいダイエットに成功し二度と太らないと思うのと似てます。これからまた新しい人生です(〃^ー^〃)

沖川先生こんばんは。
ネガティブについて最近考えていた事は、自分を自分で誉める事を忘れていると、ネガティブになるのだと言う事に、最近になって気がつきました。頑張って生きている自分を、誰にも言わなくていいから、
「今日はこれを頑張ったね。」
「これに気付けたね。」
「こんな素敵な事があったじゃない?」って、心の中で誉めたり認めたりすると、それは肯定になって、自信に変わり、元気が出てくるから不思議です。
恋愛日記のブログを見つけてから、読めば読むほどポジティブになってきている自分は、本当に先生や、ここに集まる皆さんのコメントのおかげです。
いつもありがとうございます。

No title

私もぶっちゃけオタクなので、

中学高校社会人と、
自信がありませんでした。
隠れオタクで、人にどう思われるかを
かなり気にしていました。
私は漫画絵も描きますので、
読む人と描く人にも
理解できない壁があることも
知っていました。


今は若い人も漫画好きだし、
BLという普通のノーマルな人には
理解不能な漫画も市民権を得ている 気がします。
市民権というか認知度が上がったのでしょうが?

私は30前半なので、
10代〜20前半までは
オタクはかなりの差別を受けていました。
一般人には理解不能なので、
私は隠し続けてきました。

けれど、美術やファッションや音楽やダンスや
スポーツ好きの人達と何ら変わらない
情熱を持って好きだから
やっているのに‥
何故偏見で見られなければ
ならないのか⁈と
疑問もありました。

今は自分自身が自分を
差別していたのか、
分かりました。
オタクだから恋人が
いない、できない、縁がないの
嘘でした。

一般人や会社の人には
全てを理解されなくても良いから、
好きな人達、オタクの仲間うちだけでも
自分を持って、語りあえばよかった
趣味に誇りを持てば、
良かったと思いました。

長いこと
卑屈になっていたのだなあ‥と気づきました。

沖川先生の文章に感化され、
思い出しました。ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する