厳しいコメントが寄せられた。
結婚しなければ給料独り占めできる 。
管理職となればある程度は金もらえるようになってそれでいて独身なら自由に使える金が多い 。汗水垂らして大変な思いをして働いて稼いだ金をなぜ他人に費やさなければいけないのか、結婚なんてふざけるなという内容。
普段ならこういうコメントは削除するのだが、考えさせられる面もあるので残しておく。恋愛の法律「結婚は国民の義務とする」の記事に寄せられたコメント。男性の中には、こういう考えを持っている人は多いと思う。「結婚は人生の墓場だ」という考えを持つ男性は、女性が考えるよりはるかに多いのではないでしょうか。


ここで、男の晩年について考えてみた。
二人の男の人生

Aという男の人生、
結婚しなければ給料独り占めできる 。
管理職となればある程度は金もらえるようになってそれでいて独身なら自由に使える金が多い 。汗水垂らして大変な思いをして働いて稼いだ金をなぜ他人に費やさなければいけないのか、結婚なんてふざけるな、というのがAの考え。

Bという男の人生
結婚して給料は家族のものになる。
管理職になり、ある程度は金もらえるようになったが、子供の成長と共にお金がかかり、お金に余裕がない。汗水垂らして大変な思いをして働いて稼いだ金を家族のために費やす。Bはそれでいいと考えている。


AとB、私はB的な人生を歩んできたが、それで良かったと思っている。Aの生き方では、若い頃はいいだろうが、晩年後悔することになる。人生が30年~40年しかなければその生き方もいいだろうが、80年の人生となると、その生き方ではおそらくつまらない。遊びには限界があるからだ。お金があって女と遊ぶ、お金があっていい車を買う。お金があって毎年何回も海外旅行に行く。お金があって高価な服を買う。お金があって高級レストランで食事をする。お金があってほしいものを何でも手に入れ、遊ぶだけ遊ぶ。うむ羨ましい限りの人生だ。だが、……きっとつまらない。遊びと贅沢には限界がある、その限界に気づいたとき、遊びはつまらなくなる。


高級レストランで食事をするより、家でゴハンを食べる方が健康にいい。
クラブやキャバクラへ行って女の子と遊ぶより、公園で子供と遊んだ方が楽しい。その方が、お金がかからず幸せ感を感じる。
年に何回も海外旅行に行くより、家族と近場で遊ぶ。季節の変わり目に家族と過ごす想い出を作る。春の潮干狩り。夏の海やプール、花火。秋の紅葉。冬のクリスマスや正月。家族とのアルバムが増えていく。動物園や遊園地、テーマパークは恋人と行くより家族と行った方が断然楽しい。お父さんは家族サービスで疲れるけど(笑)まあ家族と一緒に遊べば問題ない。リフレッシュできて、明日からの仕事に頑張れる。
洋服はブランド品はいらない、ユニクロやしまむらでいい。自分はブランド品に興味がない。季節をそれなりに過ごせればいい。

Aの人生とBの人生。
どちらがいいか、一概には言えないが、私はBの生き方がいい。もう一度人生をやり直すことができたら、またBを選択するだろう。

なぜなら晩年になって、
Bの方が「まあまあの人生だった」という喜びを感じるからだ。
それはやった人にしか分からない。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

周りを見渡してみると、Bの人生を選びつつ、浮気や不倫をしている男性が一番幸せそうです。
子煩悩なマイホームパパでもやる事はやるんだなーってちょっと冷めた目で見てますが(笑)
何も知らない奥さんも知らぬが仏で幸せそうです(^_^;)

No title

まぁそれは人それぞれなんじゃないでしょうかね。。。

私は女性ですがそのような考え方が多々あります。なぜ女性だけが、24時間休み間もない子育てをしないといけないのか。とか。自分の自由な時間がぜんぜんないじゃないかとか、何をするのも家族より、恋人との方が楽しいとか。あまりどちらがどうで、とは言えないんじゃないかと思います。

ただやはり結婚してそういうのを経験したほうが人生は濃い気がしますが。

素晴らしい文です。

男性も低所得の方は彼女がいない率が高いという統計を見ました。なので男性の中にも結婚したくても出来ないという方もいらっしゃると思いますが、彼女がいる方は結婚を前提のお付きあいであってほしいです。男性もいい年齢になってるのに独身であると、人格が疑われると思います。結婚してる人が偉いわけではないけど彼女を作るなら結婚を覚悟しろといいたいです。

先生!
涙が出ました!
そして父の姿を重ねて感謝の気持ちが。
色んな男性の考え方があっていいとは思いますが、子供を育てながらBの考えになる男性は多いんだろうなぁ

独身の時はAでも、結婚して子供ができたら自然にBになるのが理想です。

長い人生を苦楽を共にできる人がいない人生
Aの人生だと晩年は孤独でないのか心配です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何を持って幸せと感じるのか、結局は人それぞれなんでしょうね。

贅沢極まりない生活を送っても、心が満たされなかったり、逆に、ブランド物とは無縁のそれなりのお給料に合った生活でも、共に一緒に過ごす人が側にいれば、その人とわかりあえていれば満足と感じる。

煌びやかな独身生活を満喫してる男性よりも、一生懸命、家族のために汗水たらしてなりふり構わず頑張ってる男性に魅力を感じます。

因果応報はありますね

先生、ご無沙汰しております・・・(でもないですね)。
先生がいつもおっしゃる因果応報。
そういう目で見ればそう思える事が多かったけれど、一つだけどうしても決定的に納得の行かない事例がありました。
それが、最近、氷解しました。
こんなに極端に表れるものなのだと。

自信を持って賛成します。
因果応報はあります。
それも生きているうちに。
私も、自信を持って生きれそうです。

自由の虚しさ

先生の仰る通りだと思います。若いうちはそれで良くても、歳を重ねるとともに自由の虚しさを実感すると思います。

男性に限らず女性にも同じことが言えます。独身だと自由恋愛、旅行、ブランド品でおしゃれ、仕事で稼いだお金は自分のもの。でも自分のためだけにいきる人生は虚しい。みんながみんなではないと思う。立派にやってるひともいるだろうし、それで満足してる人、ボランティアとか親の世話とか。でもわたしはやっぱり旦那さん、子供がいて、旦那さんの両親や親戚付き合い、子供の学校の父兄、ご近所、友達家族など大事な人との付き合いとか、家や車買って借金背負っても共働きで返していって、そんな平凡で一生懸命な毎日を送りたい!大切な人や時間や場所が増えるだけ、思いがけないことがある一方で嬉しいことがあるんじゃないかなあ。回りの友達はみなこんな感じ。わたしもこんな風に生きたい(*^^*)

No title

離婚しなければ、の話ですね。

年をとって身寄りがないのは本当に惨めに感じます。
元気な時はいいんです。病気をした時、人間は弱いものです。
ご兄弟がおありの方でもそれぞれが家庭を持たれてたりすれば、いくら兄弟とてそこまで面倒をみれないもので、甥、姪がいたとしても、自分の妻や子供にはかなわないものがあるのではないのかなと思います。
ましてや他人では限界があります。

仕事を通して日々思うことです。

お金で買えない幸せってあると思います。

使う時は使う

うちの彼は
普段自分のことには全くお金使いませんが
旅行 とか
二人で楽しむ事に関しては
惜しみ無くお金を使ってくれます。

改めて
彼に感謝しなきゃいけないんだな、と
思いましたm(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

女だって同じです、
独身のうちはお給料全部自分のもので自由な時間もたくさん。
でも結婚したら、いままで買っていた高価なブランド品や化粧品やエステ、旅行や趣味・・・すべて捨てて、
子供と旦那のために尽くす。

Aの考えを否定はしません。
結婚は義務ではないですし。
じゃあ一生独身でいれば?って思います。

でも、自分のためだけに生きる人生ってむなしいと思います。
Aのひとが、それに気づいた頃には結婚適齢期をずいぶん過ぎてたりするのでしょうかね。

物質で満たされる幸せって一時的だと思うんです。
やっぱり、
人間は愛し愛される人がいないと本当に満たされることはないのだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Bの生き方を望んでいてもかなえられない人はどう生きたらいいんだろうか?
積極的にAの生き方を選んだわけではなく 結果論なのに
世間の目は厳しいですよね わがままな人 自分本位な人という見られ方をしがちです

以前にとある心療内科のサイトで、

親からの愛情を受けた人は、妻子のために時間も金も使う。

親からの愛情を受けなかった人は、自分のためだけに時間も金も使う。

と書いてありました。


なるほどなと思いました。

自分が愛情を知らなければ、与えることはできませんよね。

人それぞれだけど

Aさんの生き方。とても贅沢で 素晴らしい体験もできますが、頭が悪くなるような気がします。全てお金で解決できると、工夫して節約したり遊びを見つけられなくなる。買えば済むので、何かを作ったりする楽しさもわからない、人として深みがなくとてもつまらなくなってしまうと思います。お金を稼ぐ才能があるのは素晴らしいけど、お金を活かせてないような。それに気づいた時にはもう遅い、さみしく過ごさないといけなくなりますね。
あと、子孫を残したいという本能は 1人だと叶わない。人間にうまれたからには子供を残す、または母性愛に似た愛情を何かに注いで 生きる喜びを見つけたい。そう思うのは自然なことだと思っていましたが そうでない人もたくさんいるのですね。

なんだか悲しくなりました。お金があれば女は買えるけど、愛されるのっていくらお金をかけても見つけられない、 心のやすらぎがあるんですが。。
これまたうまく説明できません、私Aの方とは価値観を共有することは無理です。いや、かわいそうでなんだか逆に愛してあげたくなります。はい、ダメ女です私。先生がいつも母性本能と恋愛感情を一緒にするとダメ男を育ててしまうからいけないって教えてくださってますもんね。気をつけます…。

No title

最近 彼と そんな話をしたばかりなので タイムリーでした。お金のこと 先のこと 色々考えます。相手のことを考えながら 相手に迷惑をかけないけれど お互い 幸せになることを考えて 計画をたてて進んでいきたいです。

男女ともに

見てきました、Aタイプの人。
女性の先輩は、50近くなると飽きてくる。遊ぶことにといっていました。
男性の方は、ひとりで家でご飯食べるのがさみしいらしく
50過ぎてから婚活をしてましたが…なかなか難しいようでした。

飽きがくるんですよね。
何事にも。

色々な人生観があるものだと感じました。
Bさんのように家庭的な人もAさんのような独身主義の人も、1人でもいいので誰かに思いきり無条件に愛された経験があれば、いざという危機の時に、そっと優しさを持ち出してくれると思います。
女の人がたっぷり愛を届けてあげることが、誰かを救うことにつながると私は信じています。

素敵です。

まさに、先生のおっしゃる通りだと思います。
幸せの定義は、人それぞれなので、
Aの生き方も否定はまったくしません。
ただ、どんなにお金を得ても、
お金は、ただのツールにしかすぎません。
仕事柄、経営者さんの話をよく聞くのですが、
何億稼ごうと、最終的には、
どうやらお金ではないようです。
私はお金の使い方は、
エネルギーの使い方だと思っています。
最近は、お金があるとか、ないとか、
これさえも錯覚のような気がしています。

【 お金がある豊かさ 】より、
【 幸せを感じる心の豊かさ 】の方の生き方を
私もしたいです。

先生、いつも素敵な記事をありがとう存じます。

Aの男性は定年までは楽しいかもしれないけど、その後の晩年が寂しい人生になってしまうように思います。
楽しいだけでは何も残らない。定年後、金の切れ目は縁の切れ目で友人もどんどん減り、深い信頼関係で結ばれた人間関係もなく、その先にあるのは孤独死。
貯金も尽きて、すべては幻だったと気付くかもしれません。

Bの男性はお金は自由にならないかもしれませんが、定年後奥さんや子供や孫に囲まれ、物質的には豊かじゃなくても、愛情豊かな人生になるように思います。

そして、死んだ時に、あの世に愛情しか持って行けない事を知った時、きっとAの男性は後悔するでしょうね。

私は結婚して良かったです。

そういうAのような考えの方はそれでいいのではと思います。
お金だけに限ればAの主張はその通りだと思います。

だけど、結婚ってお金だけじゃない幸せもそれと同じくらいの苦労も、そして乗り越えた時の喜びもあるのでは思います。

女だって家事をこなし、共働きなら仕事もし、こどもを授かれば子育てに奮闘し・・・ただ遊んでばかりで旦那の働いてきたお給料をもらっているわけではありません。
それこそ夫婦によって違うでしょうが役割分担です。

うちの旦那も仕事に対して誇りをもって、そこそこのお給料をもらっていて、趣味にお金も時間もついやしてきて、結婚願望もなかったようですが、結婚してから自らお給料をすべて家計に差し出し自分はお小遣いでいいと言ってきました。
なんだかんだ、管理(言葉が悪いですが)されることが楽みたいです。
結婚してから健康的になったと言い切れます(笑)
そして周りからも穏やかな顔になったとも言ってもらえて嬉しく思います。

私も仕事に専念できるように家のことは私が請け負ってますが、特に不満もありません。
旦那が快適に暮らせて幸せを感じていれば、仕事の充実につながりその幸せは私にかえってきて私も幸せです。

今年、念願のマイホームを購入しました。
名義は旦那ですが二人の共有財産です。
二人で選んで二人で作った空間に二人とも満足です。

一人では体験できなかったこと、結婚することによって体験できたことがたくさんあります。
もちろん良いことばかりじゃありませんが、それを通して、思いやりを学んだり強くなったり。
私もまた時間を巻き戻せてもまた旦那と結婚する人生を選びます。

結婚しない人生も結婚する人生も自分が後悔しないように幸せと思える道を選べばそれでいいことですよね。

こんにちは。
いつもは先生のブログや皆さんのコメントを
読ませて頂いてるだけなのですが…
まりんさんのコメントに感動し共感し
書かせて頂きました。
どんな価値観の男性でも心から愛された経験を持つ方は
愛を知るのだと想います。
その深い愛を注げるのは女性だと想うし
その女性の愛が誰かを
大切な人を救うことができると
私も信じています。



知人男性の話

暫く前、30代知人男性から、相談を受けました。
曖昧に付き合ってきた人がいるんだけど、プロポーズしようかと思ってるんだけど、どう思う?って。

仕事を一生懸命やって来たけど、守るものが欲しいんだよね、そういうのがないと、モチベーションが保てない

守るものという支えが欲しいと思ったとき、その彼女しか思い付かなかったそうです。
その後彼女にプロポーズしたけど、今は無理と言われたそうで、残念でしたが。。。。

いろんな人がいると思いますが、結婚の決意を本音で聞いた機会だったので、印象に残っています

No title

はあ?
カネ(経済力)で男選んでる日本の女にこそ言ってやったらどうですか?

女が大黒柱になって専業主夫と子供養ってもいいんですよ?


No title

女性でも、なぜ結婚しなければいけないのか?
結婚しても苦労ばかり 一人の方が気が楽、と思う人が増えている気がします。
周りを見渡しても、バツイチさんや、高齢独身女性が多いです。
それに、現実を見ると既婚の方で、幸せな家庭と思える人は本当に少なく、
実感として5組に一組いれば良い方です。
変な話しですが、既婚の方は夫の愚痴ばかりで顔に苦労と不満が滲んでいます。
離婚した人は、母と子だけですが、煩わしさから解放された、清々しさがあり、
経済的にはけして楽ではないけれど、澱まない、配管がスムーズな印象です。
金のために我慢して夫婦でいるより精神衛生上絶対に良いはずです。

昔の日本女はとても忍耐強かったです。
人のため家族のために自分を犠牲に生きて行くことが当たり前だった。
でも我慢することをやめる人が増えてきた。
これは、子供の教育にとっても、良いと、私は思います。

我慢しなくて良いじゃない。逃げたって良い。人のために尽くさなくたっていい。
人生楽しんで良いんだよ。結婚しなくたっていい。離婚しても良い。

そういう教育がいじめや自殺、精神病を減らすと思います。

それでも結婚すすめますか…?







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する