ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 苦しいけど苦しまない
たくさんのコメントありがとうございました。

ここで、私の考えを述べます。

彼が浮気をしたのは、まだ二人の愛が本物でない証拠。付き合ってまだ日が浅い男性は不安定で欲求不満「この女性でいい」という確信までまだ至っていないのです。熱があるときは一生件命にアプローチしますが、減点方式で熱が冷めた男性は「この女は違うかも」という迷いが生じます。付き合い当初の男性の心理は不安定で、彼女が好きという気持ち半分、他にもっといい女がいるのではないかという気持ち半分、迷っているのです。付き合ってまだ日が浅い男性は不安定で欲求不満。ですから、この段階では二人の愛は本物ではないのです。


不安定で欲求不満な男性は物色します。付き合っている彼女がいながら理想を求めて物色します。一人の女性に決めて後で失敗して後悔したくないからです。「この男は酷い」と思うかもしれませんが、恋愛は自由だし、本人の人生がかかっている以上、物色するのは自由、この自由を誰も止めることはできません。また、物色をしている男性は自分が悪いことをしているという罪の意識はあまりありません。それは就職活動と一緒と考えています。彼女は内定をもらっただけ、まだ本職と決まったわけではない、内定をもらってキープしておいて他を探す。他が見当たれば他に行き、見当たらなければ内定をもらっている彼女に決め、そこが本職となる。こんな感じです。



浮気は現実では愛を裏切る行為です。でも自由は愛で縛るものではありません。愛は確定してこそ本物なのです。彼が浮気をしたのは、まだ二人の愛が本物でない証拠。

これから、どうやって本物の愛にするかです。

そのために、彼の浮気がわかっても、苦しまないことです。




関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

自分磨きをします!p(^^)q

仕事と恋愛を重ね合わせた先生の観点に、やはり男の人は仕事上の考え方が何事においても人生の基盤であり分母なのだな、と感心いたしました。

本物の愛にするために… 大切にしようと思わせる女性になること。これはもう、先生の著書『男が手放さない女になる方法』をみっちり読み染み込ませなきゃ!と改めて思いました(^^)

No title

私が男かも!私も彼ができたけど不安だから物色したいかも!まだ確定はしたくないなぁ~

No title

「彼の浮気がわかったとき」の記事に対するコメント読んで思ったのは、案外浮気が確定したときほど苦しむどころか女性は苦しみから解放されているような気がしました。心の整理と言う点ではむしろうまくふっきれている人の方がどちらかといえば多そうです。女性にうまく対処されしすぎても怖いから、卑怯な男性ほど相手の女性に曖昧に接して弱みにつけこんでいるのではないでしょうか?昔のように浮気されて我慢する女性が減ったのも男性の皆さんはなんとなく感じているから、最近は「グレー作戦」が増えたのかもしれませんね。曖昧男が多くなった原因が強くなった女性にあるのだとしたら、今度は女性もまた更に知恵を絞って、グレー攻略法考えなきゃですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する