ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 働くのは嫌だけど、貧乏はもっと嫌だ
一生働き続けるのは嫌、でも歳を取ってから貧乏になりたくない……。何てことを考えたりしませんか?老後の恐怖は誰にもあると思います。今は若くて、老後のことは考えないとしても、将来に対する不安は誰にもあると思います。


そのために皆さんはパートナーを探していると思います。
将来が不安だからパートナーを探す。
老後が不安だからパートナーを探す。
歳を取って、貧乏になりたくないからパートナーを探す。
親をいつまでもあてにできないからパートナーを探す。
一生働き続けて一人で生きていくのは困難だからパートナーを探す。


「将来が不安だから、将来に恐怖を感じるからパートナーを探す。」私はこれで正解だと思っています。不安と恐怖が人を本気にする。危機意識は物事を達成するための最大の原動力。不安だから真剣になる、恐怖だから命懸けでそれを乗り越えようとする。「強い危機意識を持っている人の方が望んでいるパートナーを探し当てている」ということになります。


なぜ結婚したのですか?
この質問を私自身にぶつけると、答えは二つです。
1、寂しいから。
2、貧乏になりたくないから。
この二つです。
寂しいから、貧乏になりたくないから結婚したのです。そして、1と2は連動しています。人は孤独に耐えられません、だから貧乏になるのです。人は孤独が解消されると不安がなくなり、余計なことを考えず一生懸命働くことができます、だから豊かになるのです。

私には、「独身は成功しない」という法則が基本としてあります。独身で一時期成功を納めたとしても、蝕む孤独で老後貧乏になっている人をたくさん見ているからです。若い時は羽振りが良くても老後は見る影もない。そんな人をたくさん見ています。「独身は成功しない」これはあくまでも私の法則で皆さんに適合しているとは思いません。この法則は、私自身の経験による法則だからです。

さらに私の経験を述べると、成功している人は「危機意識」を持っている人です。依存や甘えの感情は持たず、強い危機意識を持って、不安と恐怖を乗り越える戦いに挑む、これが成功するカギです。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

ほっとします

先生、いつもありがとうございます。

ニューエイジ系のセミナーに参加したのですが、初めは感激したもののだんだん浮世離れした哲学的な話になり、高僧みたいな悟りを開かなくていいから「外部からもたらされる続かない幸せ」で結構ですと思っていたところです。

曰く「事実というものは存在しない」「時間というものは存在しない」「自分は全てである」「全ては一つである」「他人と自分の別人格など存在しない」

きっと正しいのでしょうが、平均寿命まで生きたとしてもその時までにこの概念を正確に理解して幸せになる助けにすることはできないかもしれません。凡人ですみません。

高尚なパワーだのエネジーだの霊的に「高まる」体験だのの前に、常識勉強したほうが幸せになれんじゃないの?という感じの参加者もちらほらいましたね。

ニューエイジや宗教って良いんだけど、使い方を誤ると単なる自己満足オタクになりそうだなあ、気をつけようと思った冬休みでした。

先生の説かれることはとてもリアリティーがあるばかりではなく、背景にしっかりした価値の体系をお持ちなので安心して聞くことができます。

今日は少し難しいお話でしたね。
勉強になります。

うちの彼は、
私に死ぬまで苦労させたくないと言って、
一生懸命働いています。

私と付き合っていなければ、
いまは余裕もあるし働いていなかった、と。

頑張って貯金してるみたいです。
私も頑張って働きます♪

No title

人生一度きり、「妥協しない。」というのが必要だと感じます。

相手の男には妥協を許さない。
自分磨きにも妥協をしない。
仕事は手を抜かない。
何年もかけて家族や真の友人達との関係を大切に育む。

妥協は、麻薬のようなものです。そして一時は居心地がいい。
でも、気が付けば、その後に残るのは老いと孤独のみです。
私は今年30になりますが、お互いの目尻のしわを愛おしく見つめ合うパートナー、友人、家族を何よりも望みます。お金、名声、美しさ、人間力、全てはあとからついてくるものだと思っています。

ここ数日間、ずっと悩んでいる事柄でした
今の自分は仕事も、恋愛に対しても、気持ちの面で中途半端で
方向性を見失っていて
でもブログを開いてみたら、そんな焦りや弱い気持ちを、先生は肯定してくださっていて
また今日も気持ちが軽くなり、救われました
方向性を定めて、また頑張れそうです(^^)
気が引き締まりました

いつもいつも、ありがとうございます〇

昔、失恋に苦しんでいた時にお世話になったこのサイトに久々に立ち寄らせていただきました。
その節はありがとうございました。


貧乏が怖く、公務員になりました。
現在は障害者の兄と同居中です。

同居人がいても、少々寂しさを感じる日々です。
しかし新しく恋愛や伴侶を探す気力も湧かないですね。
心を通わせ合う人付き合いに憧れつつ、少し人を遠ざけた今の生活が、自分には合っていて案外幸せなのかなと思う今日この頃です。

No title

孤独と貧乏 怖いです。そのためにパートナーを探しているのは事実ですね。女子としては 仕事に集中したい時は 彼は ちと面倒で 家のことをしてくれる主婦のような人がいーなーと思ったりしてしまいます。結婚はしたいけど 仕事を手放すのも怖いです。でも両立できるのかも不安です。うまくバランスとれず 彼とは 時々 自分に余裕がある時に会うくらいがちょうどよいと思ってしまいます。こんなんでは 結婚できないな。と 思う今日この頃です。

中々難しいですね

とさちと申します。

結婚されてる方は安心感がありますしね!
独身で成功されてる人も精神性が高いのですかね!

応援ポチ

No title

私も正直に言うと寂しかったのとずっと働き続ける自信がなかったから必死になりました。本当はもっと純粋な美しい気持ちで大好きな人と家庭を築きたいと夢見ていましたが それが空しい夢だと気づいてからは 考え方を変えました。
やっぱり寂しいのも貧乏なのも辛すぎる。もちろん一人の人生を謳歌している人もたくさんいますけど、私はそっちのタイプではなかったから 結婚にすがりましたよ。
でもこんな考えの自分が内心 恥ずかしかったのですが 先生がこうもあっさり言い切ってくださって なんだ~いいのだなと安心しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する