ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 恋に疲れたら
恋に疲れたら……休めばよい。
二度と恋などしない!と心に誓って休めばよい。
それでいい。
それでいいんだ。
「恋など二度としない」と決めればいい。


失恋の後は、みなそのように思うもの。
人は失って初めて、大切な人のことを想う。
生きているときに親孝行が出来ないがごとく、恋愛も付き合っているときは孝行ができない。居ることが当たり前で、ワガママに甘えてしまう。


そして失う……。
大切な人を。
失って初めて大切な人の存在がわかる。
でも、もう手遅れ……その人は帰って来ない。


失う瞬間、人は覚悟ができている。
人は、「失ってもいいや!」という覚悟ができている。
それは強気ではない。物語はいつか終わるという宿命を人間はみな持っているからだ。人間はいつか死ぬのが宿命。恋はその前に終わるだけ。だから、覚悟は出来ている、恋はいつか終わるという覚悟は出来ている。


恋はいつか終わる。
それでいい。
終わったら、恋の葬式をしながら、自分自身を再生しよう。
再生中は、「二度と恋などしない」と決めることだ。
二度と同じ過ちを繰り返さないためにも、今は自分を再生するしかない。人生は長い、次の恋のためにも、再生をするしかない。


恋の葬式期間中は、次の恋をしてはいけない。今は自分自身の再生に努めることだ。長く暗いトンネルを、わびしい夜を、暖かみの無くなった誰もいない部屋を、独りかみしめ、孤独に耐えながら春の兆しを待とう。もうすぐ夜明けだ。君の悶々とした暗闇がやがて明けてくる。春はもうすぐだ。




関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

ただいま、恋のお葬式期間中です。

もうあんな彼氏の事忘れた!と思ってみたり…
今頃何してるかなぁ?元気かなぁ?と思ってみたり…

私の感情も毎日コロコロ忙しいです。

失ってから気付く彼氏の大切さ。
何気なく過ごした日々がそれこそ幸せだったんですね。

もう二度と戻れない四年間に感謝して、このお葬式期間を自分磨きしながら過ごしたいです。

先生の一言一言が身にしみます。
ありがとうございます。

いつでも読み返せるように、ページ保存しました。

彼を失っても後悔しないように、彼と過ごせる1日1日を大切にしていこうと思います!

失恋疲れ

いくつかコメントさせていただきました。なんだか、先生からお返事いただいた感じがして癒されてます。復縁した時も、先生の本通りに半年、何もしないで沈黙しました。半年過ぎてメールをしたら、返信があり、何回かやりとりしてまた会うようになり、復縁しました。彼も離れたことは何も言わなかったけど、お互いに1番ほっとする関係になれたのかなと感じていましたが、このお正月以来彼からの連絡が再び途絶えました。いくつかメールしてもなしのつぶて。そして2月も半ばになろうとしています。私には心境の変化がありました。彼に疲れたんです。もう付き合いきれないやと、もう好きにして、と。自分にストレスを与えたくなくて、その原因が彼だとわかり、バカバカしくなりました。好きなのか、執着なのかを問いかけ、もうどちらもないな、と思い、ラクになりました。残ったのは…見る目がなかった自分への反省だけです。時間もったいなかったな。次にいきます。

みゆきさん
行ったり来たりしてしまうお気持ち、よくわかります。

わたしも葬式期間が半年弱経過しましたが、未だに
あんなに酷いことをされる筋合いはなかった、あんなわがままな人は遅かれ早かれ無理だった、という気持ちと、
でもその欠陥も丸ごと受け入れられなかったのか、もっとやさしくできなかったのか、という気持ちを行ったり来たりしております。
このトンネルは、一体どこまで続いているのか…

春はもうすぐ。忘れたい。前に進みたい…

ゆつさん、ありがとうございます。
私はまだ、お葬式期間は一ヶ月です。
まだ彼氏の事を思い出さない日がないので…
仕事を頑張って、友達とでかけたりしてますが
なかなかですね(^_^;)

自分だけがツライと思ってましたが、先生のブログでたくさんの方のコメント見たら同じようにツライ思いしてる方たち多いのでびっくりしてます。

ゆつさんや、今、お葬式期間を頑張ってるみなさんに
早く春が来ますように!
あっ私にも!

ここ1年で2回も大切な人から別れを告げられ、私から離れていきました。

失恋だけではなく、様々なことで自分ばかり辛い思いをするのは何故だろう?必要とされていないのでは?と自分に問いてみたり。

思うことは、消えてなくなってしまいたいということだけ。

とりあえず、あと1年だけ生きてみよう、生かされてみようと思っていたところに、この記事を見つけました。

喪に服す時間も必要ですね。
少しだけ希望が持てました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する