好きになることと見極めることは違うと思います。
こんな時代だからこそ、見極めることが必要ではないでしょうか?

見極める。
うまくいっていない恋愛のほとんどは見極めができていない。動物の本能に従って、好きだという感情のみで好きになっている。そして、変わった人を好きになっている。常識では、普通の人では考えられない相手を好きになっている。

本来、好きだという気持ちはそういうものかもしれない。他人が反対しようが好きなものは好き。自分の好みは他人に理解してもらえなくていい。危険な香りがするもの、可哀そうなもの、不幸なもの、辛いもの、悲しいもの、放っておけないもの、助けてあげたいもの、それらを好きになる。そして相手もそれを要求する、可哀そうなくらい要求する。「助けてくれ」と要求する。または、本当は助けを求めているのに、手を差し伸べるのを拒む。自分は不幸がぴったりだと言わんばかりに人の助けを拒む。あるいは、どうせ自分はダメな人間だと自虐的になって、人の助けに反抗的になる。一生懸命生きているのに、何も悪いことをしていないのに、不幸になっている自分が悲しいという切なさばかりを訴える。世間一般から見れば不幸を呼び込む人。でもこの人と繋がりが、この人との歴史が、この人を愛した時間が、情となって好きになる。

いったん情ができたら引き離すことはできない。共倒れになるかもしれないが、それでもその人を愛し続ける。自分にはそれしかない。

見極める。
変わった人を好きになっている。常識では、普通の人では考えられない相手を好きになっている。本来、好きだという気持ちはそういうものかもしれない。動物の本能に従って、好きだという感情のみで好きになっている。見極めるとは、冷酷な判断で、その人と別れなさいといっているわけではない。自分とその人にあった一番良い方法を見つけなさいと言っているのである。不幸な人と共倒れする道を選ぶのか?あるいは片方だけでも幸せになる道を選ぶのか?またはもっと強くなって両方幸せになる道を選ぶのか?自分の力量に合った方法を見つけなさいと言っているのである。

愛には責任がある。責任の取れる範囲で相手を愛することである。
そのために、自分の責任の範囲を見極めることである。


関連記事

コメント

責任

おっしゃる通りだと思います。私も最近、責任について考えていました。それは自分の自分への責任です。私は私を幸せにしてあげる責任がある。別れるしかなかった人にいつまでも未練を持ち、前へ進めない悲観的な状況から、強い意志のチカラで楽観主義に変える。次はどんなに素敵な彼かな?楽しみ🎵 くらいの感情にシフトする努力をしたいと思います。いま、真っ最中です。

麻薬の様な物でしょうね

始まりは止めれば止められた。
麻薬やタバコと同じ。
麻薬の事しか頭に無い状態でどうやって麻薬をてに入れるか、麻薬の事から離れられない状態です。
結果、本人が酷い状態になって居ても止めるなんて無理。
麻薬を断ち切るには構成施設が在ります。
相手を断ち切るのにも同じく構成施設が必要なんだと思います。

新名言

「責任の取れる範囲で相手を愛する」これ、新しいですね!
名言だと思います。
ただ「愛するのはやめろ」と言われても反発してしまいがちなところ、これならスッと入りやすいと思いました。

愛には責任がある…

私とお別れした彼氏は、とても優しくてユーモアがあって私の友達からの評判もすこぶる良かったんです。
でも浮気してました。

突然のお別れ…
それもメールで…
その後、音信不通…
愛に責任の取れない、無責任な人でした。

四年間も付き合って、見極められなかったみたいです。

ボーダーレスは危険!!!!!!!!

周りの景色が全てバラ色に見える位、恋愛の刺激はキョーレツですが、それが時と共にいつのまにやら真っ黒になっているパターンもありますね。。
それに気がつかないもしかりですが、それでも突き進んでしまう程、恋愛に依存してしまうのは危ないですよね。
境界がない、ボーダーレスな恋愛は最終的に不幸しか呼びませんね。
グレーな時はグレーのままにする。真っ黒になるまで、恋愛を頑張る必要があるのか疑問に思います。
それを考えると、恋愛でも自分のキャパシティーは見失わない範囲で進んでいきたいですね。頑張るにしても方向性を間違わないし、諦めるにしても潔くいけます。

相手に依存せず、自分のキャパシティーを知る。
恋愛に依存せず、他の楽しみを見つける。
それができれば、自分の身の丈に合った相手が現れる筈ですね**

先生のブログ毎日欠かさず読んでます。
興味深い内容に、久久久しぶりにコメントさせていただきました(⌒‐⌒)


ズシンと響きました

毎日拝読しています。
今回の内容、心にズシンと来ました。
このまま相手に執着し続け、仮に再び相手の情熱が舞い戻ったとしても、この相手とは、根本的に幸せにはなれない…
頭では、わかっているんです。気づいているんです。ちゃんと。
それなのに、楽しかった日々を思い出し、あの頃よもう一度、とはかない夢を見続けてしまうんです。
本当の幸せを手にする為に、執着を手放した方がいいとわかっている自分。
それに眼をつぶり、かたくなに執着を貫こうとする自分。
どちらの自分を選ぶかは、結局、自分次第なのですよね。
手放す時は痛みが伴うと思います。苦しいし、後悔するかもしれないと思います。
でも、そこをくぐり抜けたらきっとパラダイス!
新しい幸せが『あなたがここに来るのを待ってたよ』って言ってくれる。そう信じて、そろそろお別れをしようと思いました。今回のブログのおかげです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する