ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男も恋がしたい
たまに訪れる男性諸君。私のところに訪れる男性の比率は女性の50分の1から100分の1、つまり2%に満たない。男性の訪問は希少価値が高い。

24歳と25歳の二人の若者が訪れた。
「何を鑑定しますか?」と私が尋ねると、「恋愛を見てほしい」という。
ありきたりの相談だが、彼らは3年間恋愛をしていないという。つまり3年間彼女がいないことになる。

3年間彼女がいない、それは何を意味するかというと、目標を見失った人生、つまり何を目的に生きているのか分からない人生を意味する。目標を見失ったマラソンランナーのように、走っても走ってもゴールに辿り着かない人生を意味する。

ひとりの男性は、高校のときから5年付き合った彼女に「他に好きな人ができた」という理由でふられた。
ひとりの男性は、2年付き合った彼女に、仕事のストレスが重なり、「大切にすることができない」という理由でふった。

ひとりは彼女に裏切られ、ひとりは仕事のストレスで彼女に悲しい思いをさせ、それぞれの恋愛は終わった。終わったときは「もう二度と恋はしない」と誓った。

あれから3年、二度と恋をしないと誓った男たちが、再び恋愛をしたいという。
あんな苦しい思いをしたのに、なぜ恋愛をしたいのか。
それは、
恋愛には夢があるからだ。
夢とは?「人間が持っている基本」つまり、人として生きていくための本能であり、人として生きていくための生甲斐である。その夢を叶える一番の力が恋愛となる。仕事でも夢を叶えることができるが、でもそれだけでは達成感はない。なぜ仕事だけでは達成感がないのかというと、それは人間として中途半端だからだ。男の人生は愛と仕事を達成してこそ本望、仕事だけでは半人前の男である。

彼らもそれを分かっている、いくら仕事に頑張ったとしても、それは味気ないということを。だから、どんなに辛い思いをしても、どんなに悲しい思いをしても、もう二度と恋などしたくないという酷い別れ方をしても、時が経てば、再び恋愛をしたくなる。

恋をしない人生なんて、喉が渇く熱砂の砂漠で一生を終わるか、無人島で暮らすようなもの。孤独でわびしい人生なんて送りたくない。ただ、好きな女と暮らしたい。それが生甲斐であり、それが夢となり、それがないと男は生きていけない。でも、男たちにとっても恋愛は難しい。だから…悩んでいる。うまくいく方法を求めて。



関連記事

コメント

続きが気になります

先生、男性の訪問者貴重ですねー
どんなアドバイスをされたのか
ポイントだけでも聞いてみたいです(*^ー^)ノ♪

恋人を作りたがらない人増えてますよね
結婚を怖がっている男性
付き合うとその先に結婚を意識する女性のパワーに押しつぶされそうになる自分を想像するだけで、踏み出せない男が増えてませんか!?

男性からの恋愛相談気になるな〜

私の極少な経験から男性論を語るのは大変おこがましいのですが

相手からの好意が明らかになって、大丈夫そうだと確認ができてからお付き合いするのですが、
私が好きなタイプがシャイな人のせいか「好き」と言われて付き合ったことが一度もありません。
ちなみに饒舌な男性は、嘘もうまいんじゃないかという先入観が拭えず苦手です。

最後にお付き合いした方は、シャイな男性の典型。
一度メールが途絶えた後、復縁したのですが、
その時のメールのタイトルがいきなりハートの絵文字。
しかし内容はその絵文字と全く無関係のドライ過ぎる内容で、
しかも文末に
「誘惑には気を付けます」と。
意味不明な文章に頭の中はクエスチョンマークでいっぱいに!

真意を確認しようと思ったものの
彼の誠実な人柄がその言葉への不安を払拭してくれたので
それから二年、プラトニックなお付き合いを続けました。

結局連絡が次第に少なくなり
自然消滅したのですが
今思うと、ハートのメールを出してから、彼の中で葛藤があったのかな、
と気付きました。

好きという本能からくる感情と
この先相手を守り抜くことができるかという理性、
ふたつの感情の間で本当にこれでよいのか?
と悩んだのかも知れません。

でも当時の私は
彼の本心を推し量ることもせず
意気地なし!と心の中で叫んでばかりでした。

彼は重要な役職にいる人でした。
だから、自分の置かれた立場を考えた時に
「したいこと」
より
「すべきこと」
を選択するように本能が備わっているのだと、自分を納得させました。

先生のブログを読むようになってから、いろいろなことを、深く掘り下げて考えられるようになり、
以前のように感情的になることが
なくなりつつあります。
いつも気付きを与えて下さり、心から感謝致します。

責任

男性が、本当に付き合ってる彼女が好きなら彼女の親に挨拶したいと思うと思います。私もそうでした。最初に付き合った彼は私を大好きになってくれて、実家に帰った時に電話や手紙(よき時代)をしてくれました。適当に考えてる奴は、親に挨拶するのを拒みます。女性は、ぜひ最初の関門を試験してください。そして、今回の男の子たちは、親に挨拶したいと思う女性と、ぜひ付き合って欲しいです。

古典的だけど、最良の方法。

男女が一緒になる。結果論だけ言うなら、方法はきっと百通りですよね。

だけど、其々の本望はたったひとつ。男性は自分から『幸せにしたい』って思える女性を望んでいるし、女性もきっとそんな男性を望んでいる。
本望のままに一緒になる為には…
女性は黙って待つ。男性はその間がむしゃらに働く。
待っている彼女の為に、働く。働く。働く。
彼に会える日を信じて、待つ。待つ。待つ。
きっとそれが、一番の近道!

不器用ながらも仕事に一生懸命で、
時間を掛けてでも成果を出し
心に決めたひとりの女性を大切にできる人が理想です

そのような一途な人と
時間を掛けて
お互いの気持ちを温め合いながら
少しずつ成長できる関係は
きっと素敵だろうなぁ…と思います

人生残り約30年…
その間にそんな夢のような出逢いが
訪れますように(*^^*)

ドライな時代、
夢を持ちにくい時代ですが、
男性の皆さんも
きっと恋愛に自分なりの理想をお持ちなのですよね。
ひとりひとり、それぞれが
本能と理性のバランスを上手に取りながら
望み通りの恋愛のかたちを
叶えられますように!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する