人間とは無理難題にチャレンジするように出来ているかもしれない。
恋愛で見れば、やめといた方がいいよという男に女はチャレンジして、やめといた方がいいよという女に男はチャレンジしている。恋とは無謀で、冷静な判断が効かない。夢と妄想で狂っている。達成不可能と知りながら、現実では無理だと分かりながら、あくなき夢を追いかけチャレンジしている。そしてそのチャレンジは無駄なことが多い。でも、無駄だと分かりながらもやめることはできない。やめたら自分の夢を否定することになるからだ。人は頑固で自分の夢を否定することはできない。否定したら他人と一緒で、自分が無くなってしまうからだ。あくなきチャレンジは、自分を無くさないためにある。だから、無謀でも、やめた方がいいよと言われても、自分を見失わないために、好きな人にチャレンジする。無理難題と分かりながら。


もてる人と一般の人との違い。
もてる人はそんな無謀なことはしない。
もてる人は簡単に手に入るものから始める。理想と違っても簡単に手に入るものから、まず始める。だからもてる。なぜもてるか?それは簡単なものから着手して徐々にランクを上げていくからだ。もてる人は、それだけ経験が多いということ。そして、もの凄い練習を重ねてもてる訓練をしている。そういう人にかかれば、一般の人が無謀だと思われる相手でも簡単に手に入れることができる。もてる人は同性からは嫌われるが、異性には好かれる。異性に好かれるというより、異性に対して人一番関心度が強い。ようするに、男であれば「女好き」女であれば「男好き」である。異性が好きなので、誰構わず手を出す。もちろん好みはあるが、好みは一般の人より幅広い。生理的に受付けるものであればよしとする。だが、もてる人は理想がコロコロ変わる。もてるのはいいが、自分が好きなのは誰なのかわからなくなる。そういう人はひとりの異性では満足できず、複数の異性を求めて彷徨い続けることになる。


経験不足で無理難題にチャレンジする人。反対にもてる人。両者を足して2で割った形がいい。無謀にチャレンジする人は、まずは簡単なものから始めて経験を積むこと。ある程度経験を積んだら一人に絞ること。独身時代に5~6人経験して、その中から結婚相手を選べばいい。経験人数はそのくらいがベストだと思う。少な過ぎても多過ぎてもダメ。丁度いい恋の配分は5~6人。5~6人のシリーズで、それぞれの物語にあなたはヒロインを演じるだけ。恋愛ができる賞味期限は短い。花の命は短く、桜みたいに短い。見事に開花させて、見事に散ることだ。

DSC_0060 (640x427)




関連記事

コメント

モテ子

職場にもモテ子がいますが、モテ子は経験地も免疫力も高いので、余裕なオーラを放っている上に、次から次へと男性から告白される事にも全く落ち着き払っているし、浮かれていないですね。
体の関係やキスどころか手をつなぐ事すら許しませんし。ガードが固いんじゃなくて、余裕だから、必死でどうにかしてつなぎ止めなきゃなんて思っていないから、男性からの誘惑に簡単に乗らないように免疫できてるんですよね。彼女を傍観しながら感心しております。

No title

恋愛は 自然にやってくると思っていたので 自分から探すことをしていませんでした。はたと あれ?となってしまい 探しはじめております。なかなか 自分の中で 仲良くなりたい男性に出会えず でもへこんでもいられず 出会いを求めております。でも 女性の色んな職業の友人が増え お互い 婚活頑張ろう!と言い合える友達ができました。心強いです。楽しいこともありつつ 苦しまず 妥協せず 前向きに頑張ろうと思います。女性が人に気を使えることが大事と思っていますが 男性は そこを見てないな。という感じもします。見る目がないな。と思いつつ 余裕をもって 進められたら です!

私も経験値の少ない人間でありながら、
無謀な領域に踏み込んでしまいました。
男性に対して人一倍潔癖なはずだったのに
気付いたら精神的に深みにはまっていました。

うまく行きっこないけど何とかなったらすごいかも…

うまく行かないと思ったけど何とかなった、
もう少し頑張ってみよう…
という感情に変わった時に
怖いものなしになりました。

こうなると感情のコントロールが利かなくなります。
自分が自分でなくなるのです。

多分お相手は、こうなることを最初から知っていて、
途中で乗り掛かった船を降りたのかも知れない、と
ようやく最近気付きました。

女性に慣れた人だったのか、
感情の抑制が利く人間だったのか
出世の為に私を亡きものにしなければならなかったのか
それは分かりません。

でも、そんなこと、もうどうでもいいです。
終わったことだから。
あんなに苦しんで、毎日悩んでいたことが
嘘のよう。
全て跡形もなくなりました。

無謀なことに挑戦するのは、もう終わりにします。
もしかしたら、人に語れる経験が欲しかっただけだったのかな?と思いますが、自分は何をしたかったのか、
いまいちはっきりしません。
もう少し時が経てば、本当の感情が分かるのかも知れません。

先生が撮られるお写真のファンでもあります

おはようございます。
先日もそうでしたが、桜の写真がとても綺麗で見惚れます。
今週は今日が最高のお花見日和になりそうですね。

私は昔から、花に例えると桜のような女性だとよく言われます。
光栄ですし、とても嬉しいです。
はらはらと散り際まで美しく舞う桜。
そんな女性であり続けたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する