ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 苦しみは人を育てる
苦しみは人を育てる。苦しみは生きるパワーを与えてくれる。苦しみは強く生きる者に与えられた必須課目という試練。人生は困難や苦難を乗り越えて、自分が新しく生まれ変われる。成長するためには、どうしても障害と苦難が必要となる。


苦しみは、あなたが成長するために神から与えられた試練。その試練は苦しいだけではない、とらえ方によっては快楽となる。生きている手ごたえ、生きている喜びを実感として与えてくれる。「あの苦しみがあったからこそ今の私がいる」自分の人生を肯定する実感を与えてくれる。それはまさしく快楽だ。苦しみを快楽と思えば、苦しみを乗り越えた先には喜びがあると思うようになる。そう、「喜びのために苦しみがある」と思うことだ。そしてその喜びを大きくするためにひたむきに努力することだ。だから苦しみは面白い!「よくもまあ次から次へと苦しみが襲いかかってくるもんだ!」よしやってやろう、踏ん張ってこの苦しみを乗り越えよう。そうすればその先に楽しみがきっと待っている。「ワッハハハこれは面白い♪」苦難は強く生きようとする人には必須の恵みである。


不安があるときは、何かに向かって努力しなさい。何でもいい、あなたがやりたいことに努力しなさい。不安があって何もやる気がしないかもしれないが、だからといって不安の中にいたのではあなた自身がダメになる。あなたはわかっているはずだ、不安のときは何をやるべきかわかっているはずだ。そのわかっていることを、今は真摯になってやるしかない。おそらく何をやっても不安になるだろう。果たして今からやることが正しいのか?自分にあっているのか?不安になるだろう。大丈夫、人間は不安と戦いながら成長するようにできている。いけないのは家の中で悶々として何もしないことだ。雑念と妄想の中にいたのでは不安は解消されない。一気に高望をするのでなく、今はちょっとした小さなことをやり遂げるのが先決、その積み重ねによって不安は退治できる。不安は退治できるまで同居させればいい。不安があるから続けるしかないと同居させればいい。「不安は何かをやるための原動力」「さぼらないための戒め」そう思えば不安とは友達になれる。



関連記事

コメント

目標が再確認できました

長文になることをどうかご了承ください。


とても含蓄のあることばから、先生の信念や人柄が真っ直ぐ伝わり、こころにしみわたりりました。

先生のおっしゃる境地には程遠いですが、一日も早く達したいものです。

そのために必要なのは、無理はせず目の前にあるものをこなすことだと思っています。じっさい、よくこのように言われてきました。これは簡単なようでじつは難しいのですが、改めてこのことを目標にしたいです。

私の状況や心情は、ここに詳しく書いたり説明するのは長くなるうえ見苦しくなるだろうから述べませんが、先生のことばが代弁し、方向性も記してくださっています。
ですから、今までの記事のなかで一番好きになりました。

先ほど私情は書かないと述べましたが、今回の先生のことばに感激し、午前中だというのに、思わず泣いてしまったほどです。


直接先生にお会いできないのが残念ですが、その分、ますます先生のことばが楽しみです。

先生!

正に実感してます!
私はシングルの道を選び先々の幸せの為保育士の試験勉強をしながら園で働いています!
子供を持って改めて子供が好きだと気付きました
先生のブログを拝読させて戴いて恋愛は目標に向かっていれば後からついてくると思えたので余裕ができ、ダメ男を見極められるようになりました(笑)
毎日が試練の連続ですが楽しんでやります!
いつも先生のブログ楽しみにしております(*・∀・*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日々成長中…のつもりですが

今日もまた深い言葉を受け取りました!
ありがとうございます!

一難去ってまた一難…
今度は母親からあり得ない言葉を浴びせられました。
育て方を間違えた…と。

どうやら、私が自由な生き方をして
思い通りにならないことへの苛立ちのようです。

一瞬頭が真っ白になり、悲しくなりました。
次の瞬間、この人は子供と自分が別人格だということを
理解できずに生きてきたのだと分かりました。

私は親から大切にされた記憶があまりありません。
世間に出て恥ずかしくないように
厳しく躾られましたが、
それは彼女の自己満足なのだと
ある時から悟りました。

だから私は母を反面教師と思って、
愛情たっぷりに、ある時は厳しく
娘を育てたつもりです。
反抗期は大変で、体調も崩しました。
その答えはまだ出ていませんし
娘が納得している育児だという自信も持てずにいます。

でも「育て方を間違えた」という言葉は
「育ち方を間違えた」と我が子に言っているのと
同じ意味なのではないでしょうか?

この悲しい言葉から確実に学びました。
母は身体も弱っていますし、あとどのくらい生きられるか分かりません。
この悔しさをこの場以外誰にも言わないでいようと決めたし、
恨まず平常心で接することも、処世術のひとつと心得て行くしかなさそうです。
これは確実に人生観が変わる出来事です。
これからどう変わるのか、時にはもがき、悩みながら、栄養にしていきますよ(*^^*)
転んでもただでは起きないぞ!

こんばんは。

苦しみや、試練は乗り越えられる人にだけ与えられる
強くなるチャンスなんですね。
たまに、心が折れそうな時もありますが…

今までの私なら苦しみや、試練から逃げ出していたかもしれませんね。
先生のブログやみなさんのコメントで私も日々成長できているような気がします。

明日もまた頑張ろう(*´∀`)

今まさに!

仕事が上手くいっていない彼(多分、殻籠り中)と仕事のストレスで、あもり人と話したくない私。
お互い音信不通状態(?)に。

今まさに!のテーマ。

この苦しみを乗り越えて、早く彼に連絡取らなきゃ!
その為にも、仕事頑張ります!

試練は、強く生きようとする人には必須の恵み…いい言葉ですね。
この試練を、逃げずに最後まで見届けたいです。

すっかり春ですね♪

苦しみの時期は

大切な学ぶ力が高まり、生きる知恵がつく
謙虚さや聞く耳をもつことを思い出す
今まで気がつかなかった回りの優しさに感謝したり、
いらないものを捨てる勇気がもて、随分シンプルになることも出来たり

人生を見つめ直す時期でもあり

生き抜く底力が高まり、強くなる時期だったり

受け止めかた次第で、ただの運の悪さではなく
成長する力に変えることも出来るんだなと
感じます

無念

私事ですが・・・
4月2日、大病を患っていた友人が
自ら自分の生涯を絶ってしまいました。
病気は回復に向かい社会復帰する予定だったのです。

二週間前は「今度会うときは元気な私です」
一週間前は「死にたい」とメール・・。
不安でいっぱいになった彼女に何か伝えたくても、ありきたりな言葉しか浮かばず、何もできなかった私・・・。

無念です。

このお話を彼女に教えたかったです・・。
伝えきれなかった言葉は、彼女が愛していたご主人と息子さんに伝えていきたいと思います。

先生、ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する