ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 物事を単純にするか?困難にするか?
物事を単純にするには、条件から入るといいだろう。ある程度の条件が揃えば、物事は単純にシンプルに進む。そうなれば苦労することはない。仕事も恋愛もシンプルに限る。シンプルの中に目標があり生甲斐があればそれに越したことがない。

ところが人という生き物は困難な道を選ぶ。とくに若いうちは、困難で難しい方を選ぶ。それが若さの特権かもしれない。「若いときから保険をかけるな!」テレビのCMではないが、若いうちは楽な道より厳しい道を選べ、みたいな教訓がある。

まあ、それもそうだ。若いうちは困難な道を選んだ方が成長できる。自分に置き換えてもそうだった、試練の中に身を置くからハングリー精神が宿り逞しくなった。それを自ら体験しているので、若い人には「楽な道を選ぶより厳しい道を選べ」と言いたい。若いのだから乗り越えることができるだろう。

人は困難に遭遇すると、次から次へと不幸が襲いかかり、やることなすこと全て裏目に出て、失敗ばかりを繰り返す。そうなると人は度重ねる不安と恐怖で心が折れてしまう。困難な道はこの時が一番ひどい状態で、道は二つに分かれる。ひとつは心が折れて鬱になるか、ひとつはここで踏ん張って天才になるか、この二つに分かれる。前者は精神的な病にかかり、後者は奇跡を起こす天才となる。「精神的な病にかかるか、奇跡を起こす天才になるかは紙一重」これが困難な道である。

紙一重とは、どちらにも転ぶことをいう。
それはほんの些細なことでも起きてしまう。
ちょっとくじければ鬱になり、ちょっと踏ん張れば天才になる。
だから、ちょっと踏ん張る人になろう。
そのために、試練は面白いと自分に言い聞かせることだ。
とくもまあ、次から次へと不幸が襲いかかって来るもんだ!「ワッハハハ!これは面白い!」と叫ぼう。暗いときほど笑え!落ちたときほど笑え!面白い面白いと叫びながら笑え!そうなれば試練はあなたの味方になる。味方になれば試練のひとつひとつが勉強となり、どんな困難な道でも克服することができる。

物事を単純にするには、試練を乗り越え困難を克服してからでもよい。私くらいの年齢になれば、みんなそういう考えに至るだろう。「幸せは愛より条件だ」というシンプルな考え、それは30年先のあなたにプレゼントしよう。困難を乗り越えたあなたは、きっとその考えに辿り着くはずだ。そこに達するまで、今は困難な道を楽しもう。面白い面白いと言いながら。困難な道に慣れてマヒしよう。マヒすれば困難用の気力と体力が宿る。そうなれば人生が楽しくなる。克服することが面白いからだ。




関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

いろんなことが、次々とおこり、若かりしころより強く逞しくなったなぁとしみじみ感じる今日この頃。状況にもよりますが、少々のことでは、よしよし、また来たなと思えることも多くなりました。
ただ、やはり人間、波はあるので、これからも、強く、そして、しなやかに、さらに、穏やかになりたいと思います。

正に今困難な道を進んでいると思います。
わたしは23,彼は34でバツイチ子持ちです。
私はたぶん若いから彼と続いているのだとふと思いました。
もう少しわたしが年齢が高ければ結婚の条件を見ると躊躇するのではと思います。
でもこんな私でも彼との結婚のことを想像していて、心を広く持てば出来るのではと考えてる自分もいます。
若気の至りでしょうか?
簡単に考えてる部分もあると思います。
目が覚めるのか、覚めないのか、このまま進んでいいのか悩みます。

私がどちらの道を選択するのか
先生に試されているような気持ちになりましたよ(^-^)
(悪い意味ではなくて、見守って下さっている、ということです)
ならば乗り越えてみせましょう!そう思います。

でも知恵も必要かも。
少し前まではただただがむしゃらに、一心不乱に闘って
玉砕するパターンでした。
しかし!散々傷付いてきたし、もう痛いのはごめんです。
これからは無駄な空回りをしないように頭脳戦で行きたいです。
昨日先生がおっしゃったことも、頭脳戦のひとつかな?
と分かりました。

幸い私には様々なタイプの知人がいます。
みんな愛すべき部分を必ず持っています。
コミュニケーションの中から少しずつ知恵を拝借し
自分の学びにしつつ、
痛みに耐えている人には手を差し延べながら
それぞれが幸せになれるといいな、と思います。
これぞ人類愛!(^-^)

愛と条件

前回の恋愛の失敗から、「心から信頼できる人」という条件を最優先し、それに当てはまる人を見つけ、一途に好きで、でも、それ以外の条件には目をつぶってしまいました。それは、愛がそうさせたのか。

彼は、私との情と信頼を振り払って、条件の合う人を選びました。でも、付き合うには、一緒に生活するには、条件が合わなかった。私はそれに気がつかないふりをしたのか、その条件がどうにかなると甘くみていたのか。忙しい彼は、現実をよく分かっていたのでしょう。

最近は恋愛を頭で考えてばかりで、つまらない…。もっと相手と向き合って、温かみのあるやりとりがしたいです。そんな時代ではないのでしょうか?

愛より条件。というより、愛と条件。それを目指したいですが、そんなこだわってたら、婚期を逃しますか?
私は情から入る恋愛しかできないので、入り口閉ざされた気分になってしまうのです。

昨日ちょうど大学生の我が子と話しました。
私はシングルマザーなので、いつかはお金持ちの穏やかな人と再婚するわ、と。
愛とか恋とか熱く燃えるようなトキメキではなくて、ただお互い条件で共に暮らすパートナー…もうそういうのでいい、と。
打算でもなく、しごく真面目に考えてたどり着いた答えだけど、若い我が子にはちょっと理解できないようでした。
お金はあるけど相手がいない、そういう人はきっとたーくさんいると思う。
もう少し子育てが落ち着いたら、そういうパートナー探しをしよう。
自分だけの稼ぎでは不安、いつまで働けるかも分からない。こんなご時世、子供たちに面倒かけるわけにもいかない。自分の身の振り方を真面目に考えた結果なのです。

条件は大事です。

物事の道理など分からず、とにかく「努力する!」と進んできた十代、二十代。今思えばエネルギーに溢れていたな~と思います。
三十代に入って、真剣に向き合わなければいけない問題が次から次。感情に引っ張られる事も多々ありましたが歯をくいしばって乗り越えてきました。
そして、今。肩の力がふっと抜けて、困難を困難と感じなくなりました。
先生のおっしゃる様に何事も笑って向き合えています。
物事って、考え方によっては本当にシンプル。
ただ自分の心落ち着く方向に進めばいいだけだと感じます。自分自身を大事にできていると負の感情は何一つ湧いてきませんし。。
そんな中でお互いの人生を支え合えるパートナーがいれば、幸せですね。

恋愛を中心に置くと振り回されます。
まず、自分の落ち着く方向を見つける事。その中で恋愛するならば必ず条件は必要。私はそう考えます。
大事なのは自分自身です。それなら心落ち着く恋愛をしたいですものね。


No title

年々試練の味が濃くなってゆくような気もしますが...^ ^;
乗り越えられない困難は与えられることはない、のでしょうね。

悩みの虫にとりつかれないようにするためには、ある種の軽薄さ(深刻に考えすぎないこと)も必要だと思います。「それがどうした!だから何?!」みたいな開き直りといいますか。。。わたしはそういう感じになりますね。(おそらく生まれ持った気質でしょう) 
それが先生の言われる笑いと通ずれば幸いです^ ^.

No title

ここ数年間、なぜ自分ばかりこんなに困難なことばかりが起こるのかと思っていました。
その時って自分ばかりと思ってしまいがちでした。
でも少し時間がたってみると、そんな中でも周りの人たちの支えがあることや、ささいな日常の幸せを改めて感じることができました。
人生、楽しいことよりも苦労や困難のほうが多いのかもしれません。
くじけてしまいそうな時期もありましたが、単純にやっぱりまだまだ諦めたくない、頑張りたいとゆう気持ちで乗り越えてきたのだと思います。
家族が元気でいること、子供が毎日笑顔でいること、好きな人がいてその人の事が大切だと思えること。
そんな気持ちがあれば困難があってもまた乗り越えようと思えます。
先生ありがとうございます。

自分を大事に

相手に対する条件、これは自分を守るための盾のようなものと思います。ある程度快適な暮らしが出来て、たまには温泉旅行、たまには外食、そんなゆとりがないと生活はギスギスします。カツカツの生活、お金をいつも心配しながらでは情やら愛やらは消え失せます。逆に、愛を守るためにはその盾が必要。案外、男性はそのことを知っているから、しっかり条件を持って男性を選ぶ女性を嫌いではないのかな。ある程度の条件を持って、男性選びをしていくと、意外にもポン!と現れた…ような。ちょっとがんばってみたい人が現れました。

自らが望まなくても、困難な事態が生じます。
人生は、うまく行かない様に出来ているもの。
それを乗り越えるのが人生。
幸せは、それを乗り越えた人に与えられる物だと思います。
ポジティブに生きていれば、困難に遭遇します。
ネガティブに生きていれば、困難に遭遇せず、楽ですが、自分に力も付かず、人間的に大きくなりません。
人間、1度しか人生を生きられません。
自分が何の為にこの世に生を受け存在しているのか?
自分の生きている意味を、生きている内に、見出だしたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する