ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 復縁(具体例のあらすじ)
おもむろに彼女は、彼と付き合いころの話をし始めた。

『先生、ちょっと待ってねノートを見るから。あのー私話すのが上手ではないのでノートを見ながらでいいですか』

『もちろんいいとも、その方が分かりやすい』

(彼女のノートには、彼との付き合い始めから別れに至るまでぎっしりと書いてあった)

私と話をするのに要点をまとめてきたようだ。その方が相談はスムーズに行くし、こちらとしてはありがたい。


鑑定結果は要約すると、こうである。

彼の生年月日は気学上の八白土星。血液型はA型。姓名判断による鑑定は人各運が16(吉)地各運17(吉)外各運(13)吉 総各運(32)吉、である。

大学院まで進み、大手製薬メーカーの研究員として社会に出ている。正確は慎重ではためにはおとななしく見えるが、なかなかの頑固者で、一度自分がこうと決めたら撤回しない性格である。以前にも八白土星、六白金星を相手とする復縁にチャレンジしたことがあるが、なかなか手強い相手でもある。

手強いというのは意志が鉄のように固く、理論的で情より理知を好み、実利的なところもある。そしてなかなか人を信用しないところもある。

なかなか人を信用しない部分が他の気学の性質の星たちとは違う。一度嫌いになると、ここまで冷たくなれるものかと思うところもある。その代わり信用するに値する人と付き合うと、とことん身内のように信頼する。理論的で戦略的実利的な部分が多く、その反動で身内的な愛を求める。実家に長くいるタイプも多い。

そんなタイプの彼に一番してはいけないことは、『裏切り』である。女性がほんの軽はずみで浮気でもしようものなら、相手が絶世の美女でも別れる。

特に八白土星はその部分が謙虚に現れる。一度信用した相手が裏切ると一生許さない。

裏を返せば、信用して裏切らなければいいのである。そして信用されれば身内のゾーンとなる。そのゾーンになればよほどのこがない限り、愛情は続く。

八白土星の特長は『身内の星』である。親、兄弟、親戚、他の星たちより年をとるごとに大切にする。そして結婚して家族ができれば、家庭中心のパパになることが多い。

若いころの(20代)の八白土星は、理知的な部分と慎重な部分が功を奏していろいろなものにチャレンジする。恋愛もそうである。『ナンパをする八白土星を私は知っている』まだ情の部分が希薄なところがあり、それはたぶん理論的な部分でいろいろ自分をためしているのかもしれない。身内は大切にするが、遊びは無茶というところもある。そしてクヨクヨ悩む性質でもある。特にA型は本来の血液型の性質が作用して、より以上に慎重で、決断力が乏しいとこもある。決心するまであれやこれやとB型やO型の10倍考えるかもしれない。短絡的な決断をせず、理知的で戦略的な決断ができると、それはもう、鉄の意志、目的に向かって頑固たる信念で進むのである。

八白土星のA型のクヨクヨ悩でいる姿を見かけるが、本人は悩んでいるのではなく、最悪の事態を想定していろいろ考えているという。そして決断すると、頑固に撤回しない。

恋愛もそうである。

彼が別れを決心すると、もうダメなのである。

続く。

関連記事

コメント

先生、昨日はありがとうございました。
私の彼も八白土星のA型です。
このブログの通りの性格だと思います。
でも、私も彼とどうしても復縁したいです!
続きを楽しみにしてます☆

私が復縁を望んでいる元彼は六白金星のA型で、やはり頑固ですねえ。
ちゃらんぽらんな私からしたら、「偏見の詰まった石頭」とも思うのですが(笑)
自分から音信不通にしといても、私に男の影が見えると「裏切られた」と思うんでしょうか・・・( ´_ゝ`)
あーあー何でこんな男好きなんだろう!でも好きなんだー!(笑)
私もさめさん同様、続きを楽しみにしています☆

私の復縁を望んでいる彼も
八白土星のA型です!!
たしかに、頑固です・・・
私も彼と復縁したいです☆☆
皆さん同様続きを楽しみにしていますo(*^▽^*)o~♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する