ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 仕事の話ばかりをする男(沖川の見解)
女性の意見として(皆さんのコメントから)

女性も、好きな人なら「仕事の話は大歓迎」という人が多い。逢えない時の彼の様子が解るし、生き生きと仕事をしている彼に好感が持てる。ただ、同僚や上司や部下の悪口や愚痴などを常に話題にされるのはNG。

彼に好きな女性のタイプを尋ねた時、開口一番、「仕事に理解のある人」という答え。わたしも男の人は仕事が一番だと思うし、命を懸けて大切にしていることを教えてくれるのは嬉しい。

男の仕事話で嫌な部分と尊敬できない部分。
場所をわきまえてほしい。
公共の場、例えば電車内やカフェ等で、大声で周囲の人に聞かせるかのごとく、仕事の話、それも専門用語等を使い、携帯で喋っている男を時々見かけますが、あんな見苦しいものはないですね。
意義のある仕事をしているか。
どんな仕事であれ、長期的な視点から見て社会的な意義のある仕事をしている人の場合は尊敬しますが、そうでない場合は相手の人生の器の限界を感じます。


「仕事の話ばかりする男」私自身は「どうかな?」である。

いくら男は仕事が大切だといっても彼女の前で四六時中仕事の話をするのはナンセンス。仕事バカの余裕のない男にしか見えない。

余裕のない男は恋愛にも影響が出る。「仕事が忙しく会えない」とか「仕事が忙しく連絡できない」とか、恋愛をないがしろにする悪影響が出る。

やっと連絡がついたとしても、仕事の業務報告。「○○時にクライアントとの打ち合わせ、○○時に営業会議、そして夜は飲み会で○○を接待する」これだけ自分は忙しい、という報告。報告はその日だけで終わらない。来週から○○へ出張する、来月は海外へ出張する、というような数カ月先までの仕事の予定も報告してくる。

久しぶりの彼の連絡は「いかに自分の仕事が大変か、そしていかに忙しいか、またこの仕事に携わっている自分がいかに有能か」に終始している。業務報告ばかりする男は、待たしている彼女への配慮が足りない。数カ月先まで仕事の報告をするということは、数カ月連絡が取れない、数カ月会えないことを意味している。これでは付き合っている女性が大変だ。苦しい状況に追い込まれるのが目に見えてくる。彼女の前で四六時中仕事の話をする男はこういう傾向になりやすい。そういう男との付き合いは、待たされることが日課となり、待たされ過ぎて心が折れてしまう恋愛となる。

仕事の話ばかりをする男は、私自身がいいとは思わない。本当に仕事ができる男は彼女を待たせることはしないからだ。仕事ができる男は、彼女に対してさほど仕事の話はしない。仕事とプライベートはきっちり分けて付き合っているから、彼女との楽しい話題に終始する。


「男は家庭に仕事を持ちこむな!」古い考えかもしれないが、私はそういう男が好きである。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

先生のおっしゃる「仕事の話」とはそういう意味だったのですね。それなら私もあまり聞きたくないです(笑)
仕事に対する考えは、やはり男性のほうが謙虚で忍耐強いので、聞くと自分の仕事の甘えに渇を入れられるのでいいかな、と思っていました。
考えてみると私の好きな人、男友達、みな優秀でいい男かもしれません(笑)。先生が例に出されたような仕事の話は聞いたことないですから。

木曜日にもアップされてると得した気分です♪
勉強になりました。
私自身も過去に仕事をデートに持ち込む男と付き合ってました。自分はプライベートも大事にすると言っていたけど結局仕事でいっぱいいっぱいの状況の時など音信不通にされたし辛いお付き合いの日々でした。
正直今の旦那さんの方が夜も遅いから、トータルその方より忙しいんだろうけど音信不通が一度もありませんでした。
そういえば仕事の話はそんなにしませんでしたが私もデート中に仕事の話するのもなんか違うなと思い、なるべくこっちからも聞きませんでした。

いかにONOFFの切り替えが出来るか… 家庭に仕事を持ち込むなっていいですね♡ 家にいる時はリラックスしてほしいと思います( 'Θ' )

No title

仕事中心の生活だと、どうしても仕事の話になると思います。
仕事を通して出会った出来事、行った場所、そこでの体験や彼の感想、
そういう話は、たくさん聞きたい。彼を知ることもできるし。
でも、「忙しい」「予定がいっぱい」「大変だ」だけなら、それは
「いつもボクを見ててね。こんなに頑張ってるボクをヨシヨシして」というおねだりではないですか?
それは彼女じゃなくて、お母さんに言ったらいいと思います。

何事もバランスですね。
仕事の話だけでなく趣味の話もできる。
一方的に喋り過ぎたと感じたら、
こちらに話題を振ってくれる。

元彼さんはそういう人でした。
だから、会話の内容でストレスを感じることは
ありませんでした。

会話がスマートな人は、立ち居振る舞いも素敵です。
会話がえげつない人は、行動も品がありません。

私は仕事が好きなので、
仕事の話を延々としてしまいますが、
彼から『切り上げ時』や『譲り合い』を学びました。
あらゆる意味で私の師匠のような人でした(*^^*)

離れた今でも、時々思い出して、自分を戒めています

No title

普通の女性とは異なる考えだと思いますが、仕事の話されても全然いやではないです。
自分の話を色々してくれる人が好きですし、こういうどんな話でも好きな人の話なら問題ないです。
それより気持ちを態度で示してくれれば、どんな会話も楽しめるかな。

マルチタスクが得意な女性に比べて、男性の脳はシンプルタスク(モノタスク)しかできない。
そのため気持ちの切り替えも下手で、仕事に気を取られている時期は、恋愛をおろそかにしてしまう

と言うような話をよく聞きますが、これはら世界共通なんでしょうか?
欧米の男性は、プライベートとパブリックをきっちり分けていました。
デートの時やパーティの時に、仕事の話はしませんでした。

日本人男性にスーパーモノタスク型が多いのは、文化的なものや甘えもあると思います。
日本人男性は、そもそもレディファーストが出来ないし、文化的にも男性ファーストまたはシニアファーストです。
その辺のことから、女性に甘えていると思います。

No title

先生の考え方に一票!私もそういう人がいい!

本当の意味でできる、いい男はonとoffの切り替えが上手いのでしょうね(゜-゜)(。_。)

先生の仰る仕事の話は業務連絡みたいで、それは上司にしてくれればいい話ですよね(笑)

忙しいとか大変とかばかり話す男は、女に「大変だね」と言って認められたいのか、甘えたいのか…

男の女に認められたい欲求と癒されたい欲求って、甘えたいっていうのとは違うんですよね?

見極めできたらいいですね!





そのお考えは、多くの女性の意見とは違いますね。
仕事の話とはそれるかもしれませんが、わからない人がいるようなので。
男性は自己重要感という自分を認めほしい・褒めてほしいという欲がとても強い。知識や学力や経験が大人と子どもを分けているだけで、 根から持っている性質はそのままだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する