ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 恋愛と結婚は違う
男「僕たちは恋人同士、結婚は考えなくていいね、ほら恋愛と結婚は違うというから」
女「結婚は恋愛の延長線にあるのよ、このまま付き合えば当然結婚するべきでしょ」

「結婚話を出したら、彼にふられてしまった」という相談が毎日のようにある。彼と結婚することだけが頼りだったの、彼に断られ、彼にふられて、ショックを隠せない女性たちが落胆しながら私のところへ相談に訪れる。昨日も今日も、そして明日も。

結婚話が出た途端に日本列島は震撼する。男たちは震えあがり、この世の地獄を見たような顔つきで、可愛い彼女を置いてきぼりにしてスタコラ逃げる。困ったものだ。

恋愛と結婚は違う。
「恋愛は自由で結婚は責任。」これが恋愛と結婚の違い。
恋愛には制約がないが、結婚には制約がある。恋愛は自由にいろいろな人を愛していいが、結婚は一人の人しか愛してはいけない。恋愛は心ときめく瞬間もあるが、苦しいときの方が長く、とても不安定。結婚は心ときめく瞬間は薄くなるが、その代わり安心と安定をもたらす。恋愛にはロマンがあって人生の喜びをもたらすが、何の保証もない。結婚は恋愛ほどのロマンはないが、人生の生甲斐をもたらす保証がある。

恋愛は自由。すなわち遊び。結婚したがらない人は、その自由と遊びを手放したくなくて結婚をしたがらない。

結婚は責任。自由と遊びに飽きた人が結婚をする。自由と遊びの世界に長く居ると将来が不安となる。不安は(このままでは一生独り)という孤独を誘発させる。今は自由でいいが、この先もこのままでいいか?と心配になる。孤独が人を蝕み、自由そのものが、つまらなくなって飽きてくる。そして責任をとる結婚を選ぶ。責任のある結婚は負担かもしれないが、寂しくない。「人は寂しいから結婚する」自由よりも本能がそれを求めている。

恋愛は一瞬のときめき。人々はそれを求めて恋をする。恋愛は人の人生において最大の関心ごと。これがあるから人生は輝きを増す。だが、いつかこの一瞬のときめきは卒業しなければならない。これから先はときめきより、もっと大切なことがある。打ち上げ花火のようにパッと咲いてパッと散る愛より、長く充実する愛を続ける大切な役目がそなたにある。そこに人生の喜びと達成感がある。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

もっと若いころはトキメキだけで短い恋愛ばかりを繰り返していたような気がします。

今わたしも33才です。
精神的にも大人になりました。ようやく。
今の彼とも無事一年を迎えました。
出会ったころはお互いトキメキ、毎日が愛で包まれていたけれど、男と女。
いろんな苦しい状況もあり、また、自分を変えなさいと言わんばかりの状況にも遭遇しました。
なんとか乗り越え、彼とお付き合いできています。
恋愛中にはしっかり彼との信頼関係を深める。
結婚したら好きだけではダメだと思います。
わたしもやはり将来一人は寂しいです。
彼と結婚の話は出ていませんし、どうなるかは分からないけれど、お互い支え合い信頼し合える相手だと思うのであれば、結婚しようと言ってくれる人だと信じているので、今はただ仲良く過ごせていければと思っている段階です。
いつか、そのような喜びを味わえる日がくればいいな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私は先日彼とお別れ覚悟でこれからのことを聞いたり自分が思っている気持ちなどを打ち明けました
彼は黙って真剣に話を聞いてくれましたが
いきなりの話に困惑している様子でした
それはよくわかりますが
でもこれからもダラダラと将来のことも話さずお付き合いしていくことに不安があり
思い切って話してみました
これで結婚の意志がないならお別れしようと…
結果私の真剣さが初めてわかった
私からこのような話がなかったとしても結婚は考えていたと
そして1番嬉しかった言葉が親に会ってもらいたいと言ってくれたことでした
やはり別れるぐらいの覚悟がないと重い腰を上げないんだと思います
待ってるだけでは駄目だと思い私から行動してみて良かったと思います
これでお別れしてもこの人ではなかったと思えた時行動してみるのもアリだと思います

どちらにしても

1度は、付き合って欲しいと願って、オトコから申し込んだなら、最終フってもフられても、そのオトコかっこ悪いです。たかがオンナのたわごとのようなウザいメールごときを上手くかわせられないわけなら、仕事なんか出来るはずなく。ちっちゃいオトコ増殖…だからそりゃ、そういうの分かってるオトコにオンナは集中しますわ(笑)
男性教育お願いします!先生。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あいさんのコメントを見て

あいさんの覚悟本当にすごいと思いました。
そして本当にうらやましい。
きっと仮にだめでも
自立できる覚悟ができたから、
彼と真剣な向き合えたんだなと思いました。
私も何度か彼に向き合いました。
でも彼の心は動きません。
挙句気になる女性もできてしまった。
私には自立という力がないです。
彼に依存してしまってつらくても
そばにいます。
こんな自分を変えたくても毎日不安と怖さでいます。

ごめんなさい。
ひろぴょんさんのコメントを見てでした。
あいさんもごめんなさい。。

No title

現代は「自由」です。
一昔前と違って、「女は・男はこうでなければならない」とか、「社会の常識だから」とか、そういう規範は薄くなって、「それぞれの価値観の下の自由」が世の中を作っています。

「決断と責任」から遠く離れた人生でオトナの年齢になってしまった「現代の男」
でも、そんな中でもちゃんと「決断」できる人はたくさんたくさんいます。

そういう人との「ご縁」を引き寄せるためには、まず、自分が変わらなければならないと思うのです。
「自由な恋愛」の延長線上には「束縛と責任の結婚」は無いと思います。
まず、ドキドキ恋愛ありきではなく、結婚ありきの姿勢。
そういう心構えだけでもあったほうがいいと思うのです^^
(若い独身の女性には、夢の無い言い方かもしれませんが...これが現実です)
だからこそ、沖川先生がおっしゃるように、“出会い”という早い段階から、お相手を見極める。そういう人を引き寄せる自分にならないといけないと思います。

相手がどうのこうのではない
自分なんです。

いつまでも相手のせいにしていたら、「そういう人」としか巡り合えないと思います。

厳しい言い方かもしれないけれど、最後は「自分」なのだと思います。
必ず出会えると信じて、「数多の中の女」ではなく、「この人しかいない」と思わせる「貴重な女」になるために、努力精進・自分磨きをしていきたいです。

あと、「結婚できる可能性が高い運勢の時期」っていうのもあると思います。
自分がどの時期・年齢で結婚できる可能性が高いのか
先生に調べていただくのもひとつの手だと思います。
そこで、集中的に出会いを求める。
お付き合いしている方がいれば、勝負に出る^^
天を味方に付けるのです。

勝手な考えですが、そんな風に想っています。

Nakaさんへ

私は覚悟ができたから彼にぶつかっていけたんです
Nakaさんも幸せになりたいなら自分を変えないといけないと思います
他に目がいってる彼を好きでいるなら貫けばいいし
そんな彼を見切る時がきたら自分からお別れすればいい
相手まかせでは辛い恋が続くだけですよ
私も若い頃は依存した恋愛をして苦しみました
でもアラフォーになって考えを変えました
相手を変えるのは難しい
ならば自分が変わればいいと思えたからです
依存も相手に求めることもなくなりました
今回彼に言った時も彼を責めるのではなく
私はこうしたいこうなりたいけど彼がそう思わないならそれはタイミングや考え方の違いだけで彼が悪いとは思いませんでしたよ
ダメならご縁がなかったと思うしかない
Nakaさん自分が変わるしかないです
この人しかいないと思ってても他に目を向けてみたらたくさん素敵な男性はいますよ
そしていつか運命の人に出会える日がくる
私は今の人がそうだと思っていますよ

自分から切り開いていきましょう!
Nakaさん!

No title

最近、男性が浮気をせずに1人の女性に生涯を捧げることは男性社会では愚弄されることだという記事を目にしました。

本命女性を持ちつつも数ある女性を渡り歩くのが真の男性と…まことしやかに男性社会ではささやかれているようです。

男性はハーレム状態を夢見る。そのハーレムの中でも女性は1人の男性しか愛さない…
男性は1対大勢でも、女性は1対1なのです。

そういう男女の恋愛感覚、結婚観のズレが今の逃げ腰な男性を増やしているのかもしれないと思いました。

浮気をしない男性は、小さい男と、男性社会では言われるのは何故ですか…???
妻に頭が上がらない、みっともない夫と思われるから?

これらをよく考えたら浮気をせず生涯に貴女だけだと1人の女性に誓える男性は、ものすごく男能力の高い男性のような気がします。本能的な男脳を打ち負かし、1人の女性に決めるのだから…

そういう男社会の常識、男脳を克服し超越した男性が増えると、「結婚」の文字を聞いても自由がなくなると逃げ出すような男性はいなくなるのにな…と思います。

男社会の常識は、女社会では卑劣な男のレッテルだと、男女関係ない一般常識になるといいのに。

結婚は運命共同体、お互いに幸せであることが必要不可欠なはず。お互いがお互いを、この先の人生を歩むために必要な存在と思うから結婚するものだと思っています。

恋愛と違う、重さがあるとは思います。
その重さに耐えられる男性が増えて欲しいと思います。

ひろぴょんさんへ

初めてコメントします。
ひろぴょんさんのコメントを見て、自分を変えるって簡単なようで難しい。そう思うのは彼への未練があるからでしょうか?
気持ちの整理をしたつもりでも目の前に彼が他の女の人と私には向けない笑顔を向けて話してる姿を見る度に胸が痛くなります。
それでも、下を向かず、彼の目を見て話せるようにしているつもりです。彼は気持ちの整理も出来てスッキリしてるようですが私のラインに返事はなくても既読にはなります。
ひろぴょんさんのように強く潔い心の持ち主になりたいです。弱い自分は嫌です。

わたしも、最近はっきりしない、受け身の彼から自分から離れました。タイミングがあえば結婚してたかもしれませんが、、

離れる決断をしてからも、したあとも辛く、ふとした瞬間に彼を思いだし連絡したい、会いたい衝動にかられますが、戻ったらまた先が見えない関係に不安になる、と思い返し、自分から連絡を絶っています。

それから1ヶ月たちましたが、勿論音信不通の彼を思い出してはかき消し、誰か友達に紹介してもらうようお願いしたり旅の計画したり、自立+次の出会に向け行動しています!

それでも半年は彼を追いかけていましたよ、でも諦めました。
わたしほ39歳で、やっぱり家庭を持ちたいから、結婚できる人と付き合いたいと今は真剣に思います。その思いが、彼から離れることの決断につながりました。
結局は「自分」だというご意見、わたしもそう思います。

恋愛と結婚は違うと確かによく聞く言葉だけどそれは上の世代のことで今は、恋愛→結婚が多いと思います。昔のように親や親戚、近所の人が世話をしてというものも最近じゃあまりないだろうし。
現代でも中には割り切って好きでもない男性と結婚できる女性もいるようですが…
私は幸い 大好きな人と結婚できましたが好きでもない人と結婚するのは絶対無理だし それなら一人で生きていくと思います。
恋愛の末に、結婚してずーっとラブラブな夫婦も沢山いますが、 結局、恋愛と結婚は別という言葉は、結婚生活をしていき恋愛感情がなくなるということもあるのかなと思います。
恋愛感情が無くならないように努力することも大切なんだろうと思います。

無題

結婚しているけれど奥さんでない女性に声を掛けている男性を何人も知っています。
やっと掴めた愛を、結婚という枠になんとか納めても、終わりではないのだと感じます。
結婚後も女性は、相手の男性の気を引き続けるために駆け引きめいたことをすべきなのか?
それとも、結婚後は前とはすべきことは違うのか?
私には難しくてわかりません…

女性も

私は恋愛と結婚、違います。
彼氏にしたい人と、夫にしたい人、違います。

年齢を重ねてそう思います。
女性もそうではないのですか?

共に人生を歩みたいと思っていた人との恋愛が終わり、ようやく新しい恋愛を見つけ、わくわくしていたのですが、気持ちが早くもブレーキがかかっています。その人は、彼氏にはしたいと思うけど、結婚したいとは思えないんです。不安が押し寄せてきます。この人との恋愛の先には結婚があるのか。ない気がしてしまうのです。

ようやく見つけた恋愛の芽を摘んではいけないと、そうっとしておいてますが、今にも摘んでしまいそうでこわいです。

恋愛の延長で結婚は理想だけど、恋愛=結婚という方程式が崩れたことを実感した一日でした。

46才にして年下の彼に振られました。それから、自分を見つめ直す為に自分と向き合い彼との別れの原因も私の心の弱さと甘えが原因だと気付きました。時すでに遅しです。反省と後悔でこの3ヶ月で食べているにもかかわらず激やせして見るも無残な事に。
鏡を見て、これじゃあダメだと思い諦めるのか追いかけるのか何度も自分に問いかけて。趣味でやってるチームが同じなので顔は毎週見るしプレーの事も聞けば答えてくれます。自分でもプレーヤーとして彼のプレーは尊敬してるので解らない事は聞くのですが嫌がらず答えてくれます。それはチームメイトだからと言う事も解ってはいるのですが素直に嬉しいのです。連絡もラインで毎日1回はしてしまいます。仕事をしてても彼の事が思い浮かぶ程です。ここ1ヶ月、ようやく忘れてる時間が出来るようになりました。弱い自分は嫌だ!とコメントした事で、もう一度、自分はどうしたいのか?考えてみました。弱い自分を変えたい!まず第一に思ったのは自分を変えたいと言う事でした。彼の事は今でも好きです。側にいて欲しいと思います。でも、今の自分から逃げてる私は自分でも嫌なのです。まずは自分から逃げない。自分の心に正直に自分と向き合い、今ある現実を受け入れ真正面からとことん戦っていきたい!と思います。結果を焦らずに。最後まで諦めずにとことん戦い抜く事が未来に繋がると信じて!
このブログのコメントや沖川先生の見解、教えが力を与えてくれた事に感謝です。
1人ではない事が心強いです。

本文とはズレてしまいますが
皆さんのコメントと今の自分が重なったので…

白黒つける(失う)覚悟ができたので
いざ出陣!! しようと思います

37歳バツイチ12年
正直、この先新たな出逢いがあるか不安だけど(;^_^A
グレー男とだらだら・モヤモヤ状態はもう終わりにします☆

私の場合 好きになる人=結婚したい人

結局、恋愛の先が結婚なんだから 結婚したい人を探さなきゃ時間がもったいないですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する