人間関係においては何でも許す。そんな人間になりたい。この仕事をしていて、月日を重ねるごとに、だんだんとそう思うようになりました。許す心を持てばすべてが解決する。今の私はこれが一番の解決方法だと思っています。


彼・彼女が音信不通にした。彼・彼女が裏切った。彼・彼女に嘘をつかれた。彼・彼女に騙された。彼・彼女に別れを告げられた。そんなケースは日常茶飯事。もし、私がこのようなケースに巻き込まれたらどうするか?私なら許しちゃいますね。許すことで被害を最小限度に抑えることができて、許さないから被害が拡大する、そのことを学んでいるからです。この学びは歳を重ねて学んだものではありません。年寄りでも卑屈な人はたくさんいます。多くの人が年齢と共に成長するわけではありません。中には後退するものもいます。後退して偏屈になった年寄りはたくさんいます。私は人を許す心を歳をとってから学んだのではなく、鑑定に訪れる多くの人から学びました。何万という人間関係の苦難から、「人は人を許すべき」ということを皆さんの体験から学ぶことができました。この仕事を通して一番成長したのは私自身かもしれません。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

No title

そうですねぇ。
許さなければ、自分自身が憎しみの心に支配されてしまいます…。
身も心も醜くなりそう。

そう思ってたのか、昔の私は、中学生の時、クラスメイトに意地悪されて怒っている友達に対して、
「そんなの相手にせんとき。一緒に怒ってたら(あの子みたいに)顔が醜くなるよ!!」
と注意したことがありました。そんなことを今、思い出しました。

昔は悟っていたなぁ~(笑)。
私は後退してしまったのだろうか…。
いやいや、昔の自分を取り戻さなくては(笑)。

許すとなめられてどんどん相手にされなくなっていく…

No title

『弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ』
私が感銘を受けたガンジーの言葉です。先生の言葉も響いてきました。
そして何より、許すことは相手のためではない、自分のために相手を許すのだと
私もたくさんの経験を経てそう思うようになりました。

忘れても、許すかどうかは自分次第でいいと思いますよ…
本心から許せたら、もしくはもうどうでもいいことと手放せたらそれは楽になれるかもしれませんが…されたことと、それを許さなければという二重の苦しみを無理に負う必要は無いと思います

忘れるかな

許すとは、忘れることかもしれません。私はもう元カレを忘れました。時間が全てを解決し、思い出すこともなくなりました。今少し気になる男性が現れたからかもしれませんが。負の感情は引きずるのも体力がいるので(笑)40過ぎたら逆に難しいですね。恋にも刺激ではなく、温かみを求めるようになりますね。

ここ数回の記事は、グリーフの作業と似ているなぁと思い読んでいます。
相手を赦すことのはじめに、自分自身を赦す作業から始まります。赦す=受け入れる というのが近い言葉かもしれません。
裏切られた自分、怒っている自分、後悔している自分。それを受け入れ、赦す作業をします。
それが終えてから、相手を赦せるようになります。
ここまでの作業を終えると、小さなことに目がいかなくなります。もっと先を見据えるようになるというか、自分自身がちっぽけで、儚くて、だけど力強い生命体だと感じられます。

主人を亡くして二年。
グリーフの勉強を始めて、ひとつひとつを実践してみてここまでたどり着きました。
ようやく独りで大地に立ててる自分を感じます。

と。
恋愛とは離れた話しにはなりましたが、お伝えしたい気持ちになりましたので書かせていただきました。

最後に。
今は、大切な彼ができ、傍に居てくれています。
同じ家族を亡くしたもの同士。
苦しさや哀しみの深さを知るもの同士です。
主人を亡くした当初、早く主人の元に行きたくてたまりませんでした。
もがき苦しんで、頑張って、ようやく幸せだと言える私がここに居ます。

出会いは奇跡。
水ものだと考えてます。
だからこそ、一日一日を大切にし、出会えたご縁に感謝し、別れが来た時は、笑顔でさよならをし。
人生を謳歌したいと思います。

とりあえず、国家試験合格目指して今は頑張ってます!。

No title

許す心、持っていたいです。
般若心経の「空」の世界観ですね。
そういう思考を多くの人が持てばいいな。

flying birdさん、グリーフケアですね。悲嘆。私も少し勉強に行きました。赦しはまず自分を赦す事…死別は数多の別れのうち最も辛い出来事です。悲嘆を少しずつ乗り越えて、和解して、そして今穏やかな出会いに恵まれたとの投稿を読んで、心温まりました。

人生の教訓シリーズ(勝手に命名(笑))良いですね。
恋愛日記とは別に、ブログにして頂きたいくらいです!

心から許すこと、昔よりは出来るようになりました。

相手との勝ち負けに拘らず。
損利益に拘らず。

許すことも、優しくすることも、
自分がしたいから、そうしています。
見返りは求めていません。

たまーに、理不尽な感情をぶつけてくる人もいますが、
きっと忙しいんだろう、と
色々あるんだろう、と
相手の感情に巻き込まれずに淡々と過ごしています。
自分もそいうい時はありますしね。

明日のブログも、
人生教訓シリーズだと…良いな(笑)とても勉強になっています。

No title

許すこと、大事ですね。そして他人の言葉に惑わされず、自分が向き合った相手の姿をきちんと捉えることも。他人の言葉はあるときは無責任です。数分のうちにコロコロ変わることも。毒にも薬にもなります。最後は自分の中の彼を信じること、それをもって自分で決めること。痛感しました。相手の本当の状況や考えなんて本人しかわかりません。人柄もしかり。それがわかって成長できたかもしれません。間違えなくてよかった。

裏切られても許してきました。
それは心から愛しているから。
周りからは当然理解されないけど
同じように愛してくれたらそれでいい。

本当に許す許さないは人それぞれの
気持ち次第ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

好きだから復縁したい。

そう思っていたつもりだけど、許せないから固執しているだけなのかもしれません。

許せない、情けないから見返したい

そういう思いを、無理矢理、愛だと思っているのかもしれない。

自分のために、自分磨きをして、彼を忘れて毎日を送る。

ほんとに縁があれば、いつか、自分も良いタイミングで動くだろうし、相手からも動きがあると思う。


先生の本やブログを読んで、強い思いで(ある意味血眼になって)復縁にむけて頑張ろう!って思っていたけど、最近の記事を読み、少し変わってきました。

しがみつくほどの男か?

答えは…まだわかりませんが、、、毎日考えて、落ち込む程の価値はないと思います。

何が言いたいかわからなくなってしまいましたが、失恋のショックから少し立ち直ってきました。

皆さんの、コメントもとてもためになります。

前の彼氏との別れ際
「あなたを赦すことはないと思う。その時が来たらわからないけれど、今は赦せない」と言いました。
「それでもいい」と言った彼の言葉に
「もう私のことは好きじゃないんだ、所詮この人の中では他の男に取られてもいいってくらいの女だったのか」と落胆しひどい悲しみのなかにいたのを覚えています。私が女でいることの糧になっています(笑)
恋愛は二人でするもの。赦すこと、赦されること。お互いがしていって信頼関係ができあがる。逃げずにその状況に立ち向かえ、正しい選択をできるようになります!!

別れを告げられ1ヶ月
息ができなくなったり食欲なく孤独と寂しさが溢れました
日に日に、いろんな感情を経て今日、彼に友達としてよろしくと連絡できました
昨日までは、復縁したくて追いかけていましたが切り捨てられた 追ってももう私とは無理なのだ...と諦めることができました
自分を許し彼も許せたのだと思いました
終わったのだと、理解し前に進む準備ができたのだ
知らなかった感情や人を深く愛すること、付き合うことは 当たり前じゃないということを知ることができました
許すことから始まりますね

神にでもなったつもりですかね。

最近の記事、いいですね。こういった人生論というか(少し禅の思想も入っていますよね)人間の深いところを突いたお話、とても好きです。

恋愛日記ならぬ人生日記(笑)これからも書いて頂きたいです!

他人事

許した方が近道です、憎む苦しみから離れられるので。
でもそんな綺麗事、当事者じゃないので同じ気持ちになれなくて当然です。客観的に人は何だって言えるんです。

お父様が、不遇な生い立ちで、親戚に虐げられてきた彼は、様々な困難を乗り越え、夢叶えました。
恨みや憎しみは、自分の成すべき事を見失うと言ってました。
だから、そんな感情は、持たない方が良いと、以前、言ってました。
許しの心とは、自分の成すべき事を見失わないという事なのかも知れませんね。

No title

こんにちは、はじめてコメントさせて頂きます
私の周りにも許せない事(憎しみの心)で苦しんでる人が結構います
許してもらえない人、許さない人・・どちらの立場も見ていて思う事は
結局許されない方より、許せない人の方がより多く苦しんでいて苦しい人生を生きているという現実です
理不尽だな・・と思う事もありますし、本当の意味で相手を許すというのはなかなか難しい事だと日々思いますが、私もそういう方たちを見ていて「許せない」と思う心をまず手放そう!そう思っております。

No title

許すというよりも見逃す寛容さ、みたいなものを感じます。
それも人としてのある種の優しさでありエレガンスだと思いますね ^ ^

みなさんのおっしゃることは、その通りと思うことたくさんあります
でも、我慢強い私の親友は他人を許し続けた結果、9年付き合った彼に捨てられ、職場で全責任を負わされそうになっています
私は許せません
彼女の前で怒って泣きました
彼女は感情的になる自分が嫌いなんだそうです
なら私は?
いつだって感情優先で、喜びも悲しみも怒りも、時場所タイミング相手を選び伝えてきました
そのせいでいらぬ反感を買うことは多々ありますが、それでも私は、最終的に許すのであってもまずは嫌なことは嫌と言いたいし、欲しいものは欲しいと言いたい
それは彼女もよく知っています
でも彼女は違います
彼女の考え方はすごく理性的で、社会でやっていくにはとても優れているし、男性っぽいと感じることもあります
でも泣く私を見て彼女も泣きました
本当は許せないのに許したことにして強がって、パンパンではち切れそうなのに断れないし頼れない、弱音も吐けない
そんな彼女がやるせないです
否定しているのではないです
むしろ尊敬しています
でもそこまですることない、甘えたっていいし醜くてもいい、それが人間なんじゃないかと思うし、どのみち嫌いにはならない、お願いだから自分の気持ちをまず犠牲にしようとするのやめてほしい

許すことにとらわれてこんなになってしまった親友は、どうしたらいいのかわかりません
今日も彼女は働いています
トイレや帰り道に一人で泣くらしいです
はぁ…無力です

たどり着くのは

そして、たどり着くのは般若心経ですよね。。
私は悩み事が深ければ深いほど般若心経です(笑)
そうすると逆に彼氏がどうだ恋愛がどうだと
悩める事に幸せを感じます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する