ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 昔、女性の価値はクリスマスケーキと言われた。
クリスマスケーキは、24日のクリスマス・イヴ、25日のクリスマスが定価の正当な値段で高く売れた。26日には値段が2割下がり、27日には半額になり、28日には「ただで、持ってけドロボー」と言われた。

女性の結婚適齢期をクリマスケーキに例える風習は自分が若い頃によく耳にした。確かに自分が若い頃の女性の結婚適齢期は24~25歳がピークだった。18歳くらいから色づき初め、24、5歳で大輪の花が咲き、イヴにプロポーズされてクリスマスに結婚式を挙げる。そして正月におめでたの報告を兼ねて両家に挨拶する。女性の24歳は変化の歳で、少女からギャル、ギャルから大人の女性へと変貌を遂げ、24歳で結婚し25歳で母となる。生理学的に理想とする絵にかいたシナリオ。女性の価値はクリマスケーキか?なるほど、と思ったものだ。

今はどうだろう。
「女性の価値はクリスマスケーキ」といま言ったら、もの凄いバッシングを受けるだろう。セクハラ・パワハラと言われるかもしれない。それは昔の話で今は違うというしかない。

で、今は?
「大晦日」と、言っておこう。
大晦日、つまり31歳だ。
女性の結婚適齢期を何かのイベントに例えるのはとても失礼だと思うが、話の流れからして仕方がない、勘弁してください。結婚適齢期が晩婚化しているのは事実、それだけ平均寿命が延びた、と言っておこう。

今は多種多様、結婚する人もいれば結婚しない人もいる。今までの習慣や決まり切った慣習による、惰制的な結婚などしたくない。結婚は本気で好きになった人と結婚したい。好きな人が現れなければ一生結婚はしなくていい。好きなレベルが昔と比べて大きく変わってきた。つまり好きなレベルがどんどんと上がってきている。昔はこのくらいで手を打ったものが、今は手を打とうとしない。つまり惰性で結婚するのを避けているからだ。世間体や常識に捉われて惰性で結婚しない、結婚は自分が本気で好きになった人とする。それが今の時代の生き方、それはそれでいいと思う。それにもうひとつ付け加えれば、惰制で結婚するより、もっと大切な自分の夢がある。依存と従属だった女性に、自立する夢が芽生えてきた。そんな気がする。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かに……

結婚してもしなくてもそれぞれの人生なのだから好きにするべきですが、大抵の女性(9割)は結婚したいと願ってますよね。残りの女性はあえてこのブログ読んだりしないだろうと思うので、恋愛から結婚まで持っていくためのプロセスを綴っているこのブログは参考になります。
今の結婚適齢期が31歳というのは本当に納得です。
そしてその年齢までに結婚を決める女性は恋愛強者だなぁとも思います。

妥協で結構したら、後悔する性格なので
妥協はしません。 待機児童、学資ローン問題と
子供を産んでも経済力がないと子供を不幸にしてしまう…
綺麗事では、生きて行けない世の中です。
稼ぎもなく家事にも非協力的家庭は妻任せの男とは
結婚なんてしたくないです。
女性は、苦労すると卑屈になり意地悪になって行きます。
そんな女性にはなりたくないです。

それも昔かも…

大晦日も、ずいぶん前のような(・_・;
結婚や恋愛は、40代から見ると今の若い世代の方が妥協感を感じます。結婚してないなんて、カッコ悪いという理由も強そうな。
男女雇用機会均等法があってから、女性も総合職で就職しはじめたけど、やはり結婚したら両立は難しく、退職していく。企業は、やっぱり女は…となり、派遣や契約社員で女性を採用し始めて、不安定な雇用環境からまた結婚ブーム。稼ぎのよい男性は結婚に邁進する若い女性に獲得され、結婚市場には残っていない。しかし離婚率はうなぎのぼりで伸びていき、シングルマザーの貧困問題はよくニュースでやってますね。
思うに、やはり男性側が女性や女性を取り巻く環境の急激な変化に理解がないのが、あるかなあ。結婚したら、家事育児何でもやってくれる!やった〜!的な感じ方しかなくて、旧態依然としてるんですよね。私も今の働きマン状況から、結婚して共働きして、夫が何もしなかったら死ぬな…と思います。我が両親世代のように、男はゴミ出しすらせず、家事はノータッチ。女がひたすら家事に追われる姿を見ると結婚に対する憧れはもはやないですよ。夫婦に深い愛情がある…のは、男性の言い分で(笑)。こういう家庭になってる高齢世代は非常に多く、そもそもの社会構造、家庭構造にやはり日本は問題あります。彼等の責任というよりも。
ワタシは、結婚したいと思うのは、万が一の時、事故や犯罪に巻き込まれそうな時に、身元引受人の旦那が欲しいから?かな(笑)。両親が亡くなった後の唯一の身内、お互いの弱さ、危機的状況を守り合うような存在として、結婚はしたいなと思います。男性はそんな感じ方、全くないでしょうけど、大病したりリストラ合ったりした時、きっちり自立してる奥さん、ありがたいと思うと思いますよ。
幸せな主婦の皆さんとは全く違った意見かと思いますが、40過ぎてそれなりに責任ある職になったりして、ずっと独身である私みたいなんは、意外に多くて、こういう感じ方は普通にありますね。
ただ、結婚は仕事と両立出来るなら、早い方がよいとは思います。

生き方が多種多様になった今、子どもを生む選択肢を持たないなら本当に自由な人生だと思います。
その上で他人に依存せず経済力を持っていて人として魅力があれば年を重ねても毎日楽しく過ごせます。
そのための努力は必要ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

男性も昔は「家庭を持って一人前」と言われ、
30くらいまでには半ば強制でも結婚しなきゃいけない風潮があった。
現代は・・・
男性は結婚しなくても肩身が狭くないし、
適齢期の女性と付き合っても結婚せずに別れたりしてますね。
結婚の決定権はどうしても男性にあるので、
晩婚化の一因は男性の決断力のなさもあるのかな・・と思います。

結婚ってやっぱり男と女が揃って初めて出来るものですから、
非婚化は、男だけor女だけに限らず、双方にあると思いますよー。

ただ、子供を望むのであれば、女性の適齢期のほうがシビアですよね・・・。

No title

年齢で結婚は したくはないけど この人を支えたい とか この人についていきたい と思える相手が少ないですよね。男性に 是非 ついていきたいです。支えたいです。と 思わせてほしいです。

大晦日です(笑)
そっか、結婚適齢期かぁ。もう過ぎたかと思ってました。

若い頃は、35歳までに結婚出来れば良い。
仕事も遊びも楽しくて、結婚なんかに縛られたく無いと思っていました。

いざ20代後半になると周りが結婚していき焦り始め、
その焦りの気持ちから、
彼と結婚したいのか、ただ結婚をしたいのか分からなくなる始末でした。

大晦日まで、外見の若さは少しずつ失っていきましたが、
自分の内面や他人を思いやる気持ちを少しずつながら
考え、養う時間になりました。

自分にとって、結婚適齢期は今なんだなぁと、
納得しながら拝読させて頂きました。




今の60代以上の方々は先生のおっしゃる通り惰性で結婚された方が大半だと思います。それは女性が、まだまだ自立できる社会環境でなかったのも一因だと思います。

現在は自由に恋愛ができるが、結婚のハードルも上がりましたね。結果的に、したくても出来ないという人もいるし、はなから結婚したくない人もいます。
結婚した時がその人の適齢期だと言われてます。今は個人個人で異なっている時代なんだと思います。

女性は妊娠、出産を望むのなら、単純に体力面で20代で生んだ方が良いだろうなとは思いますね。

何を優先するかは人それぞれだけど、どの道を選択して苦労しても最期に自分が幸せだと感じられる事が大事ですよね(^^)

自分の理想は、31歳までには結婚。35歳までには妊娠。40歳を過ぎたら、結婚相手は年上の人を探そうかなと思ってます。

結婚適齢期と出産適齢期

まさにその昔の結婚適齢期に結婚し出産しました。
半世紀を迎え(笑)、子供達が大学・高校進学し手が離れてきた頃に親の介護が始まり、子育てが終わろうとしている今、親4人を見送り、介護生活も終わりました。
例え独居でも誰でも施設に入れる訳ではなく、嫁いだ娘にも介護の必要性が出てくるのが今の介護制度の現状です。
私は割と早くに出産したので、子育てと親の介護があまり被らずに気力・体力がある内にできて、本当に良かったと思っています。
確かに結婚はいくつになってもできます。
でも、女性には出産適齢期というものがあるのも現実で、そこにプラスして親の介護問題なども出てくるので、なかなか難しいですが…
その人その人で状況が違うので、結婚の時期は自分の将来の状況なども考えて、結婚の時期を考えたらいいと思います。
私は、主人が何度も転職し、しかも日正規社員だった為、私が大黒柱として家計も支えてきました。
主人とは恋愛結婚でしたが、数年前から夫婦としては心は離れていましたが、お互い子供達の親として、また介護のパートナーとして協力はしてきました。
いつまでも結婚当初のようにはいられない事、昔の台所洗剤のCMでやっていた、手をつないで歩く憧れのおじいちゃんおばあちゃんにはなれないだろう事を今実感しています。
そして、これからの人生は自分の為に使っていきたいと思っています。

あの〜

このタイトルの通りであれば、私、40歳なのでとっくに終わってます。
23で結婚し29で離婚しました。最初は人生終わった、もうあきらめよう、と。でも、年齢を重ねるにつれ歳下の彼氏は何人かできるし、自分より歳上の人からも求婚されましたよ。
年齢は関係ないと思います。

今回のブログは結婚してる人によくあるオッさん目線の意見で、私も既婚者の50代男性に同じ事を言われました。確かに、マトモな人生観を持ってる人は学生時代に知りあった人と20代前半でとっくに結婚しています。私もそうでした。でも、時代は変わっているんです。
出産の事もあるので内心焦ってはいますが、今年こそは結婚できる様になりたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する