ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 恋とは革命である
男性のビジネス思考では恋愛はできない。その思考は固くていけない。学校や社会で習ったものをそのまま押しつけているからだ。時は金である、ルールに従い常識にのっとって合理的に最善の近道で生産性を上げなさい。物事は冷静に客観的に判断し、無駄なもの悪いものは排除しなさい。世の中は頭で考えた通りに動くから、勉強しなさい、勉強しなさい、頭が良くなればあなたは成功するから勉強しなさい。理論や論理の理屈をいっぱい覚えなさい。物事はどうやって作られたのか計算して覚えなさい。世の中で渦巻いているのは、政治、経済、法律、道徳、哲学、心理、宗教、生産性、合理的、精神力と体力、そしてお金、すべてが稼ぐ力だ。世の中には勝ち組と負け組しかいない、君は負け組になるな!勝ち組になれ!と頑なに教えられる。

恋は革命である、こんな固い頭では恋などできない。


政治、経済、法律、道徳、哲学、宗教、などの権威者的な考え方から言ったら、恋は無駄。こんな無駄なことをしている暇があれば、もっと向上心を持って働け、仕事は全能の神様、それに勝る営みはない、人間は仕事だけやっていれば幸福になれると教えられる。恋は暇なとき余裕のあるときにするもの、それが全てではない。君のすべては合理的に生産性を上げて仕事をすることだ、と教えられる。厳しい世の中のルールが、化け物の化身となって流行り病のように教えている。甘くて優しい青年は、その厳しい世の中のルールに恐喝され、恋をやめようとする。そして頭は固く固くなり、ロマンのないつまらない男が出来上がる。


恋とは革命である。
名誉や地位や財産より、私は可憐な乙女の微笑の方が嬉しい。政治、経済、法律、道徳、哲学、宗教、などの権威者的な考え方はバカバカしい。それは人間が作った愚かなルールに過ぎない。恋は革命である、ルールに縛れず、自由に甘美なロマンの世界に行くのもいいものだ。頭の固い理屈っぽい人を相手にするより、自分を頼りにしている乙女を相手にしている方が100倍も楽しい。こんなに楽しい世界はないのに、なんでわざわざ厳しい世界に舞い戻るのだ、そこは楽しいか?楽しくないだろう?仕事、仕事ばかりで、仕事など楽しくない。仕事は恋をする余裕があってこそ楽しいのであって、権威者の理屈バカを相手にしても楽しくないはずだ。なのに、君は権威者の命令に従って仕事ばかりしている、アホじゃないの。革命を持ちなさい、自分の心に。権威者に踊らされてはいけない。踊らされれば君はロボットになる。




関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

そういう教育されてるんでしょうか。初耳です。
確かに勉強だけしてるとコミュニケーション能力は乏しくなりそうですが。
忙しくても仕事に夢中でもよいと思います。ただし好きだと確認しあって付き合っている相手にきちんと事情を説明できるなら。
それがないなら、責任感などなく中途半端な人間か、そもそも付き合ってると思ってるのは女性側だけとか。仕事云々とは関係ない問題かと。

男脳、ビジネス脳を心から理解し、
全てを許し大きな心で接しているつもりでした。

でもその極端過ぎる考え方は、
本来持っていた私の天真爛漫さを殺し、
何でも言うことを聞く彼の人形になりさがり、
結果、かえって彼を疲労させてしまいました。

何事も極端は良くない。(自分への戒め)
恋愛脳だけでも駄目、ビジネス脳だけでも駄目、
お互い楽しく過ごせるよう、バランス良く。

価値観の擦り合わせは大変ですが、
その過程で学ぶことも多く。
嫌な事も、前向きにお互いの糧に出来たら。

人生、まだまだ長いですね。
自分らしく、充実した毎日を過ごしたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

少子化対策とか言って 女性の子供を産む年齢は限られてるなどをしっかり教えると最近ニュースでやってましたがそれより、まずは男の子に恋愛し結婚する大切さを教えてあげる方が少子化対策になるのでは⁉︎と思います。

h&mさんのおっしゃる通りです!男ども、しっかりしろ‼︎

マンガ

最近、アラサーの独身女性を描いたマンガを、よく見ます。私自身が好きで、探して読んでいるので、感じるだけかもしれませんが、最近すごく多いです。
内容は、大体が結婚できない、のではなくしない、女性の話が多くて、大体が容姿は悪くなくて、仕事も友達も、全てが並以上。恋愛経験が豊かだからこそ、結婚ではなく恋愛を優先していたりする話も、多く見かけます。
描いている人は主にアラサーからアラフォーの女性ですが、こういうマンガや、ドラマとかもあるのかな?が増えるのって、やっぱり時代なんだなと思います。大人になったら、当たり前に結婚して当たり前に子どもを産む…主婦になる…というのはもう古くて、お話の中の人たちみたいに、仕事や恋愛に打ち込んで、孤独を恐れず家族に囚われない生き方、自立した自由で強い女性像、、が今は流行り??なのでしょうか。
私は、憧れる気持ちからそういうマンガを探して読んでいます。仕事が好きだったのに、結婚して少しして辞めてしまいました。後悔はしていませんが、別の道を選んだ自分を想像することはあります。
自由に自立した生き方、してみたかったけど、子どもを産みたかったし、帰る家が欲しかった…。同棲とか、事実婚とか、不確かなものじゃなく、社会に受け入れられる形で、安穏とした生活を送りたかったので、代償として、失うべきものを失ったと思っています。
テレビを見ると、家庭があってもキャリアや趣味に輝いている女性はたくさんいるんだと、気づかされます。本人の努力、ご縁、など必要なものはあると思いますが、それらが整えばすべてを手に入れることもできるけれど、やはり結婚するにあたり、失うものと得るものは歴然で、現代人は自らが満足することを最も良しとする考えのようなので、世のため人のため、みんながそうするからそうする、それが常だから…などこれまでの考えは通じないのだな、と思います。
自らが満足するためには、誰かを喜ばせるのは二の次で、自らが幸福感を失わないで生活できる確固たる自信が無ければ結婚しないのでしょう。
どんな道を選んでも、何かは失って何かは得ます。失うのが嫌だからという後ろ向きな理由で結婚しないなら、寂しい世の中だなと感じます。
長々と失礼致しました。

恋とは、いつの間にか渦中の人になること。
自分の意思ではなく。
そんな気がします

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する