ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 自分の運命は自分で掴むこと
これからの時代は人に頼ることなく、自分の運命は自分で切り拓いて行くしかない。

自分というものがないから人に翻弄される。人の意見や人の言動によって、自分が望んでいない形になっていくのは情けないと同時に憤りも感じる。もう人に頼るのは辞めよう。人は表面だけの付き合いだけにして、下手に馴れ馴れしくしないこと。下手に馴れ馴れしくなるから軋轢が生じて感情的になってしまう。感情的になったら人との付き合いは難しくなる。感情的になったら誤解や憎しみ怒り嫉妬が生まれ、人が持ってはいけない悪感情がオンパレードとなってしまう。これだったら最初からこの人と付き合うのではなかったとなる。

無駄な争い、無駄な癇癪、無駄な憤りを抑えて付き合うこと。相手が自分の望んだ形にならないのなら、それに憤りを感じることなく(その考えもあるね)と尊重し、素直に自分の考えをひっこめればいい。自分を持っている人は人を頼らないから、人と軋轢が生じない。生じても、さらっとかわす。人に自分の意見を押し付けることもない。

低レベルの感情。
人にかみつく人は低レベルの感情の持ち主。あまり苦労もせずに育ったのだろう。あるいは相当な悪環境の中で育ったのかもしれない。または苦労があったとしても、その苦労を生かすことができないまま、苦労を怨みながら育ったのかもしれない。いずれにしても低レベルの感情の持ち主でしかない。低レベルの感情の持ち主との付き合いは、冷静に距離を置いて付き合うべし。相手の感情に翻弄されてはいけない。翻弄されれば、あなた自身の運が悪くなる。

低レベルの感情は誰しも持っている。
もちろん私も持っている。
ここに来られるお客様も持っている。

人間とは弱い生き物、誰しも低レベルの感情を吐きだす、これが人間なのかもしれない。だが低レベルの感情だけでは幸せになれない。常に運の悪さと不幸がつきまとう。そうなったら人間はおしまい、そこからなかなか抜け出すことができない、これが性格となってしまうからだ。運の悪い人はいつまでも低レベルの感情の世界にいる。だからいつまで経っても運は良くならない。常に人を怨んでいるから良くならない。飽きもせず人を恨み、飽きもせず人に依存しているから良くならない。低レベルの感情を抑えるのは、人を頼らないこと、そして常に冷静であること。そうすれば、人に頼らず、自分の運命は自分で切り拓いていける。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

21歳の時に5年付き合った彼と別れ、
5年経ちます。初めて付き合った人と結婚する
という夢が叶わず、色々な方にアプローチされても好きなれず、
1人で強く生きていこうと、23で田舎から上京し
強くなったつもりでした。
あれだけ嫌悪感を抱いていた不倫。
この年で社内の既婚者を好きになってしまいました。
その人がまさに低レベルな感情を私にだけ向けてきます。
向こうは帰れば癒しがあるけど
私は帰っても1人でもやもや…
けどその人を相手にしてる自分に問題があるってことだ。
前向きですね!彼が私に嫉妬してくるのも無視!
好きになってしまったけど、低レベルな感情を向けられても冷たくして突き放そうか考えたけど、
私は平然と仕事をして大好きな彼氏作ります!
毎日向かい合わせの席でつらいけど、前向きに…

軋轢も嫉妬も人間が生きるうえでは避けて通れないし、その感情を経験して人とぶつかってこそ学べることもあると思います。一切を抑えるって神でも目指してるんでしょうか。
ときに失敗しながら学びながら人との距離感を計れるようになっていくほうが人間らしく豊かな気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

低レベルな感情は、愛情とは違いますよね。

相手が愛してくれなきゃ生きられないなんていうのは愛情じゃない。独占しようとするのも支配しようとするのもそう。それは愛情じゃない。自分の思い通りになるものが欲しいだけ。自分が寂しくなくなって、認められた気分になって、自分の価値を感じて満足したいだけ。

そんな感情を抱いたり抱かれたりする関係に、喜びを感じている場合じゃない。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する