ホーム > 日記 > 商売のコツ
恋愛日記は、今から12に年前に生まれました。駆け出しの頃のお客さんが来ない時代に、どうやったらお客さんを呼び込むことができるのか、思考錯誤の思案の末に生まれました。当時は今と違って、お客さんが来ないことへの戦いが3年以上続いていたからです。商売をやっている人なら誰しもその戦いはつきものです。商売の鉄則は石の上にも3年。3年で食べるだけのお客さんを集めないとその商売は失敗に終わる。いくら実力があっても客が来なくては意味がない。それは単なる宝の持ち腐れで、かっこつけの仕事であり、口ばかり達者の何の成果も生まない、愚弄の夢追い人のやり方だからです。商売は客が来ないと意味がない、そして客が来ないことで終わる。

商売を当てることは、準備ばかりしていてもダメ。資格ばかりとってもダメ。商売でうまくいかない人の特徴は、準備と勉強ばかりに時間をかけて、客を集めることをしていないからです。お店を開ければお客さんが来てくれる、これこれの資格を持っているからお客さんは当然来るだろう、というような殿様商売が多い。それじゃお客さんが来るわけない。商売の鉄則は、まずお客さんを集めることから、これに代わる鉄則はない。準備の時間があれば客集めに奔走すること、資格をとっている時間があれば客集めに奔走すること、とにかくお客さんを集めることに終始すること。準備や資格はお客さんが集まってからでも十分に間に合う。これが私の考え。

私が占い師を目指した頃は、準備期間に三日間。資金は5000円(ホームセンターの折りたたみ机と椅子)でスタートした。商店街の路上に折りたたみ机と椅子を並べ、今日か占い師です、といってスタートした。資格や実力は?そんなものない。またそんなもの必要ない。30年サラリーマンやってきた経験で十分、それですべて補えると思ってスタートした。私の性格は、何かをやるときは石橋を叩かない。石橋が崩れてもいいからとにかく渡る、渡って崩れたら、そのとき考えればいいという考えの持ち主。無謀とも言えるかもしれないが、それはサラリーマン時代に培った能力。それがサラリーマンを長くやってきた実力。喜怒哀楽、艱難辛苦を長く味わったサラリーマンを舐めるなよ。サラリーマンは、どんな資格より実力は上。スタートして見れば分かること、机上の空論のお固い能弁者などすぐに追いつき追い越せる。ビジネスマンの戦いは熾烈極まるもの、どの大学より、どの研究機関より、どの難問の資格より、そこで戦った人間の方が器は大きい。私はその世界で30年以上戦ってきた、だから器を持っている、資格などなくても、十分に人々の悩みには応えられる、と思ってスタートした。

さて、自分で商売するか。
商売は客集め。それを誰よりよく知っている。支度や準備は後でいい。資格などいらん。それより、とにかく客を集めることだ。これをサラリーマン時代に覚えた。商売の鉄則として体に染みついた。プロは準備や資格ばかりに時間を費やすものではない。スタートを早く切って、早くお客さんを集めることだ。実力?客が集まれば実力はメキメキ上がる。勉強はお客様がもたらせてくれる。生きた勉強に代わる資格はない。プロの勉強は教室でなく仕事の現場がもたらせてくれる。これに勝る勉強法はない。



今日の記事は、あくまでも私の考えに過ぎません。
資格のことを非難しているわけではありません。仕事によっては資格はとても必要なものだからです。
ただ…。資格を取ることばかりに専念して、仕事はいつやるの?という人があまりにも多い気がします。肝心なときに石橋ばかり叩いている人があまりにも多い。資格は単なるスタートラインにしか過ぎません。本当の学びは仕事を始めてからです。仕事をスタートさせることは恐いことです。だがチャレンジは、恐いからこそできるのです。恐がらずチャレンジしてください。そうすれば自己責任とは何たるかを知ることができます。最近の人は責任逃れが多い。仕事でも、恋愛でも、結婚でも、人生でも、責任逃れが多い。みんな逃げている。頭は良くなった、みんなが大学に行くようになって良くなった。資格もたくさん持っている。だが、仕事に生かされていない。高学歴で頭はいいが、精神力が弱い。それだから肝心なときに逃げ出す、そういう人が多くなった気がします。何のために高学歴の資格を取ったのか?逃げるため?それじゃ意味がないのでは?それを常々感じてしまう。





関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

No title

仕事の依頼が来て怖気ずいている私へのメッセージのように感じました。失望されるのが、怖いんです。でも、そうじゃなくて、仕事をする中で、私が育っていけばいいんですね。

どうも、ありがとうございました。

同感です。
家には料理本が沢山あります。
本を買っても料理上手にはなりません(^◇^;)

私は去年、仲間と独立しました。
8カ月で社員で働いていた時より、給料は倍に!
独立に全く不安がなかったのは、20年の会社勤めの経験があったからです。
経験から心掛けてる事は、仕事中は会ってる人に集中する!
私は要領悪いけど信用してくれてる人達が沢山できました。
経験から確信犯でサボったり適当に対応すると絶対に相手に伝わっちゃうんです。
仕事も恋愛も信用って大切ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

約3年間くらい愛読させていただいていますが、初めての投稿です。
本当に先生の恋愛論は、有名な心理学者や精神科医が書いた物よりも
的確にというか完璧までに恋する女脳、男脳というものをあばきだしていると
思います。すべてがサラリーマン生活30年と占い館での経験から培われたものなのでしょうか。わたしも自爆などたくさんの失敗をしましたが、その結果得た答えがが全て先生の
恋愛日記の中にあるのでいつも楽しく拝読させていただいています。書評の中には「男性にとって都合のいいことばかり」というものも
あるのですが、うーん、若い女性にはまだまだ理解できないかもしれないなー
まあそのうちわかるよ。なんて思ったりもします。
これほどのものを書かれる方ってどのような方なのだろうか・・・
先生の年齢や人生経験などもっと詳しく先生の背景を知りたいです。


30年という言葉が、ドシっときます。
30年…そもそもそれだけ生きてないし、仕事も、転職してやっと1年…
30年って凄いって思います(>_<)

先生の本を読む前は、割と40代ぐらいの女性が書いた本やコラムを読んで参考にしていました。
先生のブログを知ってから、初めて男性の見解を意識するようになって…自分の思い込みの激しさか、根拠のない自信とか、そういうのを色々気づかされて、すごく恥ずかしくなりました。

人の言葉に耳を傾けて…いるつもりが、その場限りでしか聞けてなかったということも多いし、ワカッタ!次からこうしたらいいんだ!と思ったらひとりよがりに爆走したり、思い出したくない恥ずかしいことが過去ではなくて、ほとんど現在進行形で…たくさん……

先生やコメントされてる方々に憧れるばかりでなくて、自分も進んでいきたいので、恥ずかしさを受け入れてやっていきたいです。
ここでこうして自分の気持ちを書くのもおかしいのかもしれませんが、新参者ですが先生の言葉に感銘を受けた者の一人として、これからも先生の記事を待っています。
いつもありがとうございます。
よろしくお願いしますm(__)m


おっしゃることよくわかります。資格取得、留学、習い事…自分磨きと称するOLさんは多いですが、仕事にきちんと生かせてる人は少ない気がします。恋愛指南本にあるアドバイスの形を上っ面だけなぞるような。もちろんみんなそうだとは言いませんが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

恋愛ばかりではなく、こういう日記も好きです♪

先生、これからも頑張って下さいね!
私はからこれ5年くらい拝見させていただいてます♪
以前先生にお世話になりました。
今では手に取るように殿方がわかります(笑)


資格がないとはじめられない職業が沢山あってそんな資格がある人が羨ましく思います。 歳をとってても資格があれば良いお給料の再就職が可能だから。先生のおっしゃるように資格だけに胡座をかいてるじゃダメでしょうけど国家資格を持ってるって強いな〜とは思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する