ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 音信不通第7位
第7位
六白金星
(1994、1985、1976、1967、1958年生れ)
六白金星は金の性質。金は外で輝きを放つ金と土の中で眠っている金がある。前者は七赤金星で後者は六白金星。両者を比較すると、七赤金星は外交的で、六白金星は内交的。外交的な六白金星も中にはいるが、それは稀で、外で光り輝くより、自分の出番が来るまでじっと待っている、そんな六白金星の方が多い。

六白金星は家大好きっ子な人が多く、外で遊ぶより家の中にいることが多い。ゲームやパソコンに何時間も嵩じたり、一人で空想にふけっていることが多い。この性格からピタリと合う職業は、IT系のSEやメーカーの商品開発のエンジニア、科学者や研究者などに向いている。集団でチームワークを組んでやる作業より、一人でコツコツと作業する方が能力を発揮できる。空想力と想像力と個性豊かな六白金星は、ハマったらとことん追求するので、天才的な発明もときにもたらす。文明の基礎となる研究や商品開発は、集団の中のその他大勢(民の群衆)より、こうした個の力、一人の天才、一人の宇宙の力によって生み出されることの方が多い。個の力が強い六白金星は、九星の中で、もっともノーベル賞候補に近いと言ってもいいだろう。

六白金星が音信不通にする理由
一番はその内にこもる性格。何か気に食わないことがあると、その性格がアダとなって音信不通となる。続いてペースを乱されたとき。六白金星は超マイペースな人。このマイペースはとても頑固で、他人がペースを変えることはできない。無理して変えようとすると、その瞬間から音信不通(その人とは関わりたくないという態度を示す)。

土の中に眠る金は閉鎖的。これが六白金星の特徴だが、良い面は「家族を大切にして、浮気が少ないこと。」七赤金星は浮気三羽ガラスと言われて浮気の上位を占めるが、六白金星は最も浮気をしない上位に入る。九星の中では浮気をしない1位か2位に位置しているだろう。男だから、100%浮気をしないとは言い切れないが、浮気の心配がほとんどないと言っていいと思う。

内交的で閉鎖的な性格が殻に閉じこもったときの音信不通。自分のペースが乱されたときの音信不通。どちらも頑固で、なかなか一筋縄ではいかない。硬く閉ざされた鉄の扉はなかなか開かない。相談を受けていていつも悩まされる相手である。




関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

六白が出て来た

相談したのが六白の彼でした。
何か思い出しました。
家大好きっ子とか説明されたなと笑
七赤が外向的なら
六白が内向的。

内にこもる性格で、何か気に食わないことが
あると音信不通になる。
ペースを乱されたときこの女性とはもう関わりたくない、と音信不通にする。
超マイペース、超頑固。
私もすごい同じ性格だわ…と
驚きました。
一白ですが、傾斜六白なので、
性格的には六白の性格が色濃いらしい。。

六白の彼に駄目出しとか駄目なことばかり
やっていたなあ…と。
当時は彼女なのだから、前みたいに
もう少しちゃんと扱ってくれという
一心でしたね。
やっぱり、どっちも相手のことを
思い遣れないと言いますか、
自分のことばかりだったなと。

内心先生は、相談を受けていつも悩まされて
いたほど、厄介な相手だったのですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつもブログを楽しみに拝見してます。
旦那が六白金星。息子が七赤金星。
ドンピシャです!笑
六白の旦那は、30年近く休み週1。安月給の機械修理の仕事を継続中。家ではパソコンおたく!休みは一日中家に居られる人です。パソコンを改造したり本当に家でも機械をいじってます。
浮気の心配も一度もなし。ほとんど家にいるのでね(^_^;)
友達も少ないですよね。でも平気⁈
自分のやりたい事が出来ていれば満足みたいです。
何言っても生活パターンを変えない超ガンコ!
もう諦めました笑
私は私で自由に友達と遊んで、好きな仕事もやってます!

七赤の息子は趣味のスポーツや学校の仲間との付き合いで、夜も遅く休みはほとんど家にいません!笑
女子も大好きみたいだし(^_^;)

私は息子の性格の方が好きですけどね〜( ̄▽ ̄)

No title

浮気はしないかもだけど 相手を浮気させて 恋愛を楽しむタイプだったな~。そんな人がいた。ガンプラおたくだったな~。友達というか な人だったけど 頑固でしたね。仕事が倒産してから ちゃんとした企業に勤められず あわせるくらいなら辞めるみたいな人でした。でも憎めないところもあったけど 友達で正解だな。と思う。うん。確かにインドア派だった。

父六白金星
母五黄土星
結婚して30年以上ですが、まぁ、ケンカは激しかったです。どちらも我が強すぎて手がつけられない。でも何故か離婚はしないんですよね。父は無類の酒好きで家で何時間でも飲んでます。かなりのマイペース、頑固です。
九星気学かなり当たっている気がします。
相克の相手とうまくいく方法を是非知りたいです。

No title

私も元カレも六白でした。
お互いマイペース、家大好き、自分の趣味を大事にするタイプでした。
彼のペースは2週間に1回土曜日の夜~会うことで、18時に駅待ち合わせでした。。趣味も仕事のように同じ時間・方法でしていました。

私も自分のペースに巻き込みたくて色々要望を言っていて、喧嘩が絶えずそのうち険悪になりました。好きだったけど、こじらせてしまい別れて、それからは連絡には一切返信ないので諦めました。。その次いい感じになった人は七金で、男性なのにホントにコミュニケーション上手/恋愛上手でした、終わりましたが。

六白の元カレは教養深かったので会話が楽しく、なかなか元カレほど味わい深い人にも出会えません。。。
次の恋に、行きます!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

だいぶ品行方正になってきたようですね。
近所、職場で接した1949年の六白男性。かなり堅実のようです。
基本的には愛(結婚〕=責任、義務を背負うと考えているようで、
浮いたことはせず、家族を大切にしているようです。こんな男性たちが浮気を
する時は女社長やパートで小金を稼いだ年増女性たちが積極的にデートに誘ってきた時です。堅実なので自分の家庭のお金を外の女性に使うなどということはしないよう。
ただ、かなり若いうちに責任を取って結婚してしまっり、浮いた恋愛をしなかった場合にも
歳をとてからちょっとやさしくされただけで勘違いして若い女性を追いかけまわすなどということもしています。体調不良や生活のペースが乱れたときの音信不通があったとしても
よほどの悪女でない限り、責任感の強さから戻ってくるようです。ちょっとした浮気が
あっても妻をないがしろにすることもなく、退職して女性と縁がなくなったり、
お金を出してくれる女性もいなくなれば、元のさやに納まてます。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する